京都の古着屋Linkのブログ

<   2019年 11月 ( 21 )   > この月の画像一覧


買い付け日記 9

d0176398_2031240.jpg
d0176398_20311169.jpg
d0176398_20312337.jpg
d0176398_203132100.jpg
d0176398_20314494.jpg
d0176398_2031574.jpg


おはようございます。
今回の買い付けは、いつもと比べると日数が少なく、その分めちゃくちゃハードです。
普段の買い付けもなかなかにハードワークなんですが、今回のは比較にならないハードっぷりです。
そんな今年最後の買い付けも終盤戦に突入し、昨夜この最終目的地に到着しました。
連日のハードワークと寒暖差の激しさで身体はボロボロですが、商品は過去最高量に近いぐらいに集まってくれているので、精神的にはすごく健康的です。

少し前に雪が降ってから気温が低い日が続いていたんですが、昨日はそれまでの極寒っぷりとは真逆の暖かく過ごしやすい気候にホッと一息。
天気も良く、晴れ渡った気持ちのいい気候の中、ドライブ。
到着したのは、少し治安悪めな田舎町。
全く期待していない町だったんですが、ここも大当たり。
今回の買い付けで訪れたどの町よりもガッツリと収穫ができました。
予想外の大量収穫に良い意味で戸惑いを感じながら、さらにドライブ。
次に訪れた町でも、予想に反してしっかりと収穫。
そこからさらにドライブして、めちゃくちゃ治安の悪い感じの田舎町へ。
ここでも大量収穫は続き、1日を通してかなりの商品を集めることができました。

予想に反した大量収穫に気分よく、さらにドライブ。
到着したのは、いまいる今回の買い付けの最終目的地である地方都市。
到着後すぐに予約していたモーテルにチェックイン。
フロントデスクの白人さんのオバサンにパスポートとクレジットカードを渡して、予約の確認をしてもらうことに。
いつもならすぐにチェックインの手続きが始まるんですが、僕の顔をチラッと見て、ジッとパソコンの画面を見て、また僕の顔を見て、パソコンを見てを繰り返すオバサン。
しっかりと予約もしたし、先に宿泊分の料金も支払っているのに、何なんやろと思いつつ待つ僕たち。
たっぷり5分ほどパソコンの画面と僕の顔を見続けた後で、突然パソコンの画面を反転させて僕たちの方に向けてきました。
そして、画面に並んだ名前の1つを指さして、一言。
「たぶんやけど、あんたこの人やんな」
そこには何て読めばいいのかも分からない、どこの国の人かも判断できないような、やたらに長い名前が。
とにかくどう読めばいいのかは分からないですが、無理やり読むとしたら”チョズ なんとかかんとか”さん。
いやいや、ちゃんとパスポート渡してるやん。
そこに名前書いてるやん。
何で僕の見た目だけで、その名前の人やと思ったん。
なんか分からんし、その名前の人には悪いけど、ちょっと嫌やわ。
しかも、その人の名前の5つぐらい下には、しっかりと僕の名前が載ってるし。
いろいろ言いたいことはありましたが、グッとこらえて画面を彼女の方に戻し、僕の名前を指さして「僕の名前はこれやで」と教えたものの、ちょっと納得いかない顔をするオバサン。
一応、しっかりと僕の名前でチェックインの手続きはしてもらえましたが、おばさんはずっと納得のいかない様子でした。
いや、僕ってそんなに”チョズ なんとかかんとか”顔なんかな。
チョズさんには悪いけど、やっぱりなんか嫌やわ。
そんな何と表現したらいいのか分からない感情になるやり取りを終えて、部屋に大量の荷物を運び込んで、収穫分の仕分けをしている途中で記憶があいまいになって、現在に至ります。

少し前に第1便を日本に送ったばかりですが、モーテルの部屋が大変なことになっています。
このままだと日常生活に支障をきたすので、明日の朝にでも日本に向けての第2便を送りに行こうかと思います。

