京都の古着屋Linkのブログ

買い付け日記 16

d0176398_1313029.jpg
d0176398_13131343.jpg
d0176398_1322997.jpg
d0176398_132423.jpg


今日の朝の買い付け日記で異常に暖かいと書いたんですが、全くのウソでした。
昨日までの春のような陽気がウソみたいに、やっぱりめちゃくちゃ寒いです。
日本にいるときには、なかなか体験できないレベルの寒さです。
寒いというよりは、痛いとかツラいとかの体感の方が近い気がします。

暖かいなんて買い付け日記で書いて、その後モーテルの部屋から廊下に出たときに嫌な予感。
あれ?結構寒くない?とか思いながらロビーを抜けて外に出たとき、目の前は真っ白な世界。
空からは雪が降り注ぎ、昨日までとは別世界が広がっていました。
とりあえず車に急いで、慌ててフロントガラスの氷を融かすことに。
フロントガラスを温め、ガタガタ震えながら、しっかりとはってしまっている車のフロントや窓の氷をガリガリと削っていく作業をして車の中へ。
修行中の瞑想のような感じで車内で温まるのをひたすたに待つものの、外が寒すぎてなかなか温まらず。
寒い中で待ち過ぎて、悟りを開いたのか、それとも魂が抜けていっていたのか、頭の中が真っ白な無の境地に至りかけたところで、なんとか氷が解けて、そのままドライブ。
途中で雪が激しくなるも爆走し、目的地に近づくにつれて雪が止んできて一安心。
無事に目的地に到着して、そのまま探索を開始。
ここ数日と同じように、この町も当たりでガッツリと大量収穫できました。

ただ、買い付け途中からグングンと気温が下がり、ここでもしっかりと雪が降ってきました。
気にしないようにして夜までしっかりと駆け回り、大量の商品を集め終えてから、再び300キロほどドライブ。
朝とは比べ物にならない気温の低さと雪の激しさで、運転中ほとんど前が見えません。
降ってくる雪と前を走る車が跳ね上げた雪がフロントガラスに当たった瞬間に凍りつき、さらに視界を奪います。
それに加えてアメリカでは、ほとんどスタッドレスタイヤが使われることはなく、レンタカーを借りる時もノーマルタイヤの1択です。
なので、雪が凍るほどの寒さの時は、ズルズル滑ってハンドルを持っていかれたり、ブレーキを踏んでも全く止まってくれないことが当たり前です。
今回のドライブでも、数えきれないぐらい滑りまくっています。
そんなスリリングなドライブを楽しんでいたんですが、目的の町に近づくにつれて車の数が増えてきて、やがて大渋滞に。
たいしたことのない距離なのに、いつもの何倍もの時間をかけて、やっとモーテルに到着して、現在に至ります。
なんか、いつも以上に疲れました。

画像は、EMPORIO ARMANIのスプリングニットと50年代頃のジップアップジャケットです。
エンポリオ・アルマーニのデザインニットは、コットン素材が使われた、これからの季節に活躍してくれる逸品。
ボートネックのような首元や珍しく横向けにデザインされたリブ編み、インディゴのような深みのある色目、とディティールの凝ったハイブランドらしい逸品です。
ヴィンテージのジップアップジャケットは、この年代のものとは思えない極上コンディション。
肩の力の抜けたサイズ感ながら、どこかスッキリとした印象を与えてくれる、ヴィンテージならではの逸品です。

では、これから明日持っていく第2便の為にパッキングをして、目を背け続けている商品の山に挑もうかと思います。

# by used_link | 2018-02-20 13:34 | 買い付け日記 | Comments(0)

買い付け日記 15

d0176398_21231941.jpg
d0176398_21232975.jpg
d0176398_2123408.jpg
d0176398_2123511.jpg
d0176398_2124096.jpg
d0176398_21241317.jpg


