京都の古着屋Linkのブログ

買い付け日記 19

買い付け日記 19_d0176398_20435340.jpg
買い付け日記 19_d0176398_2044628.jpg
買い付け日記 19_d0176398_20441880.jpg
買い付け日記 19_d0176398_20442715.jpg
買い付け日記 19_d0176398_20452027.jpg
買い付け日記 19_d0176398_20453739.jpg


おはようございます。

今日でやっとこの良いところのないモーテルとお別れなんですが、何にでも慣れてきて愛着がわくもので、離れるとなると何か寂しい気もします。
この朝の日課になっている、極寒のロビーまで来てパソコンをカタカタするのも、毒々しい色目で統一された部屋も、普通になっているのが不思議です。

昨日は、朝からドライブして、ちょっとお金持ちの多そうな町へ。
やっぱり、こういった町には白人さんが多く、危険な雰囲気も全くなくなります。
ボロボロの服装でボサボサの髪の僕は、そういう雰囲気の町では、逆に浮いてしまってるんですが。
こういった町ではハイブランドもの狙いだったりするんですが、この町は当たりでした。
高齢化が進んでいるためか、ハイブランドだけでなくヴィンテージもちょこちょこ出てきて、量は昨日まではいかないものの良いものが収穫できました。

画像は、COMME des GARÇONS HOMMEのTシャツと70年代のTシャツ、60年代頃のSearsのワークシャツです。
ギャルソンオムのTシャツは、シンプルに見えますが、前身頃が切り替えられており、着た時に独特の形状になる、このブランドらしい遊び心のある一品。
今回の買い付けでは何故か、日本発のブランドや、日本で販売されていたハイブランドものを、こちらで見つけることが多いです。
それだけ日本からアメリカに移り住んだ人や、日本に来ていたこっちの人が多いんでしょうか。
70年代のTシャツは良いサイズ感で良いプリントがはいった一品。
オールドもので意外と珍しい黒ボディーのものです。
Searsのワークシャツは、良いサイズ感で綺麗な状態、しっかりとマチの付いた男前です。
SearsのシャツにSearsのワッペンが付いているのは、意外と珍しいんじゃないでしょうか。

では、これから300キロほどドライブしてきます。

by used_link | 2015-05-26 20:44 | 買い付け日記 | Comments(0)
<< 買い付け日記 20 買い付け日記 18 >>