京都の古着屋Linkのブログ

カテゴリ:買い付け日記( 678 )


買い付け日記 3

d0176398_20124592.jpg
d0176398_20125638.jpg
d0176398_20131081.jpg
d0176398_20132172.jpg


おはようございます。

今回の買い付けでも、かなり時差ボケがキツめです。
昨夜もモーテルの部屋に入ったぐらいまではギリギリ記憶があるんですが、そこからの記憶が曖昧で、さきほど目が覚めるまでの記憶が抜け落ちています。
どうなってそんな寝方になったんやろっていう絶妙な体勢で寝ていたみたいで、朝起きてから体のいろんなところが痛いです。
もう11年近く買い付けに来ているんですが、いつになっても時差ボケが克服できません。
今回の買い付けでも、しばらくの間は、眠気との激しい戦いが繰り広げられそうです。

昨日は朝からちょっとドライブして、そのまま探索開始。
そんなに期待していた町ではなかったんですが、かなり当たりでした。
朝から夜まで収穫は止まることなく、大量収穫の1日でした。
最初に全然集まらないと気分的にすごく焦ってしまうので、序盤からこれだけ順調に商品が集まってくれると、精神衛生上すごく良いです。

画像は、90年代のCOMME des GARÇONS HOMME PLUSのデザインシャツと70年代頃のガウンコートです。
コム デ ギャルソン・オム プリュスのデザインシャツは、なかなか出てくることのないオールドものの希少価値の高い逸品。
少し光沢感のある素材で作られたシャツのフロントにウール素材の切り替えがされた、このブランドらしい遊び心のある男前です。
ヴィンテージのガウンコートは、全体にはいった織り柄や各所に施されたパイピングが、さりげなくも良いアクセント。
オールドもののガウンはウール素材やネル素材のものがほとんどの中、こちらは綺麗な印象のさらりとした素材が使われた、珍しいアイテムです。

では、これからちょっとドライブしてきます。

by used_link | 2019-08-23 20:32 | 買い付け日記 | Comments(0)

買い付け日記 2

d0176398_19291813.jpg


おはようございます。
とりあえず、なんとか目的地に到着しています。

昨日、成田空港で買い付け日記を更新してから、何とか時間をつぶして搭乗口へ。
搭乗口に到着すると、乗り継ぎのお客さんが遅れていて、それを待つので35分ほど出発が遅れますというアナウンス。
予想通り、さらに遅れて1時間後に搭乗開始。
全員が飛行機に乗り終わるも、全く動かない飛行機。
滑走路が混みあっていて10分ほど飛ぶまでにかかるというアナウンスから約1時間後にやっと飛行機が動き出し、予定より2時間遅れでやっと離陸。
今までの買い付けでは味わったことのない、離陸から到着まで飛行機がひたすらに激しく揺れ続けるという現象に心配になったり、そんな揺れの中でも絶対にシートベルト着用サインが点滅せず、かなり焦った感じでCAさんがシートベルトをしてくださいと大声で言いながら機内を行き来したり、子供が怖すぎて泣き叫んだりするのが繰り返される約11時間。
予定を2時間以上遅れて乗り継ぎの治安悪めなアメリカの都市の空港に到着。

乗り継ぎ時間に結構余裕があったので、そんなに焦ることなく飛行機を降りてイミグレーションへ。
やたらにやる気のないイミグレーションを抜けてターミナルに移動しようとすると、工事中やからターミナルまではバス移動して、とのこと。
空港外の仮設テントみたいな場所で、ずっとガラ悪めな人たちが何事かを叫びまくる中、ひたすら列に並ぶこと15分。
やっと順番が来てバスに乗り込んで出発するも、3分ぐらい走った後、急に道路の真ん中で急停車。
何事かと運転席の方を見ると、バスの運転手のオバサンと乗客数人が大ゲンカ。
急に道の真ん中でバスが止まったので、後ろを走っていた車がクラクションを鳴らす中、喧嘩はヒートアップ。
そんな喧嘩に対して、口々に大声で叫ぶほかの乗客たち。
車内には運転手のオバサンと喧嘩中の乗客の怒声、車のクラクション、他の乗客のテンションが上がっている叫び声が入り乱れて、かなりカオスな状況。
だから、この都市嫌いやねん。
それから数分後、なんとかバスが動き、ターミナルに到着。

