京都の古着屋Linkのブログ

<   2019年 05月 ( 47 )   > この月の画像一覧


買い付け日記 19

d0176398_20384330.jpg
d0176398_20385484.jpg
d0176398_2039622.jpg
d0176398_20391631.jpg
d0176398_20392625.jpg
d0176398_20393797.jpg


おはようございます。

いま泊まってるモーテルには朝ご飯があって、それなりに良い感じだったんですが、ちょっとずつおかしくなってきています。
ここには、3日前の夜にチェックインして、最終目的地の拠点になています。
なので、朝ご飯は今日で3日目になります。
ここの朝ごはんは、ちょっとしたビュッフェ形式で、小さな食パンやベーグル、マフィンが定番で置いてあって、それに加えてその日の日替わりの温かいメニューが2品があり、自分で好きに選んで食べることができます。
最初の朝は、日替わりメニューがスクランブルエッグと小さなビーフパテでした。
正直そんなにおいしいものではありませんでしたが、かなり久しぶりの卵がちょっと嬉しかったです。
2日目の朝は、定番のパンたちに加えて、日替わりメニューでトングではさむだけで割れるカリカリすぎるベーコンと油でしっかりと揚げて中までしっかり油を吸い込んだ、もはや油の塊になったフレンチトースト的なもの。
ちょっと違和感は感じたものの、そんなに気にすることはありませんでした。

違和感を明確に感じたのは、今日の朝。
いつもの定番の食パン、ベーグル、マフィンが並び、その横のスチール製のフタの付いた容器には、本日の日替わりメニュー2品。
フタを開けてビックリしました。
そこには、ケンタッキーのビスケットをめちゃくちゃ劣化させたパンみたいなものと、それにかける専用の激マズのアメリカ定番のグレイビーソース。
いや、これ2品じゃなくて1品やん。もはやパン1品だけやん。
そもそもパンばっかりやん。
食パンとベーグルとマフィンが置いてあって、さらにビスケットが並ぶって、もうパン屋やん。
ビュッフェ形式の朝食っていうより、ただのパン食べ放題やん。
パンは好きですし、朝食が付いてるだけでありがたいことも分かってるんですが、最初に毎日2品温かい日替わりメニューがあるという説明を受けていただけに、何かガッカリしてしまいました。

どうでもいい話はこれぐらいにして、昨日も好調が続き、大量収穫の1日でした。
なので、最後に日本に向けて第3便を送るために、昨夜はひたすらパッキング作業でした。
なかなかに心の折れる作業が続きましたが、何とか終わらせることができ、これで今日の朝に運送会社さんへ持って行くことができると、ホッとしています。

画像は、デッドストックのRay-BanのサングラスとJUNYA WATANABE COMME des GARÇONS MANのポロシャツ、90年代のサマーセットアップです。
レイバンのサングラスは、箱付きで発見のコンディション完璧な逸品。
今回の買い付けで力を入れていた、サングラスもしっかりと集まってくれました。
特にレイバンのものは豊富で、いろいろなデザインでオールドものからデッドストックまで集まってくれて、ちょっとしたレイバン祭りになっています。
d0176398_20451650.jpg


ジュンヤ ワタナベ・コム デ ギャルソン マンのデザインポロシャツは綺麗な色目が目を引く逸品。
ブルーカラーのボディにはいったイエローカラーのラインや胸のレタリングデザインが、良いアクセントです。
ポロシャツも、ちょっと一癖あるものを中心に集まっています。
d0176398_20452971.jpg


他にも、夏の着こなしのアクセントになってくれるベストも豊富に集まってくれています。
d0176398_20453889.jpg


オールドのサマーセットアップは、夏らしいレーヨン素材が使われたアイテム。
ユルめのシルエットのカットソーとワイドなショーツの組み合わせの、これからの季節に活躍してくれる一品です。
今回の買い付けでは、本当にたくさんのサマーセットアップを集めることできました。
d0176398_20455076.jpg


では、これから第3便を送りに運送会社さんへ行ってきます

by used_link | 2019-05-31 20:45 | 買い付け日記 | Comments(0)

買い付け日記 18

d0176398_2018222.jpg
d0176398_20181193.jpg
d0176398_20182011.jpg
d0176398_20182875.jpg
d0176398_20183667.jpg
d0176398_20184563.jpg


おはようございます。

こっちの人は良い意味で素直で単純なので、言動に裏がある人は少ない気がします。
困ってたり弱ってたりする人を見ると、押しつけがましくなくサラッと、困ってるし助けようって感じで助けてくれる人が多いです。
僕は、もしかしたら逆に迷惑になってしまうかな、とか余計なことを考えてしまって、即座に動けないことがあるんですが、こっちの人は困ってるなと感じる=すぐに行動するって感じです。
荷物を持ってドアを開けようとすると、ドアの近くにいた人が走ってきて開けてくれたり、スーパーで水の32本セットとかを手で持って運んでいると、何人ものお客さんやスタッフさんが声をかけてくれ、中にはスーパーの入り口まで走ってカートを持ってきてくれる人までいました。
こういうことが当たり前にサラッとできるアメリカって好きだな、と素直に思います。

