京都の古着屋Linkのブログ

カテゴリ:買い付け日記( 535 )


買い付け日記 最終回

d0176398_214673.jpg
d0176398_214152.jpg
d0176398_2142397.jpg
d0176398_2143438.jpg
d0176398_2144470.jpg
d0176398_2144894.jpg
d0176398_2145665.jpg


無事、日本に帰国しています。

今回の買い付けでは序盤からずっと体調が悪く、飛行機の中でも同様だったんですが、今回の帰りの便のCAさんがすごく優しくて驚きました。
あまり食欲がなくて、機内食を断っていたんですが、そのことを気にかけてくださり、お菓子やファーストクラス用の置いてあった冷えたフルーツを持ってきてくださりました。
のども痛かったので、すごくありがたく、もともとフルーツ好きということもありますが、それ以上にすごくおいしく感じました。
その後も何かと気にしてくださり、すごく嬉しかったです。
今回は、ずっと体調に苦しめられましたが、その分アメリカでも帰りの飛行機でも、いろいろな人の優しさに触れられて、気持ち的にはすごく暖かかったです。
なんか、うちの買い付け日記らしくない、ハートウォーミングなブログになってしまいましたが、良い感じに旅を終えることができました。

画像は、50年代頃のフリーメイソンのリングと50~60年代のフリーメイソンもののネックレス、Ray-Banのメガネたちです。
ヴィンテージのフリーメイソンのリングは、メイソンの最も有名なシンボルが細かな装飾でデザインされた逸品。
珍しい立体的なデザインの、希少価値の高い逸品です。
ヴィンテージのフリーメイソンもののネックレスは、上から2番目のかなりの上位階級のもの。
双頭の鷲が細かな装飾で彫り込まれた、かなり質の高い逸品です。
どちらも、なかなか見かけることのないスペシャルアイテムたちです。
レイバンのメガネたちは、このブランドらしい長く愛用してもらえる逸品。
黒のセルフレームの方は、どんなスタイルにもハマる定番アイテム。
最後に載せたブラウンの方は、希少価値の高いボシュロム社製のオールドものです。
どれも、個人的なお勧めたちです。

明日からは商品総入れ替えと時差ボケで地獄のような日々になるので、今日の夜はゆっくりしようかと思います。
明日からのブログで、3月3日(土)入荷の新商品を紹介していきます。

by used_link | 2018-02-25 21:21 | 買い付け日記 | Comments(0)

買い付け日記 27

もう1度メンズアイテムをランダムに。

Y-3のデザインジップパーカは、ずらしてつけられたジップが、ここらしい良い雰囲気。
ヨウジ ヤマモトのモード感とアディダスのスポーツ感が絶妙に融合した、このブランドならではのアイテムです。
d0176398_1324491.jpg
d0176398_1325555.jpg


70年代頃のスーベニアジャケット。
ブラックボディに綺麗な色目の刺繍が映える、着こなしの主役になってくれる逸品。
d0176398_133389.jpg
d0176398_1331115.jpg


80年代のクリスチャン・ディオールのデザインジャケットは、ディティールの凝ったデザイン性の高い逸品。
この年代のディオールの良いところが詰まった、いろいろな着こなしを楽しんでもらえるアイテムです。
d0176398_133206.jpg
d0176398_1333454.jpg


Yohji Yamamotoの春物ニットコートは、コンディション、サイズ感、シルエットの揃った男前。
シンプルなデザインながら、実際に着ると存在感のしっかりとある、ハイブランドならではの逸品です。
d0176398_1335460.jpg
d0176398_134227.jpg


70年代頃のユーロもののワークパンツは、経年変化によるフェードしたブルーカラーが良い雰囲気。
オールドものならではのリアルなワーク感と全体の大胆なパッチワークリペアの雰囲気が魅力の逸品です。
d0176398_1341378.jpg
d0176398_1342240.jpg


まだまだ画像が残ってるんですが、そろそろ飛行機の乗り口に向かおうと思います。

by used_link | 2018-02-25 01:34 | 買い付け日記 | Comments(0)

買い付け日記 26

続いて、今回も豊富に買えたレディースアイテムをランダムに紹介します。

Emilio Pucciのデザインスカーフは、ここならではのサイケなプリントが魅力。
ハイブランドものの中でも、プッチのアイテムは、なかなか出てくることのない希少価値の高い逸品です。
d0176398_053454.jpg
d0176398_0535791.jpg