そこから長蛇の列の手荷物検査場を抜け、なんとか搭乗口に到着。
定刻通りに飛行機に乗り込むも、ここでも全く動かない飛行機。
結局1時間ほど遅れて飛行機が出発。
元々到着時間が遅めだったのに加えて、飛行機の遅れでさらに遅い時間になって到着。
なんかすごい疲れて空港の外に出るころには、画像のように全く人のいないほぼ真夜中な時間。

それからレンタカー会社へ行くシャトルに乗って、レンタカーを無事に借りて、モーテルへ。
モーテルにチェックイン後、時間が遅すぎて生活用品も買いに行けないので、そのまま部屋にはいって、すぐに意識が飛んで、現在に至ります。
いつも移動日は疲れるんですが、今回は特に疲れた気がします。

では、これからちょっとドライブしてきます。

by used_link | 2019-08-22 19:54 | 買い付け日記 | Comments(0)

買い付け日記 1

d0176398_1092581.jpg


秋物の買い付けの旅が始まりました。
とは言え、まだ成田空港のラウンジです。

アメリカ行きの飛行機が出発するまで、このラウンジで地獄の7時間待ちです。
最近の買い付けでは、この成田空港のラウンジで長時間ただただ退屈な時間を過ごすことが多いので、このラウンジは何も悪くないのに、ちょっと嫌な印象になってきています。
まだ成田空港に到着して1時間ぐらいしか経っていないですが、すでにやることが無くなりつつあります。
買い付けが本格的に始まると、帰国してからの入荷作業も含めて、こんなにゆっくりできる時間が無くなるので、成田の待ち時間ぐらいは思い切りのんびりしようと思っていたんですが、あまりにもヒマすぎてツラくなってきました。

とりあえず、ここまではトラブルもなく、順調に来ることができました。
1つ問題があるとすれば、前回の買い付けの始まりと同様に、僕の鼻がズルズルだということぐらいです。
最近、買い付けの始まりでやたらに体調を崩すので、ある意味でいつも通りと言えば、いつも通りのスタートなんですけど。

では、まだまだ続く地獄のヒマ時間を、何とか乗り越えようと思います。

by used_link | 2019-08-21 10:32 | 買い付け日記 | Comments(0)

買い付け日記 最終回

d0176398_18414630.jpg
d0176398_18415573.jpg

d0176398_18411378.jpg
d0176398_18412929.jpg
d0176398_1842673.jpg
d0176398_18421440.jpg


さきほど無事に帰国しました。
今回は久しぶりに関空から帰ってきたので、いつもよりかなり早めの時間に帰って来ることができました。

乗り継ぎの空港のラウンジで買い付け日記を更新してから
急激におなかが痛くなって、ラウンジのトイレに行ったら激混みだったので、外の普通の空港のトイレに行ったら掃除したばかりで、気持ちよく使えると思いきや、トイレのふたや便座、あげくにトイレットペーパーまで水浸しの画期的でワイルドな掃除直後で乾いたトイレットペーパーを探すのに苦労したり、
いつもマズイ機内食のマズさ記録が更新され、隣のオジサンに至っては最初の機内食を1口食べたきり床に置き、日本に着くまで何も食べることはなかったぐらいの、究極のマズさのレベルに達していたり、
飛行機のトイレの床がびしょ濡れで、なんかすごいイヤだったり、
飛行機が飛び始めてしばらくしたころに、「機内に医療関係のライセンスを持っている人はいませんか」というアナウンスを初めて聞いたり、
関空に到着後のイミグレーションの案内係のオジサンの人種を見分ける感覚がおかしく、ほぼすべての日本人に「外国人の方はこちらです」と案内していて、ほぼ全員に軽くキレられていたり、
当然のように僕も外国人として案内されたり、
といろいろありながらも、無地に到着しました。

画像は、最後に個人的なお気に入りたちを。
60~70年代のシューホーンは、ユーロヴィンテージならではの上品な雰囲気。
ここまで細かな装飾が施されたクツベラを、僕は初めて見ました。
シャネルのシルバーリングは、箱と保存袋付きで発見のスペシャルアイテム。
デザイン性のあるカッティングのシルバーリングに、シャネルのロゴが刻まれた、さりげなくも存在感のあるハイブランドならではの逸品です。
30~40’sのGRUENの手巻きのリストウォッチも、シャネルのリング同様、かなり希少価値の高いスペシャルピース。
宝石商から始まった、アンティーク時計界を牽引していた先駆的な時計ブランド、グリュエンからの逸品。
ベルト部分はレザーではなくウッドが使われた、今後見かけることはまずないと思われる極上品です。

