京都の古着屋Linkのブログ

カテゴリ:買い付け日記( 510 )


買い付け日記 最終回

d0176398_215953.jpg
d0176398_21591299.jpg
d0176398_21591842.jpg
d0176398_21592464.jpg
d0176398_21593124.jpg
d0176398_21594254.jpg


とりあえず、無事に日本に到着しました。

最後に買い付け日記を更新してから、アメリカに出発するときだけでなく、帰りの今回の飛行機でも、頭上の棚から荷物が落ちてきて、僕の頭を直撃したり、
その衝撃が大きすぎて、いまだに首の痛みが続いていたり、
相変わらず機内食がマズ過ぎたり、
日本語を話せるらしいCAさんが、いちいち日本語で話してくれるものの、下手過ぎて何を言ってるのか逆にわからなく、英語で話すように頼んだり、
飛行機の到着が遅れて、乗り継ぎがギリギリで、ひたすら全力ダッシュしたり、
そんな時に限って税関に修学旅行の中学生の団体がいて、すごく時間がかかったり、
成田で日本の航空会社に再チェックインするときに、いつもはすごく優しい人ばかりの日本の航空会社の人の態度がひどすぎたり、
それにキレかけている僕たちに気付いて、その航空会社のカウンターの職員さんがビジネスクラスの席に変更してくれて、幸運だったり、
大阪までの飛行機が、まさかの税関にいた修学旅行生の団体と同じで、かなりの騒がしさだったり、
その大阪までの飛行機が、成田空港の滑走路の順番待ちで2時間弱も出発が遅れたり、
さらに伊丹空港が混んでいるので、着陸できず、さらに到着が遅れたり、
といろいろありながらも、とりあえず帰って来ることができました。

最終回は、個人的なお気に入りたちを。
画像は、1900年代初頭のアンティークのフリーメイソンものネックレスと1890~1900年代のフリーメイソンのソードチェーン、1960年代頃のBillikenの貯金箱型の人形です。
アンティークのフリーメイソンのネックレスは、100年以上を経たものだけが持つ、極上のオーラのあるスペシャルピース。
たいていは横を向いている、上部に付いているナイトの装飾が正面を向いている珍しいデザインに、メイソンのもっとも有名なシンボルの装飾もはいった、希少価値の非常に高い逸品です。
フリーメイソンのソードチェーンも、100年を軽く超えた独特の雰囲気を放つ、なかなか出てくることのなくなったロングものです。
その中でも、さらに見かけることの少ない、シルバーカラーではないスペシャルな逸品です。
ヴィンテージのビリケンの人形は、当時のシールも残った極上コンディションのお気に入り。
なんとなく心が落ち着くような、ファニーなような何とも言えない雰囲気がたまらないです。
ちなみに、ビリケンさんと言えば大阪の通天閣というイメージがありますが、実際は1908年にアメリカで誕生した幸運の神様です。

では、ちょっとのんびりして、明日からの地獄の店内総入れ替えに備えようと思います。
明日からのブログで、11月25日(土)入荷の新商品を紹介していきます。

by used_link | 2017-11-20 21:59 | 買い付け日記 | Comments(0)

買い付け日記 20

音楽と食事と映像鑑賞とを同時に楽しんでいたおばあちゃんが、自分のバッグをごそごそとし始めたんですが、そのあとの行動に驚きを隠しきれません。
バッグからさらに編み物セットを取り出したのです。
そのまま音楽を聴き、リズムに乗り、時おり隣にあるテーブルのタブレットで映像を観て、ひざの上に編み物の説明書的なものを置き、それをチラ見しながら編み物をし、その合間の時間に食べ物を食べる。
おばあちゃんの動きには、全く無駄がありません。
烈火のごとくスピード感あふれるおばあちゃんもスゴイですが、それに対して何の関心も持たず、山のように泰然自若として自分の世界に入り、時おり鼻くそをほじるおじいちゃんも負けずにスゴイです。
それぞれが、それぞれのかたちで自分の時間を楽しみ、それに干渉しない。
僕は今、ある意味で最高の夫婦のかたちを目の当たりにしているのかもしれません。

