京都の古着屋Linkのブログ

買い付け日記 17

d0176398_21272877.jpg
d0176398_21274097.jpg
d0176398_21284446.jpg
d0176398_21285187.jpg
d0176398_2129256.jpg
d0176398_21291026.jpg


おはようございます。
やっとパッキングと書類の作成が終わって、一安心で魂が抜けたようになっています。

昨夜に買い付け日記を更新してから、ひたすらにパッキング作業。
今回も現実逃避でテレビや窓の外を見る暇もなく、一心不乱に商品の山に挑み続けていました。
やってもやっても終わらないパッキング作業に、何度も心が折れそうになりながらも、無心で挑み続けていると不思議な感覚が。
テレビをつけっぱなしで作業しているのに音がいつの間にか消えて、体のだるさもなくなり、眠気もなく、いろいろと考えていた思考も研ぎ澄まされて、時間の感覚もなくなっていきます。
そして、わかるんです。
どの商品をどのダンボール箱に入れて組み合わせれば、いい感じになるかが。
まさか、これが一流アスリートたちに訪れるというゾーンというもの。
ボールが止まって見えたり、どこを走ればいいかが自然と分かり苦しくもなくなったり、相手の動きが止まったように見えて簡単に抜くことができたり、というアレ。
ゾーンにはいったおかげもあって、過去最高に良いパッキングができました。
冷静に考えると、なかなかはいることのないゾーンの状態に、どんなタイミングで何をしてる時にはいってるねんって感じなんですが。

その後、ゾーン状態の反動か、全然集中できない状態で書類の作成に取り掛かり、恐ろしく時間をかけて無理矢理終了させて、現在に至ります。

画像は、Salvatore Ferragamoのデザインブレスレットと70年代頃のユーロもののワークジャケット、LANVINのスプリングコートです。
フェラガモのブレスレットは、ブランドアイコンでもあるガンチーニがモチーフの、デザイン性のある逸品。
手元につけているだけで、さりげなくもしっかりと主張してくれる、ハイブランドらしいアイテムです。
オールドのユーロワークジャケットは、なかなか出てくることのない細身の綺麗なシルエット。
ほとんど見かけることのないヒッコリーストライプ仕様の、希少価値の高い逸品です。
ランバンのスプリングコートは、これからの季節らしい軽めの素材感が良い雰囲気。
無駄のないミニマムなデザインながら、実際に着ると分かる綺麗なシルエットは、さすがの一言です。

レディースアイテムも、引き続き好調です。

tricot COMME des GARÇONSのデザインコートは、実際に着るとわかる綺麗なAラインが魅力。
袖が短めに作られているので、これからの季節に活躍してくれるブレスなどのアクセサリーや綺麗なカラーリングのインナーの袖元を見せて楽しむことのできる、計算されたデザインの逸品です。
d0176398_21513259.jpg
d0176398_21513929.jpg


60~70年代のビーズハンドバッグは、ほぼデッドストックの極上コンディション。
ビーズバッグ自体はちょくちょく見る印象ですが、黒色で上品なつくりのものは珍しく、めったに出てくることのない希少価値の高い逸品です。
d0176398_21515079.jpg
d0176398_21515848.jpg


では、これから第2便を日本に向けて送りに行こうと思います。

by used_link | 2018-02-20 21:29 | 買い付け日記 | Comments(0)
<< 買い付け日記 18 買い付け日記 16 >>