京都の古着屋Linkのブログ

買い付け日記 11

d0176398_744559.jpg
d0176398_7441266.jpg
d0176398_7441947.jpg
d0176398_7442616.jpg


アメリカで買い付けを始めてから結構な年数になりますが、やっぱりアメリカ人の時間に対するルーズさにはストレスを感じます。

今日も、あらかじめ電話とメールで約束をしてから荷物を送りに行ったんですが、約束していた朝9時になっても運送会社のオフィスは閉まったまま。
約束時間や営業時間が始まっても閉まったままなのは、アメリカでは当たり前なので車の中で待つことに。
その後、10分経過しても、20分が経過しても、30分が経過しても、やっぱり全く人が来ず。
その間、何度も電話してみましたが、電話にも出ず。
約1時間経過したときにやっと電話が繋がり、「すぐ近くまで来てるから」とのこと。
そこから、さらに10分以上待って、やっと担当者が到着。
「あれ?10時に約束じゃなかったっけ?」と担当者。
いやいやいや、何回もメールとか電話で9時って伝えたし、そもそもこのオフィスの営業時間は9時から17時って書いてあるし、とイラッとはしましたが、こんなことで怒っていてはアメリカで仕事ができません。
怒りを抑えて手続きをして、何とか荷物は無事に送れたんですが、なんかすごく疲れました。
しかも、担当者から最後に一言、「次から約束時間10時以降にしてくれる?」って。
じゃあ、営業時間を10時からに書き直しとけよ、と思いつつ、仕方なく了解しました。
アメリカ買い付けを始めてから、ちょっとだけ忍耐強くなった気がします。

画像は、60~70年代のニットジャケットと同じく60~70年代のダブルのウールジャケットです。
ニットジャケットは綺麗な状態で細身の綺麗なシルエットの一品。
メタルボタンが良いアクセントです。
ウールジャケットも良いコンディションで、ダブルでは珍しい細身の綺麗なサイズ感。
着丈が長いものがほとんどですが、こいつは長すぎずコンパクトなシルエットで、渋めのメタルボタンもよい雰囲気です。
こういった綺麗なダブルのジャケットも、今回の買い付けで頑張って集めていっています。

では、これから本日収穫分を仕分けして、明日の移動のために軽くパッキングしていきます。

by used_link | 2015-09-03 07:49 | 買い付け日記 | Comments(0)
<< 買い付け日記 12 買い付け日記 10 >>