最後にメンズアイテムをランダムに。

3.1 Phillip Limのデザインモヘアニットは、ここらしい遊び心のあるデザインが魅力。
長めに作られた着丈やレイヤードされたようなスソの2重仕立てなど、ディティールの凝ったハイブランドらしい逸品です。
d0176398_156813.jpg
d0176398_1562158.jpg


60~70年代のへヴィウールのプルオーバージャケット。
肩の力のはいらない絶妙なユルさと上品さが見事に融合した、オールドものならではのアイテムです。
d0176398_1563099.jpg
d0176398_1563948.jpg


DRIES VAN NOTENのデザインウールジャケットは、ハイブランドらしい上質なウール素材入ったチェック柄が良い雰囲気。
ユルめのサイズ感ながらも、実際に着るとやりすぎ感を感じさない絶妙に計算されたサイズバランスは、さすがの一言です。
d0176398_156514.jpg
d0176398_1565971.jpg


70年代頃のユーロもののデザインコート。
細かな装飾のメタルボタンやポケットのデザインなど、ユーロものらしい上品さを感じさせてくれるデザインが魅力です。
d0176398_1571214.jpg
d0176398_1572054.jpg


50~60年代のスウェードジャケットは、珍しいバイカラー仕様の希少価値の高い男前。
襟元や裾の色目の切り替えだけでなく、ボタンまでも色目が切り替えられている、着こなしの主役になってくれる逸品です。
d0176398_1573161.jpg
d0176398_1574092.jpg


まだまだ画像は残っていますが、そろそろ搭乗の準備をしてきます。
今回は、途中の乗り継ぎがギリギリの時間しかないので、遅れることなく予定通りに飛ぶことを祈ります。

by used_link | 2017-11-20 01:58 | 買い付け日記 | Comments(0)

買い付け日記 19

リズムに乗ったおばあちゃん、さらにタブレットを取出し、テーブルに置いて何かを観始めました。
おじいちゃんは、さっきまで何かとおばあちゃんに話しかけようとしてたんですが、あきらめて自分のタブレットで何かを観始めました。
ただ1つ気になるのは、おじいちゃんがタブレットで何かを観始めてから、自分の世界に入り込んでしまって周りが気にならなくなったのか、かなり上品な雰囲気にもかかわらず、時おり小指で鼻くそをほじっていること。
そして、それを座っているソファーで拭き取っていること。
音楽を聴きながらリズムに乗り、そのリズムで食べ物を食べながら、タブレットで何かを観るおばあちゃん。
その1つ1つをおろそかにすることなく、すべてを楽しんでいる、おばあちゃん。
一方、同じく自分の世界に浸って周りの視線など気にせず、自分の欲望のままに鼻くそをほじるおじいちゃん。
そして不要な鼻くそは、何の関心もなくソファになすりつける、おじいちゃん。
なんか、スゴイです。

続いてレディースアイテムをランダムに紹介していきます。

60年代頃のゴブラン素材のハンドバッグは、極上コンディション。
珍しい色目で珍しいフルーツ柄の、内側には小物入れも付いた、希少価値の高いアイテムです。
d0176398_132220.jpg
d0176398_132109.jpg


50~60年代のビーズカーディガンは、サイズ感、コンディション、シルエットの揃った逸品。
ネックからフロント、すそ部分や袖口だけでなく、後ろ身頃にもふんだんにビーズがあしらわれた、豪華な1枚です。
d0176398_1354648.jpg
d0176398_1355579.jpg


50年代頃のロングコートは、カシミア100%の素材の襟元にミンクファーがあしらわれた、スペシャルな逸品。
この色目で、この素材感、このサイズ感のコートは、めったに出てきません。
d0176398_136772.jpg
d0176398_1362064.jpg


