京都の古着屋Linkのブログ

カテゴリ:買い付け日記( 435 )


買い付け日記 最終回

d0176398_20462612.jpg
d0176398_20463289.jpg
d0176398_20463865.jpg
d0176398_20464702.jpg
d0176398_20465274.jpg
d0176398_20465962.jpg
d0176398_20470870.jpg
d0176398_20471259.jpg

無事、日本に帰国しました。

ラウンジで買い付け日記を更新してから、
飛行機が定刻に飛んだのに到着が遅れて、もともとギリギリの乗り継ぎ時間だったのに、さらにギリギリになり全力ダッシュしたり、
日本に向かう飛行機に、明らかに強制帰国させられている人が乗り、ガッツリ腰に銃をぶら下げている屈強な男性2人に両脇を固められていて、物々しい雰囲気になっていたり、
飛行機のテレビモニターが、相変わらず調子が悪かったり、
隣に座った白人さんのおばさんが、乗っている飛行機のパイロットの奥さんで、えげつなく優遇されていて、有料の白ワインを無料で途切れることなく飲み続けていたり、
そのおばさんが飲んでいたワインの入ったカップを倒して、相方さんのパンツが白ワインまみれになったり、
相変わらず機内食がマズ過ぎたり、
パイロットの奥さんのおばさんが、しょっちゅうトイレに行き、そのとき僕たちの前を通るんですが、そのたびに僕たちが見ているテレビモニターに手をかけて倒して行ってイライラしたり、
そのおばさんが明らかに酔っぱらってきていて、また白ワインをこぼして、相方さんのパンツとバッグがびしょ濡れになったり、
さすがに酔っぱらい過ぎなのでCAさんに、もうお酒を出すのを遠慮してほしいと伝えると、お前がどこかに席を替われと言われ、びしょ濡れになっている相方さんには何も言わず、パイロットの奥さんに「もう1杯、ワインいかがですか?」と聞いていて、さすがにマジギレしたり、
それから異常なくらいにパイロットの奥さんが大人しくなったり、
といろいろありながらも、無事に帰って来ることができました。

画像は、1957年のフリーメイソンのネックレスと50~60年代のフリーメイソンのリングと70年代のフリーメイソンのバングル、60年代頃のAMERICAN OPTICALのメガネフレームたちです。
フリーメイソンのネックレスは、上から2番目の階級の双頭の鷲のシンボルがはいった逸品。
細かな細工がはいり、年代もしっかり入っている希少価値の高いアイテムです。
フリーメイソンのリングは、人気の高いイースタンスターもの。
イースタンスターのシンボル以外にも、かなり細かな細工がされた、雰囲気のある逸品です。
フリーメイソンのバングルもイースタンスターモチーフのアイテム。
男女ともにつけてもらえる良いサイズ感の、着こなしのアクセントになってくれる逸品。
ヴィンテージのメガネフレームは、どちらもアメリカン・オプティカルから。
買い付けに行っても出てくることが少なく、年々見つけるのが困難になっているアイテムです。
どれも、個人的なお気に入りたちです。

明日からは商品総入れ替えと時差ボケで地獄のような日々になるので、今日の夜はゆっくりしようかと思います。
明日からのブログで、3月4日(土)入荷の新商品を紹介していきます。


by used_link | 2017-02-26 20:48 | 買い付け日記 | Comments(0)

買い付け日記 26

もう1度メンズアイテムをランダムに。

50年代頃のユーロワークのシャツジャケットは、ユルめの良いサイズ感。
ヴィンテージならではのリアルなワーク感と全体の大胆なパッチワークリペアの雰囲気が、個人的にはたまりません。
d0176398_01165396.jpg
d0176398_01170075.jpg


JIL SANDERのデザイン春物チェスターコート。
このブランドらしい計算されたミニマムなデザインで、実際に着たときの極上シルエットは、さすがの一言です。
d0176398_01171047.jpg
d0176398_01171820.jpg


GUCCIのデザインパンツは、細身の9分丈が上品な良い雰囲気。
さりげなくも、しっかりとデザインがされている、世界的ハイブランドならではの逸品。
d0176398_01172464.jpg
d0176398_01173003.jpg


50~60年代のデニムランチパンツは、ワイドシルエットが今季らしい逸品。
この年代ならではの極上のデニム素材は、育てるほどに表情を変えていってくれます。
d0176398_01173831.jpg
d0176398_01174581.jpg


