京都の古着屋Linkのブログ

<   2015年 09月 ( 60 )   > この月の画像一覧


買い付け日記 27

d0176398_15263839.jpg
d0176398_15264533.jpg
d0176398_15265240.jpg
d0176398_15265826.jpg


おはようございます。
とは言っても、まだ日付が変わって数時間しか経っていない真夜中ですが。

さっき、大きい方をしようとトイレに向かいました。
下着を下して、前傾姿勢で少し高めの便座に腰掛け、その時が来るのを待つことに。
ふと床を見ると、直径5センチほどのクモが。
その距離、約60センチ。
虫が大の苦手な僕は、ちょっとパニックになりながらも、クモが微動だにしないことに少し安心し、さっさとことを済ませてから、対処しようと考え、冷静になるために深呼吸を1回。
が、突然ゆっくりとした動きで歩き出すクモ。
長い脚をくねらせながら、ゆっくりと、しかし着実に。
しかも、僕の方へ一直線に。
かなり動揺しましたが、まだ距離があることで冷静さを保っている僕は、こっちに来たら巨大生物がいますよ、ということをアピールするために、少し足をゆする作戦に出ました。
作戦が功を奏したのか、ピタッと動きを止めるクモ。
その距離、約40センチ。
下半身丸出しで下ににらみを利かせる僕と長い脚を持て余して僕を見上げるクモ。
絡み合う2つの視線。
急激に緊張感が高まる、薄暗いバスルーム。
と、また突然動き出すクモ。
またまた真っ直ぐに僕の方へ。
しかも、速度はさっきの3倍速の全力疾走。
あまりのことに頭が真っ白になって、硬直する僕。
しかし我に返り、クモを退治することを決意。
その間も、クモの全力疾走は止まることを知らず。
その距離、約20センチ。
退治を決意した僕は、前傾姿勢のままトイレットペーパーへ手を伸ばす。
しかし、焦りすぎた僕の指先は、トイレットペーパーのスタート地点を見失う。
相変わらず全力疾走のクモ。
その距離、約10センチ。
どんどん迫りくるクモ。
もう僕のおろしてる下着まで、あと5センチ、4センチ、3センチ・・・・・・・・・・・・。

何とか寸前で退治することに成功しましたが、あまりの緊張感に便意が引っ込んでしまい、当初の目的は達成できませんでした。
最後のパッキングでほとんど寝てないためか、どうでもいい話を長々としてしまいました。

画像は、1930~40年代のマチ付きドレスシャツと1955年のドレスパンツです。
ドレスシャツは、この年代では考えられないような綺麗なコンディションの一品。
チェンジボタン仕様や裾のラウンドのカッティング、長めに作られた着丈など、この年代ならではのディティールが盛り込まれた一品です。
サイズ感、シルエットも極上の、なかなかのスペシャルピースかと思います。
ドレスパンツも、ダメージのない極上のコンディション。
ややワイドめなテーパードシルエットの、綺麗なシルエットの男前。
サイドのラインもサテンのテーピングではなく、細かな編み柄になっています。
しかも仕立てられた年代などが書かれたタグが、上下さかさまについているという、そそっかしくも珍しいところも、個人的にはヒットです。
どちらも、うちらしい、個人的にかなりお気に入りたちです。

では、これから準備をして空港に向かおうと思います。

by used_link | 2015-09-12 15:50 | 買い付け日記 | Comments(0)

買い付け日記 26

本日で今回の長い買い付けも、商品集めが終了しました。
あとは持ち帰り分をパッキングして、書類を作成するだけです。
とは言っても、うちは大量に商品を持ち帰るので、これが最後の難関なんですが。

今日も朝から夜まで、商品集めに駆け回りました。
最終日の本日も、かなり好調で大量収穫となりました。
今回の買い付けは、本当に体力の限界を超えていました。
いままで過酷な買い付けばかりでしたが、今回がこれまでで1番しんどかった気がします。
おかげで、体はボロボロです。
でも、そのかいもあって商品は質的にも量的にも、かなり満足のいく結果になりました。

