京都の古着屋Linkのブログ

カテゴリ:買い付け日記( 597 )


買い付け日記 13

d0176398_20455053.jpg
d0176398_2046280.jpg
d0176398_20461498.jpg
d0176398_20462448.jpg
d0176398_20463614.jpg
d0176398_20464618.jpg


おはようございます。

日本に向けて送っても送っても、毎日商品の山に圧迫され続ける日々が続きすぎて、夢の中でまで商品の山に圧迫されていました。
僕の身長をはるかに超える商品の山が数えきれないぐらいに続き、奥の方からドミノのように順番に崩れてくる商品の山から逃げ惑う夢を見ていました。
最終的には崩れてくる商品の山々が雪崩のようになって僕に覆いかぶってきて、”あ、これ死ぬヤツや”と思ったところで、目の前にヴィンテージのコートが大量にあることに気が付いて、めちゃくちゃ喜ぶという意味の分からない結末になりました。
これも、ある意味での職業病なんでしょうか。

そんな僕の精神状態とは逆に、良い商品が集まってくれています。
画像は、90年代のCOMME des GARÇONS HOMMEのデザインセットアップと70~80年代のウールサスペンダーパンツ、COACHのビッグショルダーバッグです。
オールドのコム デ ギャルソン・オムのセットアップは、肉厚なウール素材が使用された珍しいアイテム。
なかなか出てくることのないオールドのギャルソンでセットアップ、さらにめったに見かけない肉厚の冬仕様の生地感、といろいろと揃ったスペシャルな逸品です。
この買い付けでは、良い感じに冬物セットアップが集まってくれています。
オールドのウールサスペンダーパンツは、グリーン×レッドの綺麗な色目のチェック柄が魅力。
今回の買い付けでは、冬仕様のサスペンダーパンツも豊富に買えています。
d0176398_2047185.jpg


オールドコーチのビッグショルダーバッグは、人気の高いブリーフケース型。
オールドコーチも、いろいろなサイズ感、色目、デザインで揃ってくれています。
d0176398_20471263.jpg


終盤戦に突入しても、レディースアイテムもしっかりと集まってくれています。

60年代のウールベレーは、本場スコットランドウールが使用された質の高い逸品。
深みのある色目が組み合わされ、実際にかぶった時のシルエットも綺麗な、着こなしのアクセントになってくれるアイテムです。
d0176398_2048137.jpg
d0176398_20482523.jpg


50~60年代のファーカラーコートは、極上コンディション。
綺麗なブルー×グレーのあまり見かけることのない色の組み合わせが新鮮な、珍しい逸品です。
d0176398_20483817.jpg
d0176398_20484925.jpg


40年代頃のケープ風のショートコートも、この年代のものとは思えないコンディション良好なスペシャルピース。
ブラウンカラーのシンプルなショートコートの襟元に付いた、ボタンで繋がれたチェーンが良いアクセントです。
d0176398_2049573.jpg
d0176398_2049159.jpg


では、これから最終目的地のこの地方都市を完全攻略しに行ってきます。

by used_link | 2018-11-16 20:56 | 買い付け日記 | Comments(0)

買い付け日記 12

d0176398_12322868.jpg
d0176398_12323830.jpg
d0176398_12325087.jpg
d0176398_1233087.jpg
d0176398_1233121.jpg
d0176398_12332370.jpg


なんか、朝からずっとおなかが痛いです。
モーテルの朝ごはんで食べた、賞味期限がかすれて見えなかった、なんか変な固まり方をしたヨーグルトでしょうか、今まで感じたことのないグニョグニョ食感のソーセージでしょうか、それとも何が入っているかよく分からなかった、いろんなものが煮込まれた妙に辛かったスープでしょうか、謎のとろみのあったオレンジジュースでしょうか。
原因が思い当りすぎて、逆にわかりません。