カルティエのデザインセットアップは、上質なツイード素材。
シンプルなデザインながらも、ディティールの凝った、世界的ハイブランドならではの雰囲気のあるアイテムです。
d0176398_1362980.jpg
d0176398_1363674.jpg


最後にスペシャルな1枚を紹介。
50年代のLilli Annのデザインジャケットは、ヴィンテージならではの極上の細身のシルエット。
オールブラックの配色ながら、ウール素材にベルベットをあしらった、細部にまで妥協のない繊細なデザインのスペシャルな逸品です。
d0176398_1364558.jpg
d0176398_1365262.jpg


まだまだ画像が余っているので、あと1回ぐらい更新しようかと思います。

by used_link | 2017-11-20 01:37 | 買い付け日記 | Comments(0)

買い付け日記 18

いま座ってるラウンジの席の前に老夫婦がいるんですが、おばあちゃんはヘッドホンをして音楽を無心に聴いています。
かなり気に入った音楽のようで、リズムに乗りながら自分の世界に入っています。
さっきおじいちゃんがラウンジの食べ物をとってきて、おばあちゃんに勧めていたんですが、自分の世界に入ってしまってるおばあちゃんはヘッドホンを外さないまま、ラウンジ中に響き渡る大声で
「え、なんて!?なんて言ってんの!!?」
と聞き返し、ラウンジ中の注目を一身に集めて、おじいちゃんにめちゃくちゃ怒られていました。
それでも懲りないおばあちゃんは、今も音楽を聴いてリズムに乗りながら、リズムにあわせて器用に食べ物を食べています。
お上品な雰囲気の白人さんのおばあちゃんの雰囲気と異常に自分の世界に入り込んでリズムを刻んでいる様子のギャップにやられて、なんとなく目が離せないです。

続いて、さらにメンズ商品をランダムに。

80年代頃のGIVENCHYのデザインニット。
力の抜けたユルめのサイズ感やモックネックの首元、全体にはいった編み柄など、オールドものながらも今を感じさせてくれる逸品。
d0176398_1105933.jpg
d0176398_1111126.jpg


60~70年代のウール×ボアのジップアップジャケットは、なかなか出てこない良いサイズ感。
オールドものらしいウール素材にチェック柄がはいった、着こなしのアクセントになってくれるアイテムです。
d0176398_1112817.jpg
d0176398_1113888.jpg


80年代のレザーライダースジャケットは、この年代らしいデザインのはいったお気に入り。
いつもはそんなに買い付けないんですが、今回買い付けではライダースが少し気になって、少数精鋭で集めてみました。
d0176398_1114869.jpg
d0176398_11204.jpg


70年代頃のウールコートは、やりすぎ感のない絶妙なユルめのシルエットが魅力。
深みのあるネイビーカラーの上質なウール素材にネップのはいった、雰囲気のある逸品です。
d0176398_1121486.jpg
d0176398_1122325.jpg


ARMANIのデザインウールパンツは、サイズ感、シルエット、コンディションの揃った男前。
ハイブランドらしい上質なウール素材に上品なチェック柄がはいった、綺麗な形のワイドシルエットが魅力の逸品です。
d0176398_1123582.jpg
d0176398_1124482.jpg


まだまだ画像が余っているので、あとでまた更新してみます。

by used_link | 2017-11-20 01:13 | 買い付け日記 | Comments(0)

買い付け日記 17

やっと、空港のラウンジでのんびりできました。
手荷物で持って帰る荷物がかなり多いのと、重量が心配だったので早めに空港に来たんですが、その予感が的中して、さっきまで空港のロビーで大量の手荷物を詰めなおしていました。

早朝に買い付け日記を更新してから、レンタカーを返却して、そのまま空港へ。
大量の手荷物の重量をドキドキしながら計ってみて、愕然としました。
ほとんどすべての荷物の重量が超過してしまっていました。
なので、全てのパッキンを開けて、それぞれ中にはいっている商品を重量を確かめながら入れ替えたりして、どうしても無理な分は機内持ち込みの荷物に無理やり入れて、箱を小さく改造して、パッキングして、というようなことを2時間以上することに。
ある意味で、この作業が今回の買い付けで1番きつかったです。

