京都の古着屋Linkのブログ

2019年 02月 11日 ( 1 )


買い付け日記 5

d0176398_20242459.jpg
d0176398_20243332.jpg
d0176398_202442100.jpg
d0176398_20245149.jpg
d0176398_20265179.jpg
d0176398_20452192.jpg


おはようございます。

相変わらずの極寒のせいなのか、昨日からずっとおなかが痛いです。
めちゃくちゃ痛くて耐えられない、という感じではないんですが、24時間ずっと地味に痛いです。
いつでもすぐにトイレに駆け込めるようにしないといけないので、頭の片隅にずっとトイレのことがちらついて、100%仕事に集中することができません。
朝起きたら治ってるかな、と思っていたんですが、そんなに甘くはないようです。
目が覚めてすぐにトイレに駆け込んできました。
こっちに来る前にすでに、しっかりと風邪をひいていたのに加えて、昨日からおなかも痛いので、もはや健康体な身体の部分が見当たりません。
そろそろ回復していってもらえると嬉しんですが。

そんな僕の体調とは真逆に、商品はかなり順調に集まってくれています。
やっぱり僕の体調が悪いほどに良い商品が集まるという、うちの買い付けのジンクスは、今回にも当てはまるみたいです。
今回の買い付けでは初日からずっと調子良く商品が集まってくれているので、気持ち的にはすごく楽です。
商品が全然集まらない時は、精神的に本当に地獄なので。
このままの調子で集まり続けてくれることを祈ります。

画像は、80年代頃のChristian Diorの春物ニットと60~70年代のステンカラーコート、Yohji Yamamotoのレザーシューズです。
オールドのクリスチャン・ディオールのデザインニットは、これからの季節らしい軽めの質感。
ペールトーンで全体にはいったアーガイルの編み柄が、着こなしの良いアクセントです。
ヴィンテージのステンカラーコートは、絶妙なユルめのシルエットにロング丈が今季らしい良い雰囲気。
裏地にまで手を抜くことなく、ディティールの細かい、ヴィンテージならではの上質で上品な男前です。
ヨウジヤマモトのレザーシューズは、保存袋付きで発見。
一見シンプルなデザインながらも、よく見ると細かなデザインが施された、このブランドならではの逸品です。

では、これから500キロほどドライブしてきます。

by used_link | 2019-02-11 20:44 | 買い付け日記 | Comments(0)