今日は朝から第2便を送りに運送会社さんへ。
特にトラブルもなく、順調に商品を送ってから、ちょっとドライブ。
この最終目的地の地方都市の郊外にあたる町に到着後、すぐに探索開始。
その郊外の町も、予想をはるかに超える当たりの町でした。
ただ、探索序盤戦から突然の腹痛に襲われ、トイレを探し回ることに。
そこから断続的に腹痛が続き、それからは、まずトイレを確保してからの商品集めに移行していきました。
僕のおなかの痛さは別にして、今回の買い付けは、本当にびっくりするぐらい順調に商品が集まってくれています。
しっかりとした大量収穫が続きすぎて、なんとなく不安に襲われて、逆に精神的に不安定になりそうです。

画像は、GUCCIのデザインシルバーブレスレットとJIL SANDERのハーフジップニット、50年代頃のカシミアロングコートです。
グッチのシルバーブレスレットは、ここらしいさりげなくも存在感のある、ハイブランドらしい逸品。
チェーン状の金具の1つ1つがブランドロゴデザインになっている、シンプルながらもデザイン性の高いアイテムです。
ジル・サンダーのデザインニットは、ハーフジップ仕様。
無駄を削ぎ落としたシンプルなデザインながらも、さりげなくされた細かなデザインは、さすがの一言です。
ヴィンテージのロングチェスターコートは、カシミア100%のスペシャルピース。
ひざ下のロング丈の絶妙なビッグシルエットながらも、上品な雰囲気の漂う、今季らしい逸品です。

では、これからの本日収穫分を仕分けしていこうと思います。

by used_link | 2018-11-16 12:53 | 買い付け日記 | Comments(0)

買い付け日記 11

d0176398_2215878.jpg
d0176398_22151853.jpg
d0176398_22153047.jpg
d0176398_2215439.jpg
d0176398_2216359.jpg
d0176398_2216179.jpg


おはようございます。
さきほど、なんとかパッキング作業と書類の作成が終了しました。

夜中に買い付け日記を更新してから、ひたすらにパッキング作業。
途中で気分転換に買い付け日記を更新したのを後悔するぐらいに追いつめられながら、ただただ無言で手を動かし続けました。
そんなパッキング作業が朝方にやっと終わり、そこから書類の作成。
いつも通り、眠気からの意味不明の誤字や脱字を繰り返しながらも、さきほどやっと終了して、現在に至ります。
いつもパッキング作業に苦しめられるんですが、今回は商品が予想以上に大量に集まってくれているので、さらに大変な気がします。
商品が集まらない地獄の苦しみに比べれば、集まってくれる苦しみなんて大したことないんですけどね。

画像は、60年代頃のユーロもののショートコートとY's×MACKINTOSHのデザインコート、JIL SANDERのレザースニーカーです。
ユーロヴィンテージのショートコートは、ディティールの凝ったオールドものならではの男前。
しっかりと目の詰まった上質なウール素材に施されたパイピングやフロントの細かな装飾のメタルボタンだけでなく、裏地にまでこだわったデザインが見られる、ユーロヴィンテージならではのアイテムです。
Y's×マッキントッシュのコートも、一見シンプルながらもディティールの凝ったお気に入り。
内側に取り外しのできるライナー付きなので、冬はもちろん、ライナーを外して春にも活躍してくれる便利な逸品です。
ジル・サンダーのデザインスニーカーは、総レザー仕様のハイカット。
深みのあるグリーンカラーの上質なレザーが使われた、なかなか見かけることのない、ハイブランドらしい逸品です。

では、これから第2便を送りに行ってきます。

by used_link | 2018-11-15 22:16 | 買い付け日記 | Comments(0)

買い付け日記 10

d0176398_1671962.jpg
d0176398_1673351.jpg
d0176398_1695591.jpg
d0176398_1610109.jpg
d0176398_16113225.jpg
d0176398_16114717.jpg


