京都の古着屋Linkのブログ

2019年 11月 08日 ( 1 )


買い付け日記 2

買い付け日記 2_d0176398_21453580.jpg
買い付け日記 2_d0176398_21454754.jpg
買い付け日記 2_d0176398_2146370.jpg
買い付け日記 2_d0176398_21461342.jpg


おはようございます。
無事、アメリカに到着しています。

成田のラウンジで買い付け日記を更新してから、
隣の席に座っていた外国人男性が、ずっと聞いたことのない何語か分からない言語をつぶやいていて、気になって仕方なかったり。
まずいはずの機内食が、そこそこ美味しくてビックリしたり、
機内の通路が狭すぎて、すごい頻度で誰かがぶつかってきたり、
いつもそんなことないのに、なぜかトイレが近くて、そのせいであまり眠れなかったり、
途中で変な寝方をしたのか、首めちゃくちゃ痛くてビックリしたり、
アメリカ到着後のイミグレーションの職員さんの圧がすごすぎたり、
目的地の空港に到着後に外に出てみて、その極寒っぷりに言葉を失ったり、
といろいろありながらも、目的地に到着。

そこからシャトルでレンタカー会社に行って、珍しく特にトラブルもなく、すんなり借りてドライブ。
いつも通り汚いながらも、特に問題もなく走ってくれて、目的の田舎町に到着。
到着後すぐに探索を開始。
途中で襲ってきた、かなりのレベルの眠気に耐えながら探索して、夜になってモーテルにチェックイン。
その後、日用品を買いに行って、モーテルに戻って、昨日収穫分を仕分けして、というところで記憶が途切れて、夜中に激しい腹痛に襲われて目が覚めて、ちゃんとベッドに行って眠って、現在に至ります。

画像は、EMPORIO ARMANIのデザインニットと50~60年代のウールチェスターコートです。
エンポリオ・アルマーニのデザインニットは、絶妙なユルさのサイズ感ながらも、上品な雰囲気の漂う、ここらしい逸品。
深みのあるブルーカラーのニットの胸元にはいった、グレーカラーのレタリングが良いアクセントです。
ヴィンテージのチェスターコートは、この年代のものらしいしっかりとしたウール素材が使用された、極上の雰囲気の男前。
かなり大きめで長いものが多いヴィンテージのコートですが、こちらは大きすぎず、丈感も長すぎることのない、取り入れてもらいやすい逸品です。

では、これからちょっとドライブしてきます。

by used_link | 2019-11-08 22:01 | 買い付け日記 | Comments(0)