明日からの入荷作業は確実に地獄の日々になるので、今日の夜ぐらいはちょっとゆっくりしようかと思います。

by used_link | 2019-06-02 18:56 | 買い付け日記 | Comments(0)

買い付け日記 26

僕を睡魔から救ってくれるものが現れました。
それは、僕の好奇心です。
後ろの男性の謎の言語を聴き続けているうちに、彼が何語を話しているのかが気になって仕方なくなってきました。
欧米系なのか、アジア系なのか、南米系なのか、アフリカ系なのか、アラブ系なのか、中東系なのか。
何気なくな感じで後ろを振り向くも、ここは背中合わせのソファ席。
彼の後頭部あたりしか見えません。
白髪で、頭頂部がお目見えしている、波平スタイルということは分かるんですが、何度振り返ってみても、何人なのかは全くわかりません。
さすがに前に回って見に行くのは、大人としてちょっと、という感じでできません。
そんなことを考えながら、この買い付け日記を書いているときに、ふと気付きました。
あれ?彼の声が遠ざかってない?
パソコンから顔をあげると、視線の先に何度か見た白髪の波平スタイルの後頭部。
そう、彼はこのラウンジを立ち去ろうと、電話をしながら行ってしまったのです。
もう、彼の言語が何語なのか分かる機会は2度と訪れることがないことが分かると、なんとなく切ない気分です。

もう1度、メンズアイテムをランダムに。

COMME des GARÇONS HOMMEのデザインTシャツは、ブラック×レッドのバイカラー仕様。
後ろ身頃にプリントではなく、生地を切り替えてブランドロゴの頭文字とナンバリングがデザインされた、ここらしい良い雰囲気の逸品です。
d0176398_1475819.jpg
d0176398_14871.jpg


Yohji Yamamotoのデザインポロシャツは、さりげなくも主張してくれる、個人的なお気に入りアイテム。
深みのあるネイビーカラーの綺麗なシルエットのポロシャツの左胸に付いた、キノコモチーフのワッペンが良いアクセントです。
d0176398_14817100.jpg
d0176398_148263.jpg


60年代のレーヨン素材のボーリングシャツは、綺麗なマスタードカラーが季節感を演出。
フロントにはボーリングのピン型のボタンが使われた、ヴィンテージならではの良い雰囲気の男前です。
d0176398_1483769.jpg
d0176398_1484535.jpg


GUCCIのデザインサスペンダーパンツは、世界的ハイブランドらしい上質で上品な印象。
ウエスト部分には共布のベルトがつけられた、細部にわたって細かなデザインが施された、このブランドならではの逸品です。
d0176398_1485594.jpg
d0176398_149324.jpg


最後にスペシャルピースたちを。
50年代頃のフリーメイソンのシルバーリングと30~40年代のフリーメイソンもののネックレス。
リングはトップ部分にメイソンのもっとも有名なシンボルが刻まれ、ネックレスはデザインされたシンボルのトップが付いています。
どちらも見つけるのが困難な、希少価値の非常に高いスペシャルアイテムです。
d0176398_1491590.jpg
d0176398_1492368.jpg
d0176398_1493328.jpg


では、そろそろ搭乗ゲートに向かおうかと思います。

by used_link | 2019-06-02 01:49 | 買い付け日記 | Comments(0)

買い付け日記 25

ラウンジの揺れに続いて、僕の眠気を誘ってくる、さらなる強敵が現れました。
それは、僕のソファ席の真後ろに座ってる男性。
このラウンジは1人掛けのソファ席が横に並んでいて、それと背中合わせになるように後ろにも同じようにソファ席が並んでいます。
僕はその真ん中らへんに座っているんですが、その真後ろの男性が、ずっと電話で話しています。
普通、電話での声が聞こえると、逆に眠れなかったりするんですが、彼のは違います。
まず、その声。
低すぎず、かといって高くもない絶妙な音程。
次に声量。
決して大きくはなく、どちらかといえば囁くような感じですが、自然と耳に入ってきます。
さらに、その言語。
今までの僕の人生で、全く聞いたことのない言語で話しています。
強弱があまりなく、流れるように綺麗な言語。
この3つが合わさった時、それは恐ろしく眠気を誘ってくるんです。
さらにずっと揺れ続けている床との相乗効果は計り知れません。
僕の睡魔との戦いは、想像を絶する激しいものとなってきました。

