京都の古着屋Linkのブログ

買い付け日記 18

d0176398_21512148.jpg
d0176398_21513218.jpg
d0176398_21514225.jpg
d0176398_2151536.jpg
d0176398_21523339.jpg
d0176398_2152620.jpg
d0176398_21522232.jpg
d0176398_21524235.jpg


おはようございます。

ファブリーズ的なもので撃退していた、マッチョな胸毛ボーボーのおじさん臭が復活してきています。
どれだけ強力な香水をつけていたんでしょうか。
昨日の朝に出発しようと車のドアを開けると、中に充満していたマッチョ胸毛臭が、もあっと放出されました。
運転中もしっかりとは臭ってこないですが、微妙に漂っています。
ただ、人間の慣れというのは恐ろしいもので、だんだん胸毛マッチョ臭に慣れてきました。
というより、胸毛マッチョおじさん臭に包まれている感じに、むしろ少し安心感を感じてしまいます。
それが、なによりも恐ろしいのです。

昨日は、第2便を日本に発送した後、少しドライブ。
そこは白人さんが多く住む、少しセレブな町でした。
いつもと漂っている雰囲気が違い、なにより道路が綺麗でした。
治安が悪い町は道路がガタガタのところが多く、車で走っていても振動がスゴイです。
昨日の町は滑らかな走り心地でした。
買い付け場所によって出てくる商品も大きく違うのですが、昨日の収穫分はどこか上品なものが多く、ハイブランドも良い感じに収穫できました。

画像は、80年代頃のGIVENCHYのブルゾンと50年代頃のスウェーデンミリタリーのジャケット、60年代頃のデッドストックのリバーシブルの春物コートとCOMME des GARÇONS HOMME PLUSのセットアップです。
ジバンシィのブルゾンは綺麗な色目の春らしい一品。
着用時のシルエットがタイト過ぎず、ユル過ぎずの絶妙なサイズ感です。
スウェーデンミリタリーのジャケットは極上コンディション。
ミリタリーアイテムと思えない、上品な雰囲気の男前です。
スプリングコートは綺麗な色目の無地とチェック柄のリバーシブル仕様。
袖口やポケットの中に当時のシールが残っているデッドストックものです。
コム デ ギャルソン・オム プリュスのセットアップは綺麗な色目で細身の綺麗なシルエット。
なかなか出てこないギャルソンのセットアップですが、今回は奇跡的に2着目です。

では、これから300キロほどドライブしてきます。

by used_link | 2016-02-17 21:48 | 買い付け日記 | Comments(0)
<< 買い付け日記 19 買い付け日記 17 >>