今、第2便を送るためのパッキング作業中なんですが、ついに心が折れてしまったので、気分転換の買い付け日記の更新です。

今日は、引き続き気持ちの良い気候の中、朝からドライブ。
到着した町で、さっそく探索を開始。
ここも当たりの町で、しっかりと商品を確保して、良い気分でドライブ。
次に到着した町でも、最初の町を超える大量収穫。
ここまで良い調子が続くと、さすがにちょっと怖くなってきながらも、さらにドライブ。
すると、やっぱり訪れました。ちょっとしたトラブル。

d0176398_1618644.jpg


田舎町特有の1車線ずつの細いながらも主要な道路を、壊れてしまったトラックが完全にふさいでしまっていました。
遠くの方から、なんか青いのが道をふさいでるっぽいな、と嫌な予感がしていたんですが、的中です。
最初は、倉庫から出てきたトラックが、曲がりきれずに何度も切り返しをしている途中なのかと思っていましたが、近付いて見てみると違う様子。
トラックのフロント部分を開けて、オジサンが何かを必死にいじっている光景が見えました。
ちょっと待って様子を見てみると、最初は必死にどうにかしようと、トラックのいろいろなところをいじっていたオジサンですが、完全に諦めてしまったみたいで、空を眺め始めました。
あ、これはアカンやつや、と判断してUターンして迂回することに。
これが都会だったら、すぐに別の道にはいれるんですが、田舎町はそうはいきません。
めちゃくちゃ遠い道まで迂回することになり、結局30分以上も無駄な時間を使うことになってしまいました。

そんなちょっとしたトラブルで、それまでの大量収穫で上がった気分も落ち着いたところで、今回の買い付けの最終目的地についに到着。
いつもの買い付けだと、最終目的地に到着したときには、やっとここまで来たって感じになるんですが、さっきのトラック道ふさぎ事件で、何となくそんな気分になれず、フラットな気分でそのまま探索開始。
それから、良い感じに商品が集まってくれて、気分を持ち直してモーテルにチェックイン。
それから収穫分の仕分けをして、パッキングを開始して、心が折れて、現在に至ります。

画像は、COACHのマフラーと70~80年代のPENDLETONのウールセットアップ、80~90年代のLANVINのロングコートです。
コーチのマフラーは、肌触りの良い上質な質感の逸品。
深みのある色目がランダムストライプ柄に切り替えられた、さりげなくも存在感のあるアイテムです。
オールドのペンドルトンのセットアップは、ここらしい上質なウール素材が魅力。
シンプルなデザインながらも、実際に着用すると、その綺麗なシルエットが分かってもらえる一品です。
オールドのランバンのロングコートも、ベージュカラーの肌触りの良いウール素材が使われた男前。
少しユルめのシルエットながらも、上品な雰囲気を漂わせてくれる、ハイブランドらしい逸品です。
今回の買い付けでは、この他にもユルめのシルエットのロングコートを集めてみています。
d0176398_16391541.jpg


他にも色々なサイズ感や丈感で、かなり豊富にコートが集まってくれています。
d0176398_16401530.jpg

d0176398_1640287.jpg


レディースの商品も、引き続き順調に集まっています。

60年代のクルーネックニットは、上質な素材感と綺麗な色目が魅力。
ホワイトカラーのニット素材の前後だけでなく袖にもはいった、手書き風の花柄が良いアクセントです。
d0176398_16465023.jpg
d0176398_1647267.jpg


agnès b.のデザインチェスターコートは、綺麗な細身のシルエット。
シンプルなチェスターコート全体にはいった上品なチェック柄が良い雰囲気です。
d0176398_16471615.jpg
d0176398_16472797.jpg


50年代頃のプリーツスカートは、上質なツイード素材が使われた逸品。
シンプルなデザインだからこそ分かる、実際に履いた時の細身の綺麗なシルエットは、ヴィンテージならでは。
d0176398_16473834.jpg
d0176398_16475434.jpg


では、これから気合を入れてパッキング作業を再開しようと思います。

by used_link | 2018-11-15 16:11 | 買い付け日記 | Comments(0)

買い付け日記 9

d0176398_2244951.jpg
d0176398_225061.jpg
d0176398_225969.jpg
d0176398_2252063.jpg