最後まで駆け回ったかいがあり、本日もスペシャルを収穫できました!
d0176398_9101859.jpg
d0176398_9102761.jpg

ボロボロのアンティーク屋のケースの片隅にいたコイツです。
1890~1900年代のフリーメイソンのネックレスです。
チェーン部分は前の持ち主によって、もう少し新しめの年代のものに替えられていますが、トップ部分は100年を軽く超える、アンティーク品です。
100年以上前のものとは思えない綺麗な状態で、色も綺麗にしっかりと残っています。
最終日にきて、かなりのスペシャルと出会うことが出来ました。

では、これからパッキングをしていきます。

by used_link | 2015-09-12 09:14 | 買い付け日記 | Comments(0)

買い付け日記 25

d0176398_21231355.jpg
d0176398_21233096.jpg
d0176398_21234162.jpg
d0176398_2123504.jpg


おはようございます。

今泊まってるモーテルのバスルームが無駄に広くて、めちゃくちゃ暗すぎます。
普通のモーテルの倍以上の面積があるんですが、照明は小さなライトが1つ、トイレの便座の真上についているだけです。
シャワーをするときは、シャワーカーテンを閉めるので、ほぼ暗闇になってしまいます。
なので仕方なく、部屋の照明の一つをバスルームに持っていって、その明りでシャワーをしています。
なんか、いい感じに間接照明になってしまって、やたらに良い雰囲気です。
こんなボロモーテルで、こんなにムードが出る必要なんて全くないんですが。

画像はGucciのリングと同じくGucciのレザーバッグです。
リングはシンプルな装飾ながら、やりすぎ感のないデザインが施されている一品。
そんなに大きくないサイズなので、男性だけでなく、女性にもおすすめのアイテムで、保存用の袋も付いた一品です。
バッグは、オールドのグッチでは珍しい大きめサイズ。
良い色目のスウェード素材で、かなり雰囲気のある男前です。

では、これから第3便を送りに行って、この地方都市を完全制覇していきます。

by used_link | 2015-09-11 21:24 | 買い付け日記 | Comments(0)

買い付け日記 24

d0176398_1217963.jpg

d0176398_1218184.jpg

d0176398_1219162.jpg

d0176398_1219151.jpg


先ほどレディースアイテムをアップしましたが、メンズも良いアイテムが買えているので、もう1つ買い付け日記を更新しておきます。

今日もかなり好調に商品がガッツリと集まり、大量収穫の1日でした。
この最終目的地の地方都市は、以前にも訪れたことがあり、その時も大量収穫できました。
今回も、今のところ良い結果が出ています。
集まった種類も、ヴィンテージからハイブランド、グッドレギュラーから小物まで幅広く収穫できました。
終盤戦に入って、これまでよりもさらに良い商品が大量に集まってきています。

そういうわけで、またまたモーテルの部屋が商品であふれてきているので、明日の朝に第3便を日本に向けて発送することに。
なので、ただいま嫌いなパッキング中です。
その現実逃避の為の、買い付け日記の更新でもあるんですが。

画像は、1960年代頃のAbercrombie&Fitchのニットジャケットと1980年代頃のChristin Diorのジャケットです。
ヴィンテージのアバクロのジャケットは上品な雰囲気のダブル仕立て。
細身の綺麗なサイズ感で状態も完璧な一品。
オールドのクリスチャン・ディオールのジャケットも、ダブル仕立てのロングジャケット。
ゆとりのあるサイズ感ながら、実際に着てみるとかなり綺麗なシルエットの男前。

これ以外にこんなスペシャルピースも買えています。
d0176398_1231262.jpg
d0176398_12313725.jpg

1950~60年代のスーベニアジャケットです。
リバーシブル仕様で、どちらの刺繍もクオリティーがかなり高いです。
大きめのサイズのものが多いですが、かなり綺麗なサイズ感の逸品です。