その後、かなり要領の悪いチェックインカウンターのスタッフさんにチェックインしてもらって、恐ろしい列ができている検査場を通過して、さっきやっとこのラウンジに到着しました。
それでも、まだ時間が余っているので、睡魔と闘いながらのんびりしています。
寝不足にプラスしてさっきの作業の疲れと、それが終わった安堵感で何もしないとすぐにでも眠ってしまいそうなので、買い付け日記を更新しています。

今回の買い付けでは、かなりの数の良い商品たちと出会えたので、今までの買い付け以上に買い付け日記用の画像が余りまくっています。
時間が許す限り、載せきれなかった商品たちをランダムに紹介します。

Hermèsのデザインシルバーリングは、男女どちらにもつけてもらえる良いサイズ感。
シンプルなデザインながらも、しっかりと存在を主張してくれる、ハイブランドらしい逸品です。
d0176398_0392174.jpg
d0176398_0393017.jpg


40~50年代のレタードカーディガンは、オールドものらしい極上の雰囲気。
この年代ならではの肉厚でがっしりとした、上質なウール素材が使われています。
d0176398_0394042.jpg
d0176398_0394884.jpg


40~50年代のPENDLETONのノーカラージャケットは、ここらしい上質なウール素材が魅力。
オールドのペンドルトンでノーカラーは、ほとんど見かけることすらない、希少価値の非常に高い逸品です。
d0176398_0395771.jpg
d0176398_040599.jpg


Y'sのデザインウールコートは、コンディション、サイズ感、シルエットの揃ったお気に入り。
シンプルなデザインながらも、ディティールの凝った、このブランドらしいアイテムです。
d0176398_0401432.jpg
d0176398_0402367.jpg


JIL SANDERのウール×カシミアのロングコートも、良い状態でサイズ感、シルエットともに極上。
無駄を削ぎ落としたミニマムなデザインだからこそ分かる、実際に着たときの極上シルエットは、さすがの一言です。
d0176398_0403761.jpg
d0176398_0404766.jpg


まだ時間もあり、画像もかなり余っているので、できる限り更新していこうと思います。

by used_link | 2017-11-20 00:41 | 買い付け日記 | Comments(0)

買い付け日記 16

d0176398_19464761.jpg
d0176398_19465651.jpg
d0176398_1947512.jpg
d0176398_19471371.jpg
d0176398_19472628.jpg
d0176398_19473330.jpg
d0176398_19474265.jpg
d0176398_19475591.jpg
d0176398_1948332.jpg
d0176398_19481130.jpg


おはようございます。
とは言っても、まだ全く太陽の出ていない夜中に近い時間帯ですが。
今日は朝から飛行機を乗り継いで日本に帰るので、いつもよりかなり早めにモーテルを出発です。

昨夜に買い付け日記を更新してから、ひたすらにパッキング作業。
その途中で、隣の部屋にすごいレベルのおしゃべりオジサンがチェックインしたみたいです。
必死にパッキング作業を続ける中、隣からはおしゃべりオジサンの途切れない声が聞こえてきて、たまに爆笑します。
夜中になってもオジサンのおしゃべりは止まらず、ひたすらしゃべり声と爆笑の声が聞こえてきます。
そんな中、ひたすらにパッキング作業。
今回の買い付けのパッキングではずっとですが、昨夜も現実逃避もする余裕のないまま、ただただパッキング作業を続け、何度も心が折れそうになりながら、たまに隣のおしゃべり野郎にイライラしながらも、何とか終了。
そのまま書類の作成に取り掛かり、いつものように頭が上手く働かない中、隣のおしゃべり野郎の爆笑の声で集中できず、誤字脱字を繰り返しながらも、何とか終了。
安心感と共に眠りにつこうと思っていても、隣の騒音おしゃべり爆笑野郎の声であまり眠れず、すぐに目覚ましの音に起こされて、現在に至ります。
この朝方に近い真夜中になっても、隣の迷惑おしゃべり野郎の声は止まることなく、たまにする爆笑にすごくイライラします。
いったいどれだけ喋れば気が済むんでしょうか。
1つ気になるのは、迷惑おしゃべり野郎1人の声しか聞こえないこと。
電話で真夜中から朝方にかけて、何時間も話しているとは考えにくく、話し相手がいるとしても、その声が全く聞こえないのが不思議です。
もしかして、1人でこっちの部屋の壁に向かって、夜中ずっと何時間も話し続けているんでしょうか。
想像したら怖すぎるので、これ以上は考えるのをやめておこうと思います。