続いては、レディースアイテムをランダムに紹介していきます。

50年代のサマージャケットは、シアサッカー素材が使われた風通しの良い7分袖仕様。
ストライプ柄のジャケットの各所に同素材でチェック柄のパイピングデザインがされた、かなり凝ったつくりのヴィンテージものらしい逸品。
d0176398_1281976.jpg
d0176398_1282835.jpg


60年代のコットンギャザースカートは、ユーロもの特有の良い雰囲気。
繊細な柄とすそに付けられたレースが好相性の、細かなギャザーでボリューム感のあるヴィンテージならではのアイテムです。
d0176398_129462.jpg
d0176398_1291294.jpg


60~70年代のショートスリーブワンピースは、ほぼデッドストックの極上コンディション。
こういったワンピースで質の良い刺繍が、ここまでメインで施されているのは、かなり珍しいです。
d0176398_1292018.jpg
d0176398_129296.jpg


JIL SANDERのレザーサンダルは、専用の保存袋付きで発見。
ウェッジソールが足を綺麗に見せてくれる、ハイブランドらしい上質で上品な逸品です。
d0176398_1293833.jpg
d0176398_1294837.jpg


最後にスペシャルアイテムを。
50年代のセットアップは、当時のスイムウェアとギャザースカートの2ピース仕様。
コンディション、サイズ感ともに極上の、ヴィンテージならではのディティール満載の極上品です。
d0176398_1295664.jpg
d0176398_130473.jpg


もう少し時間があるので、あと1回ぐらい更新できたらしてみようと思います。

by used_link | 2019-06-02 01:30 | 買い付け日記 | Comments(0)

買い付け日記 24

このラウンジに来て、今のソファ席に座ってからずっと気になっていたんですが、ここ何かずっと揺れてます。
そんなに激しい揺れじゃなく、穏やかな感じで上下にゆっくりと揺れ続けています。
僕が眠すぎてそう感じるだけかとも思ったんですが、相方さんに確認を取ったところ、そうではなく本当に揺れてるっぽいです。
最初は気になって仕方なかったんですが、寝不足と相まって、今ではこの揺れが絶妙に眠気を誘ってきます。
睡魔との戦いは、さらに激しいものとなってきました。

続いてもメンズアイテムをランダムに。

90年代のプリントTシャツは、絶妙に力の抜けたユルめのシルエットが魅力。
フロントに大きくデザイン性のあるト音記号がプリントされた、モノトーンなどこか上品な良い雰囲気のアイテムです。
d0176398_0542813.jpg
d0176398_0543760.jpg


ETROのショートスリーブシャツは、大人な雰囲気のパープルカラーがこれからの季節感を演出。
シャツ全体に細かな織り柄でペイズリー柄がはいった、さりげなくも凝ったつくりのハイブランドらしい逸品。
d0176398_0544862.jpg
d0176398_0545815.jpg


80~90年代のChristian Diorのニットソーは、良いコンディションでユルめの良いサイズ感、綺麗なシルエットの男前。
絶妙な抜け感とハイブランドらしい上品な雰囲気が混在する、この年代のディオールらしさが詰まったアイテムです。
d0176398_055884.jpg
d0176398_0551874.jpg


50年代頃のロングスリーブシャツは、この年代らしいオープンカラー仕様。
ダメージや汚れが目立ちやすい白シャツですが、コイツは綺麗な状態で残ってくれている希少価値の高い男前です。
d0176398_0552826.jpg
d0176398_0553793.jpg


COMME des GARÇONS SHIRTのデザインスニーカーは、綺麗な色目が目を引く逸品。
部分ごとに切り替えられたレザーの色目が、ここらしい遊び心を感じさせてくれます。
d0176398_0554680.jpg
d0176398_0555479.jpg


もうちょっと時間があるので、後でまた更新してみます。

by used_link | 2019-06-02 01:15 | 買い付け日記 | Comments(0)

買い付け日記 23

いま、乗り継ぎの空港のラウンジで次の搭乗待ちです。
かなりの睡魔に襲われていて、このまま何もせずにボーっと待っていると眠ってしまいそうなのと、今回の買い付けでも良い商品がかなり豊富で、買い付け日記用の画像が余りまくっているのとで、買い付け日記を更新しています。

