京都の古着屋Linkのブログ

カテゴリ:買い付け日記( 585 )


買い付け日記 最終回

d0176398_21133831.jpg
d0176398_21134966.jpg
d0176398_21135871.jpg
d0176398_2114773.jpg
d0176398_21141547.jpg


さきほど無事に帰ってきました。
成田空港のラウンジで買い付け日記を更新してからは、特にトラブルというトラブルもなく、順調に帰って来ることができました。

画像は、個人的なお気に入り達。
COACHのバッグ型のキーホルダーと40~50年代のフリーメイソンのポケットナイフと50年代頃のフリーメイソンのキーケースです。
コーチのキーホルダーは、バケツ型のオールドコーチのデザインの珍しいアイテム。
バッグのシワ感や付属の小タグまで再現された、かなり細かく作り込まれた珍品です。
ヴィンテージのフリーメイソンもののナイフは、持ち手部分にメイソンの最も有名なシンボルが立体的に刻まれた逸品。
元の持ち主によってチェーンがつけられているので、パンツのベルトループやバッグに付けて、アクセサリーとしても使ってもらえます。
ヴィンテージのフリーメイソンもののキーケースは、オールドものならではの質感のレザーが極上の雰囲気を出してくれる男前。
こちらもレザー部分に、メイソンの最も有名なシンボルが細かく刻まれています。

明日からは、かなりキツめの店内全品入れ替えの入荷作業になるので、今日ぐらいはゆっくりしようと思います。

by used_link | 2018-09-09 21:14 | 買い付け日記 | Comments(0)

買い付け日記 26

無事に日本に到着しています。
とは言っても、まだ成田空港のラウンジで、ここからさらに大阪まで乗り継ぎです。

今回の成田空港、今まで見たことないぐらい人で混み合っていて、このラウンジも人で溢れています。
とりあえずカウンターの小さな席を確保してパソコンをカタカタしてるんですが、隣の外国人の人の貧乏ゆすりが激しすぎます。
片足タイプではなく、両足同時タイプの貧乏ゆすりなので、その激しさも2倍です。
カウンター席なので隣の席とテーブル部分が繋がっているので、テーブルに置いている僕のパソコンまで小刻みに揺れている気がします。
この外国人さんもパソコンを使ってるんですが、何をするにしても激しめな人みたいで、マウスのクリック音ってこんなに音がしたかな、と思うほどの激しさです。
食べ物を食べるときの、そしゃく音も激しく、人ってこんなにくちゃくちゃ鳴らしながら食べることができるかな、というボリュームです。
水を飲むときも同様に激しく、水飲むときこんな種類の音したかな、という謎の異音を奏でています。
ちなみに彼の扱う言語も初めて聞くもので、さっき友人らしき人が話をしに来ていたんですが、2人とも聞いたことのない言語で話していました。
なんか、いろいろ気になってパソコンに集中できません。

最後に買い付け日記を更新してから、相変わらず飛行機が寒すぎたり、もはや恒例になっている、僕のテレビモニターだけ異常に調子が悪く、1分に1回ぐらいの割合で画面が固まってしまったり、これもいつも通りですが、機内食がマズ過ぎて衝撃を受けたり、自分のテーブルにライトをつけて仕事しいると、隣に座っている中国人の人が、自分もライトをガンガンにつけているにもかかわらず、「まぶしいしライト消して」と理不尽な要求をしてきてもめたり、個人的に持ってきているイヤホンを付けたままトイレに行ってしまって、トイレの中に落としてご臨終したり、といろいろありながらも、ここまで無事に帰って来ることができました。

まだまだ画像が余っているのと、時間が少し空いたので、買い付け日記を更新しておきます。

EMPORIO ARMANIのハットは、さすがの綺麗なシルエット。
ブラック×バーガンディの深みのあるバイカラー仕様になった、デザイン性と上品さが混在する、ハイブランドらしいアイテムです。
d0176398_16205075.jpg
d0176398_16205823.jpg


