京都の古着屋Linkのブログ

買い付け日記 20

d0176398_22185715.jpg
d0176398_22191195.jpg
d0176398_22194245.jpg
d0176398_22194926.jpg


おはようございます。

いま泊まってるモーテル、シャワーの水圧もいい感じで、すごく静かで、部屋も広く、特に文句はないんですが、1つだけ気になって仕方ないことが。
それは、チェックインして部屋に入ってから、しばらくして発覚しました。
昨日の収穫分を仕分けしている途中、ちょっとトイレに。
用を足して水を流すと、
「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛!!!」
という声の高いオジサンの叫び声が、大音量で響き渡りました。
まるで、トイレの中に閉じ込められたオジサンが拷問されて、耐え切れずに叫んでしまったよう。
声高オジサンの叫び声が、あまりにも大音量なので、作業中だった相方さんが駆け寄ってきたほど。
一瞬何が起きたのか分からず硬直。
そのあと、冷静になってみて、トイレを流すとトイレの配管から、この声が出ていることを理解しました。
理解はしましたが、何でなのか全然分かりません。
その後は、トイレの水を流すたびに、おじさんの叫び声が響き渡ります。

さらに、そのあとで発覚したことが1つ。
シャワーも使ってしばらくたつと、今度は女の人の叫び声が響き渡ります。
こっちはさらに高い声で、かなり神経を逆なでする声。
1度叫びだすと止まることはなく、シャワーを終えるまで叫び続けます。
あまりに辛そうな声なので、唯一ともいえる癒しの時間なのに、気持ちよくシャワーができず、少しでも早く終わらせようと必死です。

何なんですか、この部屋のバスルーム。
昔、このモーテルに泊まったカップルの男性がトイレで、女性がシャワーで不幸にあってしまって、それぞれに憑りついたとかいう都市伝説でもあるんでしょうか。
どっちも大音量過ぎて、まったく慣れる気がしません。

画像は、80年代のCOMME des GARÇONS HOMMEのデザインジャケットと60~70年代のジップアップジャケットです。
コム デ ギャルソン・オムのデザインジャケットは、なかなか出てくることのないオールドものの、希少価値の高い逸品。
リネン素材で編まれたニットをジャケットの形状に仕上げたような、ここらしい遊び心のある逸品です。
ヴィンテージのジップアップジャケットは、あまり見かけることのないオフホワイトのカラーリングが春らしい印象。
胸元にはいった刺繍が、さりげなくも良い雰囲気を出してくれる、個人的にかなりお気に入りの逸品です。

今回の買い付けでは、ジップアップ系のジャケットを、いつも以上にしっかりと集めてみています。
d0176398_22434889.jpg


他にも、いろいろな形状や色目、サイズ感でナイロン系のアイテムも集めてみています。
d0176398_22435413.jpg


引き続き好調なレディースアイテムも少し。

80年代のChristian Diorのノーカラージャケットは、パイピングデザインや織り柄のはいったファブリック、メタルボタンなど、この年代のディオールらしいデザイン性の高い逸品。
これだけディティールを詰め込みながらも、うるさくならないデザインのバランス感覚は、さすがの一言です。
d0176398_2246792.jpg
d0176398_22462434.jpg


60~70年代のガウンは、綺麗な色目のチェック柄が魅力の逸品。
かなり大きなサイズのものが多いヴィンテージガウンですが、こちらは珍しくレディースサイズで発見の、希少価値の高い逸品です。
d0176398_22465347.jpg
d0176398_22465838.jpg


今回の買い付けでは、レディースのブラウスが種類豊富に買えています。
いろいろなデザイン、カラーリング、素材感で集まってくれています。
d0176398_2251523.jpg


では、これからこの最終目的地をガッツリ探索してきます。

# by used_link | 2018-02-22 22:20 | 買い付け日記 | Comments(0)

買い付け日記 19

d0176398_13481913.jpg
d0176398_134830100.jpg
d0176398_13483942.jpg
d0176398_13485890.jpg
d0176398_134977.jpg
d0176398_13492015.jpg


今回のハードで長めの買い付けも、終盤戦に突入し、ついに最終目的地の中型都市に到着しました。
いつも買い付けはハードだと言っているんですが、今回ほどではないかと思います。
今回はこれまでの買い付けで1番ハードで、その為か良い商品が集まってくれています。