おはようございます。

昨日から、それまでの極寒っぷりとは真逆の暖かく過ごしやすい気候になっています。
ずっと降っていた雪も止み、太陽も出てきて気持ちの良い1日になってくれました。
ただ、降り積もっていた雪が急激に溶け、道路はドロドロです。
ドライブ中も、前の車が泥水を大量に跳ね上げるので、僕の車もドロドロです。
綺麗な深い赤色をしていた車は、今は濁った茶色の車になっています。
気温が上がってくれたので、僕の鼻も回復してくれるかと期待していたんですが、そんなことはなく、鼻は相変わらず終わったままです。
でも、鼻以外ののどの痛みや体のダルさとかは、ちょっと楽になった気がします。

昨日は、朝からドライブして郊外の町へ。
そこは、白人さんがほとんどの平和な感じの町でした。
町を歩いている人たちも、どこか余裕が感じられ、いつも買い付けで回っている町とは大きく違う雰囲気。
こういう町は当たり外れが激しいんですが、ここは大当たりの町でした。
商品の量的にも質的にも幅的にも、しっかりと集まってくれました。
毎日ガッツリと大量収穫が続いてくれているので、またモーテルの部屋が大変なことになってきています。
少し前に第1便を日本に向けて送ったばかりとは思えない状態です。
今日の集まり具合では、明日にでも第2便を送りに行こうと思います。

画像は、COMME des GARÇONS SHIRTのデザインジャケットと50~60年代のウールロングコートです。
コム デ ギャルソン・シャツのジャケットは、コンディション、サイズ感、シルエットの揃ったお気に入り。
ユルめのシルエットの上質なウール素材にはいった上品なチェック柄が、絶妙な良い雰囲気です。
ヴィンテージのロングコートも、綺麗な状態で良いサイズ感、綺麗なシルエットの男前。
絶妙なビッグシルエットやさりげなくはいったチェック柄など、ヴィンテージものながらも今季らしい良い雰囲気を出してくれる逸品です。

レディース商品も、相変わらず順調です。

50~60年代のダブルブレステッドコートは、綺麗なAラインのシルエットが魅力。
深みのあるネイビーカラーの上質なウール素材に施された織り柄のデザインが、さりげなくも良いアクセントです。
d0176398_22213835.jpg
d0176398_22214661.jpg


JIL SANDERのデザインセットアップは、上質なウール素材にカシミヤがはいった極上の生地感。
一見シンプルなデザインながらも、実際に着ると分かる隅々にまで行き届いた計算されたデザインセンスは、さすがの一言です。
d0176398_22215667.jpg
d0176398_2222550.jpg


では、これからちょっとドライブしてきます。

by used_link | 2018-11-14 22:05 | 買い付け日記 | Comments(0)

買い付け日記 8

d0176398_21484560.jpg
d0176398_21485465.jpg
d0176398_2149367.jpg
d0176398_21492235.jpg
d0176398_21495212.jpg
d0176398_2150236.jpg


おはようございます。
しっかりと睡眠がとれたので、頭がスッキリしました。
久しぶりにちゃんと頭が働いている気がします。

どうでもいいことなんですが、このモーテルのシャワーがすごく画期的です。
温度設定も難しくなく、シャワーの付いている位置も普通で、一見水圧も高めなんですが、実際に使ってみると違和感が。
シャワーをしながら、しっかりと息ができるんです。
普通はシャワーを浴びているときは、ずっとお湯が降り注ぐので、シャワーヘッドの方に顔を向けると、当然息は出来ません。
しかし、ここのシャワーは、それが可能なんです。
その理由は、シャワーのお湯が円形にしか出ていないから。
円の外側だけお湯が出ていて、真ん中部分はお湯が出てきません。
そういうわけで、シャワーをしながらの呼吸が可能になっているんです。なんて、画期的。
ただ、1つ弱点が。
それは見た目の水圧の感じに対して、実際はシャンプーとかのヌルヌルが落ちていってくれないこと。
実際には、円形の外側部分しかお湯が出ていないので、すごく水の量が少ないんで、当然なんですけどね。
朝から、なかなか流れていってくれない泡にイライラしました。

