京都の古着屋Linkのブログ

2018年 11月 17日 ( 3 )


買い付け日記 16

買い付け日記 16_d0176398_2101914.jpg
買い付け日記 16_d0176398_2103534.jpg
買い付け日記 16_d0176398_2104863.jpg
買い付け日記 16_d0176398_2105827.jpg
買い付け日記 16_d0176398_211878.jpg
買い付け日記 16_d0176398_2111975.jpg


とりあえず、空港に到着して、早朝便の搭乗待ちです。

手荷物が大量なのと重量オーバーが心配だったので、早めに空港に到着しておいたんですが、正解でした。
手荷物自体は、初めての全て重量内に収まっていて大丈夫だったんですが、チェックインで異常に時間をとられて、そんなに余裕が無くなってしまいました。

夜中に買い付け日記を更新してから、車に大量の荷物を積み込み空港へ。
空港に到着後、先に相方さんと大量のパッキンを降ろして、レンタカー会社へ車を返却に。
無事に車を返し終えてから、なかなか来ない空港行きのシャトルを極寒の中ガタガタ震えながら待つこと20分。
極寒過ぎて、自動的にガチガチ歯が鳴って言葉が上手く話せない頃に、やっとシャトルが到着。
シャトルの暖房にホッとしながら空港へ。
空港到着後すぐに、重量を計って全て大丈夫でほっと一息。
ただ、その後が大変でした。
チェックインカウンターの航空会社のスタッフが、今まで出会ったことがないぐらいに何もできず、普通なら10分ほどで終わるチェックインに1時間以上かかりました。
何もできないだけの人になら何度もあったことがありますが、彼は出来ない上に間違いまくり。
その上プライドだけが異常に高く、その間違いを指摘すると逆ギレしてきます。
貼るシールを間違えたり、それ自体貼らずに流してしまったり、と悲惨でした。
そして、間違えてるよ、とか貼ってないよ、と伝えると、すごい勢いでキレてきます。
あまりにも間違いだらけで不安なので、一応名前を訊ねてみると、なんで言わんとアカンの、と言いながら胸の名札を隠して、絶対に名前を教えてくれません。
あそこまでの人に出会ったは、さすがに初めてで、衝撃を受けています。
そのおかげで、あんなに眠かったのに、今は全く眠気を感じません。

画像は、COMME des GARÇONS HOMMEのデザインマフラーとJIL SANDERのダウンテーラードジャケット、80年代のゆるシルエットのロングコートです。
コム デ ギャルソン・オムのマフラーは、コンディション良好な逸品。
シンプルなデザインながらも、しっかりと存在感を出してくれる、ハイブランドらしいアイテムです。
ジル・サンダーのデザインテーラードジャケットは、ダウン仕様。
カジュアル感の強いダウンアイテムながらも、どこかモードな雰囲気を漂わせてくれる計算されたデザインは、さすがの一言です。
オールドのロングコートは、綺麗なグリーンカラーが目を引く一品。
綺麗に肩の落ちるユルめのシルエットが、今季らしい良い雰囲気です。

では、そろそろ搭乗時間なので、列に並んでおこうかと思います。

by used_link | 2018-11-17 21:01 | 商品の紹介 | Comments(0)

買い付け日記 15

買い付け日記 15_d0176398_15135169.jpg
買い付け日記 15_d0176398_1514256.jpg
買い付け日記 15_d0176398_15141376.jpg
買い付け日記 15_d0176398_15142445.jpg
買い付け日記 15_d0176398_1514357.jpg
買い付け日記 15_d0176398_1514456.jpg


おはようございます。
とは言っても、全く太陽が出ていない真っ暗な真夜中です。
今日は、かなり早い早朝便に乗って、そこから乗り継ぎを繰り返すので、真夜中に出発です。

昨日の買い付け日記の更新から、ひたすらにパッキング作業。
精神を無にして、ただただ手を動かすことに集中。
テレビを観たりしてしまうという邪念を払うために、テレビを消して無音で作業していたんですが、それが逆効果だったみたいです。
隣の部屋の物音が気になって、作業に集中できませんでした。
何か金属製のものを引きずるような、ギー、ギーという音やズルズルと何か重いものを引きずる音が、何時間もずっと続くんです。
最初は部屋の何かの配置を変えてるんやろうし、すぐに終わるやろ、と思っていたんですが、全く終わらず、何時間か続いた後に突然静かになりました。
パッキング作業が終わって書類作成中に突然物音が止まったんですが、止まったら止まったで逆に無音の状態が落ち着かず、ソワソワして集中できません。
結局、無音の状態が逆に気になって、テレビをつけて作業していました。
あとで冷静になって気が付いたんですが、うちの部屋の隣って部屋じゃないんですよね。
僕が気になってた側の壁の向こうは階段で、その向こうは外なんです。
じゃあ、あの何時間も続いていた音は、なんだったんでしょうか。
いろいろ怖すぎるので、あんまり想像しないようにしています。

画像は、60~70年代のウールキャスケットとYVES SAINT LAURENTのデザインニット、60年代頃のノーフォークジャケットです。
ヴィンテージのウールキャスケットはイングランドメイドの上質で上品なアイテム。
上質なウール素材がふんだんに使われた、ユーズドでは出てくることの少ないボリューム感のあるシルエットが魅力です。
イヴ・サンローランのニットはモックネック仕様になった、これからの季節に活躍してくれる逸品。
胸ポケット部分の上部にはいった、ブランドロゴの刺繍が、さりげなくも良いアクセントです。
ヴィンテージのノーフォークジャケットは、太畝のコーデュロイ素材が良い雰囲気。
この年代らしいディティールの詰まった、ヴィンテージならではの逸品です。

