京都の古着屋Linkのブログ

2018年 11月 15日 ( 2 )


買い付け日記 11

d0176398_2215878.jpg
d0176398_22151853.jpg
d0176398_22153047.jpg
d0176398_2215439.jpg
d0176398_2216359.jpg
d0176398_2216179.jpg


おはようございます。
さきほど、なんとかパッキング作業と書類の作成が終了しました。

夜中に買い付け日記を更新してから、ひたすらにパッキング作業。
途中で気分転換に買い付け日記を更新したのを後悔するぐらいに追いつめられながら、ただただ無言で手を動かし続けました。
そんなパッキング作業が朝方にやっと終わり、そこから書類の作成。
いつも通り、眠気からの意味不明の誤字や脱字を繰り返しながらも、さきほどやっと終了して、現在に至ります。
いつもパッキング作業に苦しめられるんですが、今回は商品が予想以上に大量に集まってくれているので、さらに大変な気がします。
商品が集まらない地獄の苦しみに比べれば、集まってくれる苦しみなんて大したことないんですけどね。

画像は、60年代頃のユーロもののショートコートとY's×MACKINTOSHのデザインコート、JIL SANDERのレザースニーカーです。
ユーロヴィンテージのショートコートは、ディティールの凝ったオールドものならではの男前。
しっかりと目の詰まった上質なウール素材に施されたパイピングやフロントの細かな装飾のメタルボタンだけでなく、裏地にまでこだわったデザインが見られる、ユーロヴィンテージならではのアイテムです。
Y's×マッキントッシュのコートも、一見シンプルながらもディティールの凝ったお気に入り。
内側に取り外しのできるライナー付きなので、冬はもちろん、ライナーを外して春にも活躍してくれる便利な逸品です。
ジル・サンダーのデザインスニーカーは、総レザー仕様のハイカット。
深みのあるグリーンカラーの上質なレザーが使われた、なかなか見かけることのない、ハイブランドらしい逸品です。

では、これから第2便を送りに行ってきます。

by used_link | 2018-11-15 22:16 | 買い付け日記 | Comments(0)

買い付け日記 10

d0176398_1671962.jpg
d0176398_1673351.jpg
d0176398_1695591.jpg
d0176398_1610109.jpg
d0176398_16113225.jpg
d0176398_16114717.jpg


今、第2便を送るためのパッキング作業中なんですが、ついに心が折れてしまったので、気分転換の買い付け日記の更新です。

今日は、引き続き気持ちの良い気候の中、朝からドライブ。
到着した町で、さっそく探索を開始。
ここも当たりの町で、しっかりと商品を確保して、良い気分でドライブ。
次に到着した町でも、最初の町を超える大量収穫。
ここまで良い調子が続くと、さすがにちょっと怖くなってきながらも、さらにドライブ。
すると、やっぱり訪れました。ちょっとしたトラブル。

d0176398_1618644.jpg


田舎町特有の1車線ずつの細いながらも主要な道路を、壊れてしまったトラックが完全にふさいでしまっていました。
遠くの方から、なんか青いのが道をふさいでるっぽいな、と嫌な予感がしていたんですが、的中です。
最初は、倉庫から出てきたトラックが、曲がりきれずに何度も切り返しをしている途中なのかと思っていましたが、近付いて見てみると違う様子。
トラックのフロント部分を開けて、オジサンが何かを必死にいじっている光景が見えました。
ちょっと待って様子を見てみると、最初は必死にどうにかしようと、トラックのいろいろなところをいじっていたオジサンですが、完全に諦めてしまったみたいで、空を眺め始めました。
あ、これはアカンやつや、と判断してUターンして迂回することに。
これが都会だったら、すぐに別の道にはいれるんですが、田舎町はそうはいきません。
めちゃくちゃ遠い道まで迂回することになり、結局30分以上も無駄な時間を使うことになってしまいました。

そんなちょっとしたトラブルで、それまでの大量収穫で上がった気分も落ち着いたところで、今回の買い付けの最終目的地についに到着。
いつもの買い付けだと、最終目的地に到着したときには、やっとここまで来たって感じになるんですが、さっきのトラック道ふさぎ事件で、何となくそんな気分になれず、フラットな気分でそのまま探索開始。
それから、良い感じに商品が集まってくれて、気分を持ち直してモーテルにチェックイン。
それから収穫分の仕分けをして、パッキングを開始して、心が折れて、現在に至ります。

画像は、COACHのマフラーと70~80年代のPENDLETONのウールセットアップ、80~90年代のLANVINのロングコートです。
コーチのマフラーは、肌触りの良い上質な質感の逸品。
深みのある色目がランダムストライプ柄に切り替えられた、さりげなくも存在感のあるアイテムです。
オールドのペンドルトンのセットアップは、ここらしい上質なウール素材が魅力。
シンプルなデザインながらも、実際に着用すると、その綺麗なシルエットが分かってもらえる一品です。
オールドのランバンのロングコートも、ベージュカラーの肌触りの良いウール素材が使われた男前。
少しユルめのシルエットながらも、上品な雰囲気を漂わせてくれる、ハイブランドらしい逸品です。
今回の買い付けでは、この他にもユルめのシルエットのロングコートを集めてみています。
d0176398_16391541.jpg


他にも色々なサイズ感や丈感で、かなり豊富にコートが集まってくれています。
d0176398_16401530.jpg

d0176398_1640287.jpg


レディースの商品も、引き続き順調に集まっています。

60年代のクルーネックニットは、上質な素材感と綺麗な色目が魅力。
ホワイトカラーのニット素材の前後だけでなく袖にもはいった、手書き風の花柄が良いアクセントです。
d0176398_16465023.jpg
d0176398_1647267.jpg


agnès b.のデザインチェスターコートは、綺麗な細身のシルエット。
シンプルなチェスターコート全体にはいった上品なチェック柄が良い雰囲気です。
d0176398_16471615.jpg
d0176398_16472797.jpg


50年代頃のプリーツスカートは、上質なツイード素材が使われた逸品。
シンプルなデザインだからこそ分かる、実際に履いた時の細身の綺麗なシルエットは、ヴィンテージならでは。
d0176398_16473834.jpg
d0176398_16475434.jpg


では、これから気合を入れてパッキング作業を再開しようと思います。

by used_link | 2018-11-15 16:11 | 買い付け日記 | Comments(0)