画像は、Yohji Yamamotoのデザインニットと60年代のセットアップ、COACHのレザーショルダーバッグです。
ヨウジヤマモトのデザインニットは、やりすぎ感のないデザインの、ここらしい良い雰囲気の逸品。
ネップのはいったウール素材やネック部分のデザイン、フロントに配されたボタンデザインなど、しっかりとデザインがされながらも、スッキリとした印象を与えてくれるのは、大御所ハイブランドならでは。
ヴィンテージのセットアップは、この年代ならではの上質で上品な男前。
深みのあるブラウンベースに、さりげなくはいった織り柄でのストライプが良い雰囲気です。
オールドコーチのレザーショルダーバッグは、人気の高いブリーフケース型。
その中でも、ほとんど出てくることのないワンサイズ小さめの、少し小ぶりな珍しいタイプの逸品です。

今回の買い付けでも、レディースアイテムも豊富に買えています。

50年代のヌバック×ミンクファーのコートは、優しい色目の組み合わせが良い雰囲気。
大きめサイズのものが多いこういったコートですが、こちらはスッキリとしたサイズ感の逸品です。
d0176398_2243540.jpg
d0176398_2244326.jpg


60年代のセットアップは、ショートジャケット×ワンピースの組み合わせ。
セットアップで着たときに、ホワイトカラーのインナーがそっと見えるように計算された、デザイン性の高い逸品です。
d0176398_2245353.jpg
d0176398_225177.jpg


では、これからちょっとドライブしてきます。

by used_link | 2018-11-13 21:50 | 買い付け日記 | Comments(0)

買い付け日記 7

d0176398_10133285.jpg
d0176398_10134311.jpg
d0176398_10135428.jpg
d0176398_1014491.jpg


今回の買い付けは、いつもよりも短めの期間ですが、その分かなりハードです。
いつも買い付け中はハードワークなんですが、今回はさらに上を行くハードっぷりです。
そんな今年最後の買い付けも中盤戦に突入しました。
毎日のハードワークで疲れがたまってきていますが、商品がしっかりと集まってくれているので、精神面ではすごく健康的です。
このままの調子で商品が集まってくれることを祈ります。

今日は大雪の中、1日がスタート。
モーテルから駐車場に1歩踏み出した途端に、足首まで雪に沈み込み、ソックスがグショグショになって、朝からテンション大幅ダウン。
そんな大雪なので、当然車にも雪が大量につもって、もはや車の形状の雪の塊。
エンジンをかけて車を温めながら、雪かき棒で車の雪を落としたり、凍りついたフロントガラスやサイドミラーの氷をひたすらガシガシとこすり落とし、手の感覚が全くなくなる頃に車に乗り込み、今度は僕の手を車の暖房で温めること数分。
手の感覚が戻ってきたところで、パッキングが終了した大量のダンボール箱をモーテルの部屋から車に積みこみ、フロントガラスの氷が完全に溶けたところで、やっと出発。
到着した運送会社さんで、特に問題なく第1便を送り、そのままドライブ。
大雪と週明けという最悪の組み合わせで大渋滞に巻き込まれながらも、とりあえず目的地に到着して、そのまま探索を開始。
ここが良い意味で予想に反して、大当たりの町でした。
量的にも質的にも良いものがしっかりと集まってくれ、予想を大きく超える大量収穫の1日でした。
今日の朝に第1便を送りに行ってスッキリしていたモーテルの部屋ですが、すでに商品の圧迫感を感じています。

画像は、80年代頃のスウェード×ニットの切り替えジャケットと80~90年代のLANVINのビッグシルエットのチェスターコートです。
オールドの切り替えジャケットは、あまり見かけることのない良いデザインのアイテム。
こういったアイテムでは裏地なしのカーディガンタイプのものがほとんどの中、しっかりと裏地の付いた防寒性の高いジャケットになった珍しい一品です。
オールドのランバンのデザインチェスターコートは、やりすぎ感のない程度の絶妙なビッグシルエットが今季らしい良い雰囲気。
深みのあるブルーカラーの上質なウール素材が使われた、上品な雰囲気のハイブランドらしい男前です。