おはようございます。

本当にいま、2月の買い付け中なのかと疑ってしまうほどに暖かいです。
暖かいというよりは、昼間は暑いぐらいで、カットソー1枚でも車でこっちの強い日差しを浴びていると少し汗ばむほどでした。
朝と夜も寒いというよりは過ごしやすい感じで、すごく気持ちのいい春な感じです。
なので、僕の体調も少しずつですが確実に良くなっていっている気がします。
とは言っても、相変わらずどこに行くにも片手に箱ティッシュ、パンツの後ろポケットに大量のアメリカのめちゃくちゃミントの効いたのど飴が必需品ですが。

昨日は、朝からちょっとドライブして郊外の少し大きめの田舎町へ。
今回の買い付けでひたすらまわっていた感じとは少し違い、ちょっとお上品な雰囲気。
暮らしている人々の年齢層も高めで、白人さんと黒人さんのおじいさんとおばあさんが多い感じ。
こういった町は当たり外れが激しいんですが、今回は当たりでした。
ガッツリと大量収穫で、気分よく1日中駆け回ることができました。
ここ数日ずっと大量収穫が続いているので、モーテルの部屋が本当に大変なことになっています。
生活スペースのほとんどを大量の商品が埋め尽くして、部屋の主である僕たちの肩身が異常に狭いです。
明日の朝に日本に第2便を送りに行く予定なので、今日の夜のパッキングのことを考えると、すでに憂鬱です。

画像は、COMME des GARÇONS HOMME PLUSのデザインカットソーと60~70年代のカーディガン、80~90年代のChristian Diorのステンカラーコートです。
コム デ ギャルソン・オム プリュスのデザインカットソーは、フロント全体にデザインされたユニオンジャックがインパクトのある逸品。
ここまで大胆なデザインがされながらも、やりすぎ感なく、しっかりとバランスが取れているのは、さすがの一言です。
ヴィンテージのカーディガンは、春らしい綺麗なブルーカラーが良い雰囲気。
胸元に付けられた異素材でのデザインが、さりげなくも良いアクセントになってくれています。
オールドのクリスチャン・ディオールのステンカラーコートは、これからの季節らしい軽めの生地感。
この年代のディオールでは珍しく、無駄を削ぎ落としたミニマムなデザインながら、実際に着ると物足りなさを感じさせることのない、ハイブランドらしい逸品です。

相変わらず好調のレディース商品も少し。

60年代の2WAYスプリングコートは、ボタン、絶妙な色目とプリントのファブリックなど、ヴィンテージならではの逸品。
フードのジップを開けると大きめの襟に切り替わる、いろいろな着方を楽しんでもらえるアイテムです。
d0176398_21434553.jpg
d0176398_21435732.jpg


Y'sのデザインラップスカートは、主役にも、トップスを引き立てるわき役にもなってくれる、万能な逸品。
ミニマムなデザインながらも、実際にはくと分かる極上のシルエットは、さすがです。
d0176398_214487.jpg
d0176398_21441775.jpg


では、これから300キロほどドライブしてきます。

# by used_link | 2018-02-19 21:24 | 買い付け日記 | Comments(0)

買い付け日記 14

d0176398_2253412.jpg
d0176398_2255595.jpg
d0176398_226685.jpg
d0176398_2262055.jpg
d0176398_2263197.jpg
d0176398_227175.jpg


おはようございます。

ずっと極寒で猛吹雪に襲われたり、道路が凍っていてタイヤが滑りまくったり、ペットボトルの水が凍ったままになっていたり、といった感じだったんですが、昨日ぐらいから急激に暖かくなってきて、特に昼間はカットソーの上にもう1枚羽織っていると暑いぐらいです。
この暖かさで、僕の体調も少しマシになってきました。
とは言っても、まだまだ鼻水も止まらないので、いつどんなところに行く時でも、箱ティッシュを片手に持っていますけど。
常に鼻をかんでいる状態で、アメリカのティッシュが日本のよりもガサガサしてて硬いということもあって、僕の鼻の周りはずっと真っ赤です。