では、これからパッキングの続きをして、書類を作成していこうと思います。

by used_link | 2015-09-11 12:35 | 買い付け日記 | Comments(0)

買い付け日記 23

d0176398_103444.jpg
d0176398_1041810.jpg
d0176398_1092824.jpg
d0176398_1094590.jpg
d0176398_1095539.jpg
d0176398_101025.jpg


さきほど、本日の探索を終了し、スーパーに立ち寄ってから、モーテルに帰ってきました。

こっちのスーパーは異常というぐらいに寒いんですが、今日立ち寄ったところも極寒でした。
そんな中、カートを押しながら必要なものを入れ、レジに並んでいると、後ろにおじいさんがカートを押しながらやってきました。
何気なくおじいさんのカートの中を見ると、いろんな食料品や日用品の上に、イグアナのフィギュアがちょこんと鎮座。
めちゃくちゃ精巧にできてるなぁと思って見てると、突然フィギュアが動き出してビックリ。
フィギュアではなく、本物のイグアナだったみたいです。
ビクッとなった僕に、おじいさんは笑いかけてくれて、イグアナを腕に抱えて僕の方にグッと出してきてくれました。
とは言え、僕はかなり爬虫類が苦手なので、丁重にお断りしたんですが、なんでスーパーにイグアナを連れてきてるんでしょうか。
しかも、食料品の上に乗せるって。
いろんな意味で改めて自由の国を感じました。

レディースアイテムも、かなり好調に集まっているので、本日はレディースの紹介です。
Burberrys’のカーディガンと1940年代頃のワンピース、1940~50年代のサーキュラースカートです。
バーバリーのカーディガンは、上品なデザインの入ったイタリアメイド。
まだロゴがBurberrys’なので、2000年にあったロゴ変更以前のものです。
ヴィンテージのワンピースは、綺麗な状態で細身のかなり綺麗なシルエット。
バイカラーになっており、ディティールもこったスペシャルな一品。
サーキュラースカートも、かなりのスペシャルなアイテム。
コーデュロイ素材に刺繍とビーズのような立体の木の実のモチーフが付いた、状態、サイズ感ともに良い一品です。
今回の買い付けでは、メンズアイテムはもちろん、レディースも質的に高いアイテムが集まってくれています。

では、これから本日収穫分を仕分けしていこうと思います。

by used_link | 2015-09-11 10:29 | 買い付け日記 | Comments(0)

買い付け日記 22

d0176398_21434740.jpg
d0176398_21444538.jpg
d0176398_21194183.jpg
d0176398_21195760.jpg
d0176398_2120550.jpg
d0176398_21201641.jpg


おはようございます。

昨夜モーテルに帰ってから仕事をしていると、なにか外が騒がしい様子。
窓から外を見てみると、僕の部屋の真ん前に2台ほど救急車が停まっていました。
僕の部屋の真横が、モーテルの裏口になってるんですが、そこを慌てた様子の救急隊員が担架やいろいろな装置的なものを持って入っていきました。
どっかの部屋で具合の悪い人でもいるのかなぁ、と思っていると、この部屋の真上で騒がしい物音が。
リズム感のあるドンドンという床を打ち付ける音や時おり大きな音、女の人の叫び声が長時間続きました。
おそらく真上の部屋の人の具合が悪くなったか何かで、救急車を呼んで、心臓マッサージや心肺蘇生装置を使っていたんだと思います。
それが、昨日の夜中の出来事だったので、微妙に寝不足気味です。
上の階の人はどうなったんでしょうか。
無事だったら、いいんですけど。