こっちに来ると体調を崩して、すぐに風邪をひいてしまう僕は、こっちのマダムからよく「Get well soon」と言う言葉をかけてもらいます。
すぐに良くなるよ、とかお大事にって意味の言葉なんですけど、なんか気持ちが暖かくなって、本当にすぐに治るような気がして、何故かすごく好きな言葉です。
昨日、こっちの100均的なところでティッシュとアメリカの強力のど飴を買ったときにも、レジ係のアメリカンマダムが商品を見て、僕の顔を見て、全てを察して「Get well soon」という言葉をかけてくれました。
ただ、気持ち=行動というこっちの人の感覚には、良い面もあれば悪い面もあるんです。

昨夜モーテルに戻ってから仕事をしていると、ここ数日で最大級に鼻とのどの調子が悪くなってきました。
余裕を持って多めにティッシュを買っていたんですが、夜中に使い切ってしまい、仕方なくフロントにもらいに行くことに。
フロントには、例の笑顔お姉さんではなく、別の柔らかい雰囲気のアメリカンマダムがいたので、彼女にティッシュをお願いしました。
僕の顔を見て全てを察したマダムは、すぐにティッシュを用意してくれて、笑顔で送り出してくれたんですが、僕が背中を向けた瞬間にシュッシュッシュッという音がエンドレスに聞こえ出しました。
振り返ってみてみると、さっきまで優しい笑顔だったマダムが、鬼の形相で霧吹きにはいった消毒液を吹きかけまくっていました。
その勢いは凄まじく、フロントデスクや天井、僕が立っていた空間など、目に映るすべての場所に向けて、よくそれだけ早く指が動くなっていう速度の連射で吹きかけまくっています。
いや、気持ちは分かるよ。悪いんは、風邪をひいてる僕やし。すぐに消毒した気持ちは。
でも、もうちょっとだけ待ってもらえへんかな。
僕が背中を向けた瞬間じゃなくて、せめてもうちょっと離れてからにしてくれへんかな。
さすがに、ちょっと傷つくやん。
どんなことにも良い面と悪い面があると気付かされた夜でした。

画像は、90年代頃のバットマンのプリントTシャツとCOMME des GARÇONS HOMMEのデザインシャツ、PRADAのレザーサンダルです。
オールドのバットマンのプリントTシャツは、胸元のロゴがアクセントになったお気に入り。
経年変化でフェードしたブラックカラーが、オールドものらしい良い雰囲気です。
コム デ ギャルソン・オムのデザインシャツは、ライトブルー×ホワイトの夏らしいさわやかな雰囲気。
遠目に見るとシンプルなシャツに見えながらも、身頃の右側がチェック、左側がストライプに切り替えられているあたりに、ここらしい遊び心を感じます。
プラダのレザーサンダルは、これからの季節に確実に活躍してくれる男前。
無駄のないシンプルなデザインながらも、実際に履くと存在感をしっかりと出してくれる、ハイブランドならではの逸品です。

好調なレディースアイテムも少しだけ。

50~60年代のビーズハンドバッグは、ハンドメイドで作られたベルギーからの1点もの。
深みのあるブラウンカラーで統一された、上質で上品な逸品です。
d0176398_20535280.jpg
d0176398_2054070.jpg


50年代のサマーワンピースは、ハワイメイドのヴィンテージ。
この年代のハワイメイドのものとなると、いかにもハワイアンな感じのものが多い中、こちらはデザイン性の高い柄のはいり方が珍しい、希少価値の高い逸品です。
d0176398_2054981.jpg
d0176398_20541666.jpg


では、今日は中型都市を郊外から攻めてみるので、ちょっとドライブしてきます。

by used_link | 2019-05-30 20:51 | 買い付け日記 | Comments(0)

買い付け日記 17

d0176398_128327.jpg
d0176398_1281117.jpg
d0176398_128263.jpg
d0176398_1283514.jpg
d0176398_1284538.jpg
d0176398_1285594.jpg
d0176398_129396.jpg
d0176398_1291377.jpg


今回の買い付けでも、やっぱりモーテル運がないみたいです。
モーテルに関してのトラブルがいつもより少ないと思っていたんですが、やっぱりうちの買い付けでそんな訳はなかったです。