オールドのグッチのハンドバッグは、上質で上品な印象。
深みのあるブラウンカラーに、大きすぎず小さすぎずの良いサイズ感の、いろいろな場面で活躍してくれる逸品です。
d0176398_05473.jpg
d0176398_0541744.jpg


60年代のスプリングコートは、ヴィンテージの春物のコートでは珍しいデザイン性の高いお気に入り。
綺麗なターコイズブルーにホワイトステッチが映える、春らしい印象のアイテムです。
d0176398_0542932.jpg
d0176398_0543849.jpg


50年代のコットンギャザースカートは、サイズ感、コンディション、シルエットの揃った逸品。
実際にはくと分かる上品なボリューム感は、ヴィンテージならでは。
d0176398_0544884.jpg
d0176398_05458100.jpg


最後のスペシャルアイテムを。
40年代のガールスカウトのワンピースとベレー、ベルトのセットです。
珍しいグリーンシャンブレー素材が使われた、なかなか出てくることのない希少価値の非常に高い逸品です。
d0176398_055837.jpg
d0176398_0552155.jpg


もうちょっと時間があるので、もう1回できれば更新してみます。

by used_link | 2018-02-25 01:28 | 買い付け日記 | Comments(0)

買い付け日記 24

とりあえず無事に空港に到着して、いまラウンジで睡魔と格闘中です。

あれから出発の準備をして空港へ。
荷物と相方さんを先に空港に降ろして、レンタカーを返却に。
特に問題もなくレンタカーを返して、専用のシャトルで僕も空港へ。
そこから予想通り相方さんが盛大にやらかして、大幅に無駄に時間をロス。
ただ、それも想定していた通りなので、かなり早めにモーテルを出たことで、特に慌てることもなく問題をクリアして、現在に至ります。
逆に想定していたほどには、今回はやらかさなかったので、かなり時間が余ってしまっています。

あとは順調に飛行機が飛んでくれて、途中のギリギリの乗り継ぎをクリアするだけです。
これは僕にはどうしようもないので、無事に帰れることを祈ります。

今回の買い付けでも、良い商品がかなり順調に集まってくれたので、買い付け日記用の画像が余りまくっています。
空港のラウンジでボーっとしてると眠ってしまって乗り遅れそうなので、気分転換に余った画像をランダムに載せていこうと思います。

Hermèsのストライプシャツは、上品なストライプ柄が魅力。
袖口のボタンデザインなど、世界的なハイブランドらしい、シンプルながらも細部にまで計算された逸品です。
d0176398_0142469.jpg
d0176398_0143939.jpg


Alexander McQUEENのデザインカーディガンは、サイズ感、コンディションともに良好。
斜めにつけられたフロントのボタンデザインなど、このブランドらしいデザイン性の高い男前です。
d0176398_0145155.jpg
d0176398_015696.jpg


50年代のレタードカーディガンは、春らしい綺麗なレッドカラー。
生地も厚すぎないので、これからの季節のアクセントとして活躍してくれます。
d0176398_0152229.jpg
d0176398_0153596.jpg


60~70年代のスプリングコートも、コンディション、サイズ感、シルエットの揃った逸品。
ポケットデザインや各所にはいったステッチデザインが、さりげなくも良いアクセントです。
d0176398_0154733.jpg
d0176398_0155418.jpg


PRADAのデザインナイロンパンツは、綺麗な色目がこれからの季節らしい良い雰囲気。
ナイロン素材でこの色目ながら、上品な雰囲気に仕上げてくる計算されたデザインワークは、さすがの一言です。
d0176398_0161124.jpg
d0176398_0162653.jpg


まだ時間も画像もたっぷりあるので、また更新してみます。

by used_link | 2018-02-25 00:16 | 買い付け日記 | Comments(0)

買い付け日記 23

d0176398_18756.jpg
d0176398_1872851.jpg
d0176398_1873862.jpg
d0176398_1874843.jpg
d0176398_188061.jpg
d0176398_188935.jpg
d0176398_1883218.jpg
d0176398_1884356.jpg