画像は、COMME des GARÇONS HOMMEのデザインコートと60~70年代のセットアップ、同じく60~70年代のGUCCIのネクタイです。
コム デ ギャルソン・オムのデザインコートは、ショート丈のスッキリとした印象の逸品。
肉厚で柔らかなウール素材に縮絨加工が施された、ここらしい遊び心の詰まったお気に入りです。
ヴィンテージのセットアップは、渋めのカラーリングが魅力。
上質なウール素材に上品なストライプ柄がはいった、着こなしの主役になってくれる男前です。
ヴィンテージのグッチのネクタイは、深みのあるブラウンカラーが大人な良い雰囲気。
ハイブランドのネクタイは数多く仕入れてきましたが、こちらはその中でも最高峰に位置する、めったに出てくることのない希少価値の高いスペシャルピースです。

レディースアイテムも、終盤戦になっても好調です。

60年代のショートジャケットは、1884年創業のイギリス王室やマリリンモンローなどのセレブに愛された高級ブランド、JAEGERからの逸品。
ファブリックデザインや各所に施されたパイピングなど、ディティールの凝った、上品な良い雰囲気です。
d0176398_21162811.jpg
d0176398_21163687.jpg


50年代のダブルのコートは、使ってもらいやすいミドル丈。
なかなか見かけることが無くなったアストラカンが使われた、希少価値の高い逸品です。
d0176398_2116469.jpg
d0176398_21165310.jpg


70年代のロングスリーブワンピースは、マクロスウェード素材が使われた柔らかな印象。
襟元のさりげないスタンドカラーやスクエアなボタン、すその色目の切り替えなど、ディティールの凝った、オールドものらしいアイテムです。
d0176398_2117520.jpg
d0176398_21171142.jpg


では、これからこの最終目的地を駆け回ってきます。

by used_link | 2019-11-14 21:12 | 買い付け日記 | Comments(0)

買い付け日記 8

d0176398_2202344.jpg
d0176398_2203752.jpg
d0176398_2204981.jpg
d0176398_221392.jpg


おはようございます。

こっちに来てから、静電気がすごく激しいです。
日本にいる時と比べて、アメリカに来ると静電気のバチッという感じが増えるんですが、今回は特に激しい気がします。
車に乗り込むときにドアでバチッ、コンビニの扉の取っ手部分でバチッ、レジの人からお釣りをもらうときにバチッ。
昨日は、駐車場の地面部分のアスファルトに落としたキーを拾おうとして、激しい静電気に襲われました。
静電気のあのバチッとした感じがすごく嫌いな僕は、ひたすら罰ゲームを受けているような気分になります。

その静電気地獄はモーテルの中で最も激しく、ベッドで寝ていて動いたときなんかは、手やおなかや足など身体のいたるところでバチバチいっています。
寝ている間に、どれだけの静電気をため込んでいるんでしょうか。
部屋を真っ暗にしているときは静電気が光るのが見えるので、恐怖倍増です。
特に注意すべき時は寝ぼけた状態でトイレに行く時で、いつもは細心の注意を払いながらバスルームのドアノブに触れるんですが、寝ぼけているときは忘れてしまっているので、普通に触ってしまいます。
するとベッドでため込んだ静電気が、僕の指先と金属製のドアノブの間ですべて放出され、めちゃくちゃ激しい音と共に恐ろしいレベルのバチッがきます。
さっきも不意打ちで最大級の静電気を指先にくらって、いまもちょっとドキドキしています。
ビックリする分、一瞬で目が覚めるので、ある意味で最高の目覚ましなんですけどね。

画像は、50~60年代のウールチェスターコートと80~90年代のBurberrysのデザインセットアップです。
ヴィンテージのチェスターコートは、あまり出てくることのない深みのあるブラウンカラーが魅力。
これぐらいの年代のチェスターコートはかなり大きめサイズのものが多いですが、こちらはめったに見つかることのない細身の綺麗なサイズ感の男前です。
オールドのバーバリーのセットアップは、ダブルのジャケットとサスペンダーパンツの組み合わせ。
上質なウール素材が使われた、ここらしい上品な雰囲気の逸品です。

レディース商品も、引き続き好調です。

70~80年代のデザインニットは、YVES SAINT LAURENTから。
元々はメンズの極小サイズなのですが、女性に着てもらうと程よいサイズ感で楽しんでもらえる、デザイン性の高い逸品です。
d0176398_2244852.jpg
d0176398_2245975.jpg