今朝、買い付け日記を更新してから用意をしてモーテルの部屋を出ようと思ったんですが、大粒の雹のことが気になって、窓がどうにかなっていないか調べることに。
特に雹による被害はなかったんですが、問題は他にありました。
窓を調べた後、何気なくロックがかかっているか確かめるために窓をスライドしてみると、簡単に開きました。
通常、どこのモーテルでもチェックイン時には、窓はロックしてあります。
当然、僕たちは2人とも窓は開けていません。
チェックインの時に、モーテル側がロックをし忘れたのかと思い、窓の鍵をかけることに。
ここで違和感。
窓の鍵部分が壊れていて、全くロックがかからないんです。
僕たちが滞在しているのは1階。
しかも窓はかなり大きく、簡単に外から侵入できます。
さすがに、これはすぐに対処しないといけないと思い、フロントに行って事情を説明することに。

フロントにいたニコニコと笑顔をたたえた女性スタッフに事情を説明するも、ロックがかからない訳がない、と信用してもらえません。
僕たちの説明に対して、満面の笑顔で否定し続ける彼女に対して、これ以上説明しても無駄だと感じ、とりあえず部屋に来てもらうことに。
笑顔ながらも明らかにイヤそうな彼女を連れて部屋に入り、問題の窓を見てもらうことに。
「何なん、そんな訳ないやん」とか言いながら笑顔で窓をスライドする彼女。
当然、窓は簡単に開きます。
「あ、そうか。窓の鍵をロックしてないだけやん」とか独り言を言いながら、まだ笑顔を崩さずに鍵部分を回転させて再び窓をスライド。
やっぱり、当然窓は開きます。
「え、マジで?ウソやん。アカンやん、これ。大変やん」とつぶやきながら、ついに笑顔が消えた彼女にメンテナンススタッフを呼んでもらうことに。

今すぐ仕事に行かないといけないので、時間がないことを彼女に説明すると、メンテナンススタッフがすぐに部屋に来るということで、笑顔お姉さんにはフロントに帰ってもらい、部屋で待つことに。
この時点で、すでに出発予定の時間を結構過ぎてしまっています。
しかし、メンテナンススタッフは、どれだけ待っても来ません。
しばらく待ってみてもくる気配が全くないので、再びフロントへ。
さっきまで対応してもらっていた笑顔お姉さんをフロントで見つけると、おそらくスタッフと思われる黒人さんのオジサンと談笑していました。
フロントに戻って笑顔にも戻ったお姉さんに、「僕たち仕事に行くし、時間がないねんけど」と言うと、笑顔のまま「え?何が?」という対応。
挙句の果てに、「ああ、チェックアウト?」と尋ねてくる始末。
ウソやろ。この人、さっきの窓の鍵のこと、もう完全に忘れてるやん。
仕方なく、「さっき窓の鍵のことで・・・」と言うと、「あ、そうや。鍵や。すぐにメンテナンススタッフが行くから」と完全に笑顔を失って言う彼女。
「いや、ホンマに時間がないねんけど」と言う僕に、「大丈夫、彼がすぐに行くから」とさっきまでのんびりしゃべっていた黒人さんのオジサンを指さす彼女。
いや、ほんまにあり得へんねんけど。
仕事ですぐに出ないといけないことを伝えて、「じゃあすぐにメンテナンススタッフを部屋に行かせるから」と言っていた本人が、そのメンテナンススタッフと30分以上も談笑しているなんて。
さすがにイラッとして、キレ気味に「ホンマに時間がないし、今すぐに来て」と伝えると、やっとメンテナンスのオジサンが部屋まで来てくれました。

ただ、そこからがさらなるイライラの始まりでした。
部屋に入って窓を見たオジサンは、「ああ、なるほどね」みたいなことを言って、「道具を取ってすぐに戻ってくるから、ちょっと待ってて」と言い残して出ていきました。
部屋で待っていても、全く戻ってこないオジサン。
10分経っても戻らず、20分経っても戻らず、めちゃくちゃイライラしてきました。
そろそろ30分が経過して忍耐の限界を迎えかけたときに、のんびりした足取りでやっと戻ってきたオジサン。
道具をとりに行くのにこんなに時間がかかるってことは、大工事なのかと思っていたんですが、オジサンの手には電動ドリルが1つと、小さな部品だけ。
いや、なんでそれだけ取りに行くのに30分もかかるねん!と激ギレしかけたものの、グッと怒りを抑えて「ホンマに時間ないし、急いでや」とだけ伝えると、「15分ぐらいやから大丈夫」との答え。
ホンマに大丈夫なんかな、と疑惑の目を向ける僕たちに大きな背を向けて、窓枠のところで作業を始めるオジサン。
すると、2~3分で「終わったで。じゃあ帰るから」と言い、部屋を出ていくオジサン。
そんな短時間でホンマに直ったんかな、と窓をスライドしてみると、全く開きません。
やるやん、オジサン。窓の鍵の修理を、こんな短時間で終わらすなんて。さすがプロやん。
とさっきまでのイライラを忘れてオジサンを称賛する僕たち。