では、さっそくモーテルの部屋に圧迫感を与えている大量の本日収穫分の商品たちを仕分けしていこうと思います。

by used_link | 2018-11-13 11:00 | 買い付け日記 | Comments(0)

買い付け日記 6

d0176398_21483119.jpg
d0176398_21485287.jpg
d0176398_2149693.jpg
d0176398_21491764.jpg


おはようございます。
さきほど、何とかパッキング作業と書類作成が終了して、ホッとしています。

昨日は、朝から雪の降る中を300キロほどドライブして、かなり廃れた田舎町へ。
そこは、うちが買い付けで行く町の中でも、なかなかな荒廃っぷりで、あまりかかわらない方がいいかなって人と結構な確率で遭遇する感じの町でした。
最初の目的地に到着してすぐ、僕が車を止めた斜め後ろに車を止めている人が、車のドアを開けっぱなしにして顔を出して、ずっとこっちを見ていたかと思うと意味不明の言葉を叫びだし、それから車の外に出てきて遠くの方を眺めたかと思えば、何も落ちていない地面の何かを集めだしたりして、またドアを開けっぱなしにして車に乗って、こっちをひたすら睨んで、というようなことを繰り返していました。
それからも、人の後ろにそっと忍び寄って思い切り手を鳴らして喜んでいる人や道をふさいで何語か分からない言語を大声で叫びあっている人たち、雪が降る極寒の中でノースリーブの人など、積極的にはかかわらない方が良さそうな人を多く見かけました。
そんな中でも、商品集めは順調で、良い感じに商品が集まってくれました。

昨日も、そこそこの大量収穫だったので、モーテルの部屋が本当に大変なことになり、予定通りに第1便を送ることに。
気分転換に買い付け日記を更新することもできず、テレビを観ることもなく、窓の外をボーっと眺める余裕もなく、さきほどまでひたすらにパッキング作業を書類の作成に追われていました。
やってもやっても終わりの見えないパッキング作業に絶望しながらも、なんとか手を動かし続け、朝方に何とか終了。
そこから無理やり目をこじ開けて書類の作成。
それも何とか終了して、ちょっと仮眠をとって現在に至ります。
今回は、とにかく大量のパッキング作業だったので、なんかすごく達成感を感じています。

画像は、60年代頃のツイードコートとEMPORIO ARMANIのベロアスラックスです。
ヴィンテージのコートは、コンディション、サイズ感、シルエットの揃った男前。
力の抜けたユルめのシルエットながらも、上品な雰囲気を漂わせてくれる、ヴィンテージならではの良い雰囲気の逸品です。
エンポリオ・アルマーニのスラックスも、良いコンディションで良いサイズ感、綺麗なシルエット。
厚みのある上質なベロア素材が使われた、シンプルながらも存在感のある、ここらしい逸品です。

では、これから第1便を送りに行ってきます。

by used_link | 2018-11-12 21:49 | 買い付け日記 | Comments(0)

買い付け日記 5

d0176398_22185438.jpg
d0176398_2219567.jpg
d0176398_22191417.jpg
d0176398_22192526.jpg
d0176398_22193550.jpg
d0176398_22194551.jpg


おはようございます。

昨日の朝まではツラいぐらいの極寒だったんですが、昼間はちょっと汗をかくぐらいの暖かさでした。
インナーを重ね着して、その上からしっかりとアウターを着こんでもガタガタ震えるぐらいだったんですが、昼になるにつれて気温が上がり、太陽が出ているところではカットソーだけでもいけるぐらいに暖かかったです。
そんな暖かさは夕方ぐらいまで続き、このままの気温が続くことを願っていると、夜になって急激に冷え込み、雪まで降ってきました。
今は、昨日の朝を超える極寒になっています。
こっちの寒暖差の激しさに体がついていきません。
ずっと調子の悪い僕の鼻は、さらに進化を遂げ、今では息をするという機能を完全に忘れて、ただただ鼻水を出すだけの装置になっています。
鼻をかみ過ぎて、鼻の下がめちゃくちゃ痛いです。

