京都の古着屋Linkのブログ

2018年 05月 31日 ( 1 )


買い付け日記 18

d0176398_2192013.jpg
d0176398_2193264.jpg
d0176398_2194432.jpg
d0176398_2195432.jpg
d0176398_2110544.jpg
d0176398_211015100.jpg
d0176398_2110259.jpg
d0176398_21103695.jpg


おはようございます。

こっちではポケモン人気が高く、買い付けをしていてもポケモンのプリントのはいったTシャツなんかを、よく見かけます。
なので、たまにポケモンのTシャツを着てる人を見かけたりもするんですが、昨日出会った人は僕の認識をはるかに凌駕するポケモン好きでした。

昨日は、朝からドライブして中型都市の郊外の町へ。
都市部特有の渋滞に悩まされながらも、無事に郊外の町へ到着。
さっそく探索を開始して、かなり順調に商品を収穫。
その後もしっかりと商品を確保していき、夕方前にアンティーク屋さんへ。
そこは、そんなに大きくないながらも、良い雰囲気のお店。
いろいろと物色し、レジに商品を持って行ったときに、彼がレジにいました。
僕が今まで出会ったことのないレベルのポケモン好きの彼が。
20代前半ぐらいの細身の白人さんの彼は、見た目にかなりカラフルな印象。
とはいえ、こっちの人はカラフルな服装の人が多く、最初はそんなに気にしていなかったんですが、よく見るとキャップから靴まで全身ポケモンアイテム。
特にピカチュウがお気に入りみたいで、キャップとTシャツにはピカチュウプリント。
レジ中に何気なく「ポケモン好きなん?」と話しかけると、「そうやねん。めちゃくちゃ好きやねん」とポケモン愛を語りだしてくれる彼。
その彼が自慢げに差し出してきた腕を見たときにカラフルな印象を持った原因が分かりました。
かなりカラフルな色で、おびただしい数のポケモンのキャラのタトゥーがはいっているんです。
いやいや、好きやからって普通いれるかな、ポケモンを自分の体に。
一生背負っていくんやで、それ。ピカチュウとかミュウツーとかリザードンとかを。
いつ飽きるかもわからんのに。
こっちの人はいろんなタトゥーをいれているんですが、ポケモンは初めて見ました。
そんな彼、どうも腕を怪我してるみたいで、右腕にサポーターをつけてるんですが、帰り際にそれを見ると、しっかりと黄色×黒のピカチュウカラーでした。

そんな彼に出会った後もガッツリと商品が集まってくれ、かなり大量収穫の1日でした。
少し前に大量に日本に商品を送ったばかりですが、また商品の山ができつつあります。
いま泊まってる部屋は無意味にめちゃくちゃ広いんで、面積的には全然余裕なんですけどね。

画像は、Salvatore FerragamoのデザインバングルとJIL SANDERのデザインTシャツ、70年代頃のMcGREGORのニットポロシャツとCOACHのレザーブリーフケースです。
フェラガモのバングルは、箱付きで発見の極上コンディションの逸品。
シンプルなデザインながらも、実際につけるとしっかりと存在を主張してくれるのは、ハイブランドものならではです。
ジル・サンダーのデザインTシャツも、コンディション良好で良いサイズ感の、細身の綺麗なシルエット。
ホワイト×グレーのプリントが全体にはいりながらも、やりすぎ感のない絶妙に計算されたデザインのハイブランドらしいアイテムです。
オールドのマクレガーのニットポロシャツも、コンディション、サイズ感、シルエットの揃った男前。
深みのあるネイビーのサマーニット素材の各所にはいったホワイトカラーのラインが良いアクセントです。
オールドコーチのレザーバッグは、人気の高いブリーフケース型。
いくつものオールドコーチのブリーフケースを仕入れてきましたが、こちらは普通のブリーフケースより少し小さめサイズの、かなり珍しい逸品です。

今回の買い付けでも、いろいろな形状やカラーでオールドコーチのバッグが集まってくれています。
d0176398_21174724.jpg


そのほかにも、シャツファブリックのカットソーも色々な素材やデザインで集まっています。
d0176398_21175989.jpg


今回の買い付けでは、刺繍もののTシャツとかも集めてみています。
d0176398_211815100.jpg


刺繍ものつながりで、刺繍ものの半袖シャツなんかも集まってきています。
d0176398_21184725.jpg


個人的に力を入れて集めている、夏素材のサスペンダーパンツも、しっかりと確保できています。
d0176398_2119740.jpg



レディースアイテムも、引き続き好調です。

Y'sのデザインギャザースカートは、夏らしい薄めのコットン素材がたっぷりと使われることで、ボリューム感が出せるアイテム。
一見シンプルなデザインながら、フロントの大きめの飾りボタンや実際にはいたときの独特のシルエットなど、しっかりとデザインのされたハイブランドらしい逸品です。
d0176398_2121955.jpg
d0176398_21211868.jpg


60年代のショートスリーブワンピースは、コンディション、サイズ感、シルエットの揃った極上品。
夏らしい綺麗な色目のコットンレーヨン素材に、パフスリーブや胸元のタック、同素材のベルトなどの凝ったディティールは、ヴィンテージものならではです。
d0176398_21212587.jpg
d0176398_21213253.jpg


では、これからこの中型都市をさらに探索してきます。

by used_link | 2018-05-31 21:10 | 買い付け日記 | Comments(0)