しかし、再び窓を見てみて分かりました。
オジサン、窓の鍵を修理したんじゃなかったんです。
窓のスライドするところの下部分に金具を取り付けて、無理やり窓を一切開かなくしただけだったんです。
いや、空気の入れ替えとか、どうすんのよ、コレ。
ただでさえ、この部屋にはなぜか換気扇が一切ついてないのに。
窓が外から開けられて侵入されるかもしれない不安感が無くなるんで、いいんですけどね。
やっぱり、ここはアメリカです。
僕たちでは考えつかないような、斜め上の発想を見せてくれます。

大幅に出発時間は遅れましたが、今日も大量収穫の1日でした。
予想通り途中で渋滞には悩まされましたが、1日を通してガッツリと収穫が続きました。
朝の遅れを帳消しにしてくれるような大量収穫だったので、モーテルの部屋が再び大変なことになりつつあります。

画像は、80年代の刺繍TシャツとY'sのデニムクロップドパンツ、FLAXのリネンセットアップとCOACHのブリーフケースです。
ヴィンテージの刺繍Tシャツは、胸元に施されたNEW YORKの刺繍が、さりげなくも良いアクセントです。
今回の買い付けでは、刺繍ものにも力を入れて集めてみました。
d0176398_12593083.jpg


Y'sのデニムクロップドパンツは、ワイドシルエットが良い雰囲気。
ウエスト部分に同素材のベルトが付いた、このブランドらしいディティールの凝ったお気に入りです。
FLAXのセットアップは、ここらしいリネン素材が使われた夏仕様の一品。
夏物買い付けなので、これからの季節らしいリネン素材のアイテムも集めてみています。
d0176398_132172.jpg


他にも、夏らしいシルク素材も、しっかりと確保できています。
d0176398_1323411.jpg


オールドコーチのブリーフケース型のビッグショルダーバッグは、入荷後に即完売することが多い人気のブラックカラー。
今回の買い付けでも、いろいろなデザインや大きさ、色目でオールドコーチのバッグが集まってくれています。
d0176398_1335775.jpg


では、これから本日の収穫分を仕分けしていこうと思います。

by used_link | 2019-05-30 13:04 | 買い付け日記 | Comments(0)

買い付け日記 16

d0176398_2125574.jpg
d0176398_213480.jpg
d0176398_2131410.jpg
d0176398_2132736.jpg
d0176398_214568.jpg
d0176398_2134940.jpg


おはようございます。

こっちは急に天気や気温が変わることが多いんですが、今回は本当に異常です。
昨夜に買い付け日記を更新してから、収穫分を仕分けしていると、突然外から大粒の大雨が突然降りだしたような音が。
しかし、雨にしては窓を叩く音に硬さがあるような気がします。
例えるなら、大量の小石を叩きつけるような音。
その後に交じって、少し悲鳴も聞こえます。
窓のカーテンを開けてみて驚きました。
雨などではなく、雹が降ってきているんです。
雹の大きさはバラバラで、大きなものはゴルフボールを小さくしたぐらいのものも混じっています。
モーテルの駐車場に車を止めて中に入ろうとしていた人達や、外でたばこを吸っていた人達は突然の雹に驚き、口々に何かを叫んで入り口に向かって走っています。
もう6月になるという初夏の夜に突然の雹。
雹によって、初夏なのに地面は真っ白に。
小石のような硬いものを大量に叩きつけるような大きな音。
口々に何かを叫んで逃げ惑う人々。
もはや地獄絵図です。
さっきニュースをつけてみると、少し前まで僕たちが滞在していた町に大量のトルネードが発生して、全く外に出ることができず、フリーウェイも全て封鎖されていました。
中には家ごと吹き飛ばされてしまっている地域もあるみたいです。
今までも色々と気象条件で悩まされることはありましたが、今回の異常気象は別格なような気がします。

画像は、HermèsのデザインリングとY'sのショートスリーブシャツ、90年代のサマーセットアップです。
エルメスのリングは、レザーが組み合わされたデザイン性のある逸品。
トップ部分にはデザインされたブランドロゴがつけられた、さりげなくも存在感のある世界的ハイブランドらしいアイテムです。
Y'sのショートスリーブシャツは、コンディション、サイズ感、シルエットの揃った男前。
一見シンプルに見えながらも、凹凸のある独特の素材感やクレリック仕様になった襟元、計算された絶妙にユルいシルエットなど、ディティールの凝ったここらしい逸品です。
オールドのサマーセットアップは、ショートスリーブのシャツとワイドシルエットのショーツの組み合わせ。
綺麗な色目の柄が目を引く、これからの季節の着こなしの主役になってくれるアイテムです。
今回の買い付けでは、いつも見つけるのに苦労する夏物セットアップが、かなり集まってくれています。

レディース商品も、相変わらず好調です。

90年代頃のデザインセットアップは、夏らしいリネン素材が使われた一品。
しっかりとデザインがされているものの、やりすぎ感を感じさせない、ユーズドのセットアップではめったに出てくることのない珍しいアイテムです。
d0176398_21251087.jpg
d0176398_21251845.jpg