おはようございます。
とは言っても、まだ真っ暗な真夜中ですが。

僕はどの欲よりも睡眠欲が強く、1度深く眠ってしまったら、あらゆる手段を使って眠り続けようとします。
自分ではまったく意識がないんですが、途中で起こそうとすると、しっかりと目を開けて、こういう理由でまだもうちょっと寝れるから大丈夫と力説するらしいです。
僕は全く覚えてないんですが。
こっちに来てからすぐに体調を崩してしまったこともあって、ちょっとでものどの負担を軽減しようとマスクをして寝ているんですが、睡眠中の僕にとって、このマスクが嫌で仕方ないみたいです。
夜中に目が覚めたり、朝起きてみると、必ずマスクがどこかに行方不明になっています。
時には、ベッドのはるか先に投げ捨てられて、朝になってクシャクシャの変わり果てた姿で発見されたりします。

昨夜パッキングが終わってから予想よりも時間があったので、いつもよりちょっと長めの仮眠をとることに。
まだのどが痛いままなので、当然マスク着用で就寝。
ちょっと眠ってから起きてみると、やっぱりマスクが行方不明に。
起きてマスクを探していると、僕の背中に向かって、「マスクやったら、ここにあるで」とマスクを手に持った相方さん。
その相方さんに事情を聴いてみて驚きました。

すぐに眠った僕と違って、相方さんはなかなか寝付けなかったらしく、枕元のライトをつけてみると、マスクをはぎ取ろうとしている僕の姿が目にはいったみたいです。
そのまま放っておくと、またさらに体調を崩してしまうので、僕の手をどけて再び僕の口元にマスクを持っていくことに。
するとすぐにマスクを外そうとする僕。
またまた僕の手をどけて、マスクを装着させる相方さん。
その攻防を何度か繰り返したとき、突然僕がばっちりと目を開けて起き上って一言。
「やめてって。それパチモンやんけ。そんなパチモンを口に付けるわけにはいかへん」
そう言い放って、再び眠りに付いた僕。
そういう僕を見て、相方さんもそっと眠りについたそうです。
僕は何も覚えてないんですけどね。
それにしても、我ながら瞬間的にそんな自由な発想での切り替えしに感心するものの、睡眠に対する執着心に恐ろしさも感じます。

画像は、Maison Martin MargielaのデザインブレスレットとPRADAのナイロンジャケット、MARNIのデザインコートとY'sのショルダーバッグです。
マルタン マルジェラのデザインブレスレットは、レザーが編み込まれたデザイン性の高い逸品。
手元に付けるだけで、しっかりと全体の着こなしのアクセントになってくれる、ハイブランドらしいアイテムです。
プラダの春物ジップアップジャケットは、これからの季節らしいナイロン素材が良い雰囲気。
シンプルながらも、実際に着ると分かる極上のシルエットは、さすがの一言です。
マルニのデザインコートも、これからの季節に活躍してくれる素材感が魅力。
一見シンプルなデザインに見えて、独特の形状の留め具部分など、ディティールの凝った、ハイブランドらしい逸品です。
Y'sのデザインショルダーバッグは、レザーとリネンの異素材同士が組み合わされた、デザイン性の高いアイテム。
しっかりと容量もあるので、いろいろな用途で活躍してくれます。

レディースアイテムも少し。

60年代の春物ニットジャケットはイタリアメイドの質の高い逸品。
柔らかい色目のボディーに上品なチェック柄の編み柄が良い雰囲気です。
d0176398_1885830.jpg
d0176398_189772.jpg


50~60年代のセットアップは、ショートジャケットとワンピースの組み合わせ。
サイズ感、コンディションともに極上の、なかなか出てくることのない希少価値の高い逸品です。
d0176398_189194.jpg
d0176398_1892928.jpg


では、これから空港へ向かおうと思います。

by used_link | 2018-02-24 18:09 | 買い付け日記 | Comments(0)

買い付け日記 22

d0176398_1043415.jpg
d0176398_10435876.jpg
d0176398_1044824.jpg
d0176398_10441964.jpg
d0176398_10443077.jpg
d0176398_10444139.jpg


本日で、この長くてハードな買い付けも、商品集めが終了しました。
最終日の本日も、この最終目的地を駆け回り、ガッツリ収穫してきました。

朝に買い付け日記を更新してから、いろいろと準備をして第3便を送りに運送会社さんへ。
無事に荷物を預けて、そのまま最終目的地を完全制覇するためにガッツリ探索。
途中で何回か都市部特有の渋滞に巻き込まれてイライラ。
そんな中、最後の最後まで収穫ラッシュは続き、大量収穫で終えることができました。

