京都の古着屋Linkのブログ

2019年 11月 13日 ( 2 )


買い付け日記 8

買い付け日記 8_d0176398_2202344.jpg
買い付け日記 8_d0176398_2203752.jpg
買い付け日記 8_d0176398_2204981.jpg
買い付け日記 8_d0176398_221392.jpg


おはようございます。

こっちに来てから、静電気がすごく激しいです。
日本にいる時と比べて、アメリカに来ると静電気のバチッという感じが増えるんですが、今回は特に激しい気がします。
車に乗り込むときにドアでバチッ、コンビニの扉の取っ手部分でバチッ、レジの人からお釣りをもらうときにバチッ。
昨日は、駐車場の地面部分のアスファルトに落としたキーを拾おうとして、激しい静電気に襲われました。
静電気のあのバチッとした感じがすごく嫌いな僕は、ひたすら罰ゲームを受けているような気分になります。

その静電気地獄はモーテルの中で最も激しく、ベッドで寝ていて動いたときなんかは、手やおなかや足など身体のいたるところでバチバチいっています。
寝ている間に、どれだけの静電気をため込んでいるんでしょうか。
部屋を真っ暗にしているときは静電気が光るのが見えるので、恐怖倍増です。
特に注意すべき時は寝ぼけた状態でトイレに行く時で、いつもは細心の注意を払いながらバスルームのドアノブに触れるんですが、寝ぼけているときは忘れてしまっているので、普通に触ってしまいます。
するとベッドでため込んだ静電気が、僕の指先と金属製のドアノブの間ですべて放出され、めちゃくちゃ激しい音と共に恐ろしいレベルのバチッがきます。
さっきも不意打ちで最大級の静電気を指先にくらって、いまもちょっとドキドキしています。
ビックリする分、一瞬で目が覚めるので、ある意味で最高の目覚ましなんですけどね。

画像は、50~60年代のウールチェスターコートと80~90年代のBurberrysのデザインセットアップです。
ヴィンテージのチェスターコートは、あまり出てくることのない深みのあるブラウンカラーが魅力。
これぐらいの年代のチェスターコートはかなり大きめサイズのものが多いですが、こちらはめったに見つかることのない細身の綺麗なサイズ感の男前です。
オールドのバーバリーのセットアップは、ダブルのジャケットとサスペンダーパンツの組み合わせ。
上質なウール素材が使われた、ここらしい上品な雰囲気の逸品です。

レディース商品も、引き続き好調です。

70~80年代のデザインニットは、YVES SAINT LAURENTから。
元々はメンズの極小サイズなのですが、女性に着てもらうと程よいサイズ感で楽しんでもらえる、デザイン性の高い逸品です。
買い付け日記 8_d0176398_2244852.jpg
買い付け日記 8_d0176398_2245975.jpg


70年代頃のチェスターコートは、上質なツイード素材を使用。
実際に着てみると分かる極上の綺麗なシルエットは、オールドものならではです。
買い付け日記 8_d0176398_2251213.jpg
買い付け日記 8_d0176398_226247.jpg


60~70年代のウールプリーツスカートは、イングランドメイド。
上質なウール素材に上品なチェック柄がはいった、ヴィンテージのイングランドものらしいアイテムです。
買い付け日記 8_d0176398_2261728.jpg
買い付け日記 8_d0176398_2262886.jpg


では、これからちょっとドライブしてきます。

by used_link | 2019-11-13 22:12 | 買い付け日記 | Comments(0)

買い付け日記 7

買い付け日記 7_d0176398_1524397.jpg
買い付け日記 7_d0176398_15241386.jpg
買い付け日記 7_d0176398_15242667.jpg
買い付け日記 7_d0176398_1524339.jpg
買い付け日記 7_d0176398_15244316.jpg
買い付け日記 7_d0176398_1524521.jpg