YVES SAINT LAURENTのニットジャケットは、フルジップ仕様。
モノトーンカラーの無駄のないデザインの、上質で上品な、ここらしい逸品です。
d0176398_1621115.jpg
d0176398_16212498.jpg


60~70年代ののガウンコートは、落ち着いた雰囲気のチェック柄が魅力。
力の抜けたシルエットながらも、どこか上品な雰囲気の漂う、これからの季節に活躍してくれる男前です。
d0176398_16214087.jpg
d0176398_16214971.jpg


豊作だったレディースアイテムの画像も余っているので、少しだけ。

60~70年代のチュニックブラウスは、珍しいブラウンカラーの冬素材。
全体にはいった落ち着いた色目のチェック柄やウエスト部分の綺麗なシェイプが、オールドのレディースものらしい良い雰囲気です。
d0176398_1622199.jpg
d0176398_1622895.jpg


70年代頃のロングコートはデッドストックで発見。
内側に取り外しのできるライナーが付いた、秋、冬、春の3シーズンで活躍してくれる便利なアイテムです。
d0176398_16221968.jpg
d0176398_16223322.jpg


では、もうちょっとゆっくりして、搭乗口に向かおうと思います。

by used_link | 2018-09-09 16:22 | 買い付け日記 | Comments(0)

買い付け日記 25

食べ物を床に落とし続ける上品オジサンですが、少し前に立ち去って行きました。
長い時間ラウンジで過ごす僕は、いつも見送る側です。
何かさみしいです。
とはいえ、別れがあれば、出会いがあるものです。
ちょっと前まで上品オジサンが座っていた席には、異常に力強い、何事にも全力なオジサンがいます。
身長はこっちでは低い方の170センチ前後で50代ぐらいの白人さんなんですが、登場から力強く、全力でした。
身長に似合わない大きな歩幅で、全力の靴音を響かせて登場し、一瞬ジャンプしたかという勢いでソファにどっかりと座りました。
その後すぐに朝食ををとりに行った全力オジサンは、朝食の盛り付けも全力です。
なぜかチョイスした小さめのおさらに、普通の人では載せきることのできない量を全力盛り付けして、全力の歩幅で戻ってきます。
そして、全力で食べ始めたんですが、食べ方もまた、力強さ全開です。
全力の量をスプーンですくい、大きな口に入れ、モグモグと口を動かしている間は、なぜか手に持ったスプーンをお皿の底部分に刺すように何度もたたきつけます。
彼は一瞬たりとも休まない全力オジサンです。
そのカンカンカンカンという音が、静かなラウンジに響き渡っていました。

全力の速度で朝食を食べ終えた彼は、全力で立ち上がり、全力歩幅で水をとりに行き、再び全力で戻ってきました。
そして、席まで戻ってきたのに、なぜかソファに座ることなく、ソファに向かって立ったままの姿勢で全力で水を一気飲み。
そのまま全力で叩きつけるように飲み終わったコップをソファの横の小さなテーブルに置き、また全力で立ち去って行きました。
嵐のようなオジサンでした。

最後にもう1度、メンズアイテムをランダムに載せていきます。

フリーメイソンのリングとネックレスは、どちらも雰囲気ありありのヴィンテージもの。
どちらにも細かな装飾でメイソンの最も有名なシンボルが刻まれた、希少価値の高いスペシャルピース達です。
d0176398_1202929.jpg
d0176398_1203727.jpg
d0176398_1204648.jpg


50~60年代のノーカラージャケットは、スウェード×ニットの切り替えデザイン。
この年代ならではの渋めの雰囲気が漂う、珍しいデザインの男前です。
d0176398_1205875.jpg
d0176398_121740.jpg


ランバンのデザインコートは、コンディション、サイズ感、シルエットの揃ったアイテム。
無駄を削ぎ落としたミニマムなデザインながらも、実際に着ると物足りなさを感じせないのは、ハイブランドならではです。
d0176398_1211698.jpg
d0176398_121269.jpg


マルニのサスペンダーパンツは、かなりお気に入りの逸品。
画像では分かりにくいですが、深みのあるネイビーのチェック柄が、これからの季節らしい良い雰囲気です。
d0176398_12136100.jpg
d0176398_1214873.jpg