画像は、1953年のロイヤルネイビーのベレーとCOMME des GARÇONS HOMME PLUSのニット、1950年代頃のレタードカーディガンです。
ヴィンテージのベレーはイギリス海軍のもの。
かなり綺麗な状態のもので、ヴィンテージのロイヤルネイビーものはイギリス国内でも、なかなか出てくることのない希少価値の高いアイテムになります。
特に、アメリカ買い付けで見つかることは、かなり珍しいです。
コム デ ギャルソン・オム プリュスのニットは綺麗な状態で綺麗なシルエットの一品。
シンプルなつくりながら、なんとも言えない綺麗なカラーリングが特徴的です。
レタードカーディガンも、コンディション、サイズ感、シルエットの揃った男前。
年々減少し、現地でも値段も高騰していっているレタードですが、特に黒はなかなか出てくることのない希少価値の高い一品です。
ブラックボディーに映える赤のワッペンが胸でなく裾についているのも、良いポイントかと思います。

では、これからこの最終目的地の町を探索してきます。

by used_link | 2015-09-10 21:16 | 買い付け日記 | Comments(0)

買い付け日記 21

d0176398_12185649.jpg
d0176398_12191838.jpg
d0176398_12184076.jpg

d0176398_12193710.jpg


今回の長い買い付けも、終盤戦に突入し、やっと最終目的地に到着しました。
ひたすらに体調の悪い買い付けですが、ここに来てやっと回復してきています。
商品についても、全然集まらず焦る日もありましたが、気がつけば過去最高量の商品数に並びつつあります。
本日も、かなり好調に商品が集まり、ちょっと前に日本に第2便を発送したばかりですが、またモーテルの部屋が商品に埋もれつつあります。

今日は、朝からドライブして、ちょくちょく寄り道しながら最終目的地のこの町へ。
寄り道したところでも、思った以上に順調に商品が集まって、車の中が大変なことになってきたので、目的地に着いてすぐにモーテルへ。
やたらに態度が悪く、訛りが強すぎて何を言ってるのか理解するのに大変なフロントにイラッとしながらも、無事にチェックイン。
すぐに車から大量の商品を部屋に運び込んでから、再び出発。

100キロほど、ひたすらに何もない道をフリーウェイで駆け抜けることに。
d0176398_12481735.jpg

こういう道ばかりは走ってるので、ドライブ中は何も感じませんが、改めて見てみるとアメリカの田舎な感じ満載です。
下道に降りてから、さらに田舎な感じの道をひた走ります。
d0176398_12482551.jpg

毎日毎日、こんな感じの何もない道を、ひたすらにドライブしています。
それでたどり着いた田舎町を、さっそく探索してみると、全く期待していなかったにもかかわらず、かなり良い感じに収穫できました。
夜までガッツリ田舎町を探索し、今いるモーテルに戻って現在に至ります。

画像は、ISSEY MIYAKEのジャケットと1960年代頃のウールジャケットです。
イッセイ ミヤケのジャケットはユルめのサイズ感ながらも、実際に着てみると綺麗なシルエット。
シンプルな感じながらも、モールスキンのような生地感で綺麗なテーラードのかたちを作るあたりに、このブランドらしさを感じます。
ウールジャケットは、ヴィンテージのものらしい良い意味でのどんくさいシルエット。
オールドものならではの生地感にチェック柄入っている男前です。
何度も丁寧にリペアがされており、前の持ち主の愛情が感じられ、唯一無二の雰囲気になっています。
こういったところもヴィンテージの良さだと再確認させてくれる一品です。

では、これから本日収穫分を仕分けしていこうと思います。

by used_link | 2015-09-10 12:32 | 買い付け日記 | Comments(0)

買い付け日記 20

d0176398_21295034.jpg
d0176398_2130023.jpg
d0176398_21301127.jpg
d0176398_2130199.jpg
d0176398_21302716.jpg
d0176398_2130351.jpg