そんな僕の鼻事情とは反比例して、商品はかなり順調に集まってくれています。
昨日も大量収穫の1日で、一昨日の大量収穫を超える、かなり良い1日でした。
序盤戦からずっと、これだけの大量収穫が続くことは珍しいので、ホッとする反面、何かほかに悪いことが起きるんじゃないかと、ちょっと不安になってきてしまいます。
もともと大変なことになっていたモーテルの部屋が、本当にスゴイことになってきているので、週明けにでも第1便を送りに行こうと思います。

画像は、60年代頃のレタードセーターと80年代頃のChristian Diorのチェスターコート、COACHのビッグショルダーバッグです。
ヴィンテージのレタードセーターは、綺麗なオレンジカラーが目を引く逸品。
この年代ならではのがっしりとしたウール素材のフロントに付いたワッペンが良いアクセントです。
オールドのクリスチャン・ディオールのチェスターコートは、この年代のディオールらしさが詰まったアイテム。
絶妙なユルさのシルエットやショールカラーの襟元など、一見シンプルながらもディティールの凝った男前です。
オールドコーチのビッグショルダーバッグは、初めて見るカーキカラーのかなり珍しい逸品。
この年代のコーチならではの、肉厚で柔らかな極上のレザーが使われた、長く愛用してもらえるアイテムです。

では、これからちょっとドライブしてきます。

by used_link | 2018-11-11 22:19 | 買い付け日記 | Comments(0)

買い付け日記 4

d0176398_21145556.jpg
d0176398_2115685.jpg
d0176398_21151577.jpg
d0176398_21152580.jpg


おはようございます。

こっちに来てまだ少ししか経っておらず、かなり序盤戦ですが、モーテルの部屋が大量の商品たちに占領されて大変なことになってきています。
冬物なので1枚1枚のボリュームがあるということもあって、商品の塔がいくつも乱立して、遠目に見ると商品の山が形成されています。
その塔の上に、毎日さらに商品を積み上げていっているので、1つ1つの塔がギリギリのバランスで成り立っています。
生活空間が無くなってきているほどに侵食されているので、その塔の間を何とかすり抜ける技術が要求されます。
ちょっとでも塔に触れると崩れ、1つの塔が崩れるとドミノのように他の塔に影響して、次々に崩れていってしまうので、細心の注意が必要です。
毎日毎日、塔の間を何度も通っているので、絶対に今後の人生で必要ないであろう、塔の間をすり抜けるという技術がどんどん向上していっています。
本来は心休まるはずのモーテルの部屋は、いまやピリピリとした謎の緊張感に包まれています。

昨日は朝から200キロほどドライブして、郊外の田舎町へ。
そこは一昨日と同じく当たりの町で、ガッツリと大量収穫できました。
ただ、郊外に行ったからかめちゃくちゃ寒く、もはや寒いというよりは痛いに近い気温でした。
そのおかげで眠気が吹き飛び、いつもより早めに時差ボケが治った気がします。

画像は、COMME des GARÇONS HOMME DEUXのデッドストックのカシミヤニットと60~70年代のユーロもののロングコートです。
コム デ ギャルソン・オム ドゥのニットは、デッドストックで発見のコンディション完璧な逸品。
カシミヤ100%の上質なニット素材の、すそ部分にはいったラインの編み柄が良いアクセントになった極上品です。
ユーロヴィンテージのロングコートも、コンディション、サイズ感、シルエットの揃った男前。
深みのあるグリーンカラーの上質なウール素材が使われ、フロントや袖口のクルミボタンやチンストなど、ディティールの凝った逸品です。

では、これからちょっとドライブしてきます。

by used_link | 2018-11-10 21:15 | 買い付け日記 | Comments(0)