京都の古着屋Linkのブログ

2016年 11月 15日 ( 2 )


買い付け日記 9

d0176398_21491213.jpg
d0176398_2149216.jpg
d0176398_2149294.jpg
d0176398_21493884.jpg
d0176398_21495271.jpg
d0176398_21501691.jpg


おはようございます。

こっちのモーテルは、かなり適当なので、フロントで頼んだものが部屋の前の廊下に直接置かれていたりします。
テレビのリモコンとか、トイレットペーパーとか、ベッドシーツとか、バスタオルとか。
たぶん、頼んだのに部屋に行ったらいない、とか出てこないからだと思うんですが、不用心だったり不衛生極まりないです。
リモコンとかはいいとして、バスタオルを床に直接置いているのは、どうかと思います。
そんな中、さっき見かけたのは、さらにヒドイものでした。
部屋のカードキーが、その部屋の前の廊下に無造作に置かれていました。
さすがに、カードキーを部屋の前に置いておくのは、危険すぎる気がします。
それを使えば、誰でも簡単に侵入できてしまうことぐらい、おおらかなアメリカ人でもすぐに分かると思うんですが。
何年もこっちに来ていても、やっぱり日本人との感覚の違いに驚かされます。

昨日も大量収穫だったので、すでにモーテルの部屋に圧迫感が生まれてきています。
画像は、60~70年代のノルディックカーディガンとJIL SANDERのデザインショートコート、GUCCIのレザーブーツです。
ノルディックカーディガンは、あまり出てくることのないモノトーンの逸品。
かなり肉厚の上質なニットが使われた、これからの季節に活躍してくれるアイテムです。
ジル・サンダーのショートコートは、柔らかで上質なウール素材が使われた、ハイブランドならではの逸品。
無駄のシンプルなデザインで、実際に着ると分かる綺麗なシルエットは、さすがの一言です。
グッチのレザーブーツは、綺麗な色目のサイドゴア仕様の男前。
箱と保存袋も付いた、さすがの極上シルエットの逸品です。

では、これから300キロほどドライブしてきます。

by used_link | 2016-11-15 22:04 | 買い付け日記 | Comments(0)

買い付け日記 8

d0176398_12504861.jpg
d0176398_12505638.jpg
d0176398_12514644.jpg
d0176398_12515516.jpg
d0176398_1252582.jpg
d0176398_12522324.jpg


今日も引き続き好調で、大量収穫の1日でした。
量的にはもちろん質的にも、うちらしい良い商品を集めることができました。
まだまだ中盤戦ですが、すでに過去最高量に近いところまできています。

今日は朝一で日本に向けて第1便を送りに行った後、150キロほどドライブ。
到着したのは高齢化が進んだ白人さんがほとんどの、かなり治安の良い町。
到着後すぐに探索を開始。
ハイブランド物を期待していたのですが、おじいちゃん、おばあちゃんが多い町だからか、思っていた以上にヴィンテージの良いものを収穫。
ハイブランド物も、少しオールドのものが良い感じに集まりました。
服の他にもアンティーク屋などをまわって、小物類もちょくちょく収穫して、さらに移動。
次に到着したのは黒人さんがほとんどの町。
その前の町よりは治安は良くないものの、そこまで悪くもなく、良い雰囲気の町でした。
とは言っても、結構な治安の悪い町を巡ることが多いので、慣れてきているだけかもしれないんですが。
途中、かなりアバンギャルドな服装のおばさんに突然、「あんたファッションデザイナーちゃうん?絶対そうやって。ファッションデザイナーやろ?」と10回ぐらい聞かれて、しつこく付きまとわれた以外は、かなり調子よく収穫でき、気持ちよく回ることができました。

画像は、アンティーク屋の中の様子と80年代頃のChristian Diorのニット、60年代頃のウールコートです。
オールドのクリスチャン・ディオールのニットはユルめのサイズ感が今季らしいアイテム。
全体にはいった編み柄が、抜け感のある良い雰囲気です。
ヴィンテージのウールコートは、コンディション、サイズ感、シルエットの揃った男前。
かなり上質なウール素材にはいったチェック柄が、上品な印象を与えてくれる逸品です。

では、これから本日収穫分を仕分けしていこうと思います。

by used_link | 2016-11-15 12:53 | 買い付け日記 | Comments(0)