YVES SAINT LAURENTのレザーサンダルは、箱付きで発見。
シンプルなデザインながらも、実際に履いた時に分かる極上のシルエットは、さすがの一言です。
d0176398_21252556.jpg
d0176398_21253442.jpg


では、これからこの大きめの中型都市を攻めていこうと思います。

by used_link | 2019-05-29 21:24 | 買い付け日記 | Comments(0)

買い付け日記 15

d0176398_11181313.jpg
d0176398_11182369.jpg
d0176398_11183386.jpg
d0176398_11184277.jpg
d0176398_11185042.jpg
d0176398_1119111.jpg


今回の長くてハードな買い付けも終盤戦に突入し、さきほど最終目的地のこの中型都市に到着しました。
この中型都市には何度も来たことがあるので、何となくホッとします。
とは言っても、僕の最高に嫌いな渋滞が多発する大きめの都市なんで、明日からイライラすることは確実です。

今日は朝から大量の商品を積み込んで、日本に向けて第2便を送りに運送会社さんへ。
特にトラブルもなく順調に商品の受け渡しをして、少しドライブ。
到着した町でさっそく探索開始。
探索開始してすぐに商品が集まり始め、大量収穫で次の町へ移動。
次の廃れた感じの田舎町に到着してすぐに、アイツに出会ってしまいました。
アメリカの田舎町特有のアイツ。
めちゃくちゃ長い貨物列車です。

コイツは結構有名で、めちゃくちゃ長い時には100両編成以上のものが存在し、その長さは数キロにおよびます。
運が悪いと、コイツに出会ってしまって、永遠に感じる時間を過ごすことになります。
しかもコイツ、だいたい田舎町の1番主要な道路を横切ってくれます。
なので、コイツと出会ってしまうと大渋滞。
田舎過ぎて主要な道路でも片側1車線しかないので、ただただ長い車の列ができ、そこに巻き込まれれば抜け出すことすらできません。
ただただボーっと待つものの、全く最後尾の車両が見えることすらありません。
しかも、スピードが急速に遅くなったり、また普通のスピードに戻ったりを繰り返してくるので、イライラして仕方ありません。
そこからイライラを通り越して、だんだんと無の状態になり、悟りを開きかけたころに何とか最後尾の車両が通過してくれました。
田舎の人は慣れていて、イライラしたりしないのかな、と思っていたんですが、踏切が開いてからは、どの車もそれまでよりも明らかにスピードが速く、運転が荒くなっていました。

そんな田舎町でも順調に商品が集まり、気分良くさらにドライブして、夜になってこの町に到着して、モーテルにチェックインして、現在に至ります。
今日の朝に第2便を送りに行ったばかりなのに、商品の圧迫感がなかなかのものになっています。
これから本日の収穫分を仕分けしていくんですが、無造作に置かれた商品の山を前に、ちょっと心が折れかけています。
とは言っても、買い付け中はどんなに体調が悪くても、商品が集まってくれるのが1番嬉しいんですけどね。

画像は、EMPORIO ARMANIのサングラスと70年代頃のハンティングベスト、ISSEY MIYAKEのデザインTシャツです。
エンポリオ・アルマーニのサングラスは、シンプルながらも着こなしのアクセントにしっかりとなってくれる逸品。
今回の買い付けでは、小物類もかなり順調に集まってくれています。
ヴィンテージのハンティングベストは、おそらくデッドストックの極上コンディション。
単調になりがちな夏の着こなしの、良いスパイスになってくれます。
イッセイ ミヤケのデザインTシャツは、絶妙なユルさのワイドシルエットが魅力。
ホワイトボディにアシンメトリーに施された、目を引くペイズリープリントが良い雰囲気です。

では、これから本日の収穫分を仕分けしていこうと思います。

by used_link | 2019-05-29 11:23 | 買い付け日記 | Comments(0)

買い付け日記 14

d0176398_20375792.jpg
d0176398_203884.jpg
d0176398_20381712.jpg
d0176398_20382724.jpg
d0176398_20383565.jpg
d0176398_20384445.jpg


おはようございます。

さきほど、何とかパッキング作業と書類の作成が終わりました。
今日の朝に日本に向けての第2便を送りに行くために、昨夜モーテルの部屋でひたすらパッキング作業に追われていました。
今回の買い付けでは驚くほど大量収穫が続いてくれているので、商品数が膨大で全く終わりが見えませんでした。
それに加えて、買い付け日記ではあまり触れていなかったんですが、僕の体調が過去最悪レベルに悪く、作業がはかどりません。
のどとか頭とか関節とかお腹とか、いろいろな部分に不具合が起こっているんですが、中でも厄介なのが鼻水。
何のアレルギー症状か分からないんですが、花粉症のように鼻水がずっと流れるように出てきます。
エンドレス鼻水です。