最後に個人的にスペシャルな男前を。
70~80年代のGUCCIのポロカラーニットです。
ニット素材と上質なスウェード素材が切り替えになった、オールドグッチならではの雰囲気のある逸品です。
なかなか出てこないグッチの服ですが、オールドグッチになるとさらに確率が低く、めったに出てきてくれません。
d0176398_122459.jpg
d0176398_1221438.jpg


では、もうちょっとゆっくりしてから、搭乗口に向かおうかと思います。

by used_link | 2018-09-09 01:22 | 買い付け日記 | Comments(0)

買い付け日記 24

上品すぎる感じながらも、食べ物を異常に落とすオジサンですが、ついに自分がそこそこの量の食べ物を床に落としているのに気付きました。
前にテーブルがなく、横に小さなテーブルがあるだけのこのソファ席で、お上品に膝の上にお皿をちょこんとのせて食べていた、上品すぎるオジサン。
そのままの体勢で下に自分が落とした食べ物を拾おうとしているので、下のものを拾った分以上に、ひざに乗せたお皿から食べ物を落としています。
気になって仕方ありません。
そんなオジサンを見かねたラウンジのスタッフさんが、ホウキ的なものを持って掃除にきてくれました。
そんな優しいスタッフの女性に、律義にお礼を言う上品オジサン。
ただ、お礼を言うたびに、また食べ物が少しずつ落ちています。
本当に、彼から目が離せません。

続いては、今回の買い付けで好調だったレディースアイテムを、ランダムに紹介していきます。

50年代のヘッドドレスは、極上コンディションで発見。
綺麗なオレンジカラーが目を引く、ピンやコームで固定しなくても使用してもらえる、ハットタイプの希少価値の高い逸品です。
d0176398_0415087.jpg
d0176398_0415848.jpg


Burberryのキルティングベストは、旧ロゴのオールドもの。
裏地のチェック柄や襟のコーデュロイ切り替えが良い雰囲気の、ここらしいシンプルで上品なアイテムです。
d0176398_0421488.jpg
d0176398_0422389.jpg


50年代のショートジャケットは、ブラックカラーながらも重すぎない印象。
襟元のデザイン性の高いファーカラーやフロントの細かな装飾の大きめのボタンなど、ディティールの凝った、ヴィンテージらしい逸品です。
d0176398_0423285.jpg
d0176398_0424367.jpg


50~60年代のショートスリーブワンピースは、コンディション、サイズ感、シルエットの揃ったスペシャルピース。
胸元の細かなレースや使われているファブリックの織り柄、ボリュームのあるスカート部分など、この年代のヴィンテージものにしか出せない極上の雰囲気です。
d0176398_0425638.jpg
d0176398_043383.jpg


40年代の3ピースのセットアップも、かなりのスペシャルアイテム。
レディースもので3ピースが出てくることすら珍しい中、この年代で、このサイズ感、このコンディションは出てきません。
今まで仕入れたことのない、希少価値の非常に高い、なかなか見ることもできない逸品です。
d0176398_043141.jpg
d0176398_0432454.jpg


もうちょっと時間があるので、もう1回できれば更新してみます。

by used_link | 2018-09-09 00:43 | 買い付け日記 | Comments(0)

買い付け日記 23

ここのラウンジの僕が座っているところはソファ席で、少し距離をとって向い合せになっています。
その向かい側の、僕の斜め前のソファにオジサンがさっき座ったんですが、なんか目が離せません。
すごく上品そうな50~60ぐらいの白人さんで、ほとんどの人がTシャツとかラフなシャツを着ている空港でも、しっかりとシャツにジャケットを着こんでいます。
そのどこまでも上品なオジサンは、ソファ席に到着後すぐにラウンジに置いてある、グラノーラやフルーツ、ヨーグルトなどの軽い朝食をとりに行き、お皿にすこしずつ上品に盛り付けて戻ってきました。
ただ、席に戻るまでも、席に戻ってからも、ずっとグラノーラとかフルーツを床に落とし続けています。
もともとそんなにたくさんの量がお皿にのっていないのに、そこから落とすので、結果的にお皿にはほんのちょっとしか残っていません。
お上品に少量を最初からお皿に盛りつけていたのか、結果的にそうなったのか、もはや分かりません。
オジサンがたどった道は、誰が見ても分かるぐらい一定間隔で食べ物が落ちています。
オジサンのソファ席の周りは悲惨で、公園の鳩にエサをあげているかのように、グラノーラが散乱しています。
どうやったらそんなに落とせるのか、不思議で仕方ないです。

