京都の古着屋Linkのブログ

買い付け日記 16

d0176398_21231745.jpg
d0176398_21253544.jpg
d0176398_21261663.jpg
d0176398_21263279.jpg
d0176398_21264404.jpg
d0176398_21265665.jpg
おはようございます。
とは言っても、いつものパッキングの日と同じでほとんど寝れてないんですが。

昨夜はあれから、ひたすらにパッキング。
やってもやっても減っていかない商品たちに何度も心が折れながらも、無心で手を動かし続けることに。
いつもなら現実逃避にテレビを観たりもするんですが、昨夜はそんな余裕もないぐらいに追われていたので、真面目にひたむきにパッキング。
なんとか終わらせて、そのまま書類作成に取り掛かるも、眠気でありえない誤字脱字の連続。
自動で閉じていくまぶたを無理やりこじ開けながら、格闘すること数時間。
いつもならもう少し早く終わる書類の作成なんですが、昨夜はやたらに無駄な時間がかかってしまいました。
そんな中、なんとか終わらせて、少しだけ仮眠をとって、現在に至ります。
寝不足と風邪で頭がボーっとしますが、なんかよく分からない達成感に包まれています。

画像は、50年代頃のユーロもののブラックシャンブレーのアトリエコートとMaison Martin Margielaのデニムパンツ、GANRYUのデザインショートブーツです。
ユーロヴィンテージのアトリエコートは、ブラックシャンブレーが使われた、なかなか出てくることのない希少価値の高い逸品。
元の持ち主によって施されたパッチワークリペアが、さらに良い雰囲気を醸し出してくれている、スペシャルなアイテムです。
マルタン・マルジェラのデニムパンツは、9分丈になった極上シルエットで良いサイズ感、良いコンディションの男前。
実際にはくと分かる綺麗なシルエットは、さすがの一言です。
ガンリュウのショートブーツは春らしいバイカラー仕様の逸品。
ジュンヤワタナベ・コム デ ギャルソンのパタンナーを担当し、その後コム デ ギャルソン社から自身の名前を冠したこのブランドを始めただけあり、他のギャルソンのブランドと同様に遊び心が溢れるアイテムです。

では、これから日本に向けて第2便を送りに行こうと思います。


by used_link | 2017-02-21 21:48 | 買い付け日記 | Comments(0)
<< 買い付け日記 17 買い付け日記 15 >>