このエンドレス鼻水、パッキング作業にとっては天敵です。
パッキング作業は商品1点1点の素材をメモってダンボール箱に入れていくんですが、この作業中ほとんど下を向いているんです。
いま僕の鼻水はサラサラで流れるように出てくるので、下を向く=鼻水が出てくるなんです。
もう、これを解決する方法は1つしかありません。
ティッシュ鼻栓スタイルです。
鼻水が顔を出すたびに、1回1回鼻をかんでられないので、いっそティッシュを鼻に詰めてしまおうという作戦です。
ティッシュを小さくちぎって鼻に詰めた程度では、僕の鼻水を抑えることは出来ません。
なので、ティッシュを大きいまま両方の鼻の穴に詰めるという、プライドを全て捨てる、見た目無視作戦を決行しました。
この作戦が功を奏し、パッキング作業中に鼻水のことは、そんなに気にならなかったです。
ただ、そんな僕の姿を見た相方さんが、笑いをかみ殺すような、同情するような、なんとも言えない表情をして無言で僕の肩をポンポンと叩いてくるので、僕の心はズタズタです。

そんな僕の体調とは真逆に、うちの買い付けのセオリー通り、昨日も大量収穫の1日でした。
今のところ、買い付け中ほとんどハズレがありません。
いろいろと小さなトラブルはありますが、商品的にはすごく良い買い付けができています。

画像は、Yohji Yamamotoのカットソーと60年代頃のバンロンシャツ、Y'sのデザインショルダーバッグです。
ヨウジヤマモトのデザインカットソーは、ここらしい無駄を削ぎ落としたシンプルな男前。
シンプルなデザインながらも、実際に着たときの圧倒的な存在感は、さすがの一言です。
ヴィンテージのバンロンシャツは、あまり出てくることのないフルボタン仕様。
前身頃の施された、編み柄のストライプの切り替えが、オールドものらしい良い雰囲気です。
Y'sのデザインショルダーバッグは、リバーシブル仕様になった珍しい逸品。
ベージュ×ダークブラウンのバイカラー仕様になった、着こなしのアクセントになってくれるアイテムです。

レディース商品も、引き続き好調に集まってくれています。

80年代のChristian Diorのサマージャケットは、リネンがはいった夏らしい素材感が魅力。
綺麗になりすぎるイメージのダブルのジャケットながら、どこか力の抜けた雰囲気を出してくれるデザインバランスは、ハイブランドならではです。
d0176398_211019.jpg
d0176398_2110997.jpg


70年代のサマーハンドバッグは、現在は存在しなくなってしまったアメリカのデパートからの逸品。
デザイン性のある編み込みが全体に施された、ほとんど見かけることのない珍しいアイテムです。
d0176398_21101674.jpg
d0176398_21102446.jpg


では、これから第2便を送りに運送会社さんへ行ってきます。

by used_link | 2019-05-28 21:03 | 買い付け日記 | Comments(0)

買い付け日記 13

d0176398_20193030.jpg
d0176398_20194068.jpg
d0176398_20194859.jpg
d0176398_2019572.jpg
d0176398_2020744.jpg
d0176398_2020178.jpg
d0176398_20202691.jpg


おはようございます。

あんなに寒かったのに、気温がしっかり上がって真夏の暑さになってきました。
車の中もモーテルの部屋も、少し前まではエアコンは暖房でつけていたんですが、今ではそれが嘘だったように思えるほどに暑く、冷房になっています。
なので、モーテルの部屋でも冷房をつけていたんですが、昨日の夜の作業中に異変が。
冷房をつけながら、いつものように収穫分を仕分けしていると、突然エアコンからすごい音がし始めました。
ハーレーのエンジン音×100ぐらいの爆音が。
その音量は凄まじく、つけていたテレビの音声が全てかき消されるほど。
少ししたら鳴りやむかと思いきや、全く鳴りやむ気配がありません。
夜の遅い時間で、他の部屋にも迷惑がかかるので、とりあえずエアコンを切ることに。
本来ならフロントに言って部屋を替えてもらったりするんですが、満室みたいでそれも無理。
仕方なく真夏の暑さの中、エアコンなしでひたすら作業をすることになりました。
以前に経験した、モーテルのテレビから火花が散った後、絶対に吸ってはいけない異臭のする煙が出るという異常事態に比べれば、こんなことどうってことないんですけどね。

昨日もしっかりと商品が集まってくれた1日でした。
今回の買い付けでは、かなり順調に商品が集まってくれています。
夏の買い付けでは、過去最高に順調なんじゃないでしょうか。
うちの買い付けのセオリー通り、僕の体調は最悪なんですけど。