続いても、メンズアイテムをランダムに載せていきます。

1920~30年代のドレスベストは、この年代のものとは思えない良いコンディション。
ショールカラー仕様で、極上のウールにしっかりと裏地の付いた、この年代ならではの逸品です。
今回の買い付けでは、良いアンティークものにも縁がありました。
d0176398_23552635.jpg
d0176398_23553562.jpg


GIORGIO ARMANIのデザインドレスシャツはブラックカラーの男前。
ウイングカラーにチェンジボタン仕様のディティールの凝った、上品な雰囲気のハイブランドらしいアイテムです。
d0176398_23554418.jpg
d0176398_23555184.jpg


60年代のポロカラーニットは、ヌバックレザーが切り替えになった、デザイン性のあるお気に入り。
深みのあるブラウンカラーのニットに、暗めのグリーンカラーの上質なヌバックレザーが切り替えられた、ヴィンテージものならではの極上の雰囲気の逸品です。
d0176398_2356162.jpg
d0176398_2356810.jpg


70~80年代のChristian Diorのニットジャケットは、ショールカラー仕様。
大人な雰囲気のニットジャケットのフロントに付けられた、大きめのメタルボタンが良いアクセントです。
d0176398_23561819.jpg
d0176398_23562623.jpg


COMME des GARÇONS HOMMEのデザインスニーカーは、深みのあるブラウンカラーのレザーが秋らしい良い雰囲気。
一見シンプルなデザインながらも、実際にはくと独特の形状を楽しんでもらえる、ここらしい逸品です。
d0176398_23563664.jpg
d0176398_2356437.jpg


まだ更新できそうなので、もうちょっとやってみます。

by used_link | 2018-09-08 23:57 | 買い付け日記 | Comments(0)

買い付け日記 22

無事に空港に到着して、睡魔と闘いながらラウンジで、長い長い搭乗待ちです。

早朝に買い付け日記を更新してから、真っ暗で極寒の中、空港へ出発。
空港に到着して、相方さんと大量の手荷物を先に降ろして、1人でレンタカーを返却に。
レンタカー会社に到着後、ビックリするぐらい感じの悪い先輩とビックリするぐらい感じのいい後輩のコンビに車を返して、僕もシャトルで空港へ。
予想通り、商品を入れた箱すべてが重量オーバーで、急遽さらに1箱作って全部中身を移し替え。
大量のパッキンを開けて、中身を移し替えて、箱をまた厳重に閉じて、という作業を果てしなく繰り返し、何とか終了。
その後チェックインをして、適当すぎる手荷物検査場を通過して、現在のラウンジに到着しました。
全ての手荷物の重量がオーバーしてることは予想済みで、そのために早めに空港に来たんですが、ちょっと用心しすぎたみたいです。
このラウンジで3時間ほど待ち時間ができてしまいました。

今回の買い付けでも良い商品が大量に集まってくれたので、買い付け日記用の画像が余りまくっています。
それに加えて、何もせずにじっとしていると眠ってしまいそうなので、ランダムに買い付け日記用の商品画像を載せていこうと思います。

Y'sのロングスリーブポロは、タグ付きのデッドストックで発見。
深みのあるマスタード×ホワイトの絶妙な色目のバイカラー仕様になった、さりげなくも存在感のある逸品です。
d0176398_2327837.jpg
d0176398_232719100.jpg