70年代頃のチェスターコートは、上質なツイード素材を使用。
実際に着てみると分かる極上の綺麗なシルエットは、オールドものならではです。
d0176398_2251213.jpg
d0176398_226247.jpg


60~70年代のウールプリーツスカートは、イングランドメイド。
上質なウール素材に上品なチェック柄がはいった、ヴィンテージのイングランドものらしいアイテムです。
d0176398_2261728.jpg
d0176398_2262886.jpg


では、これからちょっとドライブしてきます。

by used_link | 2019-11-13 22:12 | 買い付け日記 | Comments(0)

買い付け日記 7

d0176398_1524397.jpg
d0176398_15241386.jpg
d0176398_15242667.jpg
d0176398_1524339.jpg
d0176398_15244316.jpg
d0176398_1524521.jpg


めちゃくちゃおなかが痛いです。
治ってきていた腹痛が復活してしまいました。
その原因は、自分で分かっているんです。

今日は、モーテルを出発してすぐに第1便を送りに運送会社さんへ。
特にトラブルもなく荷物を送れて、スッキリとした車でドライブ。
郊外の町に到着後、すぐに探索開始。
ここはいい感じに買える予想だったんですが、その予想をはるかに超える大量収穫。
大量の商品を車に積み込み、さらにドライブ。
次に到着した町でもガッツリと収穫できました。
1日を通して大量収穫だったので、第1便を送ってすぐにもかかわらず、モーテルの部屋の商品たちの圧迫感が、なかなかな感じになっています。

モーテルに大量の商品たちを置いた後で、日用品を買いにスーパーへ。
スーパーで必要なものを買ってレジに向かうと、レジ周辺にすごくいい匂いが漂っています。
その正体は巨大な保温容器。
温かく保てる専用の棚の中に、大きなパックにはいった鶏の丸焼きが並んでいます。
食べ慣れないものを食べると、僕はすぐにおなかの調子が悪くなってトイレにこもることになるんですが、おなかが減っていた僕たちには、あまりにも魅力的な香り。
こっちに来ると、基本的に夜ご飯は日本から持っていっている粉末のスープと100均的なところで買ったお菓子を少しぐらいしか食べないので、普段ならローストチキンとか素通りなんですが、今日は疲れすぎていたのか目が釘付けに。
ホカホカで激しくいい匂いを放っている丸々一羽のローストチキン。
昨夜はパッキング作業を頑張ったし、今日も1日中しっかりと駆け回って大量収穫やったし。
しかも、値段を見てみると$4.5ドル。
日本円で500円弱。
もはや、僕たちには買う以外の選択肢はありませんでした。

スーパーからモーテルに帰り、さっそく1羽まるごとのローストチキンを食べてみることに。
たった$4.5ドルやし、美味しくないやろうとハードルを下げつつ、胸肉部分を1口食べてみることに。
うわ。あかん。美味しすぎる。
胸肉とは思えないビックリするぐらいしっとりとした鶏肉に、塩コショウのシンプルな味付けが絶妙。
程よく効いたニンニクの香りが、さらに食欲をそそります。
次に足部分を取り分けてみると、ほぼ抵抗がないぐらいにナイフが入っていきます。
ナイフの入り具合から分かるのは、その肉の柔らかさ。
もも肉部分を1口食べてみると、胸肉の感じとは違ったしっとり感。
最高。
では、次は手羽先部分・・・。
といった感じで食べ進めていくうちに、おなかがいっぱいになり、夜ご飯終了。
久しぶりに、しっかりとご飯を食べたという感じの満足感でした。

その幸福な気分に浸っていられたのも、30分ほど。
急激な腹痛に襲われて、トイレに向かって一直線。
いや、分かってはいたんです。こうなることは。
普段スープとちょっとしたお菓子という質素なごはんなのに、こんなにしっかりとしたものを受け付けないことは。
僕のおなかが弱すぎて、絶対にトイレにこもることになるってことは。
それでも、どうしても食べたかったんです。
今、ブログを作成中もおなかは痛いままですが、今日の僕に後悔はありません。