めちゃくちゃおなかが痛いです。
治ってきていた腹痛が復活してしまいました。
その原因は、自分で分かっているんです。

今日は、モーテルを出発してすぐに第1便を送りに運送会社さんへ。
特にトラブルもなく荷物を送れて、スッキリとした車でドライブ。
郊外の町に到着後、すぐに探索開始。
ここはいい感じに買える予想だったんですが、その予想をはるかに超える大量収穫。
大量の商品を車に積み込み、さらにドライブ。
次に到着した町でもガッツリと収穫できました。
1日を通して大量収穫だったので、第1便を送ってすぐにもかかわらず、モーテルの部屋の商品たちの圧迫感が、なかなかな感じになっています。

モーテルに大量の商品たちを置いた後で、日用品を買いにスーパーへ。
スーパーで必要なものを買ってレジに向かうと、レジ周辺にすごくいい匂いが漂っています。
その正体は巨大な保温容器。
温かく保てる専用の棚の中に、大きなパックにはいった鶏の丸焼きが並んでいます。
食べ慣れないものを食べると、僕はすぐにおなかの調子が悪くなってトイレにこもることになるんですが、おなかが減っていた僕たちには、あまりにも魅力的な香り。
こっちに来ると、基本的に夜ご飯は日本から持っていっている粉末のスープと100均的なところで買ったお菓子を少しぐらいしか食べないので、普段ならローストチキンとか素通りなんですが、今日は疲れすぎていたのか目が釘付けに。
ホカホカで激しくいい匂いを放っている丸々一羽のローストチキン。
昨夜はパッキング作業を頑張ったし、今日も1日中しっかりと駆け回って大量収穫やったし。
しかも、値段を見てみると$4.5ドル。
日本円で500円弱。
もはや、僕たちには買う以外の選択肢はありませんでした。

スーパーからモーテルに帰り、さっそく1羽まるごとのローストチキンを食べてみることに。
たった$4.5ドルやし、美味しくないやろうとハードルを下げつつ、胸肉部分を1口食べてみることに。
うわ。あかん。美味しすぎる。
胸肉とは思えないビックリするぐらいしっとりとした鶏肉に、塩コショウのシンプルな味付けが絶妙。
程よく効いたニンニクの香りが、さらに食欲をそそります。
次に足部分を取り分けてみると、ほぼ抵抗がないぐらいにナイフが入っていきます。
ナイフの入り具合から分かるのは、その肉の柔らかさ。
もも肉部分を1口食べてみると、胸肉の感じとは違ったしっとり感。
最高。
では、次は手羽先部分・・・。
といった感じで食べ進めていくうちに、おなかがいっぱいになり、夜ご飯終了。
久しぶりに、しっかりとご飯を食べたという感じの満足感でした。

その幸福な気分に浸っていられたのも、30分ほど。
急激な腹痛に襲われて、トイレに向かって一直線。
いや、分かってはいたんです。こうなることは。
普段スープとちょっとしたお菓子という質素なごはんなのに、こんなにしっかりとしたものを受け付けないことは。
僕のおなかが弱すぎて、絶対にトイレにこもることになるってことは。
それでも、どうしても食べたかったんです。
今、ブログを作成中もおなかは痛いままですが、今日の僕に後悔はありません。

画像は、80~90年代のLANVINのデザインニットと80年代のリバーシブルコート、オールドコーチのビッグショルダーバッグです。
オールドのランバンのデザインニットは、絶妙なユルめのシルエットが良い雰囲気。
編み柄のはいったニット素材にマイクロスウェード素材が切り替えになった、デザイン性の高い逸品です。
オールドのロングコートは、チェック柄のウール素材と無地のコットン素材のリバーシブル仕様。
ボタンのデザインがされた袖口やドルマンスリーブ仕様、すそのラウンドがかった独特のカッティングなど、ディティールの凝ったアイテムです。
オールドコーチのビッグショルダーバッグは、人気の高いブリーフケース型。
この年代のここらしい、肉厚ながらも柔らかな極上のレザーが使われた、長く愛用してもらえる男前です。

では、胃腸薬を飲んで、本日収穫分の仕分けをしようと思います。

by used_link | 2019-11-13 15:30 | 買い付け日記 | Comments(0)