COMME des GARÇONS JUNYA WATANABE MANとTricker'sのコラボスニーカー。
カッチリとした印象のウイングチップを、スニーカーに落とし込んだ、このブランドらしい遊び心のある逸品です。
d0176398_01175359.jpg
d0176398_01180054.jpg

まだまだ画像が残ってるんですが、そろそろ飛行機の乗り口に向かおうと思います。


by used_link | 2017-02-26 01:19 | 買い付け日記 | Comments(0)

買い付け日記 25

続いて、今回も豊富に買えたレディースアイテムをランダムに紹介します。


60年代のコリンズバッグは、あまり出てくることのない春らしいカラーリング。
普段使いもしてもらいやすいサイズ感で、コンディションも良い逸品。
d0176398_00500710.jpg
d0176398_00501555.jpg



50年代頃のエンブロイダリーブラウスは、ほぼデッドストックといえる極上のコンディションで良いサイズ感。
全体に施された上質な刺繍が、上品な雰囲気を与えてくれます。
d0176398_00502604.jpg
d0176398_00503376.jpg



JIL SANDERのデザインジャケットは、出てくることの少ないコンパクトなサイズ感。
かなり薄めの生地なので、インナーとしても、アウターとしても活躍してくれる便利なアイテム。
d0176398_00504645.jpg
d0176398_00505661.jpg



40年代の7分袖ワンピースは、極上コンディションで極上のサイズ感。
ドレス感がありながら、かといってやりすぎ感もない、絶妙な雰囲気が魅力。
d0176398_00510290.jpg
d0176398_00510853.jpg



最後にスペシャルアイテム。
50年代の不織布のサーキュラースカート。
この年代でこの素材感、しかも極上サイズとコンディションで、このデザイン、めったに出てきません。
d0176398_00511450.jpg
d0176398_00512135.jpg



もうちょっと時間があるので、もう1回できれば更新してみます。


by used_link | 2017-02-26 01:14 | 買い付け日記 | Comments(0)

買い付け日記 24

続いても、メンズアイテムをランダムに載せていきます。

3.1 Phillip Limのデザインシャツは、ここらしいデザイン性の高い逸品。
身頃の綺麗なシャツ生地と袖のカットソー素材の異素材ミックスが、ここらしい良い雰囲気です。
d0176398_00321421.jpg
d0176398_00322269.jpg


Maison Martin Margielaの春物ニットは綺麗なカラーリング。
無駄を削ぎ落としたミニマムなデザインながら、実際に着たときには物足りなさを感じさせないのは、さすがの一言。
d0176398_00323077.jpg
d0176398_00323821.jpg



40年代頃のユーロもののワークジャケットは、綺麗なサイズ感で良い雰囲気の男前。
チェンジボタン仕様で、ワークものながらどこか上品な腑に気が漂うのは、ユーロワークならでは。
d0176398_00324780.jpg
d0176398_00325386.jpg



ISSEY MIYAKEのデザインジャケットは、ロング丈が良い雰囲気。
ショールカラーのラペルやユルめのサイズ感など、ここらしい上品さが漂う逸品。
d0176398_00325920.jpg
d0176398_00330534.jpg



60~70年代のユーロワークパンツは、パッチワークリペアが極上の雰囲気を与えてくれるお気に入り。
今回の買い付けでは、なかなかにスペシャルなパッチワークリペアもののユーロワークも、良い感じに集まってくれました。
d0176398_00331357.jpg
d0176398_00331874.jpg

まだ更新できそうなので、もうちょっとやってみます。


by used_link | 2017-02-26 00:39 | 買い付け日記 | Comments(0)

買い付け日記 23

とりあえず無事に空港に到着して、いまラウンジで睡魔と格闘中です。
ここまでは特にトラブルもなく、雪も止んでくれて、今は晴れているので、ノロノロ運転もしなくて済みました。
あとは順調に飛行機が飛んでくれて、途中のギリギリの乗り継ぎをクリアするだけです。
これは僕にはどうしようもないので、無事に日本に付けるように祈ります。

今回の買い付けでも、良い商品がかなり順調に集まってくれたので、買い付け日記用の画像が余りまくっています。
空港のラウンジでボーっとしてると眠ってしまって乗り遅れそうなので、気分転換に余った画像をランダムに載せていこうと思います。