今回の買い付けでは、買い付け日記に到底載せきれないぐらいに、良い商品が集まってくれました。
画像は、agnès b.のウールベレーと80~90年代のChristian Diorのデザインニット、40年代のウールドレスジャケットとMaison Martin Margielaのショートコートと60~70年代のウールフーデッドコートです。
アニエスベーのウールベレーは、綺麗なシルエットの男女ともに使ってもらえるアイテム。
ここのブランドアイコンでもあるレザール(とかげ)の刺繍が、さりげなくも主張してくれます。
オールドのクリスチャン・ディオールのニットは、綺麗な色目のボディにはいった編み柄が良い雰囲気。
ディオールのオールドものらしい、しっかりとデザインのはいった、着こなしのアクセントになってくれるアイテムです。
ヴィンテージのウールドレスジャケットは、かなり珍しいネイビーカラーでラペルもウール素材の希少価値の高い逸品。
極上のコンディションで良いサイズ感の、なかなか出てくることのない男前です。
マルタン・マルジェラのデザインショートコートもコンディション、サイズ感、シルエットの揃った逸品。
ミニマムなデザインながらも、しっかりと存在感を主張してくれるのは、世界的なハイブランドならではです。
ヴィンテージのウールフーデッドコートは、オールドものならではの良い雰囲気。
オールドものらしい上質なウール素材に綺麗な色目のチェック柄が目を引く、着こなしの主役になってくれる逸品です。

レディースアイテムも、良いものが予想以上に大量に集まってくれたので、買い付け日記用の画像がかなり余ってしまっています。

MARNIのデザインジャケットは、上質なウール素材が使われた逸品。
綺麗な色目のチェック柄がはいった、このブランドらしい上品な雰囲気ながらも遊び心を感じさせてくれるアイテムです。
d0176398_19581580.jpg
d0176398_19582462.jpg


60~70年代のニットジャケットは、カウチンのような肉厚の素材感が魅力。
全体にはいったゴルフ柄の刺繍が、オールドものらしい良い雰囲気です。
d0176398_19583468.jpg
d0176398_19584398.jpg


60年代のPENDLETONのウールスカートは、リバーシブル仕様。
ここらしい上質なウール素材が使われ、深みのある色目の上品なチェック柄がはいった、ヴィンテージらしい逸品です。
d0176398_1958555.jpg
d0176398_1959414.jpg


では、これから空港に向かおうと思います。

by used_link | 2017-11-19 20:00 | 買い付け日記 | Comments(0)

買い付け日記 15

d0176398_1049092.jpg
d0176398_10491045.jpg

d0176398_10492471.jpg
d0176398_10493514.jpg
d0176398_10494397.jpg
d0176398_10495457.jpg


今回のハードな買い付けも、本日で商品集めは終了しました。
とにかく体調が回復せず、買い付け前から本日まで元気な日は1日もありませんでしたが、僕の体調が悪いほどに良い商品が集まる、といううちの買い付けのジンクス通り、過去最高量の商品を集めることができました。
量的なものだけでなく、質的にもかなり高い買い付けができました。
ヴィンテージからグッドレギュラー、ハイブランドや小物まで幅広く集めることができ、すごく満足できる買い付けでした。