今回の買い付けも、モーテルの水圧が弱すぎたりの永遠に温度の上がらないシャワーや日本が恋しくなるような極寒の世界、それに伴い序盤からの体調の悪化や巨大迷路モーテルでの迷子、暗すぎてホラーなモーテル、車のガソリン盗難事件や急に春のような陽気かと思えば、全てが氷の世界に覆われる、これまでで最大の大寒波、パッキングでのゾーン体験、ヨーグルトをのどに詰まらせて死にかけ事件、モーテルの部屋に響き渡るトイレのオジサンの叫び声とシャワーの女性の叫び声、といろいろとありましたが、かなり良い買い付けができました。
途中そんなにな日はあったものの、連日の大量収穫ラッシュでこの時期での過去最高量の商品数を買い付けることができました。
量的なものだけでなく、質的にも非常に高い買い付けができたと満足しています。
ヴィンテージからグッドレギュラー、ハイブランドから小物まで、幅広くうちらしい商品を買い付けることができました。

画像は、40年代頃のマチ付きのロングドレスシャツと70年代頃のロングガウン、80年代頃のChristian Diorのデザインコートです。
ヴィンテージのドレスシャツは、この年代のものとは思えない極上コンディションの男前。
マチ付きで、チェンジボタン付き、さらにチェンジボタンと同種のカフスも付いた、豪華な逸品です。
オールドのロングガウンは、綺麗なネイビーにホワイトカラーのドットが良い雰囲気。
軽めでサラッと羽織れる素材感なので、これからの季節に活躍してくれるアイテムです。
オールドのクリスチャン・ディオールのデザインコートは、力の抜けたユルめのシルエットが魅力。
ホワイトカラーのコットン素材に細部にまでステッチデザインがされた、この年代のここらしい良い雰囲気の逸品です。

他にも、こんなスペシャルなアイテムも買えています。

70年代のBRADLEY社のスイス製の手巻き式のミッキーマウスヴィンテージウォッチです。
ディズニー社50周年記念モデルで、しっかりとシリアルナンバーもはいる希少価値の非常に高い逸品。
ミッキーの腕が時針と分針になっている良いデザインで、さらには当時のケースも残っているスペシャルピースです。
d0176398_1182793.jpg
d0176398_118358.jpg


レディースアイテムも、最後まで好調でした。

50年代のコットンワンピースは、サイズ感、コンディションともに極上。
全体にプリントがはいりながらも、上品な雰囲気を醸し出してくれる、ヴィンテージならではの逸品です。
d0176398_11122291.jpg
d0176398_11123133.jpg


70年代のLondon Fogのスプリングコートは、デッドストックで発見の完璧なコンディション。
サイズ感も良く、マニッシュな良い雰囲気を出してくれます。
d0176398_11124618.jpg
d0176398_111253100.jpg


50~60年代のウッド素材のハンドバッグも極上コンディションで発見。
フタ部分の両面にハンドペイントで描かれた綺麗な鳥の絵柄や、持ち手やフタまわり、内側にまで丁寧につけられたベルベット素材など、ディティールの凝った質の高い逸品です。
d0176398_1113315.jpg
d0176398_11131475.jpg


では、本日の大量収穫分と手荷物用に置いてあった商品の山のパッキングに取り掛かろうと思います。
いつもながら、これが最後にして最大の頑張りどころだったりするので、気合を入れて臨みます。

by used_link | 2018-02-24 11:11 | 買い付け日記 | Comments(0)

買い付け日記 21

d0176398_21255845.jpg
d0176398_2126192.jpg
d0176398_21262531.jpg
d0176398_21263518.jpg
d0176398_21264778.jpg
d0176398_21265514.jpg
d0176398_21271076.jpg


おはようございます。
さきほど、今日送りに行く日本に向けての第3便のパッキング作業と書類の作成が終了して、中途半端に寝てしまうと起きれる気がしないので、そのまま買い付け日記の更新です。

今、僕は2つの分かれ道の前に立っています。
どちらを選ぶかで、今後の僕自身に大きな影響を与え、また、その決断が難しい、非常に難解な問題です。
どちらを選んでも、メリットとデメリットが大きく、その影響は計り知れません。

