京都の古着屋Linkのブログ

2016年 11月 19日 ( 2 )


買い付け日記 16

d0176398_2117771.jpg
d0176398_21171694.jpg
d0176398_21172335.jpg
d0176398_21173278.jpg
d0176398_21174165.jpg
d0176398_21175620.jpg
d0176398_21181064.jpg
d0176398_21182070.jpg


おはようございます。

いま泊まってるモーテルの洗面台の水の勢いが激しすぎて、朝からやられました。
ここの洗面台はいたってシンプルな普通のもので、右に回して上にあげると水が出て、左に回して上にあげるとお湯が出ます。
温度も適正で良いのですが、問題は水の勢い。
少し上にあげただけで、ものすごい勢いで水が噴出されます。
少しの操作で激しく水が出る中、さっきまだ目が完全に覚めていない状態で、何も考えずにハンドルを上げて大惨事に。
滝のように水が怒涛の勢いで吹き出し、洗面台に直撃。
その勢いのまま洗面台に跳ね返り、寝ぼけた僕をマシンガンのように襲いました。
当然僕はびしょ濡れで、しっかりと目が覚めました。
シャワーの水圧は大したことないのに、なぜ洗面台だけ水圧がものすごいのでしょうか。
おかげでしっかりと目が覚めましたが、寝起きで水圧マシンガンをくらうのは心臓に良くないので、気を付けようと思います。

画像は、オールドのBurberrysのカシミヤニットと60年代頃のイングランドもののスクールジャケット、同じく60年代頃のウールコートとがさっと出てきたLOUIS VUITTONのパドロックです。
オールドのバーバリーのニットは、上質なカシミヤ素材。
ミックスニットのようになった綺麗な色目が、良い雰囲気です。
ヴィンテージのイングラインドもののスクールジャケットは、あまり見かけないブラウンカラー。
アメリカ買い付けでイングランドもののスクールジャケットが出てくることは、かなり珍しいので、個人的にも嬉しい1枚。
ヴィンテージのウールコートは、コンディション、サイズ感、シルエットの揃った男前。
かなり上質なウールが使用された、ずっと愛用してもらえる逸品です。
ルイ・ヴィトンのパドロックは、かなり雰囲気の出ているオールドもの。
その中でも2つはカギ付きで出てきた、希少価値の高いアイテムです。
当店で雰囲気の合うレザーのヒモなどを付けて、ネックレスとして販売させてもらおうと思います。

では、これからこの最終目的地を完全攻略してこようと思います。

by used_link | 2016-11-19 21:29 | 買い付け日記 | Comments(0)

買い付け日記 15

d0176398_12515590.jpg
d0176398_1252678.jpg
d0176398_12521851.jpg
d0176398_12522691.jpg
d0176398_12523481.jpg
d0176398_12524297.jpg


今日は雪は止んでいたものの、かなりストレスの多い1日でした。
朝に買い付け日記を更新してから第2便を送りに運送会社へ。

そこは前にも利用したことがあったので、知っているスタッフさんもおり、スムーズに送ることができ、とはいきませんでした。
かなり人柄の良い知っているスタッフさんが対応してくれて、順調だったのですが、横からやたらに最近入った日本人の新人のおばさんが絡んできてイライラしました。
自分からは一切名乗らず、結局最後まで名前をこちらに知らせることすらなかったのに、やたらに名刺をくれと荷物を降ろしている途中に言ってきて仕事の手を止めさせ、さらに完全に向こうの仕事までこっちにやらせ、何かあると新人だから分からないが口癖。
最終的には、パレットというダンボール箱を載せる木の板のようなものを触って、突然「トゲが刺さった」と客前で大声で叫びだし、他のスタッフだけでなく僕たちにまで指を見せに来て、書類のやり取りの話を中断させる始末。
アメリカ人のルーズさにイラッとしてしまうことはあっても、こっちの日本人の空気の嫁なさにイライラしたのは初めてでした。