画像は、80~90年代のLANVINのデザインニットと80年代のリバーシブルコート、オールドコーチのビッグショルダーバッグです。
オールドのランバンのデザインニットは、絶妙なユルめのシルエットが良い雰囲気。
編み柄のはいったニット素材にマイクロスウェード素材が切り替えになった、デザイン性の高い逸品です。
オールドのロングコートは、チェック柄のウール素材と無地のコットン素材のリバーシブル仕様。
ボタンのデザインがされた袖口やドルマンスリーブ仕様、すそのラウンドがかった独特のカッティングなど、ディティールの凝ったアイテムです。
オールドコーチのビッグショルダーバッグは、人気の高いブリーフケース型。
この年代のここらしい、肉厚ながらも柔らかな極上のレザーが使われた、長く愛用してもらえる男前です。

では、胃腸薬を飲んで、本日収穫分の仕分けをしようと思います。

by used_link | 2019-11-13 15:30 | 買い付け日記 | Comments(0)

買い付け日記 6

d0176398_2117551.jpg
d0176398_2118593.jpg
d0176398_21181573.jpg
d0176398_21182688.jpg
d0176398_21183669.jpg
d0176398_21184668.jpg


おはようございます。
さきほど、何とかパッキング作業と書類作成が終了して、一安心です。

昨日は、これまでの暖かさとは違って、起きてみると極寒。
外を見てみると雪で、見渡す限り真っ白になっていました。
車のいろいろなところが凍りついてしまっているので、早めにモーテルの部屋を出発して、ガタガタ震えながら窓やフロントガラスの氷の除去作業。
それが終わって暖かい車内に逃げ込んでみたものの、ガソリンがかなり少なくなっていることに気付き、近くのガソリンスタンドへ。
こっちのガソリンスタンドはセルフしかないので、歯がガチガチなるのが止まらない極寒の中、また震えながら給油作業。
給油が完了して、車内の暖かさに感謝しながら、雪が降る中300キロほどドライブ。
到着後、すぐにあまり治安のよくない感じの田舎町を探索。
全く期待していない町だったんですが、予想に反して商品集は順調に集まってくれて、大量収穫の1日になりました。

昨日も、しっかりと大量収穫だったので、モーテルの部屋が本当に大変なことになり、第1便を日本に向けて送ることに。
気分転換に買い付け日記を更新することもできず、テレビを観たり窓の外を眺めて現実逃避する余裕もなく、少し前までひたすらにパッキング作業を書類の作成に追われていました。
やってもやっても終わりの見えないパッキング作業に心が折れそうになりながらも手を動かし続け、朝方に何とか終了。
そこから無理やり目をこじ開けて書類の作成。
いつも通り謎の誤字脱字を繰り返しつつも終了して、ちょっと仮眠をとって現在に至ります。
自分で予想していたよりも大量のパッキング作業だったので、今回はめちゃくちゃ焦りました。

画像は、ETROのデザインリングと90年代頃のYVES SAINT LAURENTのデザインニット、50~60年代のウールコートです。
エトロのリングは、フロントにブランドロゴが刻まれたアイテム。
さりげないデザインながらも、しっかりと存在感を出してくれるのは、ハイブランドならではです。
オールドのイヴ・サンローランのデザインニットは、綺麗な色目の編み柄が目を引く男前。
カジュアルな印象になりがちな、絶妙なユルめのシルエットや明るい色目の編み柄ながら、どこか上品な雰囲気が漂う、ハイブランドらしい逸品です。
ヴィンテージのウールコートも、力の抜けたシルエットの、良い雰囲気のお気に入り。
上質なウール素材のコート全体に深みのある色目のチェック柄がはいった、これからの季節の着こなしの主役になってくれる逸品です。

今回の買い付けでも、レディースアイテムもしっかりと集まってくれています

60年代のクルーネックカーディガンは、なかなか出てくることのない裏地付き。
上質なニットの各所に施された、サテン地のデザインが良いアクセントです。
d0176398_213989.jpg
d0176398_21391458.jpg


90年代のEMPORIO ARMANIのデザインセットアップは、柄×無地の珍しい組み合わせ。
全体に施されたデザインもさることながら、実際に着たときの極上シルエットは、さすがの一言です。
d0176398_21392314.jpg
d0176398_21393925.jpg