商品集め最終日の本日も、この中型都市を完全制覇するために駆け回り、しっかりと良い商品を大量に収穫できました。
最後まで大量収穫が続き、質的にも良いものが買えて、気持ちよく締めくくることができました。

画像は、40年代頃のウールシャツと40年代頃のユーロもののコーデュロイワークジャケット、70年代頃のYVES SAINT LAURENTのウールコートです。
ヴィンテージのウールシャツは、ほぼデッドストックの極上コンディションの逸品。
マチ付きで、肉厚ながらガシガシしすぎない極上のウール素材にネップがはいった、なかなか見かけることのないスペシャルピースです。
ユーロヴィンテージのワークジャケットは、この年代ならではの極上の雰囲気の男前。
かなり肉厚な太畝のコーデュロイ素材が使われた、出てくることのほとんどない細身の綺麗なサイズ感の、希少価値の高い逸品です。
オールドのイヴ・サンローランのウールコートは、フランスメイドの上品な印象の逸品。
ユルめのサイズ感ながら、実際に着ると分かる計算されたシルエットは、ハイブランドならではです。

最後まで好調だったレディースアイテムも紹介しておきます。

60年代頃のスウェードジャケットは、なかなか出てこないレディースサイズの細身の綺麗なシルエット。
ヴィンテージものらしい肉厚で柔らかなスウェード素材の、上質で上品な逸品です。
d0176398_1051331.jpg
d0176398_10511444.jpg


50年代頃のツイードワンピースは、極上コンディション。
深みのある色目のツイード素材にネップがはいった、良い雰囲気のアイテムです。
d0176398_10513891.jpg
d0176398_10522257.jpg


GUCCIのブーツは、箱付きで発見。
さりげないデザインながらも、しっかりと存在感を主張してくれる、ハイブランドらしい逸品です。
d0176398_10523053.jpg
d0176398_10524077.jpg


では、これから最後のパッキングに挑もうと思います。
最終日まで大量収穫だったので、かなり高い商品の山ができてしまっていますが、最後の戦いと思って頑張ります。

by used_link | 2017-11-19 10:53 | 買い付け日記 | Comments(0)

買い付け日記 14

d0176398_21412786.jpg
d0176398_21442394.jpg
d0176398_21443419.jpg
d0176398_21444456.jpg
d0176398_21445517.jpg
d0176398_2145561.jpg
d0176398_21451424.jpg
d0176398_21454293.jpg

おはようございます。

今回の買い付けは、かなりハードなので、自分で思っている以上に疲れがたまってきているみたいです。
昨日の夜に、これまで買った商品をまとめようと”買った物リスト”を作って、その紙の1番上に”買った物リスト”と書いたつもりが、さきほど見てみると”買った物祭り”と謎の祭りを開催してしまっていました。
さっきも、目覚ましにシャワーを浴びて、そのあとで歯磨きをしようとしたんですが、気が付くと歯磨き粉を手のひらに塗りたくって、さらにそれを顔に塗ろうとしていました。
シャワーを浴びてスッキリと綺麗になったのに、さらに何をしようとしていたんでしょうか。
自分で自分の行動の意味が全く分からず、なんか恐怖を覚えてしまいます。

そんな僕の状態とは真逆に、商品は良いものがしっかりと集まっています。
画像は、40年代頃のU.S.NavyのN-1デッキベストと同じく40年代頃のウールチェックコート、JIL SANDERのウール×カシミアのロングコート、GUCCIのレザーショートブーツです。
ヴィンテージのミリタリーベストは、この年代ならではの雰囲気を放つ極上品。
アルパカライニングで、ジップはベル型CONMAR、コの字留めのヴィンテージならではのディティールの詰まった逸品です。
ヴィンテージのウールチェックコートは、この年代とは思えない、ほぼデッドストックの極上コンディション。
オールドものらしい上質なウール素材に、綺麗な色目の上品なチェック柄が良い雰囲気です。
ジル・サンダーのロングコートも、コンディション、サイズ感、シルエットの揃った男前。
ウール×カシミアの極上で優しい素材感の、上質で上品なハイブランドらしい逸品です。
グッチのレザーショートブーツは、極上のレザーが使われた長く愛用してもらえるアイテム。
ローファーをそのままブーツにしたようなデザインが、さりげなくも存在感を出してくれます。