COMME des GARÇONS HOMMEのデザインシャツは、良いコンディションでユルめの良いサイズ感の逸品。
前身頃全体に、やりすぎ感なく施されたパッチワーク切り換えが、ここらしい遊び心。
d0176398_00125621.jpg
d0176398_00130548.jpg


50~60年代のフレンチワークジャケットはデッドストックで発見。
今回の買い付けでは、ユーロワークものが良い感じにしっかり集まってくれました。
d0176398_00131647.jpg
d0176398_00132382.jpg


60~70年代のデザインコートは、春らしい綺麗なマスタードカラー。
デザイン性のあるラペル部分や丸みを帯びたカッティングのポケットなど、この年代ならではのデザイン性の高い逸品。
d0176398_00133073.jpg
d0176398_00134017.jpg


50~60年代のこのパンツ、アメリカ買い付けでまさかの発見の、ジャパニーズヴィンテージのもんぺ。
インディゴ染めされた生地とカスリのような生地のストライプが、かなり良い雰囲気です。
d0176398_00134516.jpg
d0176398_00135195.jpg


HERMESのレザーブレスレットは、ここらしい上品な雰囲気。
今回の買い付けでは、ハイブランドものの小物も色々と集まってくれました。
d0176398_00135811.jpg
d0176398_00140689.jpg

まだ時間も画像もたっぷりあるので、また更新してみます。


by used_link | 2017-02-26 00:18 | 買い付け日記 | Comments(0)

買い付け日記 22

d0176398_19021818.jpg
d0176398_19022426.jpg
d0176398_19023401.jpg
d0176398_19024288.jpg
d0176398_19025231.jpg
d0176398_19030099.jpg
d0176398_19030621.jpg
d0176398_19031329.jpg
おはようございます。
とは言っても、いつも通り最後のパッキング作業と書類作成に追われて、ほとんど寝てないんですが。

昨夜、買い付け日記を更新してから、ひたすらにパッキング作業。
パッキングして、現実逃避にテレビを観て、というようないつもと同様に作業を進めていました。
2回目の現実逃避のときに、特に食べたいわけではなかったんですが、なんとなく相方さんのキャラメルを1つもらってモグモグ。
しばらくモグモグしてると、口の中に違和感が。
キャラメル以外に、確実に何か固いものがある。
ティッシュに出してみると、キャラメルまみれの歯の詰め物を発見。
少し前まで2年間も地獄のような歯医者通いを続けて、やっと完全に大規模工事が終わったのに、これでまた歯医者通いに逆戻りです。
あの地獄のような苦痛の日々が、自然と頭に浮かんで呆然としてしまいました。
最後までうちらしい、トラブル続きの買い付けです。
そんな、まさかの時間ロスもありましたが、とりあえずパッキング作業と書類作成を終えて、ちょっと仮眠をとって、現在に至ります。

画像は、60~70年代のスウェットパーカと80年代頃のChristian Diorの春物コート、Y-3のデザインスニーカーとCAZALのメガネです。
スウェットパーカは、綺麗なコンディションで細身の良いサイズ感の逸品。
フロントにはいったフロッキープリントが、オールドものらしい良い雰囲気です。
いつもはそんなに集めないアイテムですが、今回の買い付けではオールドものやシュールなプリントもの、ハイブランドや80’s頃のデザインものなど、いろいろとスウェットを集めてみています。
オールドのクリスチャン・ディオールのコートは、綺麗な色目でユルめのサイズ感が今季らしいアイテム。
この年代のディオールらしい、計算された良い意味での野暮ったさと上品さが混在する、独特の良い雰囲気が漂っています。
Y-3のスニーカーもコンディション、サイズ感の揃った男前。
アディダスらしいスポーツテイストとヨウジ・ヤマモトらしいモード感が、良い感じにミックスされています。
カザールのメガネは、70年代のドイツ発祥で、芸術的とさえ言われているデザインが特徴の、このブランドらしいデザイン性の高い逸品。
ケース付きで発見の良いコンディションの、なかなか出てくることのない、お気に入りです。

では、これから空港へ向かおうと思います。


by used_link | 2017-02-25 19:03 | 買い付け日記 | Comments(0)

買い付け日記 21

d0176398_09073487.jpg
d0176398_09080591.jpg
d0176398_09053493.jpg
d0176398_09060401.jpg
d0176398_09063483.jpg
d0176398_09070315.jpg
本日で、今回の長めの買い付けの商品集めが終了しました。
最終日の本日も、雪の降る中この最終目的地を駆け回り、ガッツリ収穫してきました。

