京都の古着屋Linkのブログ

2019年 08月 29日 ( 1 )


買い付け日記 10

d0176398_20573442.jpg
d0176398_20574356.jpg
d0176398_20575625.jpg
d0176398_2058594.jpg
d0176398_20581956.jpg
d0176398_20583026.jpg


おはようございます。

いま泊まってるモーテル、基本的には良い感じなんですが、1つ決定的な弱点があります。
それは、いろんな部分の薄さ。
これまでも壁が薄くて、隣の部屋に泊まっている人が観ているテレビの音が、すぐそばで観ているぐらいに聞こえたりとかはありましたが、ここが薄いのは壁だけではありません。
天井の床も薄いです。
上の部屋に泊まってる人の足音や上下の部屋に泊まってる人の話し声が、しっかりと聞こえます。
それも、大声で話している感じではなく、普通に話している感じ。
壁も天井も床も薄いので、全方位から何かしらの音が聞こえてきて、落ち着きません。
こっちには日本で見かけないレベルの大きめの人が多いので、これだけ薄いと天井を突き破って落ちてこないか心配です。
僕も、激しく歩きすぎて床をぶち抜くことがないように注意します。

昨日は、かなり長い1日でした。
昨日の買い付け日記を更新してから、飛行機に乗り込んで移動。
予定よりも早めに着いたものの、飛行機がつけられるゲートが開いていないということで、ひたすら待たされて、結局予定時間よりも遅めに飛行機から降りることに。
そこからレンタカーを借りに行って、レンタカー会社へ。
なぜか後部座席より後ろがワラまみれという、これまで経験したことのない方向性の汚さにちょっとひきながらも、とりあえず動くのでそのまま借りることに。
レンタカー会社を出るゲートのところで、僕の借りている車が違う人の名前で登録されていることが判明。
「ちょっと、リサって誰なんよ!」と、完全に向こうのミスなのに逆ギレされたあげく、その原因を調べるのに待たされること20分ほど。
単純にゲートのオバサンの車のナンバーの見間違えだったことが判明すると、何事もなかったかのように「はい、もう大丈夫やから行って」と謝ることすらしないオバサンにイラッとしながらも出発。
そこからちょっとドライブして郊外の町に到着。
すぐに探索を開始すると、かなりの大量収穫に。
そのまましっかり商品を集め、夜になってモーテルにチェックイン。
大量の荷物を部屋に入れて、そこから生活用品を買いに100均的な店とスーパーへ。
生活用品を揃えて、モーテルに戻って、昨日の収穫分の仕分けをしている途中で記憶があいまいになって、現在に至ります。
ちょっと前に日本に第1便を送ったばかりですが、すでにモーテルの部屋が大量の商品たちに占領されつつあります。

画像は、ISSEY MIYAKEのテーラードジャケットと90年代頃のベロアセットアップ、Yohji Yamamoto×adidasのデザインスニーカーです。
イッセイ ミヤケのジャケットは、落ち着いたグレーカラーのベロア素材が使われた男前。
無駄のないシンプルなデザインながらも、実際に着ると物足りなさを感じさせることがない計算されたデザインは、さすがの一言です。
オールドのセットアップは、ブラックカラーの上質なベロア素材が上品な雰囲気を出してくれるお気に入り。
カットソー×シャツ×パンツの3ピース仕様になった、なかなか見かけることのない珍しいアイテムです。
ヨウジヤマモト×アディダスのスニーカーは、ブラック×ホワイトのモノトーンな仕様が大人な良い雰囲気。
ヨウジのモード感とアディダスのスポーツテイストが見事に融合した、足元のアクセントになってくれる逸品です。

レディースアイテムも、引き続き順調です。

60~70年代のユーロもののチロリアンベストは、コンディション、サイズ感ともに良好。
レッドカラーのパイピングデザインや各所のフリーンカラーの切り替え、鹿の角が使われたボタンなどディティールの凝ったアイテムです。
d0176398_21242229.jpg
d0176398_21243045.jpg


JIL SANDERのジャケットは、上質なベロア素材が目を引く逸品。
無駄を削ぎ落としたデザインだからこそ分かる、実際に着たときの極上シルエットは、ハイブランドならではです。
d0176398_21243988.jpg
d0176398_21244756.jpg


では、これからちょっとドライブしてきます。

by used_link | 2019-08-29 21:23 | 買い付け日記 | Comments(0)