ティッシュの消費量が激しいので、昨日もこっちの100均的なところに箱ティッシュの補充をしに行きました。
5箱ぐらい持ってレジに行き、お金を払って、出口に向かおうとした瞬間に、レジのオバサンが僕の後ろで待ってたお客さんに「ちょっと待って」と言い、レジ台の下から消毒液のはいったスプレーを取り出しました。
そのまま念入りに自分の手にかけて、レジ台にもかけまくって、最後に僕のいる方向に3回ほど吹きかけていました。
箱ティッシュばかり5箱スキャンする→僕の顔を見る→鼻の周りが真っ赤なことを確認→コイツ風邪ひいとんな、と確信する→感染したくないから徹底的に消毒する、となったんでしょう。
いや、ごめんて。気持ちはわかるよ。でも、結構傷つくし、僕がもうちょっと離れてから、それしてくれへんかな。
それまで結構温かい言葉をかけてもらえていたので、心も温まっていたのですが、急激に切ない気分になる出来事でした。

画像は、90年代頃のY'sのデザインジャケットと60~70年代のステンカラーコート、Salvatore Ferragamoのショルダーバッグです。
オールドのY'sのデザインジャケットは、独特のカッティングやステッチデザインが目を引く、デザイン性の高い逸品。
コンパクトなサイズ感なので、細身の男性や女性にもおすすめのアイテムです。
ヴィンテージのステンカラーコートは、サイズ感、シルエット、コンディションの揃った男前。
しっかりと首元にはチンストが付いている、オールドものらしいディティールの詰まった逸品です。
フェラガモのショルダーバッグは、全体にプリントがはいった、着こなしのアクセントになってくれる逸品。
こういったバッグでは珍しく大きめサイズなので、いろいろな場面で活躍してくれます。

では、これから200キロほどドライブしてきます。

# by used_link | 2018-02-18 22:07 | 商品の紹介 | Comments(0)

買い付け日記 13

d0176398_1228286.jpg
d0176398_12281780.jpg
d0176398_12283116.jpg
d0176398_12284524.jpg


また、やられました。
買い付け途中で車を駐車場に止めて、しばらく車から離れて戻ってくると、ガソリンタンクのフタが開いた状態になっていました。
嫌な予感がしつつガソリンタンクのふたを閉めてエンジンをかけてみると、やっぱりガソリンが抜かれていました。
これで何度目でしょうか。
借りているレンタカーが、今回もアメリカ製の車なので、ガソリンタンクのフタが簡単に誰でも開けられるようになっています。
なので、誰でも盗もうと思えば盗めるんです。
日本車は外から開けられないようになっているものがほとんどなのに、なぜアメリカの車はこんなに不用心なんでしょうか。
日本より格段に治安が悪いのに。
遠目に自分の車のガソリンタンクのフタが開いた状態を見ると嫌な気分になるので、せめて盗んだ後は、ガソリンタンクのフタぐらい閉めていってもらえると、すごくありがたいんですが。

そんなこともありながらも、今日も昨日以上の大量収穫の1日でした。
どこに行ってもハズレがなく、しっかりと収穫できました。
連日の大量収穫で、モーテルの部屋が大変なことになっています。
大量の商品の圧迫感が、ものすごいです。
運送会社さんが、土・日・祝日は休みなので、この3連休明けにでも、日本に向けて第2便を送りに行こうかと思います。