おはようございます。
久しぶりに、まともな睡眠時間が取れたので、頭がスッキリしています。
体調も、かなり回復した気がします。

昨日は、何をやってもダメで、悲惨な1日でした。
まず、日本に向けて第2便を発送しに行ったんですが、いつものように担当者がなかなか来ず、来てからも担当者が何も知らず、やたらに時間がかかりました。
何とか商品を発送し、そこから150キロほどドライブして、田舎の中では若い人たちが集まるような微妙な町へ。
この町が全然ダメで、古いものもブランド物も出てこず、なかなか商品が集まらず。
そこから少しずつ移動しながら探索を続けるも、思うように商品は集まらないまま夜に。
とりあえず、モーテルにチェックインしたんですが、ベッドシーツを敷いていないという、ありえない状況。
フロントにそのことを伝え、ベッドシーツをくれるように頼みましたが、「明日の朝にならないと担当者がいないから無理」という意味の分からない回答。
「このモーテルには、もう他にベッドシーツがないの?」、と聞くと「あるけど鍵がない」とのこと。
しかも、「明日の朝に来てくれたら、シーツ渡せるけど」って、明日の朝にはチェックアウトするんですけど。
仕方なく、シーツなしで寝ることになりました。
本当に朝から夜まで、悲惨な1日でした。

画像は、COMME des GARÇONS HOMMEのシャツと60~70年代のユーロもののカーディガン、60年代頃のデニムのセーラーパンツです。
コム デ ギャルソン・オムのシャツは前身頃にはいった切り替えが、良い雰囲気。
色目も激しすぎず、変わり種ながらも取り入れてもらいやすいアイテムかと思います。
ユーロもののカーディガンは、胸元にはいった編み柄が、良いアクセント。
良いサイズ感で、メタルボタンも良い雰囲気です。
デニムセーラーパンツは、フロントがウールのセーラーパンツのようになっている、かなりの変わり種。
これまでいろいろなセーラーパンツを見てきましたが、デニムでこのデザインは初めて見ます。

では、これから300キロほどドライブしてきます。

by used_link | 2015-09-09 21:30 | 買い付け日記 | Comments(0)

買い付け日記 19

d0176398_21233196.jpg
d0176398_21234069.jpg
d0176398_21242257.jpg
d0176398_21243032.jpg
d0176398_21243881.jpg
d0176398_21244638.jpg


おはようございます。
体調がちょっと回復してきてたんですが、またほとんど寝れてないので、逆戻りしてしまいました。

どうでもいい話なんですが、今泊まってるモーテルのトイレの便座が高すぎます。
これまでも、空港などでトイレに入ると、アメリカ仕様の為、日本人の僕には高すぎるものが多かったんですが、今のモーテルのは、そんなレベルじゃありません。
座ってみると、ギリギリつま先が届くかどうかといった感じで、子供時代に戻ったみたいで落ち着きません。
足がほとんど届かないので、踏ん張りもききません。
いくらアメリカ仕様とは言っても、やりすぎな気がするんですが。

昨日は、朝からドライブして郊外の田舎町へ。
そこは少しの地域の違いで、白人さんしかいないようなエリアと黒人さんとメキシカンの人たちしかいないエリア、ほとんどメキシカンの人しかいないエリアに分かれていました。
なので、エリアを少し変えるだけで出てくる商品も値段も、かなり違っており、いろんなジャンルを大量収穫できました。
ここはあまり期待せずに来たんですが、思った以上の大量収穫で嬉しい反面、部屋に商品があふれ過ぎてしまったので、急遽日本に向けて第2便を発送することに。
というわけで、昨夜は夜から朝方までパッキングと書類の作成に追われ、ほとんど寝ることができませんでした。
ここ数日は頭がクリアだったんですが、またフラフラに戻ってしまいました。

画像は、70年代のYVES SAINT LAURENTのジャケットと60年代頃のスクールジャケット、1944年のカレッジリングです。
イヴ・サンローランのジャケットは綺麗な状態で良いサイズ感、綺麗なシルエットの男前。
オールドのサンローランは、年々出てくることが少なくなっている絶滅危惧種なので、かなり希少になってきています。
スクールジャケットは、胸にワッペンではなく刺繍がはいる、少し珍しいアイテム。
大きいものが多いヴィンテージのスクールジャケットですが、こいつはサイズ感が細身でかなり綺麗です。
カレッジリングは10K×シルバーの出てくることの少なく、出てきても原価が異常に高いタイプのもの。
値段交渉のすえ、うちの価格帯で出せるようになったので仕入れることが出来ました。
カレッジリングも大きめのサイズが多いですが、これは小さめのサイズ感なので男性だけでなく女性にもおすすめです。