レディースアイテムも、引き続き好調に集まっています。

50年代頃のカーディガンは、襟元にミンクファーがあしらわれた、最近では見かけることもほとんど無くなった、希少価値の高い極上品。
袖口やすそ部分に付いた細かな装飾の金具が、ヴィンテージらしい良いアクセントです。
d0176398_21484596.jpg
d0176398_21485930.jpg


80年代頃のChristian Diorのノーカラージャケットは、アウターとしても優秀な肉厚の生地感が季節感を演出してくれます。
ミニマムなデザインに大きめにはいったハウンドトゥース柄が、良い雰囲気です。
d0176398_21491321.jpg
d0176398_21492381.jpg


60年代のハンドバッグは、ゴブラン生地に付けられたビーズが良いアクセント。
やりすぎ感の出がちなゴブラン素材ながら、こちらは上品な印象で使ってもらえる逸品。
d0176398_21493541.jpg
d0176398_21494923.jpg


では、これからこの中型都市を完全攻略してこようと思います。

by used_link | 2017-11-18 21:41 | 買い付け日記 | Comments(0)

買い付け日記 13

d0176398_13191422.jpg
d0176398_13192652.jpg
d0176398_13193776.jpg
d0176398_13194665.jpg

d0176398_13445337.jpg
d0176398_1345259.jpg


今回の買い付けでは天気に恵まれ、ほとんど雨にも雪にもあたっていません。
いつもの冬の買い付けでは猛吹雪の中でドライブをすることが多いんですが、今回はスリルを味わうことなく、ここまできました。
曇りの日もほとんどなく、毎日青空が広がった気持ちの良い中で買い付けができています。
気分的にはすごく良いんですが、強めの日差しの中でドライブをする時間が長いので、左半身ばかりに太陽が当たります。
気のせいかもしれないですが、右半身に比べて左半身が日焼けしてきて黒くなっている気がします。
このまま快晴が続くと、左半分だけこんがりときつね色に焼けた僕が出来上がってしまいそうです。

そんな快晴の中、本日もガッツリと収穫できました。
今日は朝から第2便を日本に送りに運送会社へ。
特に問題もなく、すんなりと手続きが終わり、そのまま最終目的地の中型都市を探索。
いつもの田舎町と比べて、かなり大きめで人口も多いので、工事や渋滞に悩まされながらも、予想以上に収穫することができました。
第2便を送った直後にもかかわらず、またモーテルの部屋が狭くなってきています。
今回の買い付けは、これまでで最高の商品の集まり具合なので、その反面モーテルの部屋を広々と使うことはできなさそうです。

画像は、40年代のA-1セーターと50~60年代のウールコート、SAINT LAURENTのデニムパンツです。
ヴィンテージのミリタリーA-1セーターは、この年代のものとは思えないコンディションの良いスペシャルピース。
第2次世界大戦時に、当時パイロット達がA-2などのフライトジャケットの中にインナーとして愛用していた、ミリタリーニットの中では入手が難しく、近年の人気もあり、ますます手に入りにくくなっている希少価値の高い逸品です。
ヴィンテージのウールコートも、コンディション、サイズ感、シルエットの揃った男前。
この年代ならではの極上のウール素材に、上品なチェック柄がはいった、オールドものならではの雰囲気のあるアイテムです。
サンローランのデニムパンツも、良いコンディションで極上シルエットの逸品。
無駄を削ぎ落とした、ミニマムでシンプルなデザインだからこそ分かる、実際にはいたときの極上シルエットは、さすがの一言です。

