京都の古着屋Linkのブログ

2017年 02月 25日 ( 2 )


買い付け日記 22

d0176398_19021818.jpg
d0176398_19022426.jpg
d0176398_19023401.jpg
d0176398_19024288.jpg
d0176398_19025231.jpg
d0176398_19030099.jpg
d0176398_19030621.jpg
d0176398_19031329.jpg
おはようございます。
とは言っても、いつも通り最後のパッキング作業と書類作成に追われて、ほとんど寝てないんですが。

昨夜、買い付け日記を更新してから、ひたすらにパッキング作業。
パッキングして、現実逃避にテレビを観て、というようないつもと同様に作業を進めていました。
2回目の現実逃避のときに、特に食べたいわけではなかったんですが、なんとなく相方さんのキャラメルを1つもらってモグモグ。
しばらくモグモグしてると、口の中に違和感が。
キャラメル以外に、確実に何か固いものがある。
ティッシュに出してみると、キャラメルまみれの歯の詰め物を発見。
少し前まで2年間も地獄のような歯医者通いを続けて、やっと完全に大規模工事が終わったのに、これでまた歯医者通いに逆戻りです。
あの地獄のような苦痛の日々が、自然と頭に浮かんで呆然としてしまいました。
最後までうちらしい、トラブル続きの買い付けです。
そんな、まさかの時間ロスもありましたが、とりあえずパッキング作業と書類作成を終えて、ちょっと仮眠をとって、現在に至ります。

画像は、60~70年代のスウェットパーカと80年代頃のChristian Diorの春物コート、Y-3のデザインスニーカーとCAZALのメガネです。
スウェットパーカは、綺麗なコンディションで細身の良いサイズ感の逸品。
フロントにはいったフロッキープリントが、オールドものらしい良い雰囲気です。
いつもはそんなに集めないアイテムですが、今回の買い付けではオールドものやシュールなプリントもの、ハイブランドや80’s頃のデザインものなど、いろいろとスウェットを集めてみています。
オールドのクリスチャン・ディオールのコートは、綺麗な色目でユルめのサイズ感が今季らしいアイテム。
この年代のディオールらしい、計算された良い意味での野暮ったさと上品さが混在する、独特の良い雰囲気が漂っています。
Y-3のスニーカーもコンディション、サイズ感の揃った男前。
アディダスらしいスポーツテイストとヨウジ・ヤマモトらしいモード感が、良い感じにミックスされています。
カザールのメガネは、70年代のドイツ発祥で、芸術的とさえ言われているデザインが特徴の、このブランドらしいデザイン性の高い逸品。
ケース付きで発見の良いコンディションの、なかなか出てくることのない、お気に入りです。

では、これから空港へ向かおうと思います。


by used_link | 2017-02-25 19:03 | 買い付け日記 | Comments(0)

買い付け日記 21

d0176398_09073487.jpg
d0176398_09080591.jpg
d0176398_09053493.jpg
d0176398_09060401.jpg
d0176398_09063483.jpg
d0176398_09070315.jpg
本日で、今回の長めの買い付けの商品集めが終了しました。
最終日の本日も、雪の降る中この最終目的地を駆け回り、ガッツリ収穫してきました。

朝に買い付け日記を更新してから出発の準備をして、部屋着から買い付け用のパーカとスキニーに着替えてバッグを持ち、準備万端。
モーテルの部屋を出る前に、何気なくしゃがんだ時にスキニーから嫌な音が。
ビリッというような、バリッっというような、完全に生地が破れる音。
気持ちスースーする股部分を見てみると、やっぱりガッツリ破れていました。
うちの買い付けでは、買い付ける商品は全て試着していて、そのたびにパンツを脱ぐのは時間のロスが大きすぎるので、スーパースキニーなピタピタのスキニーを愛用してるんですが、それが仇になったようです。
そのままで出発すると、良くて笑い者、悪くて警察のお世話になってしまうので、急遽昨日パッキングせずに残しておいたパンツの中から1つを買い取り。
買い付けでは履き慣れていないワイドなパンツなので、この極寒の中でのスソからの寒風がキツすぎました。
買い付け最終日まで無駄なトラブルが起こるのは、ほんとにうちの買い付けらしいです。

その後、日本に向けて第3便を送りに行って、この最終目的地をガッツリ探索。
途中で、いつも愛用しているようなピタピタスキニーを懲りずに手に入れて履き替え。
それからも雪の中、この町を駆け回り、完全制覇してきました。

今回の買い付けも、モーテルの無限ぬるぬるシャワーや慣れない固い歯ブラシ問題、この時期とは思えない暑すぎる日々からの猛吹雪の極寒の日々、それに伴う体調の悪化や火災報知器の爆音、ガソリン盗まれ事件にスキニークラッシュと、いろいろとありましたが、かなり良い買い付けができました。
前半にそんなに集まらない日々もありましたが、最終的には過去最高量と並ぶ商品数を買い付けることができました。
量的なものだけでなく、質的にも非常に高い買い付けができたと満足しています。
ヴィンテージからグッドレギュラー、ハイブランドから小物まで、幅広くうちらしい商品を買い付けることができました。

画像は、50年代頃のデッドストックのユーロアトリエコートとMaison Martin Margielaのデザインパンツ、90年代のCOMME des GARÇONS HOMMEのリネンセットアップです。
ユーロもののアトリエコートはデッドストックで発見の極上のサイズ感の逸品。
オールドのブラックシャンブレーの雰囲気がたまらない、スペシャルピースです。
保管時の汚れが少しあるので、1度洗ってから出そうと思います。

今回の買い付けでは、黒シャン以外のユーロもののアトリエコートも、ちょくちょく買えています。
d0176398_09083531.jpg
マルタン・マルジェラのデザインパンツは、今季らしいワイドシルエット。
全体にはいったチェック柄が、上品な印象を与えてくれる逸品です。
コム デ ギャルソン・オムのセットアップは、出てくることの少ないオールドのギャルソンもの。
上質なリネン素材が使われ、やりすぎ感のない程度の少しユルめのシルエットが、ここらしい良い雰囲気です。

では、これから手荷物分のパッキングに取り掛かろうと思います。
いつもながら、これが最後の山なので、気合で頑張ります。


by used_link | 2017-02-25 09:30 | 買い付け日記 | Comments(0)