京都の古着屋Linkのブログ

買い付け日記 11

d0176398_21384728.jpg
d0176398_21385877.jpg
d0176398_2139652.jpg
d0176398_21391416.jpg
d0176398_21392238.jpg
d0176398_21392986.jpg


おはようございます。
久しぶりにしっかり睡眠がとれて、かなりスッキリしました。
思考回路もしっかりと働き、体も軽くなった気がします。

昨日は、かなり長すぎる1日でした。
早朝便の飛行機に乗るために真夜中に起きて用意をして空港へ。
乗る直前に飛行機のフライト時間が変更されて、眠気に耐えながら待って、その後は時間通りに飛び立ち、予定よりもかなり早く目的地に到着。
時差の関係で2時間ほど時間が戻り、出発した時間とそんなに変わらない時間に目的地に到着。
早めに到着したので、余裕な気分でレンタカー会社へ。
順調に車を借りて、と思っていたんですが、ここでトラブル。
予約していた車がなく、他にも条件に合う車がないという、意味の分からない問題に直面。
カウンターの人とちょっとキレ気味にミーティングを重ねて、しっかりと車を探してもらうことに。
返却されて放置してあった車が条件に一致することが分かり、これから洗車してガソリンを入れて乗れる状態にします、というので、カウンターの人が言うように10分ほど待つことに。
10分経過しても、20分経過しても、全然車が来ないので、再びミーティング。
結局40分以上待たされて、やっと車を借りることができました。
最初に予約してた車がないということになってから、実際に車を借りれるまで1時間30分ぐらいかかってしまい、イライラしながらレンタカー会社を後に。
そこから、ちょっとドライブして到着した田舎町をひたすら探索。
大量収穫とはいかないまでも、良い感じに商品が集まり、モーテルにチェックイン。
予約していたモーテルの部屋がないということも、ちょくちょくあるので心配していたのですが、ここではちゃんと部屋が確保してあってひと安心。
モーテルの部屋に荷物を運びこんで、再び車へ。
スーパーや100均的なところをまわって日用品を買い足し、モーテルに戻って、そこから収穫分の仕分け。
途中で力尽きて、ちょっとだけ仮眠をとろうと思ってベッドにはいったのが最後の記憶で、結局朝まで寝てしまって、現在に至ります。
なので、目の前には大量の昨日やり残した仕事があるんですが、それから目を背けての買い付け日記の更新です。

画像は、Maison Martin MargielaのカットソーとCOMME des GARÇONS HOMMEのジャケット、60~70年代のステンカラーコートです。
マルタン・マルジェラのカットソーは、このブランドらしい雰囲気のある逸品。
一見シンプルに見えながらも、全体にフェードしたムラ感のある色目や絶妙な位置に配されたポケットなど、ディティールの凝った男前。
コム デ ギャルソン・オムのコットンジャケットは、あまり出てくることのないSSサイズ。
こちらもシンプルに見えながらも、ショールカラーのラペルや、その部分だけの生地の切り替え、ドレスイメージのショールカラージャケットをあえてガッシリとしたコットン素材で作るなど、ここらしい遊び心が溢れる逸品です。
ヴィンテージのステンカラーコートは、春らしい綺麗な色目のアイテム。
チンストが装備されており、全体の肩の力の抜けたユルめのシルエットが今っぽいお気に入りです。

では、これから昨日やり残した仕事にとりかかろうと思います。

by used_link | 2017-02-17 21:39 | 買い付け日記 | Comments(0)
<< 買い付け日記 12 買い付け日記 10 >>