京都の古着屋Linkのブログ

買い付け日記 3

d0176398_2126623.jpg
d0176398_2126185.jpg
d0176398_21262739.jpg
d0176398_21263644.jpg


おはようございます。

日本にいるときから、こっちは寒いだろうと覚悟はしていたんですが、予想していた何倍も寒いです。
1日中ずっとマイナスで、気温がプラスになることがありません。
朝と夜は-20度近くまで下がり、息をするだけでセキが止まらなくなるという謎の現象に悩まされています。
昼間でも-7度ほどまでしか上がらず、身の回りのほとんどのものが凍りついていきます。
道もずっと凍っているので、歩く時はもちろん、車も滑りまくりです。
交差点に差し掛かる時は、かなり前からスピードを落としておかないとブレーキを踏んでも全く止まらず、交差点の真ん中ぐらいまで滑って行ってしまいます。
1日の後半は時差ボケの眠気もあって、何も考えずボーっと運転していて、昨日も何度か死にかけました。

そんなスリルにあふれる買い付け初日でしたが、商品はかなり順調に集まってくれました。
途中から時差ボケの眠気で記憶があいまいですが、モーテルに帰って見てみると、しっかりと大量収穫できていました。
古着の買い付けは運によるところも大きいので、何度来ても精神的にくるものがあるんですが、初日にしっかりと集まってくれると、ちょっと安心します。

画像は、90年代のCOMME des GARÇONS HOMME PLUSのデザインジャケットと70年代頃のLONDON FOGのスプリングコートです。
コム デ ギャルソン・オム プリュスのジャケットは、コンディション、サイズ感、シルエットの揃った男前。
ギャルソンの中でも、買い付けで見つけるのに苦労する90年代のオールドものの、希少価値の高い逸品です。
オールドのスプリングコートも、良いコンディションで良いサイズ感、綺麗なシルエット。
シンプルなスプリングコート全体にはいったステッチデザインが、さりげなくも良いアクセントです。

では、これからちょっとドライブしてきます。

by used_link | 2019-02-09 21:35 | 買い付け日記 | Comments(0)
<< 買い付け日記 4 買い付け日記 2 >>