最後に買い付け日記を更新してから、眠気にじっと耐えて搭乗時間に。
この中継地点の空港までは、アップグレードされて広々空間のファーストクラスの空の旅。
シートの広さ、足元の空間、サービスの全てが良い感じだったんですが、2つほど問題が。
とりあえず眠かったので、この空港までは思い切り眠ってやろうと思っていたんですが、とにかく機内が寒い。
極寒だった夜中の野外よりも、さらに寒い。
しかし、ここはファーストクラス。
この問題は、ブランケットをお願いすることでクリア。
ただ、僕の眠りを邪魔するのは寒さだけじゃありません。

通路を挟んで隣のシートに座っているマダムが、考えられないぐらいおしゃべりなんです。
しかも、ボリューム調整の機能が壊れてしまっているのか、えげつない大音量。
ずっと話しかけられている、マダムの隣の席のオジサンは、完全にひいています。
このオジサン、かなりいい人っぽく、マダムの話をぶった切ることができない様子。
大音量おしゃべりマダムの声が気になるのか、他の席の人達も、何気なくって感じを装ってマダムの方をチラチラ見ています。
僕たちが乗っているのは早朝便の飛行機なので、乗客の大半は眠ることが前提ながら、この大音量おしゃべり怪獣マダムの攻撃に、ファーストクラスの全員が眠ることができません。
完全に迷惑騒音オバサンになってしまっています。
しかし、ここはファーストクラス。
マダムも、もちろんファーストの乗客。
CAさんも、ただ話しているだけのマダムを注意することは難しいみたいで、チラチラ見て気にはしているものの動けません。
結局、この中継地点の空港に到着するまでの数時間、誰も眠ることは出来ず、マダムの大音量おしゃべりは着陸してからも続きました。
眠れなかった僕たちもキツかったですが、いい人過ぎて数時間のフライト中ずっとマダムの話を聞き続けることになったオジサンに比べれば、まだまだ軽傷です。

まずはメンズ商品をランダムに紹介します。

Maison Martin Margielaのデザインネックレスは、箱付きで発見。
トップ部分が開くデザインになっており、開けると鏡とその横にブランドロゴがあえて逆に刻まれて鏡に映せるようになっている、ここらしいディティールの凝った逸品です。
d0176398_03142.jpg
d0176398_0311333.jpg


ISSEY MIYAKEのデザインベストは、さりげないスタンドカラーが良い雰囲気。
これから薄着になる季節のアクセントになってくれるアイテムです。
d0176398_0312744.jpg
d0176398_031362.jpg


90年代頃のRay-BanのプリントTシャツは、おそらく販売されていたものではなく、当時の販促用に作られたと思われる、希少価値の高いお気に入り。
サングラスでレイバン祭りになりましたが、まさかTシャツまで出てきてくれるとは思いませんでした。
d0176398_0314761.jpg
d0176398_031578.jpg


DRIES VAN NOTENのデザインショートスリーブシャツは、ここらしい極上シルエット。
上品なチェック柄がはいったシャツの胸元に施された、エンブレムのような細かな刺繍が良いアクセント。
d0176398_032513.jpg
d0176398_0321516.jpg


70年代のBIG MACのオーバーオールは、これからの季節らしいヒッコリーストライプが目を引く逸品。
こういった王道ヴィンテージたちは、どんどん見つけるのが難しくなってきています。
d0176398_032247.jpg
d0176398_0323397.jpg


まだまだ画像も時間も余っているので、あとでまた更新してみます。

by used_link | 2019-06-02 00:32 | 買い付け日記 | Comments(0)

買い付け日記 22

d0176398_1928929.jpg
d0176398_19281915.jpg
d0176398_19282947.jpg
d0176398_19283885.jpg
d0176398_19285047.jpg
d0176398_1929164.jpg