レディースアイテムも、予想以上に良いものが大量に集まってくれたので、買い付け日記用の画像がかなり余ってしまっています。

70年代のクルーネックカーディガンは、胸元やすそのワッペンや袖のラインが良いアクセント。
当時の持ち主がハンドメイドでカスタムした、世界に1つだけの一点ものです。
買い付け日記 15_d0176398_1515113.jpg
買い付け日記 15_d0176398_15151497.jpg


60~70年代のデニムワークジャケットは、裏地にブランケットが使われた冬仕様の逸品。
こういったデニムもののワークジャケットは大きめのものが多いですが、こちらはかなり珍しいレディースサイズです。
買い付け日記 15_d0176398_15152579.jpg
買い付け日記 15_d0176398_15153590.jpg


50年代のサーキュラースカートは、綺麗な細身のサイズ感で極上のシルエット。
上品なチェック柄の生地がキルティング仕様になった、なかなか出てくることのない逸品です。
買い付け日記 15_d0176398_15154736.jpg
買い付け日記 15_d0176398_15155880.jpg


では、これから空港に向かおうと思います。

by used_link | 2018-11-17 15:16 | 買い付け日記 | Comments(0)

買い付け日記 14

買い付け日記 14_d0176398_1183380.jpg
買い付け日記 14_d0176398_1184885.jpg
買い付け日記 14_d0176398_1185853.jpg
買い付け日記 14_d0176398_119953.jpg
買い付け日記 14_d0176398_1192330.jpg
買い付け日記 14_d0176398_1193386.jpg
買い付け日記 14_d0176398_119463.jpg
買い付け日記 14_d0176398_119563.jpg


今回のとにかくハードだった買い付けも、本日で商品集めは終了しました。
序盤から外すことなく、ずっと大量収穫が続いてくれたおかげで、過去最高の商品量を更新することができました。
量的にだけでなく、質的にもかなり高い買い付けができ、ヴィンテージからグッドレギュラー、ハイブランドや小物まで幅広く集めることができ、すごく満足しています。

商品集め最終日の今日も、この最終目的地の地方都市を駆け回ってきました。
昼過ぎにフリーウェイでもない普通の道で大渋滞に巻き込まれて、何が原因の渋滞なんやろと思っていると、やっぱり事故。
しかも車が突っ込んだところが、たまたま信号機の電源にあたる部分だったのか、かなり交通量の多い交差点の信号が完全に消えてしまっていました。
停電でもないのに突然に信号が消えてしまっていたので、交差点は大混乱。
駆け付けた警察も、何をどうしていいのか分からない様子で、アワアワしていました。
何とか事故現場の交差点を過ぎたものの、なぜか渋滞は解消されず、イライラ。
かなりの時間をかけて次の交差点にたどり着いたときに原因が判明しました。
次の交差点でも、事故が起こっていたんです。
道路のど真ん中で車同士がぶつかる事故が。
しかも、こっちは起こりたてで、まだ警察も到着していない様子で、交差点は再びの大混乱。
何とか、その交差点を通過すると、急激に渋滞が解消されました。
でも、普通こんな偶然あります?信号機が消えるほどの事故の交差点の、すぐ次の交差点でまた事故が起こっているなんて。
どんな確率なんでしょうか。
最終日まで、すんなりとはいきませんでしたが、商品的にはガッツリと大量収穫で締めくくることができました。

画像は、3.1 Phillip Limのメガネと80年代頃のGIVENCHYのデザインニット、40年代頃のウールステンカラーコートと50年代のウールサスペンダーパンツです。
3.1 フィリップ リムのメガネは、ケース付きで発見のコンディション良好な逸品。
太めのセルフレームのグラデーションカラーがアクセントになった、ここらしいデザイン性の高いアイテムです。
オールドのジバンシィのデザインニットは、ポロカラー仕様の雰囲気のある1枚。
シンプルなポロカラーのニットの襟元や袖口にはいったグリーンラインや編み柄が、さりげなくも良いアクセントです。
ヴィンテージのウールステンカラーコートは、元の持ち主によるリペア跡も良い味になった、なかなか出てくることのないスペシャルピース。
この年代のものにしか出せない、極上の雰囲気の、ヴィンテージ感が漂う逸品です。
ヴィンテージのウールサスペンダーパンツは、サイドラインがはいった上品な男前。
オールドものならではの肉厚なウール素材が使われた、上質で上品な逸品です。

今回の買い付けでは、最後までレディース商品も好調でした。

60年代のハンドバッグは、極上コンディションで発見。
深みのあるレッドカラーの無地のゴブランという、かなり珍しいファブリックが使われた逸品です。
買い付け日記 14_d0176398_1110401.jpg
買い付け日記 14_d0176398_11105016.jpg


60年代のPENDLETONのジャケットは、ここらしい上質なウールが使われたアイテム。
なかなか見かけることのない深みのあるグリーンカラーが、これからの季節らしい良い雰囲気です。
買い付け日記 14_d0176398_1111273.jpg
買い付け日記 14_d0176398_1111143.jpg


50~60年代のロングコートは、コンディション、サイズ感、シルエットの揃った逸品。
上質な肉厚のウール素材に綺麗なライトグリーン×ライトブルーのチェック柄が魅力の、ヴィンテージならではのアイテムです。
買い付け日記 14_d0176398_11112642.jpg
買い付け日記 14_d0176398_11113847.jpg


では、これから最後の山場の手荷物分のパッキング作業をしていこうと思います。
最後まで大量収穫だったので、目の前にはなかなかの高さの商品の山ができていますが、気合で頑張ります。

by used_link | 2018-11-17 11:12 | 買い付け日記 | Comments(0)