それは、このモーテルを出発するまでの数時間、エアコンで暖房を付けるか否か。
そんな小さなこと、とお思いかもしれませんが、いやいや僕にとっては大問題。
なぜなら、僕はいま大風邪をひいていて、中でもノドの痛さと鼻水、止まらないセキに苦しめられているからです。
暖房をつけると、当然ながら部屋が暖かくなって鼻水はマシになるものの、その分ノドの痛さとセキの勢いは増すばかり。
かといってエアコンをつけないと、今よりも鼻水の状態が悪化し、呼吸がツラくなります。
その上、こっちの硬めのティッシュで連日すさまじく鼻をかみ過ぎて、すでに限界を超えて真っ赤でカピカピになっている僕の鼻の下の皮膚は、さらにどのようになってしまうのか、怖くて想像もできません。
どちらを選んでもある意味で天国、ある意味で地獄。
この問題、難しすぎます。

昨日は、朝からこの最終目的地を攻略するために駆け回ってきました。
この最終目的地は、かなり広い町なので、昨日だけでは回りきれず、予定通り本日との2日間で完全攻略となります。
攻略戦の前半の昨日は、都市部ならではの渋滞にイライラしながらも、思った以上の大量収穫で、これまでの勢いを止めることなく、ガッツリと商品が集まってくれました。
商品が順調に集まってくれたので、モーテルの部屋が大変なことになり、予想通り日本に第3便を発送することに。
その為、商品集めに駆け回ってからモーテルに戻り、ひたすらパッキング作業。
今回はゾーンにはいることができず、ただただ普通にパッキング。
その後パッキングを何とか終わらせ、眠気と戦いながら書類の作成に取り掛かり、何とか終わらせ、現在に至ります。

画像は、50年代頃のイニシャルリングと38年のカレッジリング、PRADAのデザインナイロンコートとコーチのビッグショルダーバッグです。
ヴィンテージのイニシャルリングは、オールドものらしい重みのある良い雰囲気。
シンプルなデザインながら、しっかりと存在を主張してくれる、ヴィンテージならではの逸品です。
同じくヴィンテージのカレッジリングは、80年前のものとは思えない極上コンディション。
音楽にちなんだ細かな細工がされた、珍しいデザインの希少価値の高い逸品です。
今回の買い付けでは、これからの季節に向けての小物類にも力を入れていて、しっかりと集まってくれています。
プラダのデザインコートは、これからの季節らしいナイロンの軽めの素材感が、ここらしい良い雰囲気。
無駄を削ぎ落としたミニマムなデザインながら、実際に着たときには物足りなさを感じさせないあたりは、さすがの一言です。
コーチのビッグショルダーバッグは、人気の高いブリーフケース型。
ここらしい上質なレザーが魅力の、ずっと長く愛用してもらえる逸品です。

今回の買い付けでは、コーチも色々な形状や色目、サイズ感でしっかりと確保できています。
d0176398_21535795.jpg


では、この最終目的地を完全攻略しに行ってきます。

by used_link | 2018-02-23 21:27 | 買い付け日記 | Comments(0)

買い付け日記 20

d0176398_22185715.jpg
d0176398_22191195.jpg
d0176398_22194245.jpg
d0176398_22194926.jpg


おはようございます。

いま泊まってるモーテル、シャワーの水圧もいい感じで、すごく静かで、部屋も広く、特に文句はないんですが、1つだけ気になって仕方ないことが。
それは、チェックインして部屋に入ってから、しばらくして発覚しました。
昨日の収穫分を仕分けしている途中、ちょっとトイレに。
用を足して水を流すと、
「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛!!!」
という声の高いオジサンの叫び声が、大音量で響き渡りました。
まるで、トイレの中に閉じ込められたオジサンが拷問されて、耐え切れずに叫んでしまったよう。
声高オジサンの叫び声が、あまりにも大音量なので、作業中だった相方さんが駆け寄ってきたほど。
一瞬何が起きたのか分からず硬直。
そのあと、冷静になってみて、トイレを流すとトイレの配管から、この声が出ていることを理解しました。
理解はしましたが、何でなのか全然分かりません。
その後は、トイレの水を流すたびに、おじさんの叫び声が響き渡ります。