今日は、朝からドライブして山間の田舎町へ。
いつも寒い寒いと書いてるんですが、標高が高いからか、いつもよりもさらに寒く、個人的にはかなりの地獄。
そんな極寒の町でも大量収穫は止まらず、ガッツリと集めて、そのままさらにドライブ。
今度の町も寒いながら、山間の町よりは空気が柔らかくなり、ちょっと安心。
ここでも大量収穫の勢いは止まらず、気分よくしっかりと探索。
夜まで駆け回って商品を集めまくって、さらにドライブ。
その後、この最終目的地に到着して、モーテルにチェックインして、現在に至ります。
後半戦になってから連日の大量収穫ですが、今日は今回の買い付けで1番でした。
気分的にはすごく嬉しいですが、またまたモーテルの部屋が大変なことになってきています。

画像は、50~60年代のU.S.S.のメガネと60年代頃のマチ付きのロングスリーブシャツ、A.P.C.のデニムジャケットです。
ヴィンテージのメガネフレームは、オールドものならではの良い雰囲気の男前。
当時の米軍が兵士用に支給していたものだけあり、質も非常に高い、年々見かけることが少なくなってしまっている希少価値の高い逸品です。
ヴィンテージのロングスリーブシャツは、オールドものらしい色目が良い雰囲気。
かなり長めに作られた着丈や胸の刺繍、マチなどディティールの凝った、ヴィンテージならではの逸品です。
A.P.C.のデニムジャケットは、コンディション、サイズ感、シルエットの揃った男前。
ここらしい、シンプルながらも、実際に着ると物足りなさを感じさせない計算されたデザインが魅力です。

では、これから本日収穫分を仕分けしていこうと思います。

# by used_link | 2018-02-22 14:05 | 買い付け日記 | Comments(0)

買い付け日記 18

d0176398_21522950.jpg

d0176398_21535766.jpg

d0176398_21524924.jpg
d0176398_21525877.jpg
d0176398_2152835.jpg
d0176398_21521765.jpg


おはようございます。
ちょっと前が暖かかったのがウソのように、めちゃくちゃ極寒です。
毎日雪が降り続き、道路も凍結して、めちゃくちゃ滑ります。
こんなに毎年寒くて道路が凍結するのに、なんでこっちにはスタッドレス文化がないんでしょうか。

そんな気温の急激な低下に比例して、良くなりつつあった僕の体調も、再び急激に悪化しています。
こっちに来て結構序盤から風邪をひき続けているので、もうそろそろベテランの域に到達してきた気がします。
僕は普段から気管が狭いのか何なのか、よくのどを詰まらせます。
コンビニのおにぎりを食べると必ずのどを詰まらせてしまい、そのために餅も飲み込むことができません。
ひどい時には糸こんにゃくを1本のちょうど中間ぐらいで詰まらせて、一方の端は口からちょっと出ていて、もう一方はのどを通って体の中にはいってしまっている状態で、行くも地獄、戻るも地獄という悲惨な状況に陥ったこともあります。

今、のどが腫れていて、さらに悲惨な状態なので、さっき朝ご飯で食べたヨーグルトをのどに詰まらせて死にかけるという、ありえない状況に。
もう、ほぼ固体とさえ言えないものを、のどに詰まらせる。末期・・・・・・・。
死因が、アメリカのヨーグルトをのどに詰まらせての窒息死、というのは何となく恥ずかしい気がするので、とりあえず今生きていることに感謝します。

そんな僕の体調に反比例して、うちのジンクス通り、昨日もガッツリと収穫できました。
昨日は朝モーテルを出発して、そのまま日本に向けての第2便を送りに運送会社さんへ。
特にトラブルもなく無事に荷物を預かってもらい、スッキリとした気分と車内に。
それからちょっとドライブして、さっそく探索開始。
この日も、ここ数日と同じようにガッツリとした収穫を繰り返し、大量収穫の1日でした。
第2便を送ったすぐあとなのに、もうすでにモーテルの部屋の商品の山の存在感が増してきています。