朝に買い付け日記を更新してから出発の準備をして、部屋着から買い付け用のパーカとスキニーに着替えてバッグを持ち、準備万端。
モーテルの部屋を出る前に、何気なくしゃがんだ時にスキニーから嫌な音が。
ビリッというような、バリッっというような、完全に生地が破れる音。
気持ちスースーする股部分を見てみると、やっぱりガッツリ破れていました。
うちの買い付けでは、買い付ける商品は全て試着していて、そのたびにパンツを脱ぐのは時間のロスが大きすぎるので、スーパースキニーなピタピタのスキニーを愛用してるんですが、それが仇になったようです。
そのままで出発すると、良くて笑い者、悪くて警察のお世話になってしまうので、急遽昨日パッキングせずに残しておいたパンツの中から1つを買い取り。
買い付けでは履き慣れていないワイドなパンツなので、この極寒の中でのスソからの寒風がキツすぎました。
買い付け最終日まで無駄なトラブルが起こるのは、ほんとにうちの買い付けらしいです。

その後、日本に向けて第3便を送りに行って、この最終目的地をガッツリ探索。
途中で、いつも愛用しているようなピタピタスキニーを懲りずに手に入れて履き替え。
それからも雪の中、この町を駆け回り、完全制覇してきました。

今回の買い付けも、モーテルの無限ぬるぬるシャワーや慣れない固い歯ブラシ問題、この時期とは思えない暑すぎる日々からの猛吹雪の極寒の日々、それに伴う体調の悪化や火災報知器の爆音、ガソリン盗まれ事件にスキニークラッシュと、いろいろとありましたが、かなり良い買い付けができました。
前半にそんなに集まらない日々もありましたが、最終的には過去最高量と並ぶ商品数を買い付けることができました。
量的なものだけでなく、質的にも非常に高い買い付けができたと満足しています。
ヴィンテージからグッドレギュラー、ハイブランドから小物まで、幅広くうちらしい商品を買い付けることができました。

画像は、50年代頃のデッドストックのユーロアトリエコートとMaison Martin Margielaのデザインパンツ、90年代のCOMME des GARÇONS HOMMEのリネンセットアップです。
ユーロもののアトリエコートはデッドストックで発見の極上のサイズ感の逸品。
オールドのブラックシャンブレーの雰囲気がたまらない、スペシャルピースです。
保管時の汚れが少しあるので、1度洗ってから出そうと思います。

今回の買い付けでは、黒シャン以外のユーロもののアトリエコートも、ちょくちょく買えています。
d0176398_09083531.jpg
マルタン・マルジェラのデザインパンツは、今季らしいワイドシルエット。
全体にはいったチェック柄が、上品な印象を与えてくれる逸品です。
コム デ ギャルソン・オムのセットアップは、出てくることの少ないオールドのギャルソンもの。
上質なリネン素材が使われ、やりすぎ感のない程度の少しユルめのシルエットが、ここらしい良い雰囲気です。

では、これから手荷物分のパッキングに取り掛かろうと思います。
いつもながら、これが最後の山なので、気合で頑張ります。


by used_link | 2017-02-25 09:30 | 買い付け日記 | Comments(0)

買い付け日記 20

d0176398_21003740.jpg
d0176398_21004429.jpg
d0176398_21005221.jpg
d0176398_21005901.jpg
d0176398_21010573.jpg
d0176398_21011260.jpg
おはようございます。

昨夜に買い付け日記を更新しているときから迷っていたんですが、やっぱり今日の朝に日本に向けての第3便を送ることにしたので、あれからパッキング作業と書類の作成に追われていました。
とは言っても、いつものように大量というわけではなく、そこそこの量だけを送ることにしたので、いつもほどは大変ではなかったです。
それをやってしまうと、商品集め最終日の今日の夜のパッキングの量が増えるだけなので、しんどいことを少し先送りにしただけなんですけど。