画像は、50年代のイニシャルリングとバングルのセット、COMME des GARÇONS HOMMEのデザインシャツ、90年代頃のサマーセットアップです。
ヴィンテージのリングとバングルは、トップ部分にイニシャルが刻まれた、この年代らしい良い雰囲気の逸品。
リングとバングルがセットになった、かなり珍しい希少価値の非常に高いお気に入りです。
コム デ ギャルソン・オムのショートスリーブシャツは、コンディション、サイズ感、シルエットの揃った男前。
画像ではシンプルな白シャツに見えますが、左胸に付いたポケットが2重仕立てになった、このブランドらしい遊び心のある逸品です。
オールドのセットアップも、良い状態でユルめの良いサイズ感。
ショートスリーブのオープンカラーシャツとテーパードのかかったイージーパンツの組み合わせの、いろいろな着こなしを楽しんでもらえるアイテムです。

では、これからちょっとドライブしてきます。

by used_link | 2019-05-27 20:42 | 買い付け日記 | Comments(0)

買い付け日記 12

d0176398_20494543.jpg
d0176398_20495477.jpg
d0176398_2050346.jpg
d0176398_20501228.jpg
d0176398_20502184.jpg
d0176398_2050304.jpg


おはようございます。

ちょっと前までは冬のような気温で天気も悪めだったんですが、昨日ぐらいから天気が良くなって、気温も上がってきました。
朝と夜は寒いですが、昼間はTシャツ1枚で過ごせるぐらいの気温です。
やっとこの時期の買い付けらしくなってきました。
1日でガラッと気温も気候も変わってしまうので、体調がついていきません。
こっちでは各地で異常気象が多発しているみたいで、連日ニュースでとりあげられています。
ちょっと前まで僕が滞在していた町も、立ち去った後すぐに大嵐に襲われて、大変なことになっているみたいです。
何か以前よりも雨も異常な気象も増えてきた気がします。

昨日は良い天気の中ドライブ。
どんよりした天気よりも、真っ青な空の下でドライブする方が、なんとなく気分が良くて商品も集まってくれる気がします。
到着した大きめの郊外の町で、良い気分のままさっそく探索開始するも、思っていた以上に商品が集まらず、大苦戦。
少しずつ場所を変えてみても、連日の大量収穫がウソのように、なかなか商品が集まってくれません。
昼過ぎまでねばってみるも、結果は変わらずなので、見切りをつけて移動。
移動先の町でも苦戦を覚悟しましたが、ここは大当たりでした。
そこからは夜まで大量収穫が続き、1日のトータルとしては良い感じに商品が集まってくれました。

画像は、90年代頃のY'sのデザインベストと60~70年代のBIG MACのデニムペインターパンツ、COMME des GARÇONS HOMMEのデザインスニーカーです。
Y'sのデザインベストは、なかなか出てくることのない希少価値の高いオールドもの。
こういったベストでは珍しいフロントジップのデザインや、後ろ身頃のサイドに付けられたアジャスターなど、ディティールの凝った、ここらしい逸品です。
ビッグマックのペインターパンツは、オールドものらしい良い雰囲気。
こういった王道ヴィンテージのアイテムほど、年々見つけることが難しくなってきています。
コム デ ギャルソン・オムのデザインスニーカーは、これからの季節の足元の良いアクセントになってくれます。
スニーカーのアッパー部分全体に大きめのドット柄がはいった、このブランドらしさが詰まった逸品です。

レディース商品も好調に買えています。

JIL SANDERのデザインワンピースは、コンディション、サイズ感、シルエットの揃った逸品。
無駄を削ぎ落としたシンプルなデザインだからこそ分かる、実際に着たときの極上シルエットは、さすがの一言です。
d0176398_21231237.jpg
d0176398_2123207.jpg


60~70年代のノースリーブワンピースは、綺麗な色目が目を引くアイテム。
イエローカラーのボディにはいったドット柄、そのドット柄に交じった天道虫、その天道虫の色目にあわせたウエストベルトなど、ディティールの凝った逸品です。
今回の買い付けでは、ワンピースが豊富に集まってくれています。
d0176398_21232836.jpg
d0176398_21233672.jpg


では、これからちょっとドライブしてきます。

by used_link | 2019-05-26 21:18 | 買い付け日記 | Comments(0)

買い付け日記 11

d0176398_1918325.jpg
d0176398_19184022.jpg
d0176398_192050100.jpg
d0176398_1921041.jpg
d0176398_1919867.jpg
d0176398_19191710.jpg


おはようございます。

いま泊まってるモーテルのバスルーム、広さも良い感じでシャワーカーテンも小さすぎず、水圧も弱すぎないので、すごく良いんですが、1つだけ難点があります。
それはシャワー。
以前におかしな位置にシャワーが付いていたことはあったんですが、ここは程よい位置にあります。
ただ、それでも1つだけ気になることがあるんです。
通常のシャワーは、水が何本もの細い線状になって広範囲に放出されるんですが、ここのは違います。
めちゃくちゃ太いのが、ほぼ1本だけ放出されます。
しかも、ここは水圧が強めなので、結構な圧で降りかかってきます。
例えるなら、それはまるで滝のよう。
シャワー中は、ほぼ滝行です。
普通に頭を洗っているだけなのに、滝に打たれているような気分になってきます。
特に意識をしないで、この滝のようなシャワーを浴びていると頭が持っていかれるので、常に首に力を入れておかないといけないです。
シャワー中ずっと力を入れているので、シャワー後は何かちょっと疲れています。
ただ、なぜか少しだけ晴れやかな気分になるのは、滝行を終えたような感じがするからでしょうか。