画像は、JIL SANDERの春物チェスターコートと60~70年代のLEVI"sのBig Eのスタプレパンツ、40年代のミリタリーリングです。
ジル・サンダーのチェスターコートは、一見シンプルなデザインながら、フロントのメタルボタンなどディティールの凝った、ハイブランドらしい逸品。
袖があえて短めに作られているので、これからの季節に綺麗なカラーのインナーをちょい見せしたり、ブレスレットや時計のアクセサリーを見せることができる、これからの季節に活躍してくれるアイテムです。
ヴィンテージのリーバイスのスタプレは、最近特に見かけることの少なくなってしまったビッグE。
綺麗なブルーカラーにホワイトのストライプが映える、なかなか見かけないデザインも、さらに希少価値を上げてくれます。
最後にスペシャルピースを。
40年代、第2次世界大戦時のミリタリーリングです。
黒ずんだボディーにライフルが交差する歩兵のエンブレムがはいった、極上の雰囲気の逸品です。

レディースアイテムも少しだけ。

60年代のノースリーブワンピースは、実際に着たときの極上シルエットが魅力。
コットンレースにフラワープリントがされた、かなり質の高い生地感で、コンディションも極上の、めったに出てくることのない、希少価値の高い逸品です。
d0176398_22153581.jpg
d0176398_22154781.jpg


agnès b.のデザインセットアップは、レディースでなかなか出てくることのない、メンズライクなパンツの組み合わせのもの。
コンディション、サイズ感、シルエットも揃った、これからの季節に活躍してくれる逸品です。
d0176398_22155611.jpg
d0176398_2216597.jpg


では、これからちょっとドライブしてきます。

# by used_link | 2018-02-21 21:53 | 買い付け日記 | Comments(0)

買い付け日記 17

d0176398_21272877.jpg
d0176398_21274097.jpg
d0176398_21284446.jpg
d0176398_21285187.jpg
d0176398_2129256.jpg
d0176398_21291026.jpg


おはようございます。
やっとパッキングと書類の作成が終わって、一安心で魂が抜けたようになっています。

昨夜に買い付け日記を更新してから、ひたすらにパッキング作業。
今回も現実逃避でテレビや窓の外を見る暇もなく、一心不乱に商品の山に挑み続けていました。
やってもやっても終わらないパッキング作業に、何度も心が折れそうになりながらも、無心で挑み続けていると不思議な感覚が。
テレビをつけっぱなしで作業しているのに音がいつの間にか消えて、体のだるさもなくなり、眠気もなく、いろいろと考えていた思考も研ぎ澄まされて、時間の感覚もなくなっていきます。
そして、わかるんです。
どの商品をどのダンボール箱に入れて組み合わせれば、いい感じになるかが。
まさか、これが一流アスリートたちに訪れるというゾーンというもの。
ボールが止まって見えたり、どこを走ればいいかが自然と分かり苦しくもなくなったり、相手の動きが止まったように見えて簡単に抜くことができたり、というアレ。
ゾーンにはいったおかげもあって、過去最高に良いパッキングができました。
冷静に考えると、なかなかはいることのないゾーンの状態に、どんなタイミングで何をしてる時にはいってるねんって感じなんですが。

その後、ゾーン状態の反動か、全然集中できない状態で書類の作成に取り掛かり、恐ろしく時間をかけて無理矢理終了させて、現在に至ります。

画像は、Salvatore Ferragamoのデザインブレスレットと70年代頃のユーロもののワークジャケット、LANVINのスプリングコートです。
フェラガモのブレスレットは、ブランドアイコンでもあるガンチーニがモチーフの、デザイン性のある逸品。
手元につけているだけで、さりげなくもしっかりと主張してくれる、ハイブランドらしいアイテムです。
オールドのユーロワークジャケットは、なかなか出てくることのない細身の綺麗なシルエット。
ほとんど見かけることのないヒッコリーストライプ仕様の、希少価値の高い逸品です。
ランバンのスプリングコートは、これからの季節らしい軽めの素材感が良い雰囲気。
無駄のないミニマムなデザインながら、実際に着ると分かる綺麗なシルエットは、さすがの一言です。

レディースアイテムも、引き続き好調です。

tricot COMME des GARÇONSのデザインコートは、実際に着るとわかる綺麗なAラインが魅力。
袖が短めに作られているので、これからの季節に活躍してくれるブレスなどのアクセサリーや綺麗なカラーリングのインナーの袖元を見せて楽しむことのできる、計算されたデザインの逸品です。
d0176398_21513259.jpg
d0176398_21513929.jpg


