京都の古着屋Linkのブログ

買い付け日記 10

d0176398_13172220.jpg
d0176398_1318927.jpg
d0176398_13184574.jpg
d0176398_13192598.jpg
d0176398_13194570.jpg
d0176398_13205596.jpg


Wi-Fi完備ということで、このモーテルに泊まったんですが、まったく繋がりません。
なので、仕方なく部屋ではなく極寒のロビーでパソコンをカタカタしています。
こっちのモーテルではよくあることで、特に夜の時間帯は繋がりにくくなる、と言うよりほぼ繋がりません。
こういったモーテルは、部屋ではまったく繋がらないものの、ロビーまで出ていくとしっかりと繋がります。
これでWi-Fi完備というのは、ほぼ詐欺な気がします。
日本ならあり得ないことですが、アメリカでは、これが普通です。
こっちに仕事で来るようになってから、忍耐強くなれた気がします。

今日も、これまでと同様に大量収穫ができた日でした。
朝からドライブしてたどり着いた田舎町では、しっかりとした人種差別もあり、気分的には良くなかったですが、商品的には良いものが大量に集まってくれました。
序盤からずっと、ここまで大量収穫が続くことは初めてなので、嬉しい反面すごく戸惑っています。
ちょっと前に商品を日本に向けて送ったばかりですが、再びモーテルの部屋が大変なことになってきています。
もう少し限界まで溜めてから、また日本に向けて送ろうかと思います。

画像は、80~90年代のChristian Diorのデザインニットと70年代のへヴィウールのシャツジャケット、Salvatore Ferragamoのレザーショートブーツです。
オールドのクリスチャン・ディオールのニットは、綺麗な色目で良いデザイン、ユルめの綺麗なシルエットのお気に入り。
フロント全体にはいった大胆な編み柄が良い雰囲気の、オールドのディオールらしいアイテムです。
オールドのシャツジャケットは、プルオーバー仕様で、へヴィで上質なウール素材が使われた男前。
肘部分の補強や胸に付いたワッペンなど、オールドものらしいワークテイストが良い雰囲気です。
サルヴァトーレ・フェラガモのショートブーツは、肉厚で柔らかな上質なレザーが使われた、ハイブランドらしいアイテム。
フェラガモのブランドアイコンにもなっているガンチーニがフロントにあしらわれた、上品で上質な逸品です。

では、これから本日収穫分を仕分けしていこうと思います。

by used_link | 2017-11-16 13:21 | 買い付け日記 | Comments(0)
<< 買い付け日記 11 買い付け日記 9 >>