京都の古着屋Linkのブログ

2018年 05月 30日 ( 2 )


買い付け日記 17

d0176398_20474898.jpg
d0176398_2048077.jpg
d0176398_2048149.jpg
d0176398_20482579.jpg
d0176398_20483329.jpg
d0176398_20484235.jpg


おはようございます。

この広すぎる部屋が格安な理由が分かりました。
というより、その理由が多すぎて、ちょっと動揺しています。
まず、1番の問題は、トイレにドアがないこと。
昨夜の買い付け日記にも書いたんですが、トイレはリビングとベッドルームをつなぐ廊下に面しています。
リビングとベッドルームには、それぞれドアが付いているんですが、トイレにはドアが付いてないんです。
もし僕がトイレに座って大きい方をしていた時に、たまたま相方さんが廊下に出てくると、ガッツリ正面から目が合ってしまいます。
意味が分かりません。
次に大きな浴槽があるのに、そこにはシャワーがなく、シャワーはその隣のめちゃくちゃ狭いコンクリートむき出しの激狭の空間にしかありません。
しかも、シャワーを使うと、シャワー室の裏側にあたるリビングの壁の床の近くから水漏れします。
そのほかにもいっぱいありすぎるので、その一部を書いておきます。
夜は暗くて気が付かなかったですが、明るくなるとリビングのカーテンが穴だらけで、ある意味幻想的な光の入り方をしています。
こんなに部屋が広くていくつもあるのに、コンセントの数が異常に少ないです。
エアコンは各部屋に付いていて、リビングには2台もあるんですが、使用すると恐ろしく大きな音がして、テレビの音もまともに聞こえません。
そして、リビングのエアコンなんですが、使っていると本体とカバーの間が勝手にどんどん開いてきて、最終的にはカバーが取れます。
テレビは無駄にでかくて2台もあるのに、両方のリモコンの電池を入れる部分のカバーがなく、むき出しです。
ほんのちょっとでも衝撃を与えると電池が飛び出て、すごくイライラします。
また、寝室の方のテレビは、電波の関係か、ほとんどのチャンネルが映りません。
他にもよく見ると壁が傷だらけで穴がいっぱいあいていたり、こんなに部屋が多いのにゴミ箱がめちゃくちゃ小さな物1つしかなかったり、冷蔵庫で冷やそうと何かを入れると強力過ぎて、全てが凍ってしまったり、と小さなことはいろいろありますが、書いているときりがないので、この辺にしときます。
格安で泊まれているので、仕方ないことなんですけどね。

画像は、1890~1900年ごろのフリーメイソンのソードチェーンとEMPORIO ARMANIのデザインシャツ、リネン×テンセル素材のデザインセットアップです。
アンティークのソードチェーンは、100年を軽く超えたものだけが持つ独特の雰囲気のスペシャルアイテム。
今までいろいろなモチーフの付いたソードチェーンを仕入れてきましたが、こちらは細かな装飾でナイトの横顔が形作られた、初めて見るかなり希少な逸品です。
エンポリオ・アルマーニのデザインシャツはワイドなシルエットが良い雰囲気。
ユルめのシルエットながらも、カジュアルになりすぎずに上品な印象を与えてくれるのは、ハイブランドならではです。
デザインセットアップは、古いものではないですが、なかなか見かけることのない珍しいアイテム。
リネン×テンセルの夏らしい素材のシャツジャケットとイージーパンツの各所にプリントがはいった、夏の着こなしの主役になってくれるアイテムです。

レディースも、引き続き順調に集まってくれています。

1970年代のショートスリーブジャケットとスカートのセットアップは、コンディション、サイズ感ともに極上。
夏らしい涼しいシアサッカー素材のギンガムチェックの生地の各所にホワイトカラーのパイピングがされ、ジャケットには同色のベルトが付いた、さりげなくもデザインの効いたアイテムです。
d0176398_20531045.jpg
d0176398_20551164.jpg