では、これから第2便を発送してきます。

by used_link | 2015-09-08 21:24 | 買い付け日記 | Comments(0)

買い付け日記 18

d0176398_21242135.jpg
d0176398_21243090.jpg
d0176398_21243791.jpg
d0176398_21244459.jpg


おはようございます。

今日も昨日と同じモーテルに泊まってるので、部屋ではネットに繋がらず、こじんまりとしたロビーでパソコンをカタカタしています。
僕がパソコンをいじってるテーブルの正面に大きな窓があるので、朝ののどかな風景を眺めながら仕事が出来て、ちょっと気分がいいです。

そんな中、さっきふと外を見ると、70歳ぐらいの細身のおじいさんが犬を連れて散歩をしていました。
それ自体はのどかな朝のひと時なんですが、ひとつ違うのはおじいさんの散歩させている犬の数。
数えると6匹もの犬、しかもそのうちの4匹はかなりの大型犬。
細い体のおじいさんに制御できるはずもなく、右から左へと、ひきずられるように駆け抜けていきました。
あのおじいさんは、毎朝あんなことをしてるんでしょうか。
だとしたら、そろそろ学習して2~3回に分けて散歩するか、体を鍛えるかのどちらかをした方が良さそうな気がするんですが。

画像は、50年代頃のレタードカーディガンとJIL SANDERのウールジャケットです。
レタードカーディガンは、おそらくデッドストックだと思われる完璧なコンディションの一品。
サイズ感もかなり良く、色目も珍しいブラウンです。
ワッペンなどが付いていないシンプルなデザインに、オールドものならではのしっかりとした極上の質感のニット素材。
なかなかのスペシャルピースかと思います。
ジル・サンダーのジャケットも、コンディション極上。
落ち着いた色目のクオリティーの高いウール素材で、サイズ感も良く、シルエットもかなり綺麗です。
こいつも、なかなかの男前かと思います。

昨日は朝からちょっとドライブして、郊外の閑静な住宅街といった町へ。
うちの買い付けでは珍しい、治安が良さそうな静かな町で、こういったところではハイブランドが出てくることもちょくちょくあります。
この日も期待通り、ちょこちょことハイブランド商品が出た以外に、ヴィンテージもちらほらあり期待以上でした。
とは言え、数はそんなに集まらず、可もなく不可もなくという日といった感じでした。
そんな中、探索の後半でスペシャルアイテムと遭遇しました。
閑静な住宅街の片隅で、ひっそりと営業している、個人店の小さなアンティーク屋でソイツを発見しました。
お金持ちが多そうな町だけあって、なかなかの値段だったんですが、アンティーク屋のおばあちゃんとの値段交渉のすえ、なんとかうちで出せる値段にしてもらいました。

d0176398_21374194.jpg
d0176398_21375028.jpg


こいつが昨日発見したスペシャル。
1940年代頃のAVALONの手巻き時計です。
AVALONは、当時のスイスのブランドで、そんなに数は作っていなかったようです。
アンティーク時計の世界では、もちろん有名ブランドのものも価値は高いですが、あまり知られていない少数しか製造していなかったブランドの価値は、その希少さもあり、かなり高いです。
また、こっちのアンティーク屋などでアンティーク時計を見つけても、まともに動くものが非常に少なく、なかなか仕入れることが出来ません。
AVALONの時計自体、60年代頃のものは稀に出てくることはありますが、これぐらいオールドのものはかなり珍しく、希少価値が高いです。
また、この年代では考えられないような状態の良さで、フェイスの色も渋めのブラウンというのも、アンティーク時計自体で見ても、かなり珍しいかと思います。
今後なかなか出会えることのないスペシャルです。

では、これから200キロほどドライブしてきます。

by used_link | 2015-09-07 21:31 | 買い付け日記 | Comments(0)