さらに、そのあとで発覚したことが1つ。
シャワーも使ってしばらくたつと、今度は女の人の叫び声が響き渡ります。
こっちはさらに高い声で、かなり神経を逆なでする声。
1度叫びだすと止まることはなく、シャワーを終えるまで叫び続けます。
あまりに辛そうな声なので、唯一ともいえる癒しの時間なのに、気持ちよくシャワーができず、少しでも早く終わらせようと必死です。

何なんですか、この部屋のバスルーム。
昔、このモーテルに泊まったカップルの男性がトイレで、女性がシャワーで不幸にあってしまって、それぞれに憑りついたとかいう都市伝説でもあるんでしょうか。
どっちも大音量過ぎて、まったく慣れる気がしません。

画像は、80年代のCOMME des GARÇONS HOMMEのデザインジャケットと60~70年代のジップアップジャケットです。
コム デ ギャルソン・オムのデザインジャケットは、なかなか出てくることのないオールドものの、希少価値の高い逸品。
リネン素材で編まれたニットをジャケットの形状に仕上げたような、ここらしい遊び心のある逸品です。
ヴィンテージのジップアップジャケットは、あまり見かけることのないオフホワイトのカラーリングが春らしい印象。
胸元にはいった刺繍が、さりげなくも良い雰囲気を出してくれる、個人的にかなりお気に入りの逸品です。

今回の買い付けでは、ジップアップ系のジャケットを、いつも以上にしっかりと集めてみています。
d0176398_22434889.jpg


他にも、いろいろな形状や色目、サイズ感でナイロン系のアイテムも集めてみています。
d0176398_22435413.jpg


引き続き好調なレディースアイテムも少し。

80年代のChristian Diorのノーカラージャケットは、パイピングデザインや織り柄のはいったファブリック、メタルボタンなど、この年代のディオールらしいデザイン性の高い逸品。
これだけディティールを詰め込みながらも、うるさくならないデザインのバランス感覚は、さすがの一言です。
d0176398_2246792.jpg
d0176398_22462434.jpg


60~70年代のガウンは、綺麗な色目のチェック柄が魅力の逸品。
かなり大きなサイズのものが多いヴィンテージガウンですが、こちらは珍しくレディースサイズで発見の、希少価値の高い逸品です。
d0176398_22465347.jpg
d0176398_22465838.jpg


今回の買い付けでは、レディースのブラウスが種類豊富に買えています。
いろいろなデザイン、カラーリング、素材感で集まってくれています。
d0176398_2251523.jpg


では、これからこの最終目的地をガッツリ探索してきます。

by used_link | 2018-02-22 22:20 | 買い付け日記 | Comments(0)

買い付け日記 19

d0176398_13481913.jpg
d0176398_134830100.jpg
d0176398_13483942.jpg
d0176398_13485890.jpg
d0176398_134977.jpg
d0176398_13492015.jpg


今回のハードで長めの買い付けも、終盤戦に突入し、ついに最終目的地の中型都市に到着しました。
いつも買い付けはハードだと言っているんですが、今回ほどではないかと思います。
今回はこれまでの買い付けで1番ハードで、その為か良い商品が集まってくれています。

今日は、朝からドライブして山間の田舎町へ。
いつも寒い寒いと書いてるんですが、標高が高いからか、いつもよりもさらに寒く、個人的にはかなりの地獄。
そんな極寒の町でも大量収穫は止まらず、ガッツリと集めて、そのままさらにドライブ。
今度の町も寒いながら、山間の町よりは空気が柔らかくなり、ちょっと安心。
ここでも大量収穫の勢いは止まらず、気分よくしっかりと探索。
夜まで駆け回って商品を集めまくって、さらにドライブ。
その後、この最終目的地に到着して、モーテルにチェックインして、現在に至ります。
後半戦になってから連日の大量収穫ですが、今日は今回の買い付けで1番でした。
気分的にはすごく嬉しいですが、またまたモーテルの部屋が大変なことになってきています。

画像は、50~60年代のU.S.S.のメガネと60年代頃のマチ付きのロングスリーブシャツ、A.P.C.のデニムジャケットです。
ヴィンテージのメガネフレームは、オールドものならではの良い雰囲気の男前。
当時の米軍が兵士用に支給していたものだけあり、質も非常に高い、年々見かけることが少なくなってしまっている希少価値の高い逸品です。
ヴィンテージのロングスリーブシャツは、オールドものらしい色目が良い雰囲気。
かなり長めに作られた着丈や胸の刺繍、マチなどディティールの凝った、ヴィンテージならではの逸品です。
A.P.C.のデニムジャケットは、コンディション、サイズ感、シルエットの揃った男前。
ここらしい、シンプルながらも、実際に着ると物足りなさを感じさせない計算されたデザインが魅力です。