50年代頃のVネックニットは、この年代ならではのディティールの詰まった男前。
こちらもバイカラー仕様で、ホワイト×ブラックのモノトーンカラーが上品な良い雰囲気です。
d0176398_23275646.jpg
d0176398_2328428.jpg


ISSEY MIYAKEのデザインニットジャケットも、またまた違った色目のバイカラー仕様。
毛足の長めのニット素材が、これからの季節の気分を盛り上げてくれます。
d0176398_23281415.jpg
d0176398_23282392.jpg


50~60年代のLeeのカバーオールは、しっかりと色の残った極上品。
50年代後半から60年初頭までしか使われなかったリボンタグが採用された、希少価値の高い逸品です。
d0176398_23293022.jpg
d0176398_23294091.jpg


Yohji Yamamotoのデザインパンツは、ここらしいワイドシルエット。
ブラックカラーのワイドパンツに施された、ホワイトカラーのステッチデザインが目を引く、ここらしいアイテムです。
d0176398_23295150.jpg
d0176398_2330213.jpg


まだ時間も画像もたっぷりあるので、また更新してみます。

by used_link | 2018-09-08 23:30 | 買い付け日記 | Comments(0)

買い付け日記 21

d0176398_18105653.jpg
d0176398_1811684.jpg
d0176398_18111881.jpg
d0176398_18112991.jpg
d0176398_18113710.jpg
d0176398_18114752.jpg


おはようございます。
とはいっても、まだ全く太陽の出ていない真っ暗な真夜中ですが。
今日は、早朝便の飛行機で、しかも大量の手荷物を持って帰るので、夜中のうちに空港に出発です。
少し前にパッキング作業と書類の作成を気合いで終わらせました。
予想通り睡眠時間をとるのは難しかったので、飛行機の中で爆睡してやろうと思います。

最後の最後までやられました。
さっき、パッキングの終わった大量の商品を車に運び込もうとして、モーテルで借りたカートを押して裏口の扉のドアの取っ手を握ったときのことです。
ねちゃっというか、ぬちゃっというか、なんとも嫌な感触が。
慌てて取っ手から手を離すと、ねちゃねちゃの何かが手にべったりとついていました。
たぶん、大量のキャラメルか何かが扉の取っ手についていたんだと思います。
怖くてにおいをかいでいないので、何かは分かりませんが。
カートを相方さんに任せて、慌てて部屋に戻り手を洗おうと、洗面台のレバーを思い切りひねると、またハプニング。
そう、蛇口からのスプリンクラー放水の発動です。
手に正体の分からない何かがついた焦りと、突然のトラップに対するイライラとで、蛇口がスプリンクラー仕様なことを忘れてしまっていました。
最後の最後まで、なんなん。いや、ほんまに。
僕らしいと言えば、僕らしい最後の締めくくりですけどね。

画像は、90年代頃のLANVINのデザインベストと80~90年代のセットアップ、VIKTOR & ROLFのデザインスニーカーです。
オールドのランバンのデザインベストは、コンディション、サイズ感、シルエットの揃った男前。
しっかりとデザインがされながらも、やりすぎ感を感じさせないバランス感覚は、ハイブランドならではです。
オールドのセットアップは、ガウン×イージーパンツの珍しい組み合わせ。
セットアップでの使用はもちろん、単品ずつでも、しっかりと存在感を出してくれる、これからの季節に活躍してくれる一品です。
ヴィクター&ロルフのデザインスニーカーは、ハイカット仕様。
ブラックベースに、まさかのメガネ柄が全体にはいった、着こなしのアクセントになってくれるアイテムです。

では、これから裏口のトラップに引っかからないように、表の出入り口から出て空港に向かおうと思います。

by used_link | 2018-09-08 18:12 | 買い付け日記 | Comments(0)

買い付け日記 20

d0176398_11372361.jpg
d0176398_11373278.jpg

d0176398_1138143.jpg
d0176398_11381059.jpg
d0176398_11382426.jpg
d0176398_11383318.jpg
d0176398_11384216.jpg
d0176398_11385143.jpg


