京都の古着屋Linkのブログ

2018年 09月 04日 ( 2 )


買い付け日記 15

d0176398_2059053.jpg
d0176398_20591162.jpg
d0176398_20592684.jpg
d0176398_20595620.jpg
d0176398_2101899.jpg
d0176398_2102720.jpg


おはようございます。
昨日の夜もそうだったんですが、なぜかこのモーテルではパソコンのコンセントを差すと充電してくれます。
部屋の中にいてパソコンが使えるという、ありがたさを実感しています。

少し前に何とかパッキング作業と書類の作成が終わり、ちょっと仮眠をとっておきてみたら、おでこから流血していました。
おでこに3か所ひっかいたような跡があり、そこから流血しています。
ちょっと仮眠をとった一瞬の間に何があったんでしょうか。
パッキングと書類作成のストレスで、寝ているときにおでこを引っかきまくったんでしょうか。
寝ているときとかに、相方さんが激怒するようなことをして引っかかれたんでしょうか。
どこからか猫が侵入して、僕のおでこを引っかいて帰ったんでしょうか。
寝不足で頭があまり働いていないので、よくわからない妄想ばかりが浮かんできます。

昨日の夜に現実逃避の買い付け日記を更新してから、ひたすらにパッキング。
追いつめられていたので、テレビを観たり、ボーっとしたりする暇もなく、心を無にしてパッキング。
それでも減っていかない商品の山に何度も心が折れそうになりながらも続け、朝方に何とか終了。
そこから書類作成に取り掛かり、自動的に閉じていくまぶたを、何度も顔を洗ってこじ開けて、少し前に終了。
その後、少し仮眠をとって、起きるとおでこから流血していて、現在に至ります。
おでこはヒリヒリしていますが、とりあえず第2便を日本に送れるので、ホッとしています。

画像は、80年代頃のRay-Banのグラスフレームと30年代頃のドレスシャツ、90年代のCOMME des GARÇONS HOMMEのコーデュロイジャケットです。
レイバンのグラスフレームは、ボシュロム社製のヴィンテージもの。
あまり見かけることのないメタルフレームの、シンプルながらも存在感のある、大御所ならではの逸品です。
アンティークのドレスシャツは、この年代のものとは思えない極上コンディション。
フロントのチェンジボタンやマチ、独特のラウンドのカッティングなど、この年代ならではのディティールの詰まったスペシャルピースです。
コム デ ギャルソン・オムのコーデュロイジャケットは、ギャルソンものの中でも出てくることの少ないオールドもの。
やりすぎ感のない絶妙なビッグシルエットの、この年代のオムらしさが詰まった、お気に入りです。

レディースアイテムも、相変わらず好調です。

60年代のゴブランバッグは、あまり見かけることのない珍しい形状が魅力的。
ブラックベースに綺麗な色目の華やかな織りがはいった、上品な印象のヴィンテージらしい逸品です。
d0176398_2104165.jpg
d0176398_2105360.jpg


バーバリーのウールチェックパンツは、旧ロゴが使われたオールドもの。
上質なウール素材に、さりげなくはいった上品な印象のチェック柄が、ここらしい良い雰囲気です。
d0176398_211271.jpg
d0176398_2111161.jpg


では、これから第2便を送りに行ってきます。

by used_link | 2018-09-04 21:26 | 買い付け日記 | Comments(0)

買い付け日記 14

d0176398_11384159.jpg
d0176398_11385659.jpg
d0176398_1139765.jpg
d0176398_11391612.jpg
d0176398_11392813.jpg
d0176398_11393647.jpg


いきなりなんですが、誰も悪くないのに、誰も幸せになれない瞬間があることを、今日知りました。

今日は朝から200キロほどドライブして緑の多い郊外の町へ。
僕はこっちでは、日本に比べてトイレに行く回数がすごく少なくなるんですが、今日は朝に水分をとりすぎたのか、朝イチの買い付け先に到着後すぐにトイレに入りました。
こっちのトイレは、入ってすぐに手を洗うところ、その横ぐらいに小用のトイレが少し並び、その奥に大用のトイレの個室があるところが多いんですが、今日の朝に行ったところは配置が逆で、入ってすぐに大用の少し広めの個室、奥に小用のトイレ、といった感じでした。
とにかくトイレに早く行きたい僕は入り口のドアを開けて小用のトイレに急ぐことに。
そのとき、通りかかった大用のトレイの個室をチラッと見ると、衝撃の光景が。
開け放たれた大用の個室のドアの向こうに、鬼の形相で便器に座っているオジサン。
思わず立ち止まってしまった僕と、便器に座ったオジサンの視線が合うこと数秒。
あ、これヤバいヤツや、と思い何もなかったように小用のトイレの方に向かおうとすると、オジサンが大きな身振り手振りで必死に弁解を始めました。
下半身丸出しで便座に座ったまま。
オジサンは必死すぎて早口になって、なかなか何を言っているのか分からなかったんですが、何とか僕が理解したことを要約すると以下のことみたいでした。
トイレのドアのカギが壊れていて勝手にドアが開いてしまうこと。
しかも大用の個室が1つしかなく、しかもちょっと広いので便座に座ったままではドアに手が届かないこと。
それでも、おなかが痛すぎて仕方なく用を足すことにしたこと。
そして、朝イチなので人が入って来るとは思っていなかったこと。
だから自分はヤバいヤツではないこと。
必死の形相で大きな身振り手振りで、オジサンは何とか自分が変な人ではないことを伝えてきました。
下半身丸出しで便座に座ったまま。
オジサンのあまりの必死さと下半身丸出しのギャップ、それに朝から全く知らないオジサンの用を足す様子を目撃してしまったことに衝撃を受けすぎて、「あぁ、そうなんや・・・」としか答えられない僕。
とりあえず、何もなかったように小用のトイレに行って、僕も用を足したんですが、用を足し終えるまで永遠に感じられるような何とも言えない気まずさに包まれました。
人生で初めて、誰も悪くないのに、誰も幸せになれない瞬間があることを知りました。

そんな朝イチの衝撃での僕の精神状態とは真逆に、今日もしっかりと大量収穫の1日でした。
画像は、90年代頃のLANVINのデザインコートと70年代のデニムパンツ、COACHのビッグショルダーバッグです。
オールドのランバンのデザインコートは、マイクロスウェード素材が使われた秋らしい良い雰囲気の男前。
絶妙なユルめのシルエットと上品な雰囲気が見事に融合した、ハイブランドらしいアイテムです。
オールドのデニムパンツは、しっかりと色の残ったコンディション良好な逸品。
シンプルなデニムパンツにされたステッチワークが良いアクセントです。
コーチのショルダーバッグは、ほとんど見かけることのないパープルカラーの珍しい逸品。
大きめの容量なので、普段使いはもちろん、ちょっとした旅行や通学などにも活躍してくれます。

では、現実逃避の買い付け日記の更新を終えたところで、すごく嫌いなパッキング作業を始めようかと思います。

by used_link | 2018-09-04 12:08 | 買い付け日記 | Comments(0)