60~70年代のビーズハンドバッグは、ほぼデッドストックの極上コンディション。
ビーズバッグ自体はちょくちょく見る印象ですが、黒色で上品なつくりのものは珍しく、めったに出てくることのない希少価値の高い逸品です。
d0176398_21515079.jpg
d0176398_21515848.jpg


では、これから第2便を日本に向けて送りに行こうと思います。

# by used_link | 2018-02-20 21:29 | 買い付け日記 | Comments(0)

買い付け日記 16

d0176398_1313029.jpg
d0176398_13131343.jpg
d0176398_1322997.jpg
d0176398_132423.jpg


今日の朝の買い付け日記で異常に暖かいと書いたんですが、全くのウソでした。
昨日までの春のような陽気がウソみたいに、やっぱりめちゃくちゃ寒いです。
日本にいるときには、なかなか体験できないレベルの寒さです。
寒いというよりは、痛いとかツラいとかの体感の方が近い気がします。

暖かいなんて買い付け日記で書いて、その後モーテルの部屋から廊下に出たときに嫌な予感。
あれ?結構寒くない?とか思いながらロビーを抜けて外に出たとき、目の前は真っ白な世界。
空からは雪が降り注ぎ、昨日までとは別世界が広がっていました。
とりあえず車に急いで、慌ててフロントガラスの氷を融かすことに。
フロントガラスを温め、ガタガタ震えながら、しっかりとはってしまっている車のフロントや窓の氷をガリガリと削っていく作業をして車の中へ。
修行中の瞑想のような感じで車内で温まるのをひたすたに待つものの、外が寒すぎてなかなか温まらず。
寒い中で待ち過ぎて、悟りを開いたのか、それとも魂が抜けていっていたのか、頭の中が真っ白な無の境地に至りかけたところで、なんとか氷が解けて、そのままドライブ。
途中で雪が激しくなるも爆走し、目的地に近づくにつれて雪が止んできて一安心。
無事に目的地に到着して、そのまま探索を開始。
ここ数日と同じように、この町も当たりでガッツリと大量収穫できました。

ただ、買い付け途中からグングンと気温が下がり、ここでもしっかりと雪が降ってきました。
気にしないようにして夜までしっかりと駆け回り、大量の商品を集め終えてから、再び300キロほどドライブ。
朝とは比べ物にならない気温の低さと雪の激しさで、運転中ほとんど前が見えません。
降ってくる雪と前を走る車が跳ね上げた雪がフロントガラスに当たった瞬間に凍りつき、さらに視界を奪います。
それに加えてアメリカでは、ほとんどスタッドレスタイヤが使われることはなく、レンタカーを借りる時もノーマルタイヤの1択です。
なので、雪が凍るほどの寒さの時は、ズルズル滑ってハンドルを持っていかれたり、ブレーキを踏んでも全く止まってくれないことが当たり前です。
今回のドライブでも、数えきれないぐらい滑りまくっています。
そんなスリリングなドライブを楽しんでいたんですが、目的の町に近づくにつれて車の数が増えてきて、やがて大渋滞に。
たいしたことのない距離なのに、いつもの何倍もの時間をかけて、やっとモーテルに到着して、現在に至ります。
なんか、いつも以上に疲れました。

画像は、EMPORIO ARMANIのスプリングニットと50年代頃のジップアップジャケットです。
エンポリオ・アルマーニのデザインニットは、コットン素材が使われた、これからの季節に活躍してくれる逸品。
ボートネックのような首元や珍しく横向けにデザインされたリブ編み、インディゴのような深みのある色目、とディティールの凝ったハイブランドらしい逸品です。
ヴィンテージのジップアップジャケットは、この年代のものとは思えない極上コンディション。
肩の力の抜けたサイズ感ながら、どこかスッキリとした印象を与えてくれる、ヴィンテージならではの逸品です。

では、これから明日持っていく第2便の為にパッキングをして、目を背け続けている商品の山に挑もうかと思います。

# by used_link | 2018-02-20 13:34 | 買い付け日記 | Comments(0)