京都の古着屋Linkのブログ

2018年 08月 29日 ( 1 )


買い付け日記 7

d0176398_21131911.jpg
d0176398_21132819.jpg
d0176398_21133948.jpg
d0176398_21134919.jpg
d0176398_2113578.jpg
d0176398_2114620.jpg


おはようございます。
少し前にやっとパッキングと書類作成が終わりました。
これで、なんとか日本に向けて第1便を送ることができます。

昨日は、ちょっとドライブして郊外の町へ。
そこは、昨日まで回っていた田舎町とは違い、綺麗な印象のちょっとお金持ちが多そうな町。
そんなに期待していなかったんですが、ここがかなり当たりでした。
少し前に全く商品が集まらずに焦ったこともありましたが、それを大きく挽回する大量収穫の1日でした。
モーテルの部屋がすでに大量の商品に占領されている中での大量収穫だったので、昨夜のパッキングは悲惨の一言でした。

大量収穫に喜びながらモーテルに帰って、昨日の収穫分を仕分け。
そこから心を無にして、ひたすらにパッキング。
途中で、いつものように現実逃避でテレビをちょっと見たり、窓の外を眺めるといったこともできず、ただただ心を無にしてパッキング。
何度も心が折れそうになりながらも、何とか終了。
そこから働かない頭を無理やり動かして、書類を作成。
いつも通り意味の分からない誤字脱字を繰り返しながらも、明け方に何とか終了。
そこから少し仮眠をとって現在に至ります。

画像は、60~70年代のロングスリーブシャツとY'sのデザインニットコート、オールドのCOACHのレザーリュックです。
ヴィンテージのロングスリーブシャツは、綺麗なグリーンカラーが魅力。
この年代のシャツでは珍しいスタンドカラー仕様になった、なかなか見かけることのない珍しいアイテムです。
Y'sのニットコートは、ここらしいユルめのシルエットが良い雰囲気。
無駄を削ぎ落としたミニマムなデザインながらも、絶妙に計算されたサイズ感で、実際に着ると唯一無二の存在感を出してくれるお気に入りです。
オールドコーチのレザーリュックは、大きすぎず小さすぎずの絶妙なサイズ感。
この年代のコーチ特有の、肉厚ながらも柔らかな極上のレザーが使われた、長く愛用してもらえる逸品です。

では、これから日本に向けて第1便を送りに行ってきます。

by used_link | 2018-08-29 21:29 | Comments(0)