とりあえず、空港に到着して早朝便の飛行機の搭乗待ちです。

夜中に買い付け日記を更新してから、モーテルをチェックアウトしようとフロントへ。
フロントに行くと男性客と女性スタッフが、めちゃくちゃモメていて、すごい雰囲気。
とりあえず先にどうぞってことで、チェックアウトをしたんですが、チェックアウトの手続き中もずっと男性客が女性スタッフに怒り続けていました。
重すぎる空気のフロントから抜け出して、そのまま空港へ。
空港に到着後、相方さんと大量の手荷物分の商品たちに先に降りてもらって、レンタカーを返却に。
特に問題なくレンタカーを返却後、夜中の野外の極寒っぷりに震えながら空港行きのシャトルを待つことに。
何でこの時期にこんなに寒いねん、とぶつけようのない怒りを覚えて、その後寒すぎてだんだんと何も考えられなくなってきたころにシャトルが到着して、暖かいシャトルに揺られて再度空港に。
空港到着後すぐに、相方さんと商品たちが待っている航空会社のカウンターへ。
箱の重さを計ってみると、ほぼ全ての箱が重量オーバーで、心底ガッカリ。
モーテルでは軽く感じたんですけどね。
終盤に近づくほどに極限の状態が続いているので、変なテンションになって、力がいつも以上に出ていたんですかね。
さっそく全ての箱を開けて、詰め替え作業開始。
さっきまで極寒で震えていたのがウソだったかのように汗まみれになって、なんとか作業完了。
それから、チェックインをして、すぐに手荷物検査を受けて、搭乗口へ。
搭乗口の前のイスでホッと一息ついたときから急激に眠くなってきたので、眠気覚ましの買い付け日記を更新している現在に至ります。

画像は、marimekkoのプリントTシャツとPRADAのパンツ、COMME des GARÇONS SHIRTのデザインバッグです。
マリメッコのプリントTシャツは、絶妙なユルめのシルエットが魅力。
シルエット同様にユルめのプリントがはいった、着こなしの主役になってくれるアイテムです。
プラダのデザインパンツは、綺麗な細身のテーパードシルエット。
無駄を削ぎ落としたシンプルなデザインだからこそ分かる、実際に着たときの極上シルエットは、さすがの一言です。
コム デ ギャルソン・シャツのデザインバッグは、大容量のビッグサイズ。
ブルー×オレンジの綺麗なバイカラー仕様になった、これからの季節の着こなしのアクセントになってくれる逸品です。

では、そろそろ搭乗口に向かおうかと思います。

by used_link | 2019-06-01 19:48 | 買い付け日記 | Comments(0)

買い付け日記 21

d0176398_14355385.jpg
d0176398_1436196.jpg
d0176398_14361069.jpg
d0176398_14361985.jpg
d0176398_14364724.jpg
d0176398_14365766.jpg


おはようございます。
とは言っても、まだ真っ暗でまだまだ太陽が出てくる気配もない真夜中ですが。

昨日は、あれからひたすらパッキング作業。
冬物商品だと1点1点が分厚いので減っていく感覚があるんですが、1枚1枚が薄い夏物は、箱に入れても入れても商品の山が低くなっていっている気がしません。
そんな状況に何度も心が折れそうになりながらも、これが最後の頑張りどころと、無理やり気持ちを奮い立たせて、無言でひたすら手を動かし続けます。
しかも、いつもの運送会社さんに持っていくものは重さを気にしなくていいんですが、手荷物分は違います。
重さ制限があるので、それも気にしながら、ある程度の量の商品を箱に詰めたら、その箱を持ち上げて重量の確認。
ただ、空港に行かないと荷物の重量を計る機械がないので、この重量の確認は感覚でしかなく、途中で分からなくなってきて、最終的には適当な感じに。
なので、空港で実際の重さを測って、ほぼ全部の箱を開けて入れ替えをしないといけなくなる気がします。
無理矢理パッキング作業を終わらせたのが少し前で、それから出発の用意をして、現在に至ります。
これで空港に向かえるという安心感で、パッキングの焦りで忘れていた眠気が再び復活しつつあります。

画像は、GIVENCHYのブレスレットとオールドのウルトラマンガイアのプリントTシャツ、70~80年代のSalvatore Ferragamoのサマーニットソーです。
ジバンシィのブレスレットは、ブランドロゴがそのままデザインになった、さりげなくも存在感のある逸品。
今回の買い付けでは、ハイブランドの小物も豊富に確保できました。
オールドのウルトラマンガイアのプリントTシャツは、1998年のコピーライトがはいったアイテム。
どこかシュールな雰囲気のあるプリントがフロントに大胆にはいった、個人的なお気に入りです。
オールドのサルヴァトーレ・フェラガモのニットソーは、柔らかなイエローカラーが目を引く逸品。
左胸のポケットに付いた、ここのブランドモチーフでもあるガンチーニの金具が、良いアクセントです。

では、これから早朝便の飛行機に乗るために空港に向かいます。

by used_link | 2019-06-01 14:39 | 買い付け日記 | Comments(0)