今回の買い付けで、ある意味1番の驚きは人間の成長と環境への順応です。
あれだけ痛みを伴って嫌だった時間が、今ではむしろ心地よく感じる、心休まる時間になっていたりします。
そう、歯磨きの時間です。
今回の買い付け日記の前半戦ぐらいに書いたんですが、いつもの毛が柔らかい歯ブラシじゃなく、かなり固いものを持ってきてしまっていたので、僕の過保護に育てられた歯茎はすぐに悲鳴を上げ、硬い毛という荒波にもまれてズタズタに傷ついていました。
その頃は、以前は快適だった歯磨きの時間が苦痛で仕方なかったんですが、今では心地の良い時間になっています。
むしろ、ずっと使っていたやわらかい毛の歯ブラシでは満足できないかも知れません。
もう、以前の過保護に育てられた、やわなお坊ちゃん歯茎ではありません。
筋骨たくましいアスリート歯茎へと変貌を遂げたのです。
人間は頑張って環境に順応し、困難に立ち向かい続けていると成長するもののようです。

風邪と寝不足で頭が働かず、どうでもいい話を長々としてしまいました。
昨日も思考回路がそんなに働いておらず、途中途中の記憶が飛んでるんですが、仕分け作業とパッキング作業で収穫分を改めて見てみると、良いものが買えています。

画像は、60年代頃のドレスシャツとY'sのデザインジャケット、HERMESのデザインパンツです。
ヴィンテージのドレスシャツは、元の持ち主によって付けられたチェンジボタンが残っている、上質で上品な逸品。
うちではオープン当初から置いている定番商品ですが、年々見つけるのが困難になってきている、希少価値の高いアイテムです。
Y'sのデザインジャケットは、コンディション、サイズ感、シルエットの揃った男前。
テーラードジャケットとコーチジャケットを組み合わせたような、上品ながらもどこかスポーツテイストも感じさせてくれる、ハイブランドならではの逸品です。
エルメスのデザインパンツも、良いコンディションで良いサイズ感のお気に入り。
ポケット周りに施されたレザーのパイピングが上品で、実際にはいたときの極上シルエットは、さすが世界的なハイブランドといった感じです。

では、これからこの最終目的地を完全攻略してきます。


by used_link | 2017-02-24 21:01 | 買い付け日記 | Comments(0)

買い付け日記 19

d0176398_12194483.jpg
d0176398_12195285.jpg
d0176398_12195997.jpg
d0176398_12200976.jpg
d0176398_12201632.jpg
d0176398_12202459.jpg
今日はいろいろとイライラしたりして、最悪な1日でした。

朝に準備をしてモーテルを出てみると、激しい吹雪。
昨日までの初夏のような陽気からの急激な温度の変化に、僕の風邪も急速に悪化。
そんな中、1軒目の買い付け先から外に出てみると、明らかに車に変化が見られました。
ガソリンタンクのフタが開けられていて、給油キャップがぶら下がっている状態。
まさかと思ってエンジンをかけてみると、やっぱりやられてました。
昨夜、満タン近くまで入れていたガソリンがゴッソリ抜き取られていました。
以前にも盗まれたことはあったんですが、それは夜中のことで、こんな昼間に盗まれたのは初めてです。
改めてアメリカの治安の悪さを実感。

全て抜かれたわけではなく、半分弱は残っていたので、イラッとしながらも探索を続行。
猛吹雪にノロノロ運転というより、もはや徐行運転というスピードで走行する地元の車に、さらにイライラ。
そんな中、僕の体調は加速度的に悪化。
なんとか1日の探索を終えてモーテルに向かってドライブするも、モーテル近くで大渋滞に巻き込まれる始末。
カーナビが示す到着時間は4分後だったんですが、この4分の距離を進むのに1時間半ほどかかりました。

大渋滞に巻き込まれたのと盗まれたのとで、ガソリンがギリギリの状態で、何とかモーテルの真向かいのガソリンスタンドに到着。
アメリカのガソリンスタンドは全てセルフで、多くのところは店の中で先払いなので、店の入り口の真ん前に何故か車を駐車して、一心不乱に車の氷をガリガリやってる200キロほどありそうな巨体でザビエルみたいな髪型の白人のおじさんを迂回して店内へ。
が、レジには誰もおらず、店内を探すも無人。
3分ほど待ってると、さきほどのまん丸ザビエルがエプロンをしながら店内に。
マジか。こいつが店の人やったんか。店のスタッフが入り口をふさいで何してんねん。そもそも、客がはいってるのにまだ自分の車の氷をガリガリしてるって、どういうことやねん。
と、いろんな感情が入り混じりながら、彼がレジに行くのを待つことに。
しかし、まん丸ザビエルの歩く速度は驚くほど遅く、レジまでの5メートルほどの距離を歩くのに2~3分ぐらいかかっていました。
やっとレジ前に到着するも、レジにはいる扉の鍵を探すのに、さらに2~3分。
まん丸ザビエルの腰に付けられてシャンシャンなってた10本ほどの鍵束にやっと気付くものの、鍵束をパンツから外すのにアタフタ。
何とか鍵束をパンツから外してカギを開けようとするも、なかなかレジのカギが見つけられず、1本1本試してみるまん丸ザビエル。
結局7本目ぐらいにやっと鍵穴と合うカギを見つけてレジに入ることに成功。
その後、スローモーション映像かというぐらいのスピードでレジをして、何とかガソリンを入れることができました。
こんなにガソリンを入れるまで時間がかかったのは、初めてです。
その後モーテルに戻り、現在に至ります。

