京都の古着屋Linkのブログ

2017年 11月 17日 ( 1 )


買い付け日記 12

d0176398_22164662.jpg
d0176398_22171111.jpg
d0176398_22172213.jpg
d0176398_22173267.jpg
d0176398_22174793.jpg
d0176398_22175846.jpg


おはようございます。

やっとパッキング作業と書類の作成が終わって、一安心です。
昨夜は、今日の朝に第2便を送りに行くために、ひたすらパッキング作業に追われていました。
今回の買い付けは、かなり大量に商品が集まってくれているので、パッキング作業がいつも以上に過酷です。
いつもの現実逃避のテレビ鑑賞や窓の外鑑賞もする余裕がなく、ただただ無心にパッキングを進めていました。
それでも、なかなか商品の山は減っていってくれず、何度も心が折れかけましたが、なんとか終わらせることができました。
朝方にパッキング作業が完了し、そのまま書類を作成。
自動的に降りてくるまぶたをこじ開けて、なんとか書類の作成も終わらせ、ちょっと仮眠をとって現在に至ります。

昨日は朝からちょっとドライブして、郊外の田舎町へ。
その町はすごく良い雰囲気で、住んでいる人たちも明るく、気さくに話しかけてくる人たちが多かったです。
気さく過ぎて途中で、やたらにマイフレンドを連呼する、うさん臭くて実際はめちゃくちゃいいヤツだった韓国人のオジサンに長時間話し込まれたり、やたらにテンションの高い白人のオバサンにつかまって、長時間にわたってたいしたことのない話を聞かされ続けたりしながらも、大量に良い商品を収穫。
そこから300キロほどドライブして、いま泊まっている、今回の最終目的地の中型都市に到着しました。

画像は、60~70年代のイングランドメイドのウールコートとGIORGIO ARMANIのセットアップ、オールドコーチのビッグショルダーバッグです。
ヴィンテージのコートは、イングランドメイドらしい上品な印象の男前。
深みのある良い色目の上質なウール素材にはいった、上品なチェック柄が良い雰囲気です。
ジョルジオ・アルマーニのセットアップは、上質で上品なハイブランドらしい逸品。
一見シンプルに見えながらも、さりげなくデザインの効いた、このブランドらしいアイテムです。
オールドコーチのレザーショルダーバッグは、人気の高いブリーフケース型。
この年代のコーチならではの、肉厚で柔らかなグローブレザーが使われた、長く愛用してもらえる逸品です。

かなり力を入れて集めているコートも、いろいろなデザイン、サイズ、年代、素材感、で、しっかりと集まっています。
d0176398_2245127.jpg


コートだけでなく、ジップアップジャケットも、冬素材でガッツリ確保しています。
d0176398_22461287.jpg


オールドコーチのバッグも、今回は特に種類も豊富に買えています。
d0176398_22465342.jpg


レディースアイテムも、引き続き好調です。

60年代頃のペンドルトンのウールジャケットは、綺麗な色目のチェック柄が魅力。
フロントに付いた大きめの包みボタンが良いアクセントになってくれています。
d0176398_2249987.jpg
d0176398_224918100.jpg


MARNIのデザインスカートは、コンディション、サイズ感ともに極上の逸品。
上品な雰囲気ながらも、どこか遊び心を感じさせてくれる、このブランドらしいアイテムです。
d0176398_22492734.jpg
d0176398_22493629.jpg


YVES SAINT LAURENTのセットアップは、深みのある色目の上質なウール素材が使われた逸品。
シンプルなデザインながらも、実際に着ると分かる極上のシルエットは、さすが世界的なハイブランドといった感じです。
d0176398_22494556.jpg
d0176398_22495464.jpg


では、これから第2便を送りに行こうと思います。

by used_link | 2017-11-17 22:18 | 買い付け日記 | Comments(2)