本日で今回のハードで長かった買い付けも、商品集めは終了しました。
商品集め最終日の本日も、第3便を送りに行った後、ちょっとドライブして郊外の町まで足を延ばしたのが良かったのか、朝から夜までずっと好調で、最後まで良い調子で収穫できました。
日本の出発時から腰が痛くて悩まされたり、アメリカに到着して序盤から風邪をひいてツラいスタートを切ったり、モーテルのシャワーの水圧は強いのにヌルヌルがとれない無限ヌルヌルに悩まされたり、途中の飛行機移動のときに寒すぎて風邪がすごい勢いで悪化したり、モーテルの目覚まし時計の謎の交信に恐怖したり、パソコンの調子が悪くなって充電できなくなったり、買い付け先のトイレで個室のドアを全開放しながら用を足してるオジサンに遭遇したり、朝起きるとおでこから謎の流血事件があったり、間違えて他人の車に乗り込んでパニックになったり、モーテルの洗面台の蛇口からスプリンクラーのように放射状に水が飛び散ってびしょ濡れになったり、といろいろありましたが、商品的にはかなり良い買い付けができました。
量的には、過去最高と並ぶほど数を集めることができました。
量的にだけでなく、質的にもかなり高い買い付けができたと思います。
ヴィンテージからグッドレギュラー、ハイブランド物から小物類まで幅広く、質の高い商品を買い付けることができ、満足しています。

いろいろなことがありましたが、今朝に気にしていた、おでこのキズパワーパッド形の日焼け跡は何とか大丈夫そうな気がします。
刺さるような日差しの中ずっと、おでこを丸出しにしていた成果です。
とはいえ、あの強すぎる日差しを浴び過ぎて、おでこ全体が赤い気もしますけれども。
最終目的地の拠点にしているモーテルの最大の欠点のスプリンクラー蛇口の扱いにも慣れてきて、服がビショビショになることもなくなってきました。
あとは、最後の山場の手荷物分の大量の商品のパッキング作業を残すのみです。
これが最後にして最大の山なんですけどね。

画像は、1910~20年代のスワロウテイルのロングジャケットと1990年代のCOMME des GARÇONS HOMMEのセットアップ、DRIES VAN NOTENのバッグ、GUCCIのメガネです。
アンティークのスワロウテイルのロングジャケットは、100年以上の時間を経過したものだけが持つ圧倒的なオーラを放つスペシャルアイテム。
この年代ならではの極上のウール素材が使われた、アンティークものならではのディティール満載の希少価値の高い逸品です。
コム デ ギャルソン・オムのセットアップは、90年代のオールドもの。
この年代のギャルソンのオムらしい、やりすぎ感のない程度の絶妙なビッグシルエットに、上品なチェック柄が良い雰囲気です。
今回の買い付けでは、なかなか見つかることのないオールドのギャルソンが、いい感じに集まってくれました。
ドリス ヴァン ノッテンのバッグは、ヴィンテージのワークもののような良い雰囲気の男前。
ウォッシュがかかり、絶妙なダメージ加工のはいったキャンバス素材に、ブラウンの上質なレザーが融合した、ハイブランドらしいアイテムです。
グッチのメガネは、ケース付きで発見の、コンディション良好な逸品。
少し太めの、独特の丸みを帯びたセルフレームが、実際にかけたときに存在感を出してくれます。
今回の買い付けでは、メガネにも力を入れて集めていたんですが、ハイブランドからヴィンテージまで、良い感じに集めることができました。
d0176398_12495670.jpg


最終日まで、レディースアイテムも豊富に集まってくれました。

プルオーバーのロングスリーブブラウスは、50年代のヴィンテージもの。
この年代ならではの上質なコットン素材に、綺麗な色目のチェック柄がはいった、着こなしのアクセントになってくれる逸品です。
d0176398_1221123.jpg
d0176398_12211111.jpg


70年代頃のチャイナジャケットは、デッドストックで発見のコンディション完璧なアイテム。
深みのあるバーガンディカラーのベルベット素材が上品な雰囲気の、秋を感じさせてくれる逸品です。
d0176398_12212356.jpg
d0176398_12213243.jpg


