京都の古着屋Linkのブログ

2017年 05月 31日 ( 2 )


買い付け日記 18

d0176398_20573822.jpg
d0176398_20574627.jpg
d0176398_20575340.jpg
d0176398_2058099.jpg


おはようございます。

いま泊まってるモーテルの部屋で異臭騒ぎがありました。
朝起きて少し経ってから、モーテルの部屋の中が異常に臭いことが発覚。
何とも言えない、形容しにくい臭いなんですが、1番しっくりくるのが生ゴミの臭い。
朝起きたときはそんなことはなく、昨夜もそんなに感じなかったので、原因は朝起きてから臭いを感じたときまでにした行動。
朝起きてから思い返してみて、思い当たることが1つだけ。
それは、冷蔵庫を開けたこと。
そう思って冷蔵庫を開けて中の臭いを嗅いでみると、確実に原因がそこにありました。
とは言え、昨日モーテルの部屋に入った時に冷蔵庫を開けて、中にいろいろと入れたはずと思ったんですが、ここでも思い当たることが1つ。
今朝の僕の鼻の調子が、昨夜に比べて格段に良くなったこと。
昨日の夜の時点では、ほとんど臭いを感じることができないレベルの鼻水だったんですが、今朝起きてみると少し回復していて、臭いを感じることができるようになっていました。
この冷蔵庫異臭騒ぎ事件のせいで、僕の体調を支えてくれている大事な大事なフルーツたちが、ほぼ全滅してしましました。
さきほど一応食べてみたんですが、フルーツの爽やかな臭いが鼻に抜けるのに少し遅れて、生ゴミの嫌な臭いが追いかけてきて、最悪な気分になりました。
昨日までの僕の鼻なら、生ゴミ臭を感じることなく食べれたのかもしれませんが、嗅覚が回復してきた今となっては、爽やかな臭いと生ゴミの臭いの混在するビタミンの塊です。
まさか体調が回復したことを後悔する日が来るとは思いませんでした。
そもそも、生ゴミの臭いがする冷蔵庫自体が、ありえないんですが。

画像は、COMME des GARÇONS SHIRTのショートスリーブシャツと50~60年代のレーヨン素材のハワイアンシャツです。
コム デ ギャルソン・シャツのデザインショートスリーブシャツは、綺麗な色目でユルめの良いサイズ感、良いコンディションの逸品。
フロント全体に施されたカットソー素材の生地の切り替えが、このブランドらしい遊び心を感じさせてくれます。
ヴィンテージのハワイアンシャツも、コンディション、サイズ感、シルエットの揃った男前。
上質なレーヨン素材が使われた、オールドものらしい良い雰囲気の逸品です。

今回の買い付けでは、このハワイアン以外にも、シルク素材やレーヨン素材、リネン素材といった夏らしい柔らかで優しい生地感のシャツに力を入れて集めてみています。

d0176398_21234762.jpg


他にも春に好評で完売してしまっていたシルク素材のユルめの雰囲気のロングスリーブシャツも、夏本番に向けて集めています。

d0176398_2124528.jpg


シャツと同様にシルクやレーヨン、リネンといった夏らしい優しいユルめ生地感のワイドシルエットの9分丈パンツも順調に集まってきました、

d0176398_21261549.jpg


今回の買い付けでも好調なレディースアイテムも、しっかりと確保しています。

tricot COMME des GARÇONSのショートスリーブのサマージャケットは、レディースらしいコンパクトな良いサイズ感。
身頃部分と袖部分の素材が切り替えられている、ここらしいデザイン性のある逸品です。
d0176398_21281612.jpg
d0176398_21282343.jpg


1920~30年代のアンティークのコットンブラウスは、極上コンディションのスペシャルな逸品。
襟元や胸元に付いた繊細なアンティークレースやフリルが、この年代ならではの極上の雰囲気を出してくれています。
d0176398_21283565.jpg
d0176398_21284317.jpg


