京都の古着屋Linkのブログ

2016年 11月 17日 ( 1 )


買い付け日記 12

d0176398_22252561.jpg
d0176398_22253583.jpg
d0176398_22254723.jpg
d0176398_22255727.jpg
d0176398_2226730.jpg
d0176398_22261635.jpg


おはようございます。

今回の買い付けは、いつもより日程が少し短めなので、いつも以上にハードです。
かなり順調に良い商品が集まってくれているので、精神的にはすごく楽なのですが、肉体的には限界に近くなってきています。
そんな今回の買い付けも、ついに最終目的地に到着しました。
この最終目的地は以前にも来たことがあり、その時も好調だったので、今回も期待したいと思います。

昨日は朝からドライブして、初めて訪れる大きめの郊外の町へ。
その町でも、かなり順調に商品を大量発掘できたんですが、いろんな人にやたらに「前にあったことあるよね」とか「久しぶりやん。前にどこそこで会ったやんなぁ」とか言われました。
いや、僕その町に行ったの、初めてなんですけど。
どうもその町には、僕の偽物がいるようです。
もしくは、見てしまったら死んでしまうという、もう1人の僕的なヤツなんでしょうか。
謎は深まるばかりです。
そんなこんなで微妙な気分になりながらも、朝から夜まで駆け回り大量収穫の1日でした。
その後、さらに300キロほどドライブして、最終目的地のこの町に到着して、モーテルにチェックイン。
収穫分の仕分けをして、久しぶりにしっかり睡眠をとって現在に至ります。

画像は、COMME des GARÇONS HOMMEのデザインジャケットと70年代頃のYVES SAINT LAURENTのセットアップ、60年代頃のユーロもののチロリアンポンチョコートです。
コム デ ギャルソン・オムのジャケットは、肉厚なウール素材に縮絨加工が施されたこのブランドらしい逸品。
フロントにはいったラインが、良いアクセントです。
オールドのイヴ・サンローランのセットアップは、なかなか出てこないコンパクトな良いサイズ感の男前。
この年代のサンローランならではの、縦長の綺麗なシルエットの逸品。
ユーロヴィンテージのチロリアンなポンチョコートは綺麗な色目のアイテム。
かなり細かな装飾のはいったメタルボタンや凝ったプリントの裏地、さりげなく入ったパイピングなど、ディティールの凝った逸品です。

では、これからこの最終目的地を探索してきます。

by used_link | 2016-11-17 22:26 | 買い付け日記 | Comments(0)