では、これから最後のパッキング作業に取り掛かろうかと思います。

by used_link | 2018-09-08 12:13 | 買い付け日記 | Comments(0)

買い付け日記 19

d0176398_21103634.jpg
d0176398_21104529.jpg
d0176398_21105338.jpg
d0176398_2111290.jpg
d0176398_21111189.jpg
d0176398_21112085.jpg


おはようございます。

さっきまで、今日の朝に日本に向けての第3便を送りに行くために、ひたすらパッキング作業に追われていました。
その作業中に眠すぎて顔を洗いに行ったときに気付いたんですが、おでこが妙な具合に日焼けしてしまってる気がします。
ちょっと前に、朝起きるとおでこから謎の流血事件があったんですが、ちょくちょく触ってしまうからか、その傷がなかなか治っていきませんでした。
そこで思いついたのが、キズパワーパッドを小さく切って3か所の傷部分に貼っておくこと。
前髪を下しておけば、そのことにも気付かれません。
この発明によって傷は飛躍的に早く治っていき、昨日の夜に取ってからは外したままだったんですが、よく見るとそこだけ白くなっている気がします。
キズパワーパッドを貼っていた部分だけが日焼けせず、白く残ってしまったみたいです。
小さく切ったキズパワーパッドを貼るということを思いついたときには、天才的な発明やと思っていたんですが、思わぬ落とし穴です。
こっちの日差しの強さを、甘く見ていました。
今日はおでこを全開にして、ちょっとでもキズパワーパッド部分に太陽を当てようと思います。

昨日は、この最終目的地の地方都市をガッツリと探索してきました。
この地方都市は比較的大きめなので、ちょくちょく渋滞に悩まされながらも、しっかりと商品が集まり、大量収穫の1日でした。
朝から夜まで駆け回って大量の商品を確保してモーテルに帰り、そこから仕分け作業。
仕分け作業が終わってすぐにパッキング作業を開始して、朝方に何とか終了。
睡魔がものすごく、どうしても目が開けていられなくなったので、ちょっと仮眠をとってから書類を作成。
仮眠を先に取ったのが良かったのか、珍しく自分でも理解できない誤字脱字に悩まされることなく少し前に書類作成が完了して、現在に至ります。

画像は、50~60年代のデッドストックのメガネフレームとCOMME des GARÇONS HOMMEのデザインシャツ、20~30年代のスモーキングジャケットです。
ヴィンテージのメガネフレームは、デッドストックで発見の極上コンディション。
丸みを帯びた黒のセルフレームが良い雰囲気の、なかなか出てくることのない希少価値の高い逸品です。
コム デ ギャルソン・オムのデザインシャツも、コンディション、サイズ感、シルエットの揃った男前。
前身頃だけが大胆にチェック柄に切り替えられた、ここらしい遊び心のあるアイテムです。
最後は、スペシャルな逸品。
ヴィンテージというよりはアンティークのスモーキングジャケットは、90年以上前のものとは思えない極上コンディションで発見。
当時の上流階級の男性が、食後に葉巻を楽しんだりくつろぐために羽織っていたジャケットで、裏がストライプになった極上のがっしりとしたウールの1枚仕立てという現在では考えられない作りになった極上品です。

レディースアイテムも、終盤戦になっても、しっかりと集まってくれています。

シンプルで綺麗な形ののロングブーツは、人気のハイブランドMARNIから。
サイズ感、コンディションも良好な、これからの季節に活躍してくれるアイテムです。
d0176398_21492928.jpg
d0176398_21493688.jpg


50年代のラウンドカラーのカーディガンは、柔らかい印象のヴィンテージものらしい逸品。
上質なニット素材にあしらわれた、素材違いの襟とフロントのパイピングが良い雰囲気です。
d0176398_21484518.jpg
d0176398_21485332.jpg


