京都の古着屋Linkのブログ

買い付け日記 17

d0176398_1344396.jpg
d0176398_1345434.jpg
d0176398_13579.jpg
d0176398_1352165.jpg
d0176398_1362896.jpg
d0176398_1363686.jpg


今回のハードで長い買い付けも、終盤戦に突入し、最終目的地に到着しました。
この最終目的地は、そこそこ大きめの都市なので探索する範囲も広く、ここに到着したとは言え、まだまだ気が抜けません。
最後まで、ガッツリと駆け回ってやろうと思います。

今日は朝からドライブして、静かな感じの田舎町へ。
ここでは思った以上に収穫があり喜んでいたんですが、次の町へ向かう途中で思わぬ渋滞に巻き込まれました。
田舎町のもっとも大きな主要道路を走っていると、前を走っている車の速度が急速に落ちていき、そのまま停車。
何でこんな田舎町で渋滞?と思って頑張って前の方を見てみると踏切の遮断機が下りていました。
嫌な予感がしつつ待ってみると、思った通り。
向こう側から貨物列車が走ってくるのが見えました。
もしかすると、ご存知かもしれないですが、アメリカの貨物列車は異常に長いんです。
100両ぐらいの編成なんて普通で、多い時には300両の編成なんてこともあるみたいです。
その長さは2kmに達するとか。
今日のは300両編成なんてことはなかったですが、それでも100両ぐらいはあるロング編成。
しかもスピードが遅いので、通り過ぎるまで永遠に感じられる暇な時間を、ただただ待つことに。
無事に貨物列車が通り過ぎた後は、車が詰まりすぎててスピードは出せないものの、普通に走れたんですが、後ろを見てみると大渋滞になっていました。
田舎町で唯一ともいえる幹線道路を電車が通ると大渋滞が起こることぐらい、道路を造る前にも、線路を通す前にも分かりそうなもんなんですが。
そういう大胆さもまた、ある意味でアメリカらしいのかもしれません。

その後は順調に買い付けを続け、夕方頃に最終目的地に到着して、都市部ならではの渋滞にイライラしながらちょっと商品を集めて、モーテルにチェックインして、現在に至ります。
今日も大量収穫だったので、すでにモーテルの部屋が大変なことになりつつあります。
帰国する前に、もう1回ぐらい日本に荷物を送ることになりそうです。

画像は、COMME des GARÇONS SHIRTのジップアップジャケットと70年代頃のユーロもののベロアロングジャケット、Old COACHのブリーフケース型のショルダーバッグです。
コム デ ギャルソン・シャツのジップアップジャケットは、コンディション、サイズ感、シルエットの揃った逸品。
綺麗なレッド×ブルーのチェック柄に、襟元のブラウンカラーの切り替えが良い雰囲気です。

今回の買い付けでは、この他にもユルめの着ると絶妙なシルエットのジップアップジャケットを集めてみています。

d0176398_13331574.jpg


ジップアップものだけでなく、やりすぎ感のない程度のビッグシルエットの、着ると独特のシルエットのテーラードジャケットなんかも集めてみています。

d0176398_13341740.jpg


オールドのユーロもののロングジャケットは、上質なベロア素材が使われた、西ドイツ製の上品な大人な印象の逸品。
カテゴリー的にはロングジャケットですが、コート代わりにも使ってもらえる、活用範囲の広いアイテムです。

序盤から集めていっている、ベロアやコーデュロイ、マイクロスウェードなどの秋冬ならではの暖かみのある素材感のアイテムも順調に集まってきました。

d0176398_13374660.jpg
d0176398_13375969.jpg


オールドコーチのレザービッグショルダーバッグは、人気の高いブリーフケース型。
この年代のコーチのものならではの肉厚で柔らかな、極上のグローブレザーが使われた、長年愛用してもらえる男前です。

では、これから本日収穫分を仕分けしていこうと思います。

by used_link | 2017-09-07 13:39 | 買い付け日記 | Comments(0)
<< 買い付け日記 18 買い付け日記 16 >>