京都の古着屋Linkのブログ

2017年 11月 14日 ( 1 )


買い付け日記 7

d0176398_21423059.jpg
d0176398_21423980.jpg
d0176398_21424756.jpg
d0176398_21425541.jpg
d0176398_2143564.jpg
d0176398_21431227.jpg


おはようございます。
久しぶりにしっかり睡眠をとったので、スッキリとしています。

昨日は、かなり暖かい1日でした。
こっちに来てからずっと極寒だったんですが、昨日の昼ごろから急激に気温が上がり、カットソー1枚で快適に過ごせる気温になりました。
毎日急激な気温の変化があるので、体がついていきません。
このまま暖かい気候が続けばいいんですが、たぶんそんなわけはないと思います。

そんな快適な気温の中、朝にモーテルを出てすぐに、第1便を送りに運送会社へ。
特に問題なく荷物を送り、そのままドライブ。
到着した田舎町で、さっそく探索を開始すると、思っていた以上の大量収穫に。
風邪と寝不足で途中からの記憶が途切れていて、覚えていなかったりもしますが、結果的に量的にも質的にも満足の集まりっぷりでした。
日本に大量の商品を送って、モーテルの部屋がスッキリしていたのに、すでに商品たちに部屋の主導権が渡ろうとしています。
こんなに順調に大量収穫が続いたことは過去になかった気がするので、逆になんかすごく不安です。

画像は、60年代頃のユーロもののレザージャケットとCOMME des GARÇONS HOMME PLUSのチェスターコート、Salvatore Ferragamoのレザーショルダーバッグです。
ユーロヴィンテージのレザージャケットは、ボタン仕立てのダブルのライダースジャケットのような珍しい形状。
上質なレザーが使われた、ユーロものらしい上品な印象で、オールドものらしい極上の雰囲気を持つ男前です。
コム デ ギャルソン・オム プリュスのチェスターコートは、コンディション、サイズ感、シルエットの揃った逸品。
このブランドでは珍しい無駄を削ぎ落としたシンプルなデザインながら、実際に着るとわかる極上のシルエットは、さすがの一言です。
サルヴァトーレ・フェラガモのレザーバッグは、丸みを帯びた形状と綺麗なキャメルカラーが魅力。
大きすぎず、小さすぎずの絶妙なサイズ感なので、普段使いに最適です。

メンズアイテムだけでなく、今回もレディースアイテムもかなり豊富に買えています。

50年代頃のノルディックカーディガンは、なかなか出てこないレディースサイズの極上品。
本場ノルウェーメイドの、上質で上品なアイテムです。
d0176398_21583687.jpg
d0176398_21584454.jpg


Christian Diorのノーカラージャケットは、絶妙なユルさの綺麗なAラインが魅力。
上質な生地にラメの入った格子柄が上品な、ハイブランドらしい逸品です。
d0176398_21585567.jpg
d0176398_2159219.jpg


60~70年代のPENDLETONのセットアップは、上品なチェック柄がはいった、ここらしい上質なウール素材が使われた逸品。
大きめのサイズのものが多い中、こちらは出てくることの少ない、希少なレディースサイズの綺麗なシルエットです。
d0176398_21591240.jpg
d0176398_21592048.jpg


では、これからちょっとドライブしてきます。

by used_link | 2017-11-14 21:43 | 買い付け日記 | Comments(0)