京都の古着屋Linkのブログ

2017年 11月 19日 ( 2 )


買い付け日記 16

d0176398_19464761.jpg
d0176398_19465651.jpg
d0176398_1947512.jpg
d0176398_19471371.jpg
d0176398_19472628.jpg
d0176398_19473330.jpg
d0176398_19474265.jpg
d0176398_19475591.jpg
d0176398_1948332.jpg
d0176398_19481130.jpg


おはようございます。
とは言っても、まだ全く太陽の出ていない夜中に近い時間帯ですが。
今日は朝から飛行機を乗り継いで日本に帰るので、いつもよりかなり早めにモーテルを出発です。

昨夜に買い付け日記を更新してから、ひたすらにパッキング作業。
その途中で、隣の部屋にすごいレベルのおしゃべりオジサンがチェックインしたみたいです。
必死にパッキング作業を続ける中、隣からはおしゃべりオジサンの途切れない声が聞こえてきて、たまに爆笑します。
夜中になってもオジサンのおしゃべりは止まらず、ひたすらしゃべり声と爆笑の声が聞こえてきます。
そんな中、ひたすらにパッキング作業。
今回の買い付けのパッキングではずっとですが、昨夜も現実逃避もする余裕のないまま、ただただパッキング作業を続け、何度も心が折れそうになりながら、たまに隣のおしゃべり野郎にイライラしながらも、何とか終了。
そのまま書類の作成に取り掛かり、いつものように頭が上手く働かない中、隣のおしゃべり野郎の爆笑の声で集中できず、誤字脱字を繰り返しながらも、何とか終了。
安心感と共に眠りにつこうと思っていても、隣の騒音おしゃべり爆笑野郎の声であまり眠れず、すぐに目覚ましの音に起こされて、現在に至ります。
この朝方に近い真夜中になっても、隣の迷惑おしゃべり野郎の声は止まることなく、たまにする爆笑にすごくイライラします。
いったいどれだけ喋れば気が済むんでしょうか。
1つ気になるのは、迷惑おしゃべり野郎1人の声しか聞こえないこと。
電話で真夜中から朝方にかけて、何時間も話しているとは考えにくく、話し相手がいるとしても、その声が全く聞こえないのが不思議です。
もしかして、1人でこっちの部屋の壁に向かって、夜中ずっと何時間も話し続けているんでしょうか。
想像したら怖すぎるので、これ以上は考えるのをやめておこうと思います。

今回の買い付けでは、買い付け日記に到底載せきれないぐらいに、良い商品が集まってくれました。
画像は、agnès b.のウールベレーと80~90年代のChristian Diorのデザインニット、40年代のウールドレスジャケットとMaison Martin Margielaのショートコートと60~70年代のウールフーデッドコートです。
アニエスベーのウールベレーは、綺麗なシルエットの男女ともに使ってもらえるアイテム。
ここのブランドアイコンでもあるレザール(とかげ)の刺繍が、さりげなくも主張してくれます。
オールドのクリスチャン・ディオールのニットは、綺麗な色目のボディにはいった編み柄が良い雰囲気。
ディオールのオールドものらしい、しっかりとデザインのはいった、着こなしのアクセントになってくれるアイテムです。
ヴィンテージのウールドレスジャケットは、かなり珍しいネイビーカラーでラペルもウール素材の希少価値の高い逸品。
極上のコンディションで良いサイズ感の、なかなか出てくることのない男前です。
マルタン・マルジェラのデザインショートコートもコンディション、サイズ感、シルエットの揃った逸品。
ミニマムなデザインながらも、しっかりと存在感を主張してくれるのは、世界的なハイブランドならではです。
ヴィンテージのウールフーデッドコートは、オールドものならではの良い雰囲気。
オールドものらしい上質なウール素材に綺麗な色目のチェック柄が目を引く、着こなしの主役になってくれる逸品です。

