京都の古着屋Linkのブログ

2017年 11月 15日 ( 2 )


買い付け日記 9

d0176398_21494957.jpg
d0176398_2149593.jpg
d0176398_2150964.jpg
d0176398_2150182.jpg
d0176398_21502694.jpg
d0176398_21503698.jpg


おはようございます。

ちょっと前の買い付け日記で暖かくなったと書いてたんですが、また極寒に戻ってしまいました。
昼間の少しの間だけは、ちょっと暖かくなるんですが、その時間はすごく短く、すぐに極寒になります。
車に置いているペットボトルの水はすぐに凍ってしまうし、同じく車に置いてあるのど飴は氷のように冷たいです。
相変わらず思い切り息を吸い込むとセキが止まらなくなり、相方さんは車の中から外に出ると、瞬間的に時間が経ち過ぎたみかんのようにクシャッとシワシワになるという謎の現象に悩まされています。
この温度変化に僕の体が対応できるはずもなく、相変わらず風邪が治っていきません。
ここまで治らないのは、さすがに初めてかもしれません。

画像は、90年代頃のGIORGIO ARMANIのチェックジャケットと60年代頃のチェスターコート、オールドコーチのブリーフケース型のビッグハンドバッグです。
ジョルジオ・アルマーニのジャケットは、上質なウール素材に上品なチェック柄がはいった逸品。
オールドのアルマーニらしい、上品でどこか渋みのある男前です。
ヴィンテージのチェスターコートは、モノトーンカラーのチェック柄のウール素材×ベルベットの切り替えが良い雰囲気。
チェスターコートながらも、カッチリとしすぎず、どこか絶妙にユルい印象を与えてくれるアイテムです。
オールドコーチのブリーフケースは、綺麗なブラウンカラーで大き目の容量が魅力の男前。
オールドコーチの中でも初期型でタロンジップが付いた、なかなか出てくることのない希少価値の高い逸品です。

相変わらずレディースアイテムも豊富に買えているので、ちょっと載せておきます。

50年代頃のコートは、スウェード×リアルファーの上品な逸品。
上質で柔らかなスウェード素材が使われた、これからの季節に活躍してくれるアイテムです。
d0176398_22102856.jpg
d0176398_22103620.jpg


こちらも50年代頃のベルベット素材のハンドバッグ。
この年代のものとは思えない極上コンディションで、内側にお揃いの小物入れも付いた、なかなか出てくることのない希少価値の高い逸品です。
d0176398_22104833.jpg
d0176398_22105595.jpg


では、これから400キロほどドライブしてきます。

by used_link | 2017-11-15 21:47 | 買い付け日記 | Comments(0)

買い付け日記 8

d0176398_13312221.jpg
d0176398_13313232.jpg
d0176398_13324532.jpg
d0176398_1333022.jpg


今回の短めながらも、いつも以上にハードな買い付けの旅も中盤戦に突入しました。
やっと時差ボケは治ってきましたが、疲れがたまってきています。
体力的には、かなり厳しい買い付けですが、その分良い商品がしっかりと毎日集まってくれているので、精神的にはすごく助かっています。

今日も、昨日までに引き続き大量収穫の1日でした。
朝からドライブして、閑静な住宅街といった田舎町へ。
住んでいる人たちの年齢層は高めで、白人さんの多いちょっとセレブな印象の町でした。
こういう町では、良い商品が集まる確率が低く、そんなに期待していなかったんですが、ここは当たりでした。
オールドもののハイブランドやヴィンテージ、良い感じの小物をしっかりと収穫できました。
良い気分のまま移動した次の町でも良い感じに収穫し、1日を通して良い気分のまま終了することができました。

画像は、80年代頃のChristian Diorのチェスターコートと40年代頃のウールマントです。
クリスチャン・ディオールのチェスターコートは、綺麗な色目で良いコンディション、良いサイズ感の逸品。
シンプルなデザインながら、実際に着るとシルエットの綺麗さを実感できる、ハイブランドらしいアイテムです。
ヴィンテージのウールマントは、この年代のものとは思えない、極上コンディションの逸品。
オールドものらしい上質なウール素材が使われた、上品な印象の極上品です。

では、これから本日収穫分を仕分けしていこうと思います。

by used_link | 2017-11-15 13:31 | 買い付け日記 | Comments(0)