では、これから本日収穫分を仕分けしていこうと思います。

by used_link | 2018-02-22 14:05 | 買い付け日記 | Comments(0)

買い付け日記 18

d0176398_21522950.jpg

d0176398_21535766.jpg

d0176398_21524924.jpg
d0176398_21525877.jpg
d0176398_2152835.jpg
d0176398_21521765.jpg


おはようございます。
ちょっと前が暖かかったのがウソのように、めちゃくちゃ極寒です。
毎日雪が降り続き、道路も凍結して、めちゃくちゃ滑ります。
こんなに毎年寒くて道路が凍結するのに、なんでこっちにはスタッドレス文化がないんでしょうか。

そんな気温の急激な低下に比例して、良くなりつつあった僕の体調も、再び急激に悪化しています。
こっちに来て結構序盤から風邪をひき続けているので、もうそろそろベテランの域に到達してきた気がします。
僕は普段から気管が狭いのか何なのか、よくのどを詰まらせます。
コンビニのおにぎりを食べると必ずのどを詰まらせてしまい、そのために餅も飲み込むことができません。
ひどい時には糸こんにゃくを1本のちょうど中間ぐらいで詰まらせて、一方の端は口からちょっと出ていて、もう一方はのどを通って体の中にはいってしまっている状態で、行くも地獄、戻るも地獄という悲惨な状況に陥ったこともあります。

今、のどが腫れていて、さらに悲惨な状態なので、さっき朝ご飯で食べたヨーグルトをのどに詰まらせて死にかけるという、ありえない状況に。
もう、ほぼ固体とさえ言えないものを、のどに詰まらせる。末期・・・・・・・。
死因が、アメリカのヨーグルトをのどに詰まらせての窒息死、というのは何となく恥ずかしい気がするので、とりあえず今生きていることに感謝します。

そんな僕の体調に反比例して、うちのジンクス通り、昨日もガッツリと収穫できました。
昨日は朝モーテルを出発して、そのまま日本に向けての第2便を送りに運送会社さんへ。
特にトラブルもなく無事に荷物を預かってもらい、スッキリとした気分と車内に。
それからちょっとドライブして、さっそく探索開始。
この日も、ここ数日と同じようにガッツリとした収穫を繰り返し、大量収穫の1日でした。
第2便を送ったすぐあとなのに、もうすでにモーテルの部屋の商品の山の存在感が増してきています。

画像は、JIL SANDERの春物チェスターコートと60~70年代のLEVI"sのBig Eのスタプレパンツ、40年代のミリタリーリングです。
ジル・サンダーのチェスターコートは、一見シンプルなデザインながら、フロントのメタルボタンなどディティールの凝った、ハイブランドらしい逸品。
袖があえて短めに作られているので、これからの季節に綺麗なカラーのインナーをちょい見せしたり、ブレスレットや時計のアクセサリーを見せることができる、これからの季節に活躍してくれるアイテムです。
ヴィンテージのリーバイスのスタプレは、最近特に見かけることの少なくなってしまったビッグE。
綺麗なブルーカラーにホワイトのストライプが映える、なかなか見かけないデザインも、さらに希少価値を上げてくれます。
最後にスペシャルピースを。
40年代、第2次世界大戦時のミリタリーリングです。
黒ずんだボディーにライフルが交差する歩兵のエンブレムがはいった、極上の雰囲気の逸品です。

レディースアイテムも少しだけ。

60年代のノースリーブワンピースは、実際に着たときの極上シルエットが魅力。
コットンレースにフラワープリントがされた、かなり質の高い生地感で、コンディションも極上の、めったに出てくることのない、希少価値の高い逸品です。
d0176398_22153581.jpg
d0176398_22154781.jpg


agnès b.のデザインセットアップは、レディースでなかなか出てくることのない、メンズライクなパンツの組み合わせのもの。
コンディション、サイズ感、シルエットも揃った、これからの季節に活躍してくれる逸品です。
d0176398_22155611.jpg
d0176398_2216597.jpg


では、これからちょっとドライブしてきます。

by used_link | 2018-02-21 21:53 | 買い付け日記 | Comments(0)