では、これから200キロほどドライブしてきます。

by used_link | 2017-05-31 21:10 | 買い付け日記 | Comments(0)

買い付け日記 17

d0176398_1363752.jpg
d0176398_1364455.jpg
d0176398_1365629.jpg
d0176398_137328.jpg
d0176398_137142.jpg
d0176398_137236.jpg


今回の買い付けもいつも通りハードで、疲れがたまってきているからか、体調が良くないからか、それとも両方の理由からか、ついに幻覚を見るようになってきてしまったみたいです。

今日の朝に日本に向けて第2便を送りに行き、特にトラブルもなく荷物を引き渡した後、ちょっとドライブして、さらなる田舎町へ。
そのドライブの途中で信号待ちをしているとき、なんとなく斜め前の車のサイドミラーを見てみると、そこに映った運転席にサングラスをかけた毛足の長い白い大型犬が座っているのが見えました。
さすがアメリカ、犬でもサングラスかけるんや。まぁ、日差しがきついしなぁ。
なんて考えながら相方に報告すると、そんなわけはないと全否定。
「いやいや、しっかりのこの目で見たんやって」と反論する僕。
さらに全否定する相方。
そんな言い合いがしばらく続き、最終的に「そんな言うんやったら、自分の目で見てみたらいいやん」と強めに言う、自信に満ちた僕。
というわけで実際に相方に見てもらうことになり、サングラス犬の乗る車の横に並ぶことに。
少し走っていると並ぶチャンスがやってきたので、スピードを上げてサングラス犬の乗る車の横へ。
自信満々に横の車を見てみて、自分の目を疑いました。
あんなにしっかりと見たはずのサングラス犬がいないのです。
いるのはハンドルを握った、ふくよかな白人さんのおばあさんだけ。
おばあさんの真っ白な髪の毛の上にはサングラスが乗っていました。
どうも、おばあさんの髪の毛とそこに乗っけているサングラスが、白い毛足の長い大型犬に見えたみたいです。
確かにおばあさんはブルドッグに似ていましたが、僕の見た犬とは全くの別物。
勝ち誇った顔で僕を見て勝利宣言する相方に、「さっきはほんまに見たんやって。どっかに移動したんやって」と絶対に見たと強く言った手前、苦しい言い訳する僕でしたが、そんなものが通用するはずもなく、最終的には認めて謝ることに。
冷静になった今になって考えてみたら分かることなんですけどね。
いくらアメリカとはいえ、サングラスかけて運転席に座る犬なんて存在するはずがないってことは。
あのときナチュラルに受け入れた僕の精神状態が少し心配です。

長々とどうでもいい話をしてしまいましたが、疲れがたまりまくっている僕とは真逆に、本日も商品は順調すぎるぐらい順調に集まっています。
今日の朝に第2便を送ったばかりですが、かなりの数の商品が僕を圧迫しています。

画像は90年代の刺繍TシャツとYAECAのワークパンツ、GUCCIのレザーウォレットです。
オールドのTシャツは、サイズ感、コンディション、シルエットの揃った男前。
左胸にはいった、ロシアの国章でもある双頭の鷲の細かな刺繍が良い雰囲気です。
ヤエカのワークパンツは、コットン×ヘンプ素材の、これからの季節に活躍してくれる一品。
ドメスティックのブランドもアメリカで見つかることが増えたとはいえ、こっちでヤエカを見つけるとは思ってもみなかった、アメリカ買い付けのうちの店では、ある意味ハイブランドよりも見つかりにくい希少価値の高いアイテムです。
グッチの財布は良いコンディションで良いサイズ感、良いデザインの逸品。
以前に同型のものを仕入れたときには、お問い合わせを多くいただいたのですが、入荷後即売れだった、人気の高かったアイテムです。
無くなってしまっていたハイブランドの財布も、今回の買い付けで少しずつ集まっています。

では、これから本日収穫分を仕分けしていこうと思います。

by used_link | 2017-05-31 13:08 | 買い付け日記 | Comments(0)