では、これから本日収穫分を仕分けしていこうと思います。

by used_link | 2017-11-18 13:52 | 買い付け日記 | Comments(0)

買い付け日記 12

d0176398_22164662.jpg
d0176398_22171111.jpg
d0176398_22172213.jpg
d0176398_22173267.jpg
d0176398_22174793.jpg
d0176398_22175846.jpg


おはようございます。

やっとパッキング作業と書類の作成が終わって、一安心です。
昨夜は、今日の朝に第2便を送りに行くために、ひたすらパッキング作業に追われていました。
今回の買い付けは、かなり大量に商品が集まってくれているので、パッキング作業がいつも以上に過酷です。
いつもの現実逃避のテレビ鑑賞や窓の外鑑賞もする余裕がなく、ただただ無心にパッキングを進めていました。
それでも、なかなか商品の山は減っていってくれず、何度も心が折れかけましたが、なんとか終わらせることができました。
朝方にパッキング作業が完了し、そのまま書類を作成。
自動的に降りてくるまぶたをこじ開けて、なんとか書類の作成も終わらせ、ちょっと仮眠をとって現在に至ります。

昨日は朝からちょっとドライブして、郊外の田舎町へ。
その町はすごく良い雰囲気で、住んでいる人たちも明るく、気さくに話しかけてくる人たちが多かったです。
気さく過ぎて途中で、やたらにマイフレンドを連呼する、うさん臭くて実際はめちゃくちゃいいヤツだった韓国人のオジサンに長時間話し込まれたり、やたらにテンションの高い白人のオバサンにつかまって、長時間にわたってたいしたことのない話を聞かされ続けたりしながらも、大量に良い商品を収穫。
そこから300キロほどドライブして、いま泊まっている、今回の最終目的地の中型都市に到着しました。

画像は、60~70年代のイングランドメイドのウールコートとGIORGIO ARMANIのセットアップ、オールドコーチのビッグショルダーバッグです。
ヴィンテージのコートは、イングランドメイドらしい上品な印象の男前。
深みのある良い色目の上質なウール素材にはいった、上品なチェック柄が良い雰囲気です。
ジョルジオ・アルマーニのセットアップは、上質で上品なハイブランドらしい逸品。
一見シンプルに見えながらも、さりげなくデザインの効いた、このブランドらしいアイテムです。
オールドコーチのレザーショルダーバッグは、人気の高いブリーフケース型。
この年代のコーチならではの、肉厚で柔らかなグローブレザーが使われた、長く愛用してもらえる逸品です。

かなり力を入れて集めているコートも、いろいろなデザイン、サイズ、年代、素材感、で、しっかりと集まっています。
d0176398_2245127.jpg


コートだけでなく、ジップアップジャケットも、冬素材でガッツリ確保しています。
d0176398_22461287.jpg


オールドコーチのバッグも、今回は特に種類も豊富に買えています。
d0176398_22465342.jpg


レディースアイテムも、引き続き好調です。

60年代頃のペンドルトンのウールジャケットは、綺麗な色目のチェック柄が魅力。
フロントに付いた大きめの包みボタンが良いアクセントになってくれています。
d0176398_2249987.jpg
d0176398_224918100.jpg


MARNIのデザインスカートは、コンディション、サイズ感ともに極上の逸品。
上品な雰囲気ながらも、どこか遊び心を感じさせてくれる、このブランドらしいアイテムです。
d0176398_22492734.jpg
d0176398_22493629.jpg


YVES SAINT LAURENTのセットアップは、深みのある色目の上質なウール素材が使われた逸品。
シンプルなデザインながらも、実際に着ると分かる極上のシルエットは、さすが世界的なハイブランドといった感じです。
d0176398_22494556.jpg
d0176398_22495464.jpg


では、これから第2便を送りに行こうと思います。

by used_link | 2017-11-17 22:18 | 買い付け日記 | Comments(2)