画像は、LANVINの春物ライダースジャケットと90年代のデザインセットアップです。
ランバンのライダースジャケットは、光沢のある異素材でつくられた、ハイブランドらしい逸品。
コンディション、サイズ感、シルエットもしっかりと揃った男前です。
オールドのセットアップは、そんなに古いものではないですが、個人的にお気に入りのアイテム。
綺麗なパープルカラーに同じくパープルで刺繍がはいった、着こなしの主役になってくれる一品です。
このセットアップのように、今回の買い付けでは、春らしいいろいろなカラーのアイテムを集めてみています。

d0176398_12471499.jpg
d0176398_12472664.jpg


レディースアイテムも、引き続き好調に集まっています。

60年代の春物ニットジャケットは、コンディション、サイズ感ともに良好。
モノトーンの色目ながら、全体にはいった編み柄が着こなしのアクセントになってくれます。
d0176398_1248460.jpg
d0176398_12481992.jpg


60~70年代のデザインワンピースも、良いサイズで良いサイズ感。
実際に着るとネック部分の開き具合や袖のボリューム感が、程よいデザイン性を感じさせてくれる逸品です。
d0176398_12483365.jpg
d0176398_12484415.jpg


では、これから本日収穫分を仕分けしていこうと思います。

# by used_link | 2018-02-18 12:46 | 買い付け日記 | Comments(0)

買い付け日記 12

d0176398_2122043.jpg
d0176398_21221083.jpg
d0176398_21221894.jpg
d0176398_21222667.jpg
d0176398_21224824.jpg
d0176398_21225877.jpg


おはようございます。

こっちでモーテルに泊まると、かなりの確率で部屋が暗めになっています。
ほとんどのモーテルが間接照明だけで、暗いというか、良い風に言えば雰囲気が良い感じになっています。
僕は明るい方が好きなので、買い付けの序盤はちょっと違和感を感じるんですが、日程が進むにつれて、だんだんと慣れてきます。
なので、今まで泊まった全てのモーテルに対しては、こんなもんやろという感じだったんですが、いま泊まってるところは、さすがに違う気がします。

今まで泊まったモーテルは、暗いと言っても洗面台やバスルームのを除いて、間接照明が少なくても5つぐらいはあったんですが、ここには3つしかありません。
3つしかないのに、無駄に部屋は異常に広いです。
2つのベッドの頭側の間に1つ、部屋の角の窓際に1つ、洗面台に1つ。
洗面台のものは、もはや間接照明ではなく、ただの洗面台用の電気です。
ここまで暗いと良い雰囲気というより、もはやホラーな雰囲気に近いものがあります。
結構どんなところでも順応する方なんですが、さすがにこれに慣れることはなさそうな気がします。

昨日は、大量収穫の1日でした。
どこに行ってもガッツリと収穫できて、かなり大満足でした。
うちの買い付けのジンクス通り、僕の体調は悲惨で、途中からの記憶があいまいですが、それでもやっぱり商品がガッツリ集まってくれるのは嬉しいです。
その分、商品の山が生活圏にも侵食してきて、部屋の圧迫感がすごいことになってきていますが。

画像は、70年代頃のユーロもののシャツジャケットとPRADAのデザインナイロンジャケット、COACHのレザーリュックです。
オールドのユーロもののシャツジャケットは、かなり軽めのデニム素材が使われた、コンディション、サイズ感、シルエットの揃った逸品。
デニムものながら、どこか上品な雰囲気が漂うのは、ユーロアイテムならではです。
プラダのデザインナイロンジャケットも、綺麗な状態で良いサイズ感、綺麗なシルエットの男前。
無駄を削ぎ落としたミニマムなデザインながらも、寂しさを感じさせることのない、ハイブランドならではの逸品です。
今回の買い付けでは、あまりうちで扱っていなかった、ナイロンもののアイテムを集めてみています。
オールドコーチのレザーリュックサックは、綺麗な色目の、この年代のコーチならではの極上の革質。
オールドコーチのリュックは、かなり小さめサイズのものが多いんですが、コイツは珍しく小さすぎないサイズ感なので、男性にも女性にも使ってもらえます。

では、これからちょっとドライブしてきます。

# by used_link | 2018-02-17 21:47 | Comments(0)