京都の古着屋Linkのブログ

2019年 09月 04日 ( 2 )


買い付け日記 17

d0176398_2026615.jpg
d0176398_20261574.jpg
d0176398_20262378.jpg
d0176398_2026333.jpg
d0176398_20455513.jpg
d0176398_2046623.jpg


おはようございます。

いま泊まってるモーテルのバスルーム、広さ的にも問題なく、水圧的にも弱すぎず強すぎずで、温度調節も難しくありません。
ただ、1つだけ問題があります。
問題は、バスルームそのものというより、バスルームの備品。
もう少し細かく言うと、バスタオル。
どこのモーテルでも、1部屋に2セットぐらいのタオルセットとバスマットが置いてあります。
バスタオルと普通のタオルと小さなタオルのセットです。
ここも同様に、最初に部屋に入ったときから2セットのタオルセットが置いてあり、特に違和感を感じることはありませんでした。
違和感を感じたのはシャワーを終えて、バスタオルを実際に使った時。
ガッシガシなんです、ここのバスタオル。
めちゃくちゃ硬いんです。
硬いというより、繊維の1本1本が尖ってトゲ状になっていて、ちょっとしたタワシみたいになっているんです。
身体を拭くたびに繊維のトゲが体を突き刺してきます。
どういう洗濯の仕方をしたら、こんな仕上がりになるんでしょうか。
温かいシャワーを浴びてうっすらと赤らんでいた僕の体が、シャワー終わりよりも確実に赤くなってしまいました。

画像は、MARNIのサイフと60年代頃のJsantzenのハーフスリーブニット、70年代頃のYVES SAINT LAURENTのセットアップです。
マルニのデザインレザーウォレットは、保存袋付きで発見。
あまり見かけないグレーカラーの柔らかで上質なレザーが使われた、ユニセックスで使ってもらえる逸品です。
ヴィンテージのハーフスリーブのニットは、まだ昼間の気温が高くて普通のニットを着るのは暑いときにも秋気分を楽しんでもらえるアイテム。
ベージュ×ブラウンのバイカラー仕様でレイヤードデザインになった、ヴィンテージならではの良い雰囲気の男前です。
ヴィンテージのイヴ・サンローランのセットアップは、なかなか出てくることのない日本人サイズの細身の綺麗なシルエット。
無駄のないシンプルなデザインだからこそ分かる、実際に着たときの極上のシルエットは、さすがの一言です。

レディースアイテムも、引き続き好調です。

60年代のクルーネックカーディガンは、ハンドメイドの1点もの。
パイピングのように施されたレース編みや同素材の包みボタン、全体にはいった刺繍などディティールの凝ったヴィンテージならではの逸品です。
d0176398_20481715.jpg
d0176398_20482816.jpg


80年代頃のGIORGIO ARMANIのセットアップは、レディースでなかなか出てこないジャケットとパンツの組み合わせのマニッシュなアイテム。
コンディション、サイズ感、シルエットの揃った極上品です。
d0176398_20492989.jpg
d0176398_20493894.jpg


プラダのレザープシューズは、深みのあるブラウンカラーの上質なレザーが、これからの季節感を演出してくれます。
スクエアになったトゥ部分や太めのストラップデザインなど、このブランドらしさが詰まった逸品です。
d0176398_2050550.jpg
d0176398_20502339.jpg


では、これからちょっとドライブしてきます。

by used_link | 2019-09-04 20:58 | 買い付け日記 | Comments(0)

買い付け日記 16

d0176398_1495257.jpg
d0176398_141031.jpg

d0176398_13314413.jpg
d0176398_13315545.jpg
d0176398_133273.jpg
d0176398_13322182.jpg


今回のハードな買い付けも終盤戦に突入して、最終目的地の地方都市に到着しました。
ここはちょくちょく来たことがある場所で、そんなにめちゃくちゃ商品が集まる印象はないんですが、なぜか気分が落ち着きます。
全体的にゆったりとした雰囲気なので、気分がほっこりするのかもしれません。
でも、雰囲気に流されてほっこりしすぎないように、最後まで気を抜かずにいこうと思います。

アメリカに買い付けに来るようになってから、かなりの年月が経っているんですが、僕の身体はアメリカに慣れていきません。
こっちに来ると、いまだに基本的におなかが痛いです。
今回の買い付けでも、序盤戦から終盤戦の今まで、ほとんど毎日おなかが痛いです。
どこに行ってもトイレを確保することに必死で、ちょっと仕事に支障が出ています。
何時間も続くロングドライブの時なんかは、途中でおなかが痛くならないかと不安なので、それが原因でおなかが痛くなってきそうになるほどです。
何がダメなんでしょうか。
今回はそんなにおなかに悪いものは、食べていないと思うんですけど。
水もペットボトルにはいったミネラルウォーターしか飲んでいなんですけど。
もはや空気が合わないんでしょうか。
これだけアメリカに来ていて、まだ毎回おなかが痛くなっているということは、アメリカに慣れるというより、腹痛に慣れる方がいい気がしてきています。

今日は朝から第2便を送りに運送会社さんへ。
無事に荷物を送り終えてから、スッキリとした車でドライブ。
ちょくちょく寄り道をして商品を集めたり、給油をしたり、トイレに駆け込んだりしながら、夕方前にこの最終目的地に到着。
到着してすぐに探索を開始して、夜になってモーテルにチェックインして、現在に至ります。
そんなに集まる印象のない、この最終目的地でも、思っていた以上に商品が集まってくれました。
途中の寄り道でも、調子良く商品が集まってくれたので、第2便で送りきれなかった商品を合わせると、結構な量になっています。
モーテルの部屋は、朝に第2便を送ったばかりとは思えない状態になっています。

画像は、Salvatore FerragamoのデザインリングとY'sのニットベスト、70年代のLeeのジャケットです。
サルヴァトーレ・フェラガモのリングは、シンプルながらも存在感のあるハイブランドらしい逸品。
ボリューム感のあるリングにブランドロゴが刻まれた、着こなしのアクセントになってくれる男前です。
Y'sのニットベストは、深みのあるグリーンカラーが秋らしい印象。
一見シンプルなデザインながら、クルーネックの首元や長めの着丈、全体にはいった切り替えのある編み柄など、ディティールの凝ったこのブランドらしい逸品です。
ヴィンテージのLeeのテーラードジャケットは、スッキリとした綺麗なシルエット。
落ち着いたブラウンカラーの上品なベロア素材が使われた、これからの季節に活躍してくれるアイテムです。

では、これから本日収穫分を仕分けしようと思います。

by used_link | 2019-09-04 14:12 | 買い付け日記 | Comments(0)