最後にレディースからもスペシャルピースを。
50年代のコットンサーキュラースカートは、ハンドメイドで作られた唯一無二の一点もの。
この年代らしい柄感のファブリックがぜいたくに使用された、相方さん絶賛の極上品です。
d0176398_2149045.jpg
d0176398_2149850.jpg


では、これから第3便を送りに行ってから、ちょっとドライブしてきます。

by used_link | 2018-09-07 21:47 | 買い付け日記 | Comments(0)

買い付け日記 18

d0176398_2171030.jpg
d0176398_2172344.jpg
d0176398_2173819.jpg
d0176398_2174921.jpg
d0176398_218069.jpg
d0176398_218959.jpg


おはようございます。

最後の拠点として、いま泊まっているこのモーテル、基本的に快適なんですが、1つだけ問題があります。
それは、洗面台の蛇口部分。
ここの洗面台は、こっちでポピュラーな形状のもので、水が出てくる蛇口部分の左右に、それぞれ水とお湯の出るレバーが付いています、
向かって右側のレバーをひねると水が、左側をひねるとお湯という感じの普通のもので、どちらもひねるとしっかりと出てくれます。
ただ、その出方にかなり問題が。
水にしろお湯にしろ、レバーをひねると蛇口から水が放射状に、すごい勢いで発射されます。
下に向かって水が落ちていくのではなく、まるでスプリンクラーのように、周りに水をまき散らします。
普段通りの勢いでレバーをひねると大惨事。
洗面台の前に立っている僕の服を含めた、まわりの全てのものをビショビショに濡らしていきます。
昨日の夜に、そのスプリンクラー蛇口に気付いたんですが、今朝起きたときにはついつい忘れていて、トイレに行った後に手を洗おうと、何も考えずにレバーをひねった僕の服はビショビショです。
寝起きで半分寝たままでボーっとしていたですが、それで完全に目が覚めました。
効き目が素晴らしい画期的な目覚まし時計だと、無理矢理プラスの方向に考えるようにしておきます。

画像は、70~80年代のコーデュロイベストとY'sのデザインシャツ、オールドのCOACHのビッグショルダーバッグです。
オールドのコーデュロイベストは、なかなか見かけることのない珍しい形状のお気に入り。
フロントデザインやフラップの付いたポケット、後ろ身頃のすそ部分のリブ使用など、デザイン性の高いアイテムです。
Y'sのデザインシャツは、かなりしっかりとした厚めのヘビーネル素材。
一見シンプルなデザインに見えて、襟がかなり珍しい形状になった、さりげなくもデザイン性のある、ここらしい逸品です。
オールドコーチのビッグショルダーバッグは、人気の高いブリーフケース型。
この年代のコーチならではの、肉厚で柔らかな極上のレザーが使われた、長く愛用してもらえる逸品です。
今回の買い付けでも、いろいろな形状やカラー、大きさでコーチのバッグが集まってくれています。
d0176398_2130964.jpg


今日の最初に紹介しているベストも、今回の買い付けで力を入れて集めてみているアイテムで、いろいろと集まってきました。
d0176398_21305770.jpg


ユルめのシルエットのニットベストなんかも、いろいろなデザインやカラーリングで集めてみています。
d0176398_21313781.jpg


レディースの商品も、終盤戦にきても調子よく集まってくれています。

50年代のロングスリーブワンピースは、光沢感のある素材にはいったフラワープリントが良い雰囲気。
この時代のワンピースにしか出せない美しいウエストラインの、年々見つけるのが難しくなっている、希少価値の高い逸品です。
d0176398_21324725.jpg
d0176398_21325435.jpg


YVES SAINT LAURENTのセットアップは、上質な素材に落ち着いた色目のチェック柄がはいった、上品な印象のハイブランドらしいアイテム。
テーラード×スカートの組み合わせの多いレディースのセットアップですが、こちらはフルボタンのショートコートのようなジャケットとスカートの組み合わせの、あまり見かけることのない逸品です。
d0176398_2133378.jpg
d0176398_21331183.jpg


では、これからこの地方都市を攻略に行ってきます。

by used_link | 2018-09-06 21:32 | 買い付け日記 | Comments(0)