なんとか荷物を送り終えて一安心して、町の探索へ。
昨日の雪の影響で、今日もかなり渋滞してい再びイライラ。
そんな中、突然車の中にアラーム音が。
警告の元を見るとタイヤの空気圧が低くなっているようでした。
ちょうどレンタカー会社の近くを走っていたところだったので、そのことを伝えに立ち寄ることに。
レンタカー会社の受付に行くとスタッフさんは1人だけ。
眼鏡をかけたキューピーマヨネーズのマスコットのようなビジュアルの白人男性が、1人パソコンに向かってデスクの前に座っていました。
さっそく彼に事情を説明しにデスクへ向かい、あいさつをすると気のない返事で、チラッと一瞬こちらを見ただけで顔はパソコンに向いたまま。
まぁ、忙しいんやろうなぁと思いつつ、事情を説明すると「あぁ、今日は寒いから」と一言。
その間、1度もこちらに顔を向けずパソコンの画面を見つめたまま。
いや、気温が低いとタイヤの空気圧が下がることぐらい知ってるし。
昨日も寒かったけど警告は出てなくて、さっき急に出たことを説明。
その間も、眼鏡キューピーは1度もこちらを見ず。
相変わらずパソコンを見たまま、「だから、今日は気温が低いから全部の車がそうなんやって」とメガネキューピー。
しかも、特にキーボードをたたいてる様子もなし。
さすがにイラッとしてきて、「そこに車止めてるし、1回チェックしに来てよ」と僕。
「いや、無理。このオフィスには自分1人しかおらんし」とこっちを見ないキューピー。
「このレンタカーの店舗に、あんた1人だけなん?」と僕。
「いや、整備の人とかおるけど」と、もはやこっちを見る気もないキューピー。
アカン、ホンマにキレそう。
「じゃあ、誰かすぐに呼べや。で、チェックしろ」と強めの口調で僕。
そこで初めて僕の方を見て、やっと怒ってきてることに気付いて、焦りだすニセキューピー。
ちょっとだけ待って、と弱気な笑顔を浮かべて内線電話をかけ、その後突然「じゃあ、車を交換させて頂きます」と態度を改めるえせキューピー。
その後、無事に新しい車に乗り換えて、そこからは快適に買い付けができました。
その間、当然のように1度もタイヤの空気圧が低くなってる警告は出ませんでしたが。
やっぱりあのキューピーの全部の車がそうってのは嘘でした。

そんな僕のイライラとは真逆に、今日もかなり快調に商品が集まり、今日送ったばかりですがモーテルの部屋の商品の存在感がスゴイです。
画像は、COMME des GARÇONS HOMME PLUSのウールハットと60~70年代のPENDLETONのウールコート、Y'sのデザインコートです。
コム デ ギャルソン・オム プリュスのハットは、細かなデザインがこのブランドらしい逸品。
ギャルソンのアイテムでも、小物はなかなか出てくることが少ないので、個人的にも嬉しいアイテムです。
ペンドルトンのツイードコートは、コンディション、サイズ感、シルエットの揃ったお気に入り。
このブランドらしい、上質なツイード素材が使われた、上品な逸品です。
Y'sのコートはデザイン性の高いアイテム。
機能性とデザインの両方を兼ね備えているのは、さすがの一言です。

かなり豊作なレディースアイテムも少し載せておきます。

レディースのCOMME des GARÇONS SHIRTのニットソーは、このブランドらしさが溢れた逸品。
全体に大胆に入ったドット柄が、ここらしい遊び心を感じさせてくれます。
d0176398_13362177.jpg
d0176398_1336306.jpg


60年代頃のニットはレディースアイテムならではのディティールが満載。
ネックや袖口、すそに付いたリボンが良いアクセントです。
d0176398_13364530.jpg
d0176398_13365533.jpg


こちらも60年代頃のワンピース。
落ち着いた色目のさりげないバイカラー仕様の上品な逸品です。
d0176398_1337784.jpg
d0176398_1337195.jpg


では、これから本日収穫分を仕分けしていこうと思います。

by used_link | 2016-11-19 13:03 | 買い付け日記 | Comments(0)