レディースアイテムも、良いものが予想以上に大量に集まってくれたので、買い付け日記用の画像がかなり余ってしまっています。

MARNIのデザインジャケットは、上質なウール素材が使われた逸品。
綺麗な色目のチェック柄がはいった、このブランドらしい上品な雰囲気ながらも遊び心を感じさせてくれるアイテムです。
d0176398_19581580.jpg
d0176398_19582462.jpg


60~70年代のニットジャケットは、カウチンのような肉厚の素材感が魅力。
全体にはいったゴルフ柄の刺繍が、オールドものらしい良い雰囲気です。
d0176398_19583468.jpg
d0176398_19584398.jpg


60年代のPENDLETONのウールスカートは、リバーシブル仕様。
ここらしい上質なウール素材が使われ、深みのある色目の上品なチェック柄がはいった、ヴィンテージらしい逸品です。
d0176398_1958555.jpg
d0176398_1959414.jpg


では、これから空港に向かおうと思います。

by used_link | 2017-11-19 20:00 | 買い付け日記 | Comments(0)

買い付け日記 15

d0176398_1049092.jpg
d0176398_10491045.jpg

d0176398_10492471.jpg
d0176398_10493514.jpg
d0176398_10494397.jpg
d0176398_10495457.jpg


今回のハードな買い付けも、本日で商品集めは終了しました。
とにかく体調が回復せず、買い付け前から本日まで元気な日は1日もありませんでしたが、僕の体調が悪いほどに良い商品が集まる、といううちの買い付けのジンクス通り、過去最高量の商品を集めることができました。
量的なものだけでなく、質的にもかなり高い買い付けができました。
ヴィンテージからグッドレギュラー、ハイブランドや小物まで幅広く集めることができ、すごく満足できる買い付けでした。

商品集め最終日の本日も、この中型都市を完全制覇するために駆け回り、しっかりと良い商品を大量に収穫できました。
最後まで大量収穫が続き、質的にも良いものが買えて、気持ちよく締めくくることができました。

画像は、40年代頃のウールシャツと40年代頃のユーロもののコーデュロイワークジャケット、70年代頃のYVES SAINT LAURENTのウールコートです。
ヴィンテージのウールシャツは、ほぼデッドストックの極上コンディションの逸品。
マチ付きで、肉厚ながらガシガシしすぎない極上のウール素材にネップがはいった、なかなか見かけることのないスペシャルピースです。
ユーロヴィンテージのワークジャケットは、この年代ならではの極上の雰囲気の男前。
かなり肉厚な太畝のコーデュロイ素材が使われた、出てくることのほとんどない細身の綺麗なサイズ感の、希少価値の高い逸品です。
オールドのイヴ・サンローランのウールコートは、フランスメイドの上品な印象の逸品。
ユルめのサイズ感ながら、実際に着ると分かる計算されたシルエットは、ハイブランドならではです。

最後まで好調だったレディースアイテムも紹介しておきます。

60年代頃のスウェードジャケットは、なかなか出てこないレディースサイズの細身の綺麗なシルエット。
ヴィンテージものらしい肉厚で柔らかなスウェード素材の、上質で上品な逸品です。
d0176398_1051331.jpg
d0176398_10511444.jpg


50年代頃のツイードワンピースは、極上コンディション。
深みのある色目のツイード素材にネップがはいった、良い雰囲気のアイテムです。
d0176398_10513891.jpg
d0176398_10522257.jpg


GUCCIのブーツは、箱付きで発見。
さりげないデザインながらも、しっかりと存在感を主張してくれる、ハイブランドらしい逸品です。
d0176398_10523053.jpg
d0176398_10524077.jpg


では、これから最後のパッキングに挑もうと思います。
最終日まで大量収穫だったので、かなり高い商品の山ができてしまっていますが、最後の戦いと思って頑張ります。

by used_link | 2017-11-19 10:53 | 買い付け日記 | Comments(0)