Salvatore Ferragamoのデザインローファーは、人気の高いマニッシュなデザインが魅力。
スッキリとした綺麗なシルエットながら、実際に履いた時に窮屈さを感じさせることのない、ハイブランドならではの逸品です。
d0176398_21395138.jpg

d0176398_21462538.jpg


では、これから第1便を送りに行ってきます。

by used_link | 2019-11-12 21:38 | 買い付け日記 | Comments(0)

買い付け日記 5

d0176398_215982.jpg
d0176398_2151951.jpg
d0176398_2153259.jpg
d0176398_2154246.jpg
d0176398_216450.jpg
d0176398_2161613.jpg


おはようございます。

こっちは日本よりも乾燥しているからか、すぐにのどが痛くなってしまいます。
なので、夜寝る時もマスクをしているんですが、僕はマスクがすごく苦手です。
まだ眠っていないときは我慢してつけているんですが、眠ってしまうとすぐにはずしてしまうみたいです。
朝起きるとマスクが見当たらず、探してみるとベッドのシーツに包まっていたり、枕の下でぐちゃぐちゃになっていたり、床に落ちてしまっていたりします。
今朝起きたときもマスクが見当たらず、いつもあるような場所を探しても見当たりませんでした。
気になってさらに捜索をしてみても見つかりません。

いま泊まってるのは、たまたま空いていた広めの部屋で、大きなベッドが2台あって、別の空間にはテーブルとソファが置いてあります。
自分が寝ていたベッド周辺は捜索しつくしたので、さらに捜索範囲を広げてみることに。
すると、隣のベッドの真ん中あたりに、クシャクシャに丸まった状態の、何となくさみしげなマスクを発見。
でも、僕が使っていたベッドと隣のベッドには、2メートルほどの距離があります。
僕はマスクにイラッとしすぎて、自分がつけていたマスクを外して、くしゃくしゃに丸めたあげく、隣のベッドまで投げ捨てたんでしょうか。
それとも、ちょっと歩いて隣のベッドに置いて戻ってきて、また眠ったんでしょうか。
謎は深まるばかりです。
ただ、1つだけ解ることは、僕が認識している以上に、眠っている僕はマスクが嫌いということです。
何かちょっとマスクも可哀想なので、夜眠るときにマスクをつけるのは諦めようかと思います。

昨日は、これまでよりも少しトーンダウンしたものの、しっかりと良い感じに商品が集まってくれた1日でした。
こっちに来てから連日、大量収穫が続いてくれているので、モーテルの部屋が大変なことになってきています。
いつもより広めの部屋なので、圧迫感は少し軽減されているものの、どこにいても目に入る商品の山たちの存在感はすごいです。

画像は、Ray-Banのメガネと60年代頃のレザージャケット、COMME des GARÇONS HOMMEのデニムパンツです。
レイバンのメガネは、当時のタグ付きで発見のデッドストック。
シンプルなセルフレームのデザインながらも、しっかりと存在感を出してくれるのは、老舗ブランドならではです。
ヴィンテージのレザージャケットは、オールドものならではの良い雰囲気。
ヌバックレザーとレザーが切り替えになった、さりげなくもデザイン性の高い逸品です。
コム デ ギャルソン・オムのデニムパンツは、コンディション、サイズ感、シルエットの揃った男前。
フロントはシンプルなデザインながら、バックポケット上のチェック柄のウール素材の切り替えが、ここらしい遊び心です。

では、これから300キロほどドライブしてきます。

by used_link | 2019-11-11 21:32 | 買い付け日記 | Comments(0)

買い付け日記 4

d0176398_21471318.jpg
d0176398_21472640.jpg
d0176398_21473750.jpg
d0176398_21475065.jpg
d0176398_21485022.jpg
d0176398_2149236.jpg


おはようございます。

こっちに来てから、ずっとおなかが痛いです。
アメリカに来ると、基本的におなかの調子が悪いんですが、今回のはいつもの感じの数段上と言った感じです。
到着した日の夜中に痛くなってから、毎日必ず夜中に激しい腹痛に襲われて目が覚めます。
それが、日を重ねるごとに、どんどんひどい痛みに変わっていっています。
初日の痛さよりも2日目、2日目よりも昨夜、と言った感じで、どんどんひどくなっています。
昨日までは痛くなっても朝には治っていたんですが、今朝はまだ痛いです。
この調子で買い付け中ずっと痛みがひどくなっていったら、どうなってしまうんでしょうか。
想像するだけで恐ろしすぎます。