YVES SAINT LAURENTのデザインレザーローファーは、上質で柔らかな革が使われた、ハイブランドらしい逸品。
シンプルなデザインのサイド部分に付いたブランドロゴの金具が、さりげなくも良いアクセントです。
d0176398_20552684.jpg
d0176398_20534284.jpg


では、これからちょっとドライブして、この大きな中型都市の郊外から攻めていこうと思います。

by used_link | 2018-05-30 20:49 | 買い付け日記 | Comments(0)

買い付け日記 16

d0176398_12324730.jpg
d0176398_1233831.jpg
d0176398_12331848.jpg
d0176398_12333487.jpg
d0176398_12334516.jpg
d0176398_1234035.jpg


今回の長くてハードな夏物買い付けも終盤戦に突入し、最終目的地の大きめの中型都市に到着しました。

今日は朝から大量の商品を積み込んで、日本に向けて第2便を送りに運送会社さんへ。
特にトラブルもなく順調に商品を送って、少しドライブ。
いい感じに商品が集まり、さらにドライブ。
そこでもガッツリと大量収穫して、21時前になってやっと太陽が沈んできた頃に、またまたドライブ。
眠気に何度か意識が飛びそうになりながら、なんとか最終目的地に到着。
そのまま予約していた格安のホテルに。
格安だったので、かなり小さいところを想像していたんですが、見た感じ大きめのしっかりとしたホテルに到着。
買い付け中のボロボロの服装でぼさぼさの頭で、場違い感に怯えながらチェックイン。
無事にチェックインして部屋に向かったんですが、そこで衝撃を受けました。

めちゃくちゃ広いんです。
というより、広すぎるんです。この部屋。
扉を開けると、しっかりと玄関が。
この玄関だけで、小さめのモーテルの部屋ぐらいあります。
玄関を抜けると、メインになるリビングルーム。
このリビングルーム、おそらく20畳ぐらいは軽くあります。
その奥には、さらに10畳ほどの、しっかりとしたキッチン。
キッチンと逆側には短い廊下があり、廊下に面してトイレとお風呂。
その廊下を抜けると、また10畳ほどのベッドルームがあります。
ちなみにリビングの大きな窓を開けると、さらにその先にあるテラスに出ることもできます。
リビングとベッドルームには、それぞれ巨大なテレビ。
いたるところに間接照明になるスポットライトが天井に付けられています。

かなり安い宿泊代金だったので、何かの間違いかとフロントに確認に行ったんですが、笑顔でその部屋で合ってますよ、との回答。
いやいやいや、逆に居心地悪いって。
仕事で来てるのに、この面積。この贅沢感。
事故物件かなにかで、オバケとかが出るとかじゃないと、説明がつかないです。
僕、そっち系ダメなんで、そうじゃないことを祈ります。

画像は、70年代のミッキーの手巻き時計とALEXANDER WANGのデザインTシャツ、1974年の国鉄の制服パンツです。
オールドのミッキーの手巻き時計は、男女ともに使ってもらえる良いデザインの逸品。
質の高いBRADLEY社のもので、コンディションも良好です。
アレキサンダー ワンのデザインTシャツも、コンディション良好でサイズ感、シルエットともに良いアイテム。
フロントのブランドロゴがバーコードのようになったフロッキープリントや肩かに付いたジップなど、デザイン性の高いハイブランドらしい逸品です。
オールドの国鉄の制服パンツは、まさかのアメリカで発見の珍品。
実際にはくと8分から9分丈の、綺麗な形の、なかなか見かけることのない希少なアイテムです。
ちなみにジャケットも一緒に出てきたんですが、こちらは生地が分厚いので、秋以降に入荷したいと思います。

では、この広すぎる部屋を存分に使って、本日収穫分の大量の商品たちを仕分けしていこうと思います。

by used_link | 2018-05-30 13:19 | 買い付け日記 | Comments(0)