昨日も大量収穫の1日だったので、モーテルの部屋がすごいことになってきています。
1枚1枚の厚さが少なく、山になりにくい夏物商品たちですが、しっかりと山ができてきています。
また生活空間が少なくなってきました。

画像は、GUCCIのサングラスと90年代のスターウォーズTシャツ、COMME des GARÇONS HOMMEのデザインシャツです。
グッチのデザインサングラスは、ケース付きで発見。
シンプルながらも、しっかりと存在感のある、ハイブランドらしい逸品です。
オールドのスターウォーズのTシャツは、エピソード1からのアイテム。
エピソード1に登場するダースモールが、素材を切り換えて胸元にはいった、着こなしの主役になってくれるお気に入りです。
コム デ ギャルソン・オムのデザインシャツは、ここらしい遊び心が感じられる逸品。
少し光沢感のある素材やユルめのシルエット、織り柄ではいったドット柄など、ここらしさが詰まっています。

では、これから300キロほどドライブしてきます。

by used_link | 2019-05-25 19:39 | 買い付け日記 | Comments(0)

買い付け日記 10

d0176398_20441555.jpg
d0176398_20442542.jpg
d0176398_20444978.jpg
d0176398_20445825.jpg
d0176398_2045634.jpg
d0176398_20451524.jpg


おはようございます。
久しぶりに、しっかりと睡眠をとって頭がスッキリしました。
連日の極寒で弱っていた体調も、少し回復した気がします。

昨日は、長すぎる1日でした。
夜中に起きて、早朝便の飛行機で移動するために空港へ出発。
その後、順調に飛行機は飛んだものの、極寒の外よりもさらに寒すぎる機内。
思い切り眠ってやるつもりが寒すぎて眠れず、数時間ガタガタ震えただけで、時差の関係で出発した時間と、そんなに変わらない時間に目的地に到着。
しっかりと移動したので、気温が暖かくなっていることを期待したんですが、こっちの方がさらに寒かったです。
最高気温5度。しっかりと冬の寒さ。
こっちの人に話を聞いてみると異常気象すぎて、ここでは数日前に雪が降ったらしいです。
そんな極寒の中、空港から外に出て、そのままレンタカー会社へ移動。
いつも何かとトラブルのあるレンタカー会社ですが、今回はすんなりと車を借りて、そのままドライブ。
郊外の町まで移動して、さっそく探索開始。
ここが期待していた以上に大収穫で、寒さも疲れも忘れて、ひたすら商品集め。
突然の眠気で夕方ぐらいからの記憶があいまいですが、夜まで大量収穫を続け、その後モーテルにチェックイン。
そのまま日用品を買いにスーパーと100均的なところに行って、買い物をして、モーテルに戻って、収穫分を仕分け。
その途中からの記憶がなく、現在に至ります。

画像は、Maison Martin MargielaのレザーブレスレットとY'sのデザインニットソー、80~90年代のサマーセットアップです。
マルタン・マルジェラのレザーブレスは、名作との声も多い2000年代の初頭のオールドもの。
一見シンプルに見えながらも、一枚革に切れ込みを入れて編み込みがされた、ここらしい凝ったつくりの逸品です。
Y'sのニットソーは、サイズ感、シルエット、コンディションの揃った男前。
こちらも一見シンプルなデザインに見えますが、身頃の部分と袖の部分の素材が切り替えられた、ディティールの凝った、このブランドらしいアイテムです。
オールドのサマーセットアップは、綺麗なオレンジカラーが目を引く一品。
ユルめのシルエットの半袖のテーラードジャケットとテーパードパンツの組み合わせの、着こなしの主役になってくれるアイテムです。

レディースアイテムも、引き続き好調です。

50年代のショートスリーブのサマーコートは、なかなか見かけることのない珍しい逸品。
裏地の綺麗なレッドカラーや特徴的な襟元のデザイン、上部に付いた1つボタンなどの細かなディティールは、ヴィンテージものならではです
d0176398_20591564.jpg
d0176398_20592326.jpg


60~70年代の夏物セットアップは、ショートスリーブのトップスとスカートの組み合わせ。
プリントではなく、全体に細かな刺繍が施された、コンディション、サイズ感、シルエットの揃った、希少価値の高い逸品です。
d0176398_20593325.jpg
d0176398_2059421.jpg


では、これからちょっとドライブしてきます。

by used_link | 2019-05-24 21:03 | 買い付け日記 | Comments(0)