そんな僕のおなか事情とは違って、商品はめちゃくちゃ順調に集まってくれています。
昨日は、朝から200キロほどドライブ。
到着したのは、お金持ちが住んでいるような郊外の穏やかな田舎町。
この町が、昨日よりもさらに大当たりで、朝から夜まで大量収穫の1日でした。
商品的には序盤からすごく順調に集まってくれているので、体調的には不安なことが多いですが、精神的にはすごく良い買い付けができています。

画像は、50~60年代のロングコートと80年代頃のYVES SAINT LAURENTのセットアップ、LANVINのデザインスニーカーです。
ヴィンテージのコートは、この年代のものとは思えない極上コンディション。
一見シンプルなデザインながらも、フロントのクルミボタンや極上の素材感、絶妙なシルエットなど、ディティールの凝ったヴィンテージらしいアイテムです。
オールドのイヴ・サンローランのセットアップも、コンディション、サイズ感、シルエットの揃った逸品。
上質なウール素材に上品なストライプ柄がはいった、さりげなくも存在感のある男前です。
ランバンのデザインスニーカーは、深みのあるレッドカラーのレザーが目を引く逸品。
色のトーンが落ちがちな冬の着こなしの足元のアクセントになってくれるアイテムです。

では、これからまた200キロほどドライブしてきます。

by used_link | 2019-11-10 22:07 | 買い付け日記 | Comments(0)

買い付け日記 3

d0176398_2112930.jpg
d0176398_2114061.jpg
d0176398_2114914.jpg
d0176398_212195.jpg


おはようございます。

買い付けに行く前に調べた感じだと、こっちの気温はめちゃくちゃ寒い感じだったんですが、思っていたよりは気温が高めです。
こっちに着いた日は極寒だったんですが、昨日は朝と夜は少し冷えるものの、昼間は暖かいぐらいでした。
かなり陽射しが強いので、車に乗っていると窓がずっと照らされて暑いぐらいです。
寒いのが苦手な僕にとっては、すごく嬉しい誤算です。
雪も降っておらず、朝に車の窓やフロントガラスが凍っているということもないので、すごく楽です。
そんな感じの気温なので、日本を出るときに終わっていた僕の鼻は、ちょっとずつですが回復しています。
このままの気温が続いてくれることを、心から願っています。

昨日は、朝からドライブして田舎町へ。
ここが予想をはるかに超える大当たりの町で、買い付け序盤戦から大量収穫の1日でした。
ハイブランドやグッドレギュラー、小物まで幅広く集まってくれて、良い感じにスタートが切れました。
序盤戦に集まってくれないと精神的にかなり追いつめられるので、これだけしっかりと集まってくれると、すごく楽な気分で買い付けができます。

画像は、80~90年代のLANVINのコートと70年代頃のLeeのデニムパンツです。
オールドのランバンのデザインコートは、深みのあるグリーンカラーのウール素材が使われた、絶妙なユルめのシルエットが良い雰囲気。
一見シンプルなデザインながらも、裏地に使われたチェック柄や絶妙な色目のファブリックなど、ディティールの凝った男前です。
ヴィンテージのLeeのデニムパンツは、当時のタグも残ったデッドストックで発見。
濃いインディゴカラーにステッチが良いアクセントになってくれる、定番ものだからこそ年々見つけにくくなっているアイテムです。

では、これからちょっとドライブしてきます。

by used_link | 2019-11-09 21:15 | 買い付け日記 | Comments(0)

買い付け日記 2

d0176398_21453580.jpg
d0176398_21454754.jpg
d0176398_2146370.jpg
d0176398_21461342.jpg


おはようございます。
無事、アメリカに到着しています。

成田のラウンジで買い付け日記を更新してから、
隣の席に座っていた外国人男性が、ずっと聞いたことのない何語か分からない言語をつぶやいていて、気になって仕方なかったり。
まずいはずの機内食が、そこそこ美味しくてビックリしたり、
機内の通路が狭すぎて、すごい頻度で誰かがぶつかってきたり、
いつもそんなことないのに、なぜかトイレが近くて、そのせいであまり眠れなかったり、
途中で変な寝方をしたのか、首めちゃくちゃ痛くてビックリしたり、
アメリカ到着後のイミグレーションの職員さんの圧がすごすぎたり、
目的地の空港に到着後に外に出てみて、その極寒っぷりに言葉を失ったり、
といろいろありながらも、目的地に到着。