そんな僕のイライラとは違い、今日も商品はかなり順調に集まりました。
うちの買い付けではいつもなんですが、僕の大量が悪かったり、何か悪いことがあった時ほど、良いものが見つかる傾向があります。

画像は、ALEXANDER WANGのデザインジャケットと60年代頃のフレンチワークジャケット、BOTTEGA VENETAのレザーウォレットです。
アレキサンダー・ワンのジャケットはコンディション、サイズ感、シルエットの揃った逸品。
ミニマムながらも、さりげなくはいったデザインが、ハイブランドらしいアイテムです。
フレンチワークジャケットは、良いサイズ感でオールドものならではの極上の雰囲気の男前。
元の持ち主によって施されたパッチワークリペアに、かなりのセンスを感じる、唯一無二のスペシャルピースです。
ボッテガ・ヴェネタのレザーウォレットは、綺麗な状態の逸品。
ここらしい柔らかで上質なレザーが使われた、上品な雰囲気のアイテムです。

ほとんど完売してしまっていたブランド財布も、良い感じに買えています。
d0176398_12203849.jpg
他にも完売してしまっていたハイブランドのレザーベルトも、ちょくちょく集まっています。
d0176398_12204778.jpg
定番ながら買い付けるのに苦労しているオールドコーチたちも、しっかりと集まっています。
今回は、いろんな色目で様々な形状の変わり種たちも集まってくれています。
d0176398_12205522.jpg
終盤戦でも好調なレディースアイテムも、少し載せておきます。
MARNIのデザインジャケットはコンディション、サイズ感ともに極上。
このブランドらしい上品さとデザイン性を兼ね備えた逸品。
d0176398_13032878.jpg
d0176398_13033725.jpg
50~60年代のシルク素材のコートは、オールドものならではの良い雰囲気。
この年代ならではの綺麗なAラインが、柔らかい印象を与えてくれます。
d0176398_13034542.jpg
d0176398_13035297.jpg
Yohji Yamamotoのデザインスリッポンシューズは、ここらしいミニマムなデザイン。
女性だけでなく、足の小さめな男性にもおすすめのお気に利です。
d0176398_13040065.jpg
d0176398_13040759.jpg
では、これから本日収穫分を仕分けしていきます。


by used_link | 2017-02-24 12:52 | 買い付け日記 | Comments(0)

買い付け日記 18

d0176398_21225798.jpg
d0176398_21230420.jpg
d0176398_21231261.jpg
d0176398_21232455.jpg
d0176398_21233172.jpg
d0176398_21234041.jpg
d0176398_21234657.jpg
おはようございます。
今回の買い付けも終盤戦に突入し、やっと最終目的地に到着しました。

こっちでは、お店のスタッフさんやモーテルのスタッフさんがお客さんと接するとき、何かを食べながらということが多く、日本人の僕としては最初は驚かされました。
スナック菓子を食べながらレジをするお店のスタッフさんやコーヒーを飲みながらチェックインの手続きをするモーテルのスタッフさん、以前は空港のチェックインカウンターの航空会社のスタッフさんがアイスを食べながらチェックインの手続きをしてくれました。
なので、こっちではそれが普通で特に驚かなくなったんですが、少し前に見た彼女には少し驚かされてしまいました。

