京都の古着屋Linkのブログ

2019年 11月 15日 ( 2 )


買い付け日記 11

買い付け日記 11_d0176398_213765.jpg
買い付け日記 11_d0176398_21371422.jpg
買い付け日記 11_d0176398_21373355.jpg
買い付け日記 11_d0176398_21374311.jpg
買い付け日記 11_d0176398_21375270.jpg
買い付け日記 11_d0176398_2138424.jpg
買い付け日記 11_d0176398_21381458.jpg
買い付け日記 11_d0176398_21382328.jpg


おはようございます。

さきほど、なんとかパッキング作業と書類の作成が完了しました。
昨夜に買い付け日記を更新してから、ひたすらにパッキング作業。
ただただ手を動かし続けても終わりの見えない作業に心が折れそうになりながらも、朝方に何とか終了。
そこから、自動的に下りてくるまぶたをこじ開けながらの書類の作成。
少し前に書類の作成も完了して、ちょっと仮眠をとって、現在に至ります。
とりあえず、これで日本に向けての第2便を送ることができるので、一安心です。

画像は、Y’sのデザインニットと80年代頃のChristian Diorのデザインショートコート、40年代頃のガウンコートと90年代頃のセットアップです。
ワイズのデザインニットは、絶妙なユルめのシルエットが良い雰囲気。
深みのあるブラウンカラーの毛足の長めのウール素材が使われた、さりげなくも存在感のある男前です。
オールドのクリスチャン・ディオールのショートコートも、絶妙な抜け感が魅力。
各所に施されたステッチデザインや綺麗に肩の落ちるドロップショルダー、フロントのスクエアなボタンなど、ディティールの凝った、この年代のこのブランドらしいアイテムです。
ヴィンテージのガウンコートは、この年代ならではの極上の雰囲気のスペシャルピース。
大人なバーガンディカラーのガウンコートのフロントに、元の持ち主によるものと思われるチェーンボタンが付いた、唯一無二の逸品です。
オールドのセットアップは、ジップアップジャケットとテーパードパンツの組み合わせ。
ブラックカラーのマイクロスウェード素材が使われた、アウターとしてもインナーとしても活躍してくれる便利アイテムです。

レディース商品も、引き続きしっかりと確保できています。

MARNIのデザインパンプスは、これからの季節らしい深みのあるブラウンカラーのスウェード素材。
ウェッジソール仕様なので履き心地が良く、実際に履いたときのシルエットも美しい、このブランドらしい逸品です。
買い付け日記 11_d0176398_21392999.jpg
買い付け日記 11_d0176398_21393784.jpg


60~70年代のクルーネックカーディガンは、サイズ感、コンディション共に良好。
各所にされたパイピングのようなブルーカラーの切り替えやフロントに施された立体感のある刺繍など、デザイン性の高いアイテムです。
買い付け日記 11_d0176398_2139535.jpg
買い付け日記 11_d0176398_21391665.jpg


60~70年代の3ピースセットアップは、ヴィンテージの大御所Jantzenから。
深みのあるブラウンカラーのウール素材が使われた、ノーカラーのショートジャケット×パンツ×スカートという珍しい組み合わせで、いろいろな着こなしを楽しんでもらえる逸品です。
買い付け日記 11_d0176398_21395188.jpg
買い付け日記 11_d0176398_21395887.jpg


では、これから第2便を送りに行ってきます。

by used_link | 2019-11-15 21:46 | 買い付け日記 | Comments(0)

買い付け日記 10

買い付け日記 10_d0176398_11383659.jpg
買い付け日記 10_d0176398_11384864.jpg
買い付け日記 10_d0176398_11385948.jpg
買い付け日記 10_d0176398_11391073.jpg
買い付け日記 10_d0176398_11392146.jpg
買い付け日記 10_d0176398_1139337.jpg


明日日本に向けて第2便を送る予定なので、パッキング作業をしないといけないんですが、嫌すぎて現実逃避の買い付け日記の更新です。

いま泊まってるモーテルの部屋なんですが、1か所すごく悩まされているところがあります。
部屋の入り口近くにクローゼット的な部分があり、そこにアウターを掛けたりしているんですが、そのすぐ前の床から、10センチほどの高さの金属の棒が飛び出しています。
高さは10センチほどで幅は2センチほどのものなので、大きくはないんですが、地味にすごく邪魔です。
普通はそんなところに金属の棒が生えていたりしないので、すぐに存在を忘れてしまって、その度に足の指を強打します。
結構しっかりとした棒なので、足の指を思い切り打ち付けると、悶絶することに。
服を掛けるときに悶絶。
服を取り出す時に悶絶。
真っ暗な中、トイレに行こうとして悶絶。
昨夜チェックインしたばかりなのに、その金属の棒に足の指を打ち付けて、何度その場にしゃがみ込んだか分かりません。
いったい何の為に金属の棒が床から生えているんでしょうか。
ちょっとした嫌がらせとしか思えません。

そんな僕の足の指事情とは違って、商品は今日もガッツリと集まってくれました。
もともと商品の山たちですごいことになっていたモーテルの部屋は、今日の収穫分がプラスされて、本当にえらいことになっています。
これからこの商品の山をパッキングしていくのかと考えると、始める前から心が折れそうです。

画像は、60~70年代のウールコートと70年代のYVES SAINT LAURENTのセットアップ、オールドコーチのブリーフケースです。
ヴィンテージのウールコートは、絶妙に力の抜けた良い雰囲気。
上質なウール素材にブラックウォッチ柄がはいった、さりげなくも存在感のあるヴィンテージらしい逸品です。
今回の買い付けでは、この他にもユルめのシルエットのロングコートを集めてみています。
買い付け日記 10_d0176398_11401211.jpg


他にも色々なサイズ感や丈感で、かなり豊富にコートが集まってくれています。
買い付け日記 10_d0176398_11403419.jpg
買い付け日記 10_d0176398_11405076.jpg


ヴィンテージのイヴ・サンローランのセットアップは、ベスト×ジャケット×スラックスの3ピース仕様。
オールドのサンローランのセットアップ自体なかなか出てくることがない中、こちらはベストも揃った、希少価値の高いスペシャルピースです。
冬仕様のセットアップも、かなり好調に集まっています。
買い付け日記 10_d0176398_1141998.jpg


オールドコーチのレザーショルダーバッグは、ブリーフケース型。
深みのあるネイビーカラーの極上のレザーが使われた、なかなか出てくることのない珍しいアイテムです。
今回の買い付けでも、オールドコーチのバッグが、いろいろなカラーリングやデザイン、大きさで集まってくれています。
買い付け日記 10_d0176398_11414471.jpg


では、そろそろ始めないと本当に終わらなさそうなので、嫌々ですがパッキング作業に取り掛かろうと思います。

by used_link | 2019-11-15 11:41 | 買い付け日記 | Comments(0)