そこからシャトルでレンタカー会社に行って、珍しく特にトラブルもなく、すんなり借りてドライブ。
いつも通り汚いながらも、特に問題もなく走ってくれて、目的の田舎町に到着。
到着後すぐに探索を開始。
途中で襲ってきた、かなりのレベルの眠気に耐えながら探索して、夜になってモーテルにチェックイン。
その後、日用品を買いに行って、モーテルに戻って、昨日収穫分を仕分けして、というところで記憶が途切れて、夜中に激しい腹痛に襲われて目が覚めて、ちゃんとベッドに行って眠って、現在に至ります。

画像は、EMPORIO ARMANIのデザインニットと50~60年代のウールチェスターコートです。
エンポリオ・アルマーニのデザインニットは、絶妙なユルさのサイズ感ながらも、上品な雰囲気の漂う、ここらしい逸品。
深みのあるブルーカラーのニットの胸元にはいった、グレーカラーのレタリングが良いアクセントです。
ヴィンテージのチェスターコートは、この年代のものらしいしっかりとしたウール素材が使用された、極上の雰囲気の男前。
かなり大きめで長いものが多いヴィンテージのコートですが、こちらは大きすぎず、丈感も長すぎることのない、取り入れてもらいやすい逸品です。

では、これからちょっとドライブしてきます。

by used_link | 2019-11-08 22:01 | 買い付け日記 | Comments(0)

買い付け日記 1

d0176398_10383043.jpg


今年最後の買い付けが始まりました。
とは言っても、まだ成田空港のラウンジでアメリカ行きの便の乗り継ぎ待ちです。

ここまでは特に大きなトラブルもなく来ることができました。
すごく快適な日本の航空会社の成田のラウンジは、使い始めたころは嬉しかったりもしたんですが、しょっちゅう使い過ぎて飽きてきてしまっています。
このラウンジを使うときは、乗り継ぎ時間が異常に長いことが多いので、最近ではむしろ悪いイメージが付きつつあります。
今回も、乗り継ぎの時間がめちゃくちゃ長いです。
地獄の8時間待ち中です。
まだ成田に着いて、そんなに時間が経っていないですが、やることが無くなってきました。
ここに来るまでの飛行機で中途半端に寝てしまったので、そんなに眠くもありません。
ただただ、ひたすらにヒマです。

まだ出発したばかりですが、すでにめちゃくちゃ風邪をひいています。
鼻水がやたらにズルズルで、鼻の下がカピカピで真っ赤になっていて、すごく痛いです。
出発時にちょっと風邪気味ぐらいはよくあるんですが、ここまで本格的に体調を崩しているのは珍しいです。
今回の買い付けは、いつもより日数が短く、その分ハードな内容になる予定なんですが、それに加えてこの体調なので、かなりツラい旅になる予感です。
今年の日本はまだ暖かいですが、向こうはかなり寒いみたいなので、そっちの面でも覚悟しておこうと思います。

では、次の飛行機に乗るまでまだまだ時間があるので、無理やりにでもやることを探してみようと思います。

by used_link | 2019-11-07 10:44 | 買い付け日記 | Comments(0)

買い付けのお知らせ

11月7日(木)から11月22日(金)まで仕入れのため、店をお休みさせて頂きます
買い付け中、もし出来そうなら買い付け日記としてブログをアップします
帰国後、店内商品総入れ替えして、11月23日(土)12時からオープンとなります
オール新商品で、お待ちしております


今回も何があるかわかりませんが、頑張ってきます
是非ご期待下さい


買い付け模様の一部です






d0176398_20354050.jpg
d0176398_20355198.jpg
d0176398_2036173.jpg
d0176398_20361188.jpg
d0176398_20362034.jpg
d0176398_20363034.jpg





よろしくお願いします


Link

by used_link | 2019-11-06 20:47 | お知らせ | Comments(0)