少し前のある日、いつものように日用品を買い足しに100均的なところに行き、目的の商品を物色。
無事に見つけ、レジに行くと長蛇の列。
レジが2台開いていたんですが、どちらにも結構な人数が並んでいました。
とりあえず左側の列に並んだんですが、こっちの列の方が明らかに進むのが遅く、またかと少し落胆。
僕は、こういう間の悪い星の元に生まれたみたいで、僕が並んだ方のレジが全く進まなかったり、ちょうど人が1番多い時に並んで、僕の後ろには誰もいなかったりするんです。
その日もいつも通り僕の並んだ列の進みが明らかに遅く、いつまで経っても僕が列の最後尾で、僕の後ろには誰も並びませんでした。
やっと僕の順番が回ってきて、商品を出すとダルそうに商品をスキャンする、レジの大柄の白人さんのおばさん。
3点ほどスキャンすると、その手を止めてレジのひきだしを開け、何かを口の中に放り込みました。
また2点ほどスキャンすると、レジのひきだしを開け、何か指先でつかんで口へ。
何を食べてるのか分からなかったので、次は見てやろうと引き出しに注意しているとき、また彼女の手がひきだしへ。
どうせスナック菓子か、チョコ的なお菓子だろうと思っていた僕の想像の斜め上を彼女はいきました。
僕は見てしまったのです。レジの引き出しの中にギッシリと入っている、しかも箱ではなく直で入っている大量のチキンナゲットを。
そう、彼女は大量のチキンナゲットを袋に入れるでもなく、箱に入れるでもなく、ジップロック的なものに入れるでもなく、直接引き出しの中に入れているのです。
コイツ、マジか、と思っているうちに油まみれの手で僕の商品のスキャンを終え、お会計に。
彼女から手渡されたレシートとお釣りが、若干油ででヌルヌルする感じがしたのは気のせいでしょうか。

そんな彼女の上を行く人と昨日出会い、さらに驚愕しました。
昨日行ったお店のスタッフさんは、僕のお会計をするときに、すごいものをレジから出してモグモグし始めました。
それは、鶏の丸焼き。
全てのスキャンが終わって、僕がお金を支払うその合間に、ひきだしからクリスマスに食べるような鶏の丸焼きを取出し、かぶりついたのです。
風邪で体調が悪すぎて幻覚を見たのかと思いましたが、僕のお会計が終了したとき、またひきだしを開けて丸焼きのチキンローストを取出し、かぶりついているのを見て、幻覚ではなく現実だということに確信を持ちました。
こっちではクリスマス以外の日常の日でも、スーパーのデリのコーナーなどで鶏1羽の丸焼きがいつも売っていたりします。
しかも、日本では考えられない安い金額で。
とは言え、普通食べる?レジで丸ごと1羽のチキンローストを。
やっぱり自由の国アメリカは、いつまでも僕を驚かせてくれます。

どうでもいい話を長々としてしまいましたが、昨日も商品はかなり順調に買えました。
朝からちょくちょく寄り道しながらロングドライブ。
途中で立ち寄ったアンティーク屋さんなどでも、良い小物などが買えて気分よくドライブして、今回の買い付けの最終目的地の中型都市に到着。
そのまますぐに探索を始め、体調不良で途中の記憶があいまいながらも、結果的にガッツリと大量収穫。
その後モーテルにチェックインして、仕分け作業をしてる途中で意識が飛んで、現在に至ります。
日本に向けて第2便を送ったばかりなのに、大量の商品たちがモーテルの部屋を占拠しつつあります。

画像は、SAINT LAURENT JEANSのデニムジャケットと70年代頃のデッドストックのユーロワークジャケット、40~50年代のフリーメイソンのネックレスと50年代頃のフリーメイソンのリングです。
サンローラン・ジーンズのデニムジャケットは、綺麗な状態で少しユルめの良いサイズ感の逸品。
実際に着たときの上品な雰囲気や綺麗なシルエットは、さすがの一言です。
オールドのユーロワークジャケットは、デッドストックの完璧なコンディションで発見。
なかなか出てくることのないブラックシャンブレーを使用した逸品です。
ヴィンテージのフリーメイソンのネックレスは、メイソンのもっとも有名なシンボルが、そのままデザインになった男前。
かなり繊細に細かく作られた、雰囲気のある逸品です。
フリーメイソンもののリングは、男女ともに人気の高いイースタンスターモチーフ。
しっかりと色目も残っているので、着こなしの良いアクセントになってくれます。

では、これからこの最終目的地をガッツリ探索してきます。


by used_